どうもオサーンです。今日はそばを食べるのでそばについての薀蓄をひとつ。ざるそばともりそばの違いって、上に海苔があるかどうかというのが最近の認識ですが、そもそもはそばをつゆにつけて(浸して)食べるものはすべて「もりそば」で、そばの容器をざるにし、つゆに砂糖を使ったり、海苔を上にかけたりしたものが「ざるそば」だったそうです。ざるそばももりそばの一種でその高級版といったことろですね。ちなみに、つゆをつけて食べるもりそばに対し、つゆをかけて食べるのが「かけそば」で、その意味では温かいつゆのそばはすべてかけそばです。今となっては具の入っていない素のそばのことをかけそばと呼んでいますが、本来は具が欠けているからかけそばということではなかったそうです。

今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング 和風焼き蕎麦」。激辛やイカスミに続いて、またまたペヤングから面白い商品が出てきました。今回は私の住む北海道では手に入らない商品なので、ひたすら食いまくる会神奈川支部長の(懐かしい)ハンサム氏に購入して送ってもらいました。いや、本来ならハンサム氏が食べて更新してくれれば良かったのですが、そばの味はわかるか自信がないと言って送り付けてきました。うん、ありがとう・・・?





スープは、「醤油ベースの和風つゆ」とのこと。もうこれは焼そばのソースはなく、粘度だけをソースに似せたそばつゆです。ダシよりもしょうゆが強く、かなり甘めのつゆです。市販のつゆに砂糖を加えた感じの、かなりわかりやすい味です。私は甘いそばつゆが好みなのでこれはかなりおいしいと感じました。

は、「蕎麦粉を練り込んだ麺」とのこと。これも焼そばの麺ではなく、そば粉の香りを強く感じる麺です。他社のカップそばの麺と大差ない麺だと思います。そばらしい味とそばらしい麺、味はまるっきりそばなのに、温かくて汁がない。油揚げ麺の風味も感じられますが、つゆの味とそばの風味が強く、油揚げ麺の風味は脇役でむしろつゆと相性が良いと感じられました。いやーこれはありふれている味なのに新感覚。とても面白いですね。

は、揚げ玉とネギ。具も完全にそばですね。いや、揚げ玉もネギも焼そばに入っている場合ありますね。揚げ玉がいっぱいで味にパンチを加えています。食感もサクサクで良かったです。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★★☆☆☆(7)
商品名は「和風焼き蕎麦」ですが、「焼き」の要素はないです。あるとすれば油揚げ麺の風味くらいでしょうか。焼そばとそばの中間くらいの商品が出てくると思っていましたが、完全にそば側に振ってしまっている、ある意味で潔さがあります。そしてそばつゆの味もそばの香りも強く、とてもわかりやすい味なのも好感持てました。カップ焼そばをそばにしてしまうという、誰でも考えられそうで、そして誰もやらなかった発想が、ポイント高いですね。かなり気に入りました。

品名:ペヤング 和風焼き蕎麦
メーカー:まるか食品
発売日:2013年4月15日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(つゆ・かやく)
定価:税別170円
取得価格:税込168円(ファミリーマート)
製品URL:http://www.peyoung.co.jp/item/product/35

標準栄養成分表
1食115g(めん90g)あたり
エネルギー:510kcal
たん白質:13.3g
脂質:21.9g
炭水化物:65.0g
ナトリウム:1.4g

まるか食品HP:http://www.peyoung.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加