どうもオサーンです。1月1日からソフトバンクショップで配布されている「白戸軒ラーメン」ですが、ショップに行ったらもうなくなってしまったとのことで、手に入れられませんでした。こんなカップ麺のブログやってるくせに、最大の不覚です。今年最初のカップ麺はこれにしようと決めてたのに残念。どうやら白戸軒は日清食品の麺職人っぽいようですね。ハンサム氏は手に入れたようなので、記事の更新に期待しましょうかね。

今回のカップ麺は、日清食品の「日清ラ王 特濃 (とくのう) 煮出し豚骨醤油」。すっかりこの八角形のケースが目に馴染みましたね。現行品にも「豚骨醤油」(緑色のパッケージ)がありますが、今回は「特濃煮出し」ということで、こってり好きには期待大ですね。





スープは、「煮出した豚骨のエキス感が特徴の白湯系スープ」とのこと。味は以前食べた「日清 太麺堂々 濃厚煮出し豚骨醤油」とよく似ています。特に、とんこつ由来と思しき舌の付け根で感じる旨苦味が同じよく似ています。ただ、売れ線商品の辛さか、この旨苦味を活かすような尖りがないというか、全方向の客層に向けた平坦な味に思えました。全体として濃さは感じるものの、大きな味の特徴を見出せません。これだけ濃くするからにはとんこつ臭とか油感とか、何か大きな味の方向づけが欲しかったです。

は、「小麦の香りと食感が特徴の3層太ストレートノンフライ麺」とのこと。多少ほぐれにくいですが、うまい麺です。ゴリゴリ感がありながらも生麺っぽいやわらかさがあります。食べ応えもあり、濃いスープとの相性も良いです。ただ、毎度言っているような気もしますが、このラ王の「3層太ストレートノンフライ麺」が「日清史上、最高傑作」というキャッチがついていることにいつも違和感を感じます。確かにおいしいけど、日清にはおいしい麺が他にもありますからねぇ。

は、「ボリュームのある炙り焼豚、太モヤシ、輪切りネギ」とのこと。うん、毎度ながらこのチャーシューは最強ですね。他が多少足りなくてもこのチャーシューだけで満足できてしまう、悪い言い方をするとズルい具ですね。モヤシとネギは空気でした。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
とにかくスープがとても惜しかったです。ベースの旨苦味は良かったんですが、もうちょっと尖ってくれると良かったんですけどね。無難な味に終始した印象を受けました。ただ全体的に高い水準でまとまった商品で、200円超でも十分に満足できる一杯だと思います。

品名:日清ラ王 特濃 (とくのう) 煮出し豚骨醤油
メーカー:日清食品
発売日:2012年1月3日(火)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(液体スープ・粉末スープ・かやく2袋)
定価:税別237円
取得価格:税込248円(ローソン)
製品URL:http://www.nissinfoods.co.jp/product/p_4016.html

標準栄養成分表
1食131g(めん75g)あたり
エネルギー:481kcal
たん白質:15.0g
脂質:18.6g
炭水化物:63.6g
ナトリウム:2.9g(めん・かやく1.0g スープ1.9g)
ビタミンB1:0.25mg
ビタミンB2:0.33mg
カルシウム:515mg

日清食品HP:http://www.nissinfoods.co.jp/  

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加