どうもオサーンです。

今回のカップ麺は、日清食品の「謎のローソン部 濃厚辛旨担々麺」。ローソンオリジナル商品です。調べてみたんですが「謎のローソン部」というのが何なのか、具体的には会社が運営しているのかファンが運営しているのかはよくわかりませんでしたが(サイトにはファンが運営というようなことは書いてましたが)、興味があればこちらでご確認ください。タテ型担々麺ということで、ライバルは名作の誉れ高いエースコックの「タテロング 飲み干す一杯W 担担麺」ということになると思われます。





スープは、「胡麻感しっかり、唐辛子などの辛さの効いた濃厚担々麺」、「ただ辛いだけでなく、辛さを受け止める旨みのある“濃厚辛旨”(のうこうからうま)スープ」、「別添えの『辛旨ラー油』で好みの辛さに」とのこと。練りゴマの風味と辛さのどちらも強く感じる骨太な担々麺スープです。エースコックに比べて辛さが強く練りゴマがちょっと弱い感じでしょうか。バランスはとても良く、これはうまいです。カップ麺の担々麺は数あれど、このレベルで辛さもゴマ風味も満足できるスープってそんなないんですよね。

は、「日清どん兵衛『ピンそば』の技術を応用したストレート麺(特許技術)」「濃厚スープを受け止める、やや太めの食べ応えのある麺(なのに、3分で湯戻りOK!)」とのこと。ストレート中太の油揚げ麺です。この手の麺は本来ならかなり油揚げ麺臭が強いんですが、今回はスープが強いのでまったく気になりませんでした。油揚げ麺の風味は弱く感じる分にはスナック感覚で香ばしさが感じられてプラスポイントなんですが、強く感じてしまうとスープの味を壊すマイナスポイントになると私は思っていて、その点で言うと今回は油揚げ麺であることのプラスポイントがあったように感じられました。あと、ストレート麺だとそれだけで油揚げ麺でも本格的に感じられるところがすごいと思います。

は、「余計な具は極力入れず、食べ応えのある大きめの肉が中心」で「フタを開けたときに一面、肉!となるように、できる限り投入」「ダイスミンチ、ミンチポーク、ニクミンチ、チンゲンサイ、赤唐辛子」とのこと。上の写真あまり良くないですが(汗)、大きめのダイスミンチがゴロゴロいっぱい入っています。「余計な具は極力入れず」とありますが、チンゲン菜も結構入っていたように感じました。スープに力が入っていると具は弱くなるのがカップ麺の性ですが、今回は具のボリューム感もあって良かったです。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★★☆☆☆(7)
スープ、麺、具のどれもが高レベルにある完成度の高い一杯でした。エースコックの飲み干す一杯Wに比べて辛さが強く、麺や具については圧勝だと思います。それでも私はスープのゴマの強さから飲み干す一杯を上位と判断しましたが、これはもう好みの問題で、どちらも素晴らしい商品だと思います。これはいつも買えるようにローソンさんにはお願いしたいところです。

品名:謎のローソン部 濃厚辛旨担々麺
メーカー:日清食品
発売日:2013年2月12日(火)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(辛旨ラー油)
定価:税込195円
取得価格:税込195円(ローソン)
製品URL:http://lawson.jp/m/nazo/spe1/130212men-1.htm

標準栄養成分表
1食115g(めん80g)あたり
エネルギー:575kcal
たん白質:12.5g
脂質:30.6g
炭水化物:62.4g
ナトリウム:2.6g(めん・かやく1.2g スープ1.4g)
ビタミンB1:0.35mg
ビタミンB2:0.31mg
カルシウム:166mg

日清食品HP:http://www.nissinfoods.co.jp/
謎のローソン部HP:http://lawson.jp/m/nazo/index.htm

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加