どうもオサーンです。激安スーパーで笛吹きケトルを399円で買ってラッキーと思ってたのですが、ガスコンロの熱で笛吹き部分が溶けてしまってあっという間に笛吹かなくなりました。私のコンロへの置き方も良くなかったんでしょうが、なんだかなーこれが安物買いの銭失いっていうのなとちょっと納得。次は近所の店で売っていた650円の笛吹きケトルに挑戦だ!w

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 本気盛 和風鶏塩麹」。「『第4回最強の次世代ラーメン決定戦!』で優勝した延べ116万票が選んだ次世代の味を再現」したとのことで、毎年恒例の本気盛での登場ですね。ってか、タテ型油揚げ麺の本気盛じゃなくて他のシリーズで出して欲しいんですが、今回も本気盛です。スープの味が麺の強さでよくわからなくなっちゃうんですよね。審査員特別賞は匠シリーズから出るので、金賞銀賞もぜひ匠シリーズで出して欲しい・・・。売り上げ的には本気盛にせざるをえないんでしょうが。

さて、今回の商品は、札幌すすきのにある「麺処まるは健松丸」というお店がコンテストに参加したラーメンです。私はこの健松丸にも「本店の麺処まるは」にも何度か行ったことがありますが、新しいこと、ラーメン業界の流行りに非常に敏感なお店で、浅草開化楼の麺を使用したり、札幌ではいち早くまぜそばを出したりしていました。健松丸はとんこつ専門店で、まさにドロドロなとんこつラーメンを供しています。私が食べた1年前くらいの当時はスープのどろどろほど味にとんこつの強さはなくてちょっと残念だったんですが、今はもっと違っているんでしょうか。また食べに行ってみたいと思います。





スープは、「ポークエキスをベースに、チキンエキスや魚介エキスの旨味と塩麹を加えた、あっさりとした和風塩味スープ」で、「あおさ、わさびの風味でアクセントをつけ」たとのこと。和風鶏塩麹麺とのことですが、正直、あまり鶏も麹も強くありません。わさび風味のアクセントとのことですが、それもあまり感じませんでした。麺なしでスープだけ飲んでみると、油に多少の鶏っぽさと後味に何となく麹風味を感じますが、それでもあまり強くはないです。お店の一杯だとかすかに感じる味とかわかりますが、カップ麺でその微妙な味を表現するのはなかなか難しいのではないかと思います。ましてや油揚げ麺のエキスが存分にスープに出てしまっているので、いっそう味はわからなくなっていまうと思われます。これは実際のお店のラーメンを食べないとどんな味の一杯だったのかはわからないですね。

は、「角刃で切った、なめらかで弾力のあるやや幅広の麺」とのこと。いつもの本気盛の麺に比べると厚みがなく主張は弱いですが、それでもガッシリした油揚げ麺の風味と食感があり、完全にスープを食ってしまっていました。この麺であっさりスープのカップ麺を作るのは無理があると感じられます。麺が特別おいしいなら話は別なのですが、別にそうでもないですしね。こういうお店の再現モノには向かない麺だと思います。

は、「FD焼豚ブロック、ねぎ、なると」とのこと。FDチャーシューは可もなく不可もなく。ただ、タテ型商品としてはひとかたまりが大きかったので、その点は食べがいがあって良かったと思います。

オススメ度(標準は3です)
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆(1)
なぜお店再現モノを本気盛で出すのかという批判も込めて厳しく評価しました。「和風鶏塩麹麺」だと理解して食べなければ鶏も麹もそれほど感じられないスープは、スープ自体に主張がもっと欲しいし、強力な存在感の油揚げ麺で作るべきではないと感じました。こういう商品は楽しくて好きなので今後も楽しみにしていますが、次回もきっと「また本気盛か~」って思うんだろうなぁ。好きなお店のラーメンなのでちょっとガッカリ感も強かったです。

品名:マルちゃん 本気盛 和風鶏塩麹
メーカー:東洋水産
発売日:2013年1月28日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(特製スープ)
定価:税別190円
取得価格:税込195円(ローソン)
製品URL:http://www.maruchan.co.jp/products/search/2451.html

標準栄養成分表
1食101g(めん80g)あたり
エネルギー:462kcal
たん白質:10.6g
脂質:21.4g
炭水化物:56.7g
ナトリウム:2.3g(めん・かやく0.9g スープ1.4g)
ビタミンB1:0.40mg
ビタミンB2:0.37mg
カルシウム:156mg

東洋水産HP:http://www.maruchan.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加