どうもオサーンです。ミランはここへきてイブラとチアゴ・シウバを両方放出だとか。何だかイタリアセリエAの地盤沈下が年々ひどくなっているような。すでにスペイン、イングランド、ドイツには国内リーグで大きく差を広げられている感じがするし、その他にもパリSGやロシアのリーグに比べても地味な印象があります。こうなってくると、着実に補強した上に、自前スタジアムを持っていて収入的にも問題が少ないユヴェントスがセリエA唯一の強豪クラブみたいな感じなっていくのかもしれませんね。インテルもスナイデルに移籍の噂があるし、ホントどうなっちゃうんだろうか。今年はセリエAを中心に見ていこうと思ってたんだけどなぁ。

今回のカップ麺は、東洋水産の「関ジャニ∞監修!! 関西風焼そば」。「セブンイレブンフェア 関ジャニ∞」関連商品としてセブンイレブンで限定発売されている商品です。私はオサーンなのでw関ジャニとか言われてもよくわからないので、とっとと食べてみたいと思います。





ソースは、「隠し味にどろソースのピリっとした辛さを加えたのがポイント」とのこと。どろソースを使用とのことですが、辛さはそれほど感じられず、むしろ甘さが目立っています。焼うどんのソースのように感じられました。味は濃く、一般的な焼そばのソースとはちょっと違う印象です。関西の焼そばソースってこんな感じなんですかね?違うと思いますが。

は、「もちもちした太麺」とのこと。かなり太い、まるで焼うどんの麺のような太さです。油揚げ麺で太麺なのでかなり主張の強い麺ですが、ソースもかなり濃いため、バランスとしてはとても良くとられていると思います。

は、バラ肉、キャベツ、別添のかつお節。バラ肉とキャベツについては、ソースや麺のインパクトの割に量が少なく、ほとんど目立っていなかったように思います。かつお節は量が多く、甘いソースと相まってお好み焼きを食べているような感覚になりました。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
ソースにしろ麺にしろ具にしろ、元からよく使われていたものの再利用な感じで、取り立てて目立ったところはありませんでしたが、麺とソースのバランスがよく、おまけにかつお節も相まってかなりお好み焼きチックな味でした。そういう意味で関西風なのか、どろソース発祥の関西だから関西風なのかはわかりませんが、なんとなく関西風と銘打たれたのも納得してしまいました。

品名:関ジャニ∞監修!! 俺らがごっつ気に入った関西風焼そば
メーカー:東洋水産
発売日:2012年7月5日(木)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体ソース・かやく・かつおけずりぶし)
定価:税込178円
取得価格:税込178円(セブンイレブン)
製品URL:http://www.sej.co.jp/products/kanjanigoods.html

標準栄養成分表
1食132g(めん100g)あたり
エネルギー:534kcal
たん白質:9.5g
脂質:19.4g
炭水化物:80.3g
ナトリウム:1.5g
ビタミンB1:0.42mg
ビタミンB2:0.47mg
カルシウム:226mg

東洋水産HP:http://www.maruchan.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加