どうもオサーンです。

今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 トマト仕立ての塩」。今週多区発売されている鶏しお系ですが、この商品も鶏しおのスープになっています。こんなに多いと、各社担当者が白木屋か和民にでも集まって「今週は鶏しお系でやっちゃいましょうか?」なんて相談していたんじゃないかと思ってしまいますね。何のメリットがあるのかはよくわかりませんがw





スープは、「トマトの爽やかな酸味と鶏だしの効いた塩味がバランスよく調和した、すっきりとしながらも旨みのあるスープ」とのこと。スープは赤いですが、トマト味がそれほど強いわけではありません。やわらかな鶏の味とトマトの味がどちらも互いを殺さずに共存しており、うまい感じに仕上がっています。スープの赤に騙されて最初は味にインパクトがなくて拍子抜けするんですが、味わっていくうちにジワジワと良さがわかってきます。これはうまいですね。

は、「しなやかで表面にハリがあり、中心にコシのある生麺感覚の3層ノンフライ中細ストレート麺」とのこと。これ本当に定価170円の麺ですか?ってくらいよくできている麺です。正直、日清の高価格帯に使われている麺とグレードというか、値段に差をつける要因がわかりません。ストレートな麺はまさに生麺と紛うほどで、適度な小麦感と味の主張がやわらかなスープと見事にマッチしています。このストレート麺の技術は格段にカップ麺のデキを上げていると思います。この前食べたラ王鶏しおもこの麺を使ってくれれば段違いにおいしくなるのになぁと感じました。この麺使ったらおそらくラ王じゃなくなるわけですがw

は、「トマトキューブ、カキタマフレーク、チンゲンサイ」とのこと。さすがに170円の商品なので具にゴージャス感はなく、トマトにしろタマゴにしろチンゲンサイにしろ、ちょっと足りない感じがします。タマゴの甘さなんか、スープの酸味とマッチしていて良い感じなんですけどね。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
スープと麺のレベルの高さが半端ないです。高価格帯商品との差は具くらいしか思い浮かばないです。具をちょっとゴージャスにして260円で出されても何ら文句はないです。170円商品でここまでやられちゃうと、さらにはスーパーなどで100円前後で売られちゃったりなんかすると、他社は現状では太刀打ちできないと思います。これだけ絶賛して★5なのは何故かというと、私の中で★6以上付けるためには何かしら味に大きなインパクトが必要で、その点ではこの商品は味のインパクトは小さかったのでこの評価でした。でもこれはリピします。

品名:日清麺職人 トマト仕立ての塩
メーカー:日清食品
発売日:2012年6月11日(火)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・かやく)
定価:税別170円
取得価格:税込108円(セイコーマート)
製品URL:http://www.nissinfoods.co.jp/product/p_4414.html

標準栄養成分表
1食93g(めん65g)あたり
エネルギー:309kcal
たん白質:8.8g
脂質:5.8g
炭水化物:55.5g
ナトリウム:2.0g(めん・かやく0.6g スープ1.4g)
ビタミンB1:0.36mg
ビタミンB2:0.47mg
カルシウム:132mg

日清食品HP:http://www.nissinfoods.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加