どうもオサーンです。最近は日本人のスポーツ選手で世界的な選手が出てきていてすごいと思います。イチロー選手は日本開幕戦の注目のされ方で改めてスーパースターなのを実感しましたし、香川選手はブンデスリーガでMVP級の活躍を続けていてホントすごいです。でも私の中では現役最高のスーパースターはやっぱり武豊騎手で、最近は良い馬が回ってこないしこの前のドバイもダメでしたが、競馬はユタカが憎たらしいくらい勝たないと面白くないので、なんとかもう一花二花咲かせて欲しいところです。別にユタカファンじゃないんですが、勝ちまくっている姿がまた見たいです。

今回のカップ麺は、明星食品の「明星 究麺エボリューション 背脂豚骨醤油」。「麺、スープ、かやくなど、全てのパーツにさらに改良を加え、これまでより一段進化した美味しさのラーメンを目指し商品化した『究麺』のハイスペック商品」とのことです。なんか最近、究麺の新商品が売られている店が少なくなってきているのは気のせいでしょうかね?この商品も見つけるのにずいぶん苦労しました。





スープは、「豚骨、豚肉の旨みをベースに、旨みの強い醤油を加えた、濃厚な豚骨醤油スープで」、「スープ全面に広がる新開発の背脂がスープにコクと厚みを増し、食べ応えのあるスープに仕上げ」たとのこと。濃いスープで飲み応えありますが、背脂の溶けが悪く、口の中でもあまり背脂の味がスープに寄与してなかったように感じられました。とんこつの存在がそれなりに感じられて濃くていいんですが、背脂が機能していればもっとおいしいんだろうなと思うと、ちょっと残念なスープでした。

は、「角刃で切り出してエッジの立った、しっかりと厚みを感じる、濃厚スープによくからむ太麺で」、「コシと弾力のあるスーパーノンフライ製法の新開発麺」とのこと。確かに、弾力のあるモチモチ麺でした。とてもスーパーノンフライ麺製法による麺らしいものですが、進化の方向性がちょっと生麺に近づけるのとは違う感じがしましたね。スーパーノンフライ麺としての進化は感じられますが、日清のラ王で見られたような生麺に近づく進化とはちょっと別物でした。表面につるみがあるんですが、なんかそれがうそ臭い感じがしました。

は、「大判豚バラチャーシュー、メンマ、青ねぎを組み合わせた、豚骨醤油ラーメンと相性のよい具材」とのこと。チャーシューは豚の脂身の部分がしっかり良い味出してました。日清のほどじゃないですがこれはこれでなかなかおいしいです。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
進化形究麺ということで期待しましたが、麺に多少の変化は感じ取れたものの、あとはそれほどかなという感じでした。これが「EVOLUTION」抜きで発売されてもまったく違和感ないと思います。進化形を謳うならばもっと進化と認識できる大きな変化が欲しかったところです。通常究麺に比べてちょっと値段は高いのかな。でも買って満足できるデキはキープしていると思います。

品名:明星 究麺エボリューション 背脂豚骨醤油
メーカー:明星食品
発売日:2012年3月26日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(粉末スープ・かやく・調味油)
定価:税別246円
取得価格:税込258円(セブンイレブン)
製品URL:http://www.myojofoods.co.jp/products/product_detail.html?id=4902881422284

標準栄養成分表
1食118g(めん85g)あたり
エネルギー:452kcal
たん白質:11.0g
脂質:13.1g
炭水化物:72.6g
ナトリウム:3.7g(めん・かやく0.9g スープ2.8g)
ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.31mg
カルシウム:162mg

明星食品HP:http://www.myojofoods.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加