どうもオサーンです。サッカーオリンピック代表が男女ともに予選リーグを突破しましたね。女子は決勝トーナメントでの移動や対戦相手を考慮して3戦目の南ア戦をわざと引き分けて2位通過したとか。少しでもメダルを取れる確率を上げるために最善の策だし、この戦い方を支持しますが、ワールドカップを制した国としてはちょっと寂しい気持ちになるのも事実。ワールドカップを制したとはいえ、直前にアメリカやフランスに負けていることもあり、やっぱり気持ちはチャレンジャーなんですよね。いつか、名実ともにチャンピオンとして振る舞える日本代表を見てみたいですね。いや、ちょっと贅沢すぎる願いかな。

今回のカップ麺は、日清食品の「日清のどん兵衛 黒胡麻担担うどん」。約2年前に発売されていた「どん兵衛 和風担担うどん」から黒ゴマを加えてリニューアルした形です。このブログでは4年前にその原型?と思われる「日清のどん兵衛 辛口担担うどん」を食べていますが、それと比べるともうまったくの別物っぽいですね。





スープは、「味噌とかつおだしをベースに花椒と芝麻醤を利かせた和風担担つゆ」とのこと。担々とは言っても、ラーメンのようなゴマやラー油のハッキリした味付けではなく、あくまでみそとかつおだしが中心のやわらかいスープです。そこが安心できる味でもあり、少し物足りなく感じる部分でもあり、個人的にはカップ麺なんだからもうちょっとハッキリ担々らしい特徴を出す味付けにしてもらいたかったですかね。辛味もちょっとピリ辛までも至らずといった感じでした。

は、「『3層太ストレート製法』による、太く、まっすぐ、つるみと粘りあるコシが特徴のどん兵衛ならではのうどん」とのこと。この麺はカップうどんの油揚げ麺としてはまっすぐかつ強力なコシがあり、他社に対し大きなアドバンテージだと思います。ただ今回はスープの押し出しが弱いため、ちょっと麺の主張が強すぎに感じました。麺とスープのバランスは悪かったですが、それでもカップうどんの麺特有の風味は悪くなかったです。

は、「つゆに溶け込み風味を出す黒胡麻、肉ミンチ、チンゲンサイ、ネギ、赤唐辛子」とのこと。黒ゴマは確かにたくさん入ってましたが、スープに溶け込んだかというと、、、うーん微妙。量の割にそれほど黒ゴマの風味を感じられませんでした。これは多分に強すぎる麺の存在も関係しており、スープだけで飲むとそれなりに黒ゴマの存在を感じられました。この麺を活かすならば、黒練りゴマとして液体スープに入れる方が良かったのではないでしょうかね。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
「黒胡麻担担うどん」というものの可能性の大きさは感じさせられましたが、今回については麺とスープ、黒ゴマのバランスがそれほど良いとはいえず、自慢の麺ばかりが前に出てしまっていました。担々スープらしさをもっと出すこと、そして黒ゴマの存在感をもっと出すことにより、麺の主張の大きさをカバーできる一杯になると思います。そうなると、今回のあっさりスープからかなりのこってりスープになってしまいますがw

品名:日清のどん兵衛 黒胡麻担担うどん
メーカー:日清食品
発売日:2012年7月30日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・かやく)
定価:税別170円
取得価格:税込108円(マックスバリュ)
製品URL:http://www.nissinfoods.co.jp/product/p_4473.html

標準栄養成分表
1食106g(めん66g)あたり
エネルギー:448kcal
たん白質:10.8g
脂質:22.1g
炭水化物:51.7g
ナトリウム:2.1g(めん・かやく0.6g スープ1.5g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0・38mg
カルシウム:169mg

日清食品HP:http://www.nissinfoods.co.jp/index.html

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加