どうもオサーンです。横浜DeNAの中畑清新監督、面白いですね。横浜DeNAのファンからしてみればいろいろ不安でしょうが、あれだけ明るく、ノリが軽く、口も軽い。これはもう中畑監督個人のものじゃなくて、高田GMや球団が絡む人気獲得戦略のように思えてきました。今までにないタイプの監督だと思うので、これからもこのまま突っ走ってもらいたいです。私の中での中畑監督の現役時代の印象は、成績はたいしたことないけど目立つし人気がある、というものでしたが、いざ現役時代の成績を調べてみると、ホームラン30本超えをしたことあるし、打率もかなり高打率の年が何年かあり、すごい選手だったんですね。球場でのカラオケインタビューとかとても楽しみです。

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 名店の味 くじら軒 中華そば」。サンヨー食品の名店再現モノとしてはかなり息の長いシリーズですね。今までにも数点の商品が出ていますが、今回は「中華そば」と銘打っていて、いよいよ本丸の登場という感じがします。





スープは、「チキンとポークエキスをベースに、鰹や煮干し、昆布の旨みを合わせ、濃口しょうゆをほんのり使用し、ストレート細麺となじみの良い中華スープに仕上げ」たとのこと。しょうゆは濃口ですが、ダシの味が非常によくわかるスープでした。鶏の味と魚系の味のバランスが良く、繊細でいて力強い印象です。再現性はわかりませんが、これがラーメン店のスープとして出てきてもまったく文句ないと思えるくらいのデキでした。低価格帯のスープとは明らかに別物だと思います。

は、「ストレート細麺」とのこと。中細のノンフライ麺です。最近はストレート麺といえば日清のイメージがついてしまっていますが、なかなかどうして、サンヨー食品のストレート麺もなかなかのものです。小麦の風味と甘さを感じられる麺で、スープとの相性もばっちりでした。

は、「チャーシュー、ナルト、ほうれん草、メンマ、フライドオニオン、葱、フライドガーリック、揚げ葱の彩り豊かな具材を揃え」たとのこと。いつものサンヨー食品の甘めの味付けのチャーシューなんですが、すっきりしたスープの中で良いアクセントになっていて、相性が良いなァと感じました。他の具はやや弱いですが、具は高価格帯商品として及第点といったところでしょうか。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★☆☆☆☆(6)
スープのデキがとても良く、麺との相性もばっちりで、高価格に見合う商品でした。コッテリ感はないですが、すっきりしていてダシの味がよくわかりおいしかったです。くじら軒シリーズは定期的に発売されていますが、今後も引き続き頑張ってもらいたいです。

品名:サッポロ一番 名店の味 くじら軒 中華そば
メーカー:サンヨー食品
発売日:2011年12月12日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(あといれ液体スープ・かやく2袋)
定価:税別240円
取得価格:税込248円(ローソン)
製品URL:http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0202.html

標準栄養成分表
1食121g(めん70g)あたり
エネルギー:381kcal
たん白質:11.7g
脂質:10.1g
炭水化物:60.9g
ナトリウム:3.0g(めん・かやく0.9g スープ2.1g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg

サンヨー食品HP:http://www.sanyofoods.co.jp/index.html

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加