どうもオサーンです。前回記事を書いてから今回までの間に、ずいぶんといろいろなスポーツ関係の出来事があって、ここで何を書いていいのか悩んでしまいます。巨人軍のゴタゴタ、日本シリーズ、サッカー日本代表の北朝鮮戦、エリザベス女王杯・・・etc・・・。全部にちょっとずつコメントしときますかw スポーツ紙は事実と客観的な事象の分析が仕事であって、個人的な人格批判や力学的な配慮からの一方的な肩入れ記事を書くことが仕事なわけではないんじゃないの?こぞって気持ち悪い記事ばっか書いてるんじゃねーよ。今年のシーズンの成績からいって、ホークスは絶対勝たなきゃならないよ。ファンじゃないけど頑張れ~!もし勝ってしまってたら、客席にいっぱいいた軍服着た人たちに拘束されてたんじゃないの?あの末脚はオルフェーヴルすらも差し切っちゃうじゃないの?

今回のカップ麺は、エースコックの「ご当地最前線 京都こってり中華そば」。エースコックの定番シリーズ「ご当地最前線」の新商品です。





スープは、「鶏を炊き出した濃厚な鶏白湯スープに、豚骨をブレンドしたこってりスープで」、「魚介の風味を効かせることにより、重層的な味わいに仕上げ」たとのこと。エースコックのタテ型は本当にとんこつしょうゆのスープが多いように思いますが、今回のスープもだいたいエースコックのいつものとんこつしょうゆと似たような味で、今回は特にメンマの風味が強く出いているように感じられました。鶏よりもとんこつの方が強く、コッテリ感と相まって飲みごたえがありました。安心して食べられる安定した味だと思います。

は、「滑らかで適度な弾力のある、濃厚なスープと相性の良い中細めん」とのこと。主張しすぎず、スープとの相性は良いです。これといって京都ラーメンの特徴を掴んでいるとは思えませんが、これは最初から再現する気はないと思われます。やや油揚げ麺特有の匂いは気になるところですが、スープの味が強いのでそれほど気になりませんでした。

は、「焼豚にねぎ、メンマを加えて仕上げた京都ラーメンの王道具材」とのこと。京都ラーメンの王道なのかよくわかりませんが、いつものエースコックのタテ型と同じように感じられました。メンマが良い味出しています。チャーシューは大きめですが、別段おいしいとは感じられなかったので、あまり期待しない方が良いです。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
スープがとても安定した良い味です。メンマの風味が強く感じられ、最後まで飽きずに食べることができました。思うんですが、京都ラーメンって数あるご当地ラーメンの中でも、特にカップ麺との相性が良い味のひとつかと思います。コッテリ感と適度な風味の強さがうまいこと油揚げ麺の匂いを隠せるところが大きな要因だと思います。エースコックには今後も京都ラーメンをいろいろ出してもらいたいですね。

品名:ご当地最前線 京都こってり中華そば
メーカー:エースコック
発売日:2011年11月14日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(液体スープ)
定価:税別190円
取得価格:税込195円(ローソン)
製品URL:http://www.acecook.co.jp/products/detail.php?jc=4901071227852

標準栄養成分表
1食93g(めん70g)あたり
エネルギー:394kcal
たん白質:10.2g
脂質:15.2g
炭水化物:54.2g
ナトリウム:2.4g(めん・かやく0.6g スープ1.8g)
ビタミンB1:0.26mg
ビタミンB2:0.27mg
カルシウム:196mg

エースコックHP:http://www.acecook.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加