kap 282

どうもー、ハンサムです。どうやら愛車のバッテリーが弱っているらしい…早急に交換した方がいいらしく、調べてみると2万くらいするようです。あー、高いなぁ…と思ったけど、買ってから7年目で交換、1年に換算すると2900円弱、月に換算すると約240円弱。そう考えると、2万なんて安いもんかーと思えてきます。エンジンかかんなくなる前に交換しに行くぞ。…と自分に言い聞かせつつ、本題へw

さて今回のカップ麺は、エースコックの「燃え麺 四川式焼そば」です。なんだかすごく辛そうな感じですね!自分は辛いのまぁまぁ平気なのでけっこう楽しみにしてました。

kap 284

kap 286

ソースは、「チキン・ポークベースに豆板醤やにんにくをしっかりと効かせ」「粗挽き山椒と唐辛子入りの別添スパイスで燃えるような辛さと痺れを演出」だそうです。食べた感想を一言で言えば、辛さの効いたかなりジャンキーなカップ焼そばw 特になんの旨みがあるとかいうわけでもない、ただスタミナ系に遠慮無く辛さを足した感じです。かなり強引というか、大雑把というか、大胆に適当というかw でも、最後まで美味しくあっという間に完食してしまいました。ジャンキー+辛いの好きだったらきっと満足できると思います。自分は山椒がちょっと苦手なのでどうかなぁと思いましたが、ビリビリはそんなに強くなかったですね。ほっとしましたw

は、「本場四川をイメージした細くて歯切れの良いめん」だそうです。麺はフカフカ麺でもなく、ほんと歯切れのいい麺でした。湯切れがいいのか、ベタッとせず爽やかな感じ。そして細いので口当たりもよく、ソースとよく絡んで美味しかったです。いろんな味に合いそうな麺でした。

は、肉そぼろ、チンゲン菜、ごま、唐辛子。具は見た目ほどちょっと存在感なかったかなー。肉そぼろは味付してあって美味しかったですね。麺を食べ終わったあと、具を集めてご飯に乗せて食べたんですが、かなり美味しかったですw 

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
辛いとか激辛だとか書かれている商品でも、そうでもないなーと思うものが多いんですが、今回の商品はけっこう辛いほうだと思いました。自分が記事書いてきた中でも数少ない激辛のタグをつけました。この商品ふりかけが付いているんですが、ふりかけた部分の麺だけ食べるとかなり辛いですw 逆にふりかけをかけずに食べると、ちょっと和らぐのかな? ご飯との相性はなかなか良かったです。おすすめは最後に残った具とご飯ですw

品名:燃え麺 四川式焼そば
メーカー:<エースコックbr> 発売日:2011年1月16日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(かやく・液体ソース・ふりかけ)
定価:税別190円
取得価格:税込195円(サンクス)
製品URL:http://www.acecook.co.jp/products/detail.php?jc=4901071206932

標準栄養成分表
1食123g(めん100g)あたり
エネルギー:579kcal
たん白質:12.2g
脂質:29.4g
炭水化物:66.3g
ナトリウム:2.1g
ビタミンB1:0.35mg
ビタミンB2:0.32mg
カルシウム:259mg

エースコックHP:http://www.acecook.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加