どうもオサーンです。先日、30代半ばにしてパチスロデビューしました。パチ屋さんは今までトイレを借りたことくらいしかなかったのですが、友人が行くというのでついでに付いて行き、アイムジャグラーという台でやってみました。長くやるつもりもなかったので、2000~3000円くらいやったら先に帰ろうと思っていたのに、見る見る飲まれていくお金を前にして熱くなってしまい、ついつい6000円も使ってしまいました。いやー自分には向いてないっすわ。その後、友人に打ってきてくれと依頼されてメダルを与えられ打ちに行ったら、早々にBIGが3連荘きて、なんだかなー。ビギナーズラックを友人のために使ってしまったんでしょうかね?w後日もう一度同じ友人と打ちに行き、その時は4連荘が来て前回分を取り返して余りあるプラスが出ていたんですが、友人を待っている間に設定の良さそうな台が空いたのでついつい打ってしまい、結果、儲け分が全て飲まれるという天国と地獄を味わいました。引き際ってかなり大事ですねぇ。冷静に考えると、打つ台を自分で決めるところ以外は著しく運に左右される上に、勝つ確率だってそんな高くないことを考えれば、自分は今後もあまり手を出したくない遊びだなーと思いつつも、いつか来たるべき決戦の日に備え、iPhoneアプリのジャグラーを購入していろいろ研究しています。これってハマってきてるんですかね?

今回は、日清食品の「日清カップヌードルごはん シーフード」。いよいよシーフードも全国発売となりました。思えば、近所のゲーセンのユーフォーキャッチャーにこの商品が入っているのを見て以来、ずっと食べたいと思っていましたが、やっと食べられます。でもなんだか、「カップヌードルごはん」の全国発売の時よりもどの店もあまり盛り上がってないような・・・。大々的にフェイスを占拠しているコンビニはあまり見かけませんでした。





味付けは、「『カップヌードル シーフードヌードル』の」「味を忠実に再現するために、スープの味のみならず、麺の味やフライした風味を取り入れ、ポークと魚介のうまみ、紅しょうがのアクセントで特徴付け」したとのこと。胡椒がかなり効いており、シーフードヌードルに比べるとだいぶスパイシー、というか、ちょっと効き過ぎだろうというくらいに効いていて、もうシーフードヌードルとは別の味になっていたように思います。パエリアっぽくなるのかとも思ったのですが、そんな感じでもなかったです。ノーマルバージョンも同じように胡椒が効いていましたが、それに比べるとちょっとシーフードヌードル味とマッチしていない印象を受けました。おいしいんですけど、もっとシーフードヌードルらしい味のものを食べてみたいですね。

ライスは、「米一粒一粒が立った、コシのある食感が楽しめるごはん」とのこと。ライスについてはもう自分で炊くレベルを超えていますね。芯に硬さを残しつつふっくら炊き上がったご飯で、この白いご飯だけで食べたいくらいです。相変わらず凄い技術だと思います。この商品の味の下支えとしても申し分なく、この商品のおいしさの源泉ですね。前も書きましたが、ご飯のアルデンテです。

は、「『カップヌードル シーフードヌードル』と同様の、キャベツ、たまご、イカ、カニ風味かまぼこ、ネギ、貝柱」とのこと。具は結構豊富だと感じました。特にカニ風味かまぼこ、たまご、ネギがたくさん入っているように感じました。イカがもうちょっとたくさん入っていると嬉しかったですが、それでも価格以上のボリューム感でした。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
文句なくおいしいので、あとは体感的におにぎり1個強と感じられる量で定価250円超えを許容できるかどうかが鍵となると思います。私はやっぱりやや割高感を感じたので、おいしいのですがこの評価にしました。あと、胡椒の味が強すぎるので、もうちょっとシーフードヌードルらしさがあると良かったですね。いずれにせよ、話の種として1回は食べてみることをお勧めします。

品名:日清カップヌードルごはん シーフード
メーカー:日清食品
発売日:2011年11月21日(月)
麺種別:-
かやく・スープ:3袋(ライス・具味付けの素・仕上げ香味油)
定価:税別250円
取得価格:税込228円(西友)
製品URL:http://www.nissinfoods.co.jp/product/p_2997.html

標準栄養成分表
1食104g(ライス86g)あたり
エネルギー:395kcal
たん白質:8.8g
脂質:4.7g
炭水化物:79.4g
ナトリウム:730mg

日清食品HP:http://www.nissinfoods.co.jp/index.html  

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加