どうもオサーンです。いよいよ有馬記念ですね。今年の注目は最強馬新旧対決、最強牝馬ブエナビスタvs3冠馬オルフェーヴル。私は、オルフェーヴルの力がかなり抜けているように感じています。そもそも私は、ここ数年の古馬戦線がレベルの低い争いだと感じており、そこへ強い3冠馬が入ってくることで力の差を見せつけるような展開を想像しています。底力を問われる展開になっても上がり勝負になっても問題なく、能力的にはディープにも引けを取らないんじゃないかと思っています。負けるとすれば、若さからくる気性難か、鞍上のミスか。もしくは、底を見せていない馬の台頭か。そうなるとオルフェを倒すとしたらブエナではなく、ルーラーシップとかレッドデイヴィスかなぁ。武豊騎手にGⅠを勝ってもらいたいところではありますが、いずれにせよ、久々に燃える有馬記念になりそうです。

今回のカップ麺は、寿がきや食品の「冬季限定 コク塩ラーメン」。毎年恒例の商品ですね。このブログでも過去に「冬のコク塩ラーメン」という商品名の時に2回食べております。明星の冬商品はみそ、ヤマダイと寿がきやはしおが冬の定番ですね。舌が年々バカになっている?私オサーンにとって、あっさり味の多いしおラーメンの味の描写は鬼門なんですが、冬のしおラーメンに関しては濃い味のものが多いので比較的安心して食べています。今回の味は果たしてどうでしょうか。





スープは、「鶏ガラと豚骨を炊き出して背脂のコクを加えた、旨みのある濃厚塩味スープ」とのこと。強めのしお味に、背脂の風味と強めの香辛料が効いているスープです。しお味と背脂が絶妙なマッチングです。食べ進めていくとやや単調感を感じ、もっと甘さが欲しくなってきますが、ストレートに舌にくるしお味は、すっきりしているのにこってり好きでも楽しめる味なのではないかと思います。また、ご飯に合わせるのにも向いているスープではないかと感じました。

は、「弾力としっかしとしたコシのある、口当たり滑らかなノンフライめん」とのこと。食べ慣れている人にとっては、いつもの寿がきやのノンフライ麺です。しっとり感のある縮れたノンフライ麺なんですが、小麦っぽい甘さがあり、ややしお味が刺さってくるスープとの相性がとても良いように感じられました。私はこの麺好きなんですよね。

は、「チャーシュー、白菜、ネギ、焦がしネギ、フライドガーリック、唐辛子」とのこと。冬野菜である白菜がこのシリーズの具の大きな特徴と考えますが、私はこのスープならキャベツの方があうんじゃないかと思っていて、キャベツの甘さがあればしお味スープの味がさらに広がるのかなと思いました。焦がしネギと唐辛子の味がかなり幅を効かせています。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
ど安定の美味しさですね。自信を持ってメーカーが出してきているのが伝わってきます。今年は香辛料の味が強いように感じられました。価格を上げてでも背脂をレトルトタイプにしても面白いのかもなと思いました。

品名:冬季限定 コク塩ラーメン
メーカー:寿がきや食品
発売日:2011年12月19日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(かやく・後入れかやく入スープ・液体スープ)
定価:税別237円
取得価格:税込248円(ローソン)
製品URL:http://www.sugakiya.co.jp/products/sokuseki/soku_n_8093.html

標準栄養成分表
1食115g(めん70g)あたり
エネルギー:374kcal
たん白質:11.7g
脂質:11.5g
炭水化物:56.2g
ナトリウム:3.0g(めん・かやく0.9g スープ2.1g)
カルシウム:98mg

寿がきや食品HP:http://www.sugakiya.co.jp/index.html

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加