kap 392

どうもー、ハンサムです。今回のカップ麺は、エースコックの「池袋大勝軒 職人道60周年 幻の広東麺」です。エースコックのニュースリリースより抜粋→ラーメン界のカリスマである山岸一雄氏は、今年で職人道60 周年を迎えました。そこで60周年を記念して創業当時に人気を博していた幻のメニュー「広東麺」を、大盛りバケツ型カップで再現だそうです。この幻のメニューを良く食べていましたっていう方はきっと懐かしい思いをされているのでしょうね。

kap 393

kap 397

スープは、「チキンベースの醤油スープに白菜の甘みと、いかやホタテといった海鮮の旨みを加えることで、濃厚で味わい深い広東風スープ」「香ばしいラー油の風味がアクセント」だそうです。ただの醤油スープじゃない旨みがあるように感じます。スープにとろみがついているんですが、これが五目あんかけみたいな雰囲気で野菜も一緒に食べれる感じで良かったですね。醤油と野菜の風味がとても良かったので、ラー油がちょっと野暮ったく感じました。好みの問題なのだろうけど。てか、ラー油だったんですね…ごま油だと思ってましたw

は、「適度な弾力とコシを併せ持つ丸刃のめんです。“量も美味しさのうち”という山岸氏の信念に基づいた大盛り仕様」だそうです。まぁ、油揚げ麺ですがそんなにフカフカ麺でもなくちょうど良かったですかね。スープにとろみがついているので、麺とよく絡んでいい感じでした。あと、とろみの影響もあるのか量が思ったより多かった印象でした。

は、キャベツ、豚、イカ、キクラゲ、ニンジン。具沢山だなぁという印象でした。キャベツも豚も美味しかったし、キクラゲの食感も良かったし、イカを探す感じも良かったですw

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
自分は基本的にとろみのあるスープ(カップ麺に限り)というのがあんまりいい印象ないのですが、今回のはとろみあってこそって感じで美味しくいただきました。醤油スープも旨みを感じるものだったし具が多いのも満足感を得られました。麺の量も遠慮無い感じで良かったですw ご飯との相性はかなり良かったです。


品名:池袋大勝軒 職人道60周年 幻の広東麺
メーカー:エースコック
発売日:2011年3月8日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(かやく・粉末スープ・後入れ調味油)
定価:税別200円
取得価格:忘れました…。
製品URL:http://www.acecook.co.jp/products/detail.php?jc=4901071236854&bId=1203

標準栄養成分表
1食115g(めん90g)あたり
エネルギー:497kcal
たん白質:10.5g
脂質:17.7g
炭水化物:73.8g
ナトリウム:3.1g(めん・かやく1.0g スープ2.1g)
ビタミンB1:0.38mg
ビタミンB2:0.34mg
カルシウム:242mg

エースコックHP:http://www.acecook.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加