どうもオサーンです。バルサに続いてレアルまで負けちゃいましたね。チェルシーとバイエルンですか。どちらもヨーロッパの押しも押されぬ強豪ではありますが、スペイン勢が圧倒的に制すると予想していたので意外でした。特にチェルシーはテリー退場で10人になりながらドローに持ち込んだのは見事でしたね。でも決勝で勝つのはバイエルンと予想。

今回のカップ麺は、寿がきや食品の「全国麺めぐり 佐久 安養寺ラーメン」。長野県佐久市の安養寺で昔に作られていた安養寺みそを現在の住職が復活させ、その住職を中心に栽培されている大豆を使った「安養寺みそ」を使って作られたご当地ラーメンが「安養寺ら~めん」とのこと。2008年に産声を上げたご当地ラーメンとのことなので、新しいらーめんですね。こういうのをカップ麺を通して紹介してくれるメーカーさんには、ラーメンファンとしてとても感謝です。





スープは、「長期熟成させた安養寺味噌に鶏ガラ、野菜を使用した、味噌の風味を活かしたスープ」とのこと。正直、安養寺みその効果はよくわかりませんでしたが、強いみそ風味に野菜の甘みがよく出た食べやすい味でした。悪く言うとありふれた味ではあるんですが、とても食べやすくて好感もてました。

は、「しっかりとしたコシと弾力のある、口当たり滑らかなノンフライ平打ち太めん」とのこと。いつもの寿がきやのノンフライ麺です。寿がきやのカップめんを食べ慣れている人には不満があるかもしれませんが、個人的にはこの麺のソフトながらモチっとした食感が好きなので気になりませんでした。この麺の適度な主張が、同じく適度に主張してくる味噌味のスープととても良くマッチしているように感じられました。バランス良いと思います。

は、「肉そぼろ、キャベツ、フライドガーリック、唐辛子、ねぎ」とのこと。キャベツと肉そぼろが結構たくさん入っていました。キャベツの甘みの味への寄与が大きかったですね。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
よくありそうな普通のカップみそラーメンの味なんですが、スープと麺の相性の良さが気に入ったので★1つプラス。この麺はみそにバツグンの相性の良さがあると感じました。このシリーズにはこれからもまだ知られていないご当地ラーメンをガンガン紹介してもらいたいですね。

品名:全国麺めぐり 佐久 安養寺ラーメン
メーカー:寿がきや食品
発売日:2012年4月23日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・粉末スープ・かやく)
定価:税別227円
取得価格:税込238円(ファミリーマート)
製品URL:http://www.sugakiya.co.jp/products/sokuseki/soku_n_8100.html

標準栄養成分表
1食92g(めん65g)あたり
エネルギー:318kcal
たん白質:9.6g
脂質:8.7g
炭水化物:50.3g
ナトリウム:2.6g(めん・かやく0.6g スープ2.0g)
カルシウム:91mg

寿がきや食品HP:http://www.sugakiya.co.jp/index.html

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加