004_20130109161553.jpg

どうもー、ハンサムです。最近、フレーバーティにはまっていろいろ飲んでみてるんですが、とあるブラックチェリーベリーというフレーバーティと出会ってですね。パッケージを開けた時からすごく強い香りがして、面食らいながらも作って飲んでみたらですね。ベリーの酸味なんだと思いますが、自分には梅干しお湯割りにしか感じられなくてですね。ちょっとしたショックを受けましたw それから普通の紅茶がやたら美味しく感じまして。オレのフレーバーティブーム終わったかもしれない。どうでもいい話ですがw
さて、今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 焦がし風味噌バター味コーンラーメン」です。去年の今頃、オサーン氏が食べて記事にしてますね。(こちら) なかなか美味しかったようで楽しみです。

019_20130109161553.jpg

スープは、「豚骨・チキンエキスをベースに、赤・白味噌と焦がし風味をあわせた、コクのある味噌豚骨スープ。バター風キューブにより、濃厚なバター味の風味とコク」だそうです。去年のと商品説明変わってないですねw バター風キューブは麺をまぜる時に全部溶けてしまいますが、溶けてもバターの風味がかなり強く濃いぃ味噌スープになっています。焦がし風味は若干そう感じるかな?程度でした。あと、コーンの香りも強くてかなり主張の強いスープでした。これを求めてない時に食べるとちょっと重いかもw

は、「スープとの相性がいい、食べごたえのある角麺」だそうです。油揚げ麺ですが、スープが濃いのでへっちゃらですw ちょっと硬めのフカフカ麺ですかね。スープに負けない感じで相性良かったと思います。

は、「味付鶏挽肉、コーン、キャベツ、にんじん」だそうです。鶏挽肉は全然わかりませんでした…。コーンがとにかくたくさん入っていて、食感も良かったし、甘みが味噌バタースープと良く合っていたと思います。美味しかった。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
商品名通り、焦がし風味噌バターコーンラーメン、そのままでしたw 味噌が裏方なんだなと思ってしまうくらい、バターとコーンの存在が強いです。その日の気分によっては、途中で飽きたり重くなったりしてしまいそうな感じです。自分の場合、麺を食べ終わってスープだけ飲んだらちょっと重かったですw なもんで、ご飯との相性はそんなに良くなかったです…でも、このスープが好きな人はきっと美味しいと思えるかも。

品名:マルちゃん 焦がし風味噌バター味コーンラーメン
メーカー:東洋水産
発売日:2013年1月7日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:袋ナシ
定価:税別190円
取得価格:税込195円(ローソン)
製品URL:http://www.maruchan.co.jp/products/search/2447.html

標準栄養成分表
1食99g(めん70g)あたり
エネルギー:430kcal
たん白質:10.0g
脂質:16.9g
炭水化物:59.5g
ナトリウム:2.4g(めん・かやく0.9g スープ1.5g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.38mg
カルシウム:184mg

東洋水産HP:http://www.maruchan.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加