kap 014

どうもー、ハンサムです。この度ワタクシ、横浜みなとみらいにある「カップヌードルミュージアム」に行ってきました。「地球の食文化を革新した日清食品創業者・安藤百福の「クリエイティブシンキング=創造的思考」を数々の展示を通じて体験することができます」だそうです。チキンラーメンを自分で作るコーナー、オリジナルカップヌードルを作れるコーナー、世界の麺料理を食べれるコーナー、子供が遊べるアトラクションコーナー、百福さんのやカップ麺に関するコーナー、ってな具合になっているようです。まぁ、詳しくはカップヌードルミュージアムのサイトをご覧ください。さて、長くなりそうなので、続きは「続きを見る」にしますね。興味のある方はどうぞ見てってくださいませ。

続きに訪れていただきありがとうございます(ぺこり 自分、iphoneで撮影してますが、まぁー撮ったり撮らなかったりムラッ気がある事を先に申し上げておきます(ぺこり
さてさて家を7時50分に出るという、ちと気合入り気味に出発。現地には9時半頃到着だったかな。着いた時には既に長蛇の列。200~300mくらいでしょうかね。自分らが並んだ後も続々と人が並びます。でも開館してからはわりとすんなり入れましたね。

入り口でまず入館料を払います。それぞれの有料コーナーは、それぞれの場所で整理券やチケットを購入するようです。自分らはまずオリジナルのカップヌードルを作れるコーナーの整理券をもらってから、昼時は混むであろう世界の麺料理が食べられるコーナーへ行きました。


kap 015

この布の向こうが世界への入り口です。わりと小さい印象w


kap 026

そしてワールド麺ロードの中。アジアンな雰囲気でテーブルと椅子が並べられています。ハーフサイズは1杯300円との事なので、みんなで相談して、韓国の冷麺とイタリアのパスタはとりあえず除けて、食べた事のないものを食べようという事になり。


kap 016

まず、タイのトムヤムクンヌードル。「レモングラスやコブミカンの葉、魚を発酵させた調味料“ナムプラー”の風味が混じり合い、エスニック感満点」だそうです。一番楽しみにしていました。今までトムヤムクンはお店で数回食べてますが、一番マイルドな感じでしたね。辛みも酸味もそこそこ。エビが入っていますが、スープにはさほど影響ない感じ。ナンプラーの風味もそんなに・・・。それ故か上に乗せられたパクチーの風味がけっこう強く感じます。自分は今回、パクチーはあまり多すぎるとちと苦手だという事が判りましたw


kap 018

お次はマレーシアのラクサ。「マレーと中国の食文化が混じり合った、独特のめん。ほんのり甘いココナッツミルクベースのスープに香辛料をふんだんに使ったカレー味。」だそうです。これ、かなりスープが好みでした。ココナッツミルクのコクとカレーに、エビや魚介系の風味を強く感じます。舌の奥で感じる苦味のような。麺はラーメンの麺のようでした。ちょっと甘めなので子供も食べられるっぽかったですね。ちなみにコレおわかりして一人で食べました。


kap 020

お次はカザフスタンのラグマン。「アジア圏の西端、中央アジアの伝統料理。シルクロードのめんは、羊肉を使うのが特徴です。オイスターソースが隠し味」だそうです。久しぶりに食べた、羊肉。肉を除ければあまり感じないので、ラム肉が苦手な方でもまぁイケるんじゃないかと。ソースは・・・オイスターソース、隠し味だったのかなぁ?っていうw トマトとオイスターソースと野菜とラム肉っていう感じでしたかね。麺はうどんのようでした。


kap 021

そしてこちら、ベトナムのフォー。これがですね・・・今までフォーはカップ麺で何度か食べてるんで、なんとなくあっさりな米麺スープという印象だったんですが、これがですね・・・。いや、自分がオカシイのかもしれんですが、これがですね! めちゃくちゃ犬の匂いがするんです! え?w いや真剣で。なんか・・・犬っぽくね?って思ったが最後、犬エキスで作られてるんじゃないかという程の犬臭。犬の独特な体臭わかりますかねぇ・・・。だもんで、自分はコレ一口でギブでした。とてもじゃないけど無理レベル。なぞです・・・。


kap 022

そしてこちら、インドネシアのミーゴレン。ミーゴレンもインスタントで食べた事がありますが、インスタントよりかなり甘い味付けでしたね。ホント砂糖入り焼そばみたいな。なんだろうなー、おかわりはいらないなーっていう感じですかね。不味くないけど、まぁ・・・っていう。まー好みありますからねー。


kap 024

で、こちらが中国の蘭州牛肉面。牛肉ラーメンって感じでしょうか? 花椒や唐辛子、五香粉(知らない・・・w)とありますが、おぉ!っていう程は効いておらず、じんわり感じるぐらいでしたね。辛いの苦手な人はピリ辛だと言ってましたが、自分にはよくわかりませんでした。味的にちと薄めだった感じでした。

ってな具合に麺を食べ漁ったのでした。自分らが食べた時はそんなに混んでなかったんですが、各お店の方がすごく丁寧に作ってましたね。量もきちっと!みたいな雰囲気で。必ずお皿の縁を拭くし。ガサツな自分は妙に感心しましたw


kap 027

そして、オリジナルカップヌードルを作る時間まで、館内の百福ヒストリーを見て回ります。こちらは日清食品の今までのカップ麺。かな? しかし右側の壁にはいろんなメーカーのカップ麺が入ってました。なんだかほのぼのしちゃいましたねぇ。


kap 029

こちらは百福ヒストリーコーナーですかね。じっくり見たかったんですが、状況からナナメ読みになってしまいました。もうちょっと空いたらまた行ってみたいですね。


kap 031

油揚げ麺のしくみ。なるほどー、それでフカフカ食感になるのかーと納得したのですが、自分の解釈で合ってんのかな?とw


kap 030

こちらは、パネルふ触れると影が飛び出して動く、というコーナー。子供も大人も興味津々でした。とりあえず自分も全部触れてきました。


kap 033

カップ麺から麺がどーん。実物の方が綺麗で迫力ありましたね。写真だと小さく見える。


kap 036

こちら百福さんの銅像です。ピカピカです。(あってもなくても同じなような一言解説ww)


kap 035

こういう箱?がいろんなところに置かれています。それぞれ書いてある事が違う。


kap 034

こちらはトリックアートのような。これ、覗き込む穴から撮影しましたが、この中に入ってそれぞれのカップヌードルの脇に立つと、右→大、真ん中→中、左→小って感じに見えるんです。詳しくはホームページをw


kap 038

さて、いよいよオリジナルカップヌードルを作るコーナーに並びます。ここはまず並ぶための整理券をもらって、その券に書かれている時間になったら並ぶ、という事になっています。係の人の話だと、必ずしもその時間に並んだからといってすぐに作業できるわけではなく、大混雑の時は2時間待ちだとか。どんだけーw ちなみにこの日の整理券は13時頃には一日分が売り切れ?てました。


kap 040

で、となりのコーナーは、チキンラーメンを作るブースになっています。コレは完全予約制らしい。3ヶ月先まで予約はいっぱいらしい。すげーねーw


kap 042

こんな感じ。ひよこちゃんの三角巾?がみなさん可愛いですなw


kap 039

さてさて、このコーナー入り口で説明を受けたあと、自販機で空の容器を買います。300円。その後、こちらのスペースでカップ容器に絵を描いていきます。みなさん楽しそうですな。

kap 043kai

はい、できましたー。「ひたすらCUP ハンサム味」 すっげぇぇぇバカっぽい!!w まぁ実際バカなんですがw


  kap 046

で、ここから中身を入れて完成させていきます。まず、麺。ちと写真撮れなかったんですが、この麺にカップを被せて機械で押し込みます。この麺にカップを被せる、というのが発想の転換!だったそうですよ。


kap 049

そしてこちらでスープや具を選びます。スープは、チリトマト、しょうゆ(ノーマルのやつ)、シーフード、カレーから1つ選びます。ミックスはナシw 具は上段左からカニ風味カマボコ、コーン・炭火焼チキン(これが本日の特選品だったらしい)、キムチ、フライドガーリック、下段左から、タマゴ、コロ・チャー、ひよこちゃんナルト、チェダーチーズ、ネギ。写真に写ってない部分にエビとグリーンアスパラもあります。すみません。選べる具は4つ。いやー、最初自分、何種類でも入れれるもんだと思ってですね。目に付いた具から選んでいったら、モロ普通なカップヌードルになってしまってビックリでしたw 自分が選んだのは、しょうゆ+フライドガーリック+ねぎ+タマゴ+コロ・チャー。無念ww


kap 053

で、アルミ蓋をして、ビニールで包装。このアツアツの中を通るとビニールが熱でピッタリするらしい。エヴァスーツのようw 完成品は、肩から提げられるようにビニールバックみたいになるやつに入れて出来上がり。写真なくてすみませんw 実は、仲間に空き容器1つ譲ってもらったので、もう1個作りました。それはオサーン氏へ郵送済みです。そのうち記事にしてくれるように頼みましたのでお楽しみに。(え、別に楽しみじゃないとかw)


kap 037

そんな感じでカップヌードルミュージアムを堪能してまいりました。いやー、出たのが2時半くらいだったと思いますが、やっとその頃入場待ちの列が解消されたような感じでした。すごい盛況っぽいです。まぁオープンして間もないというのもあると思いますが、大阪の方のは今も盛況らしいですからねぇ。閑散とするのを見るのも忍びないので、人気が続くといいですねぇ。


kap 054

目の前のコスモワールド寄ってく?なんていう意見も出ましたが、高いのでやめようという事でまとまりw なかなか天気も良かったので海の方の写真も撮れば良かったなぁと思いますが、まぁまた次回に繋ぐ感じで心残りがあるのも悪くないかな、と。

以上でカップヌードルミュージアムの報告を終わります。なんだか日記のようになってしまいましたがww 最後までお付き合いくださってありがとうございました。今後とも当ブログをよろしくお願いいたします(ぺこり


スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加