どうもオサーンです。最近、小説をよく読んでいるんですが、小説の紙の色で目が慣れると、白い(と思っていた)画面のバックライトや街の光がなんだか青く見えるんですよね。特にiPhoneの画面が青く見えてしまうのはちょっと気持ち悪いです。これに絡めて、物事には常に二面性があるとか、真実は一つじゃないとか、含蓄のある記述ができそうなものですが、私が言いたいのは画面が青く見えて気持ち悪いということだけなので、早速カップ麺を食べたいと思います。

今回のカップ麺は、明星食品の「明星 究麺外伝 佐野実 限定香味塩らぁ麺」。佐野氏とタッグを組んだ究麺初のコラボ商品とのことで、要注目商品ですね。私の住む札幌からは佐野氏のラーメン店「支那そばや」がなくなって久しく残念に思ってましたが、お店のメニューの再現商品ではないもののこうしてカップ麺で食べられるのは嬉しいですね。





スープは、「じっくり煮込んで鶏の旨みが凝縮したダシに、強火でローストした豚脂と香味野菜の香ばしい風味を活かした『佐野実特製香味油』を加えた、黄金色の香味塩スープ」とのこと。鶏の旨みが出ているスープをベースに、後味に香辛料的な風味が感じられます。いろんな味が感じられてなかなかおいしいですが、願わくばベースの鶏にもっと深みが欲しかったですね。以前日清から出ていた「日清HYBRID太麺堂々 黄金の淡麗 鶏だし塩」と同系と思っていましたが、日清のに比べると今回は鶏の厚みがなく他の味で勝負していた感じがあります。

は、「佐野実氏が厳選した素材『クロレラエキス』を練り込んだノンフライ麺で」、「しなやかでなめらかな喉越しと、小麦の風味豊かな味わいのこだわりの麺質」とのこと。クロレラエキスが麺の味に何か寄与していたということはないと思いますが、麺のコシを強くしたりモチモチ感を出すことに優れた効果を出すみたいですね。たしかに麺に弾力がありました。ただ、スープとマッチさせるにはこんなにコシはいらないのかなという感じがしました。むしろもっと小麦感のある食感のほうがスープにあったのではないかと思いました。これは個々人の好みの問題ですかね。

は、「チャーシュー、メンマ、ねぎ、たまねぎに加え、彩りのスイートチリを浮かべた、塩らぁ麺の旨さをぐっと引き立てる具材」とのこと。チャーシューは乾燥タイプのなかなかおいしいものでした。タマネギはもっと欲しかったかな。あまり存在を主張してなかったように思います。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
値段の高い商品ではあるものの、後味に香味が残るスープはなかなかおいしかったです。ただもうちょっと鶏の厚みが欲しかったところです。全体的に見て買って損のない商品かと思います。

品名:明星 究麺外伝 佐野実 限定香味塩らぁ麺
メーカー:明星食品
発売日:2012年6月4日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(液体スープ・粉末スープ・かやく2袋)
定価:税別246円
取得価格:税込258円(ローソン)
製品URL:http://www.myojofoods.co.jp/products/product_detail.html?id=4902881422338

標準栄養成分表
1食103g(めん80g)あたり
エネルギー:379kcal
たん白質:10.1g
脂質:8.6g
炭水化物:65.4g
ナトリウム:3.6g(めん・かやく1.1g スープ2.5g)
ビタミンB1:1.23mg
ビタミンB2:0.29mg
カルシウム:178mg

明星食品HP:http://www.myojofoods.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加