どうもオサーンです。久しぶりにじっくりとプロ野球の中継を見たんですが、シーズン当初に比べて打者のスイングがレベルスイングになっていることに気づきました。公式球変更によって打球が飛ばなくなって、その対処策として、基本に忠実に、よりバットが芯に当たりやすくするためなんでしょうね。シーズン当初に比べて最近ホームランが多くなってきている気がしますが、このスイングの変化が大きいのだと思います。去年までの試合球だと、芯を外した方がよく飛んでたのかもしれないですね。

今回のカップ麺は、寿がきや食品の「女子大生とつくった 完熟トマトのラーメン」。「女子大生とつくった」とか言って、メーカーと女子大生のコラボ感を出してますが、別にメーカーが作ってるのは誰でもわかってることなので、「女子大生が作った」で良いと思うんですけどね。どうなんでしょう。まぁどうでもいいことですねw





スープは、「甘みが強いポルトガル産のトマトにチキンエキスを加え、ガーリック、オニオンなどの香味野菜を合わせたスープ」とのこと。トマトの味が前面にしっかり出たスープで、他の味は小さいです。商品名のとおりしっかりトマトしていましたが、想像通りの味で意外性とかインパクトは大きくなかったですね。女子大生とコラボしなくても普通に自力でできた味なのでは?(いや、別に女子大生に恨みとかないですけどねw)

は、「しっかりとしたコシと粘りのある口当たりなめらかなノンフライめん」とのこと。いつもの寿がきやのノンフライ麺ですね。麺もコラボの意味を感じませんが、この麺はしっとりとしたやわらかさがあって私は好きです。トマトとの相性も良かったと思います。

は、「揚げナス、ズッキーニ、たまご」とのこと。揚げナスもズッキーニもカップ麺の具としては珍しく、特に揚げナスはしっかりと揚げている感じがしておいしかったです。ズッキーニはナスと同化していて、気をつけて食べないとナスだかズッキーニだかよくわからなくなりますが、この珍しさはインパクトありました。女子大生とのコラボの価値はこの具にあったんですね~。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
しっかりトマトを前面に出したスープといつもの寿がきやのノンフライ麺の組み合わせは、インパクトこそないものの無難においしく、具の揚げナスがとてもおいしかったです。そして私的にこの商品の最大の価値は、定価で税別200円を切っていること。この値段でこの味ならば文句ないと思います。

品名:女子大生とつくった 完熟トマトのラーメン
メーカー:寿がきや食品
発売日:2011年9月⑫日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・かやく)
定価:税別199円
取得価格:税込208円(ローソン)
製品URL:http://www.sugakiya.co.jp/products/sokuseki/soku_n_8090.html

標準栄養成分表
1食103g(めん65g)あたり
エネルギー:314kcal
たん白質:8.0g
脂質:6.4g
炭水化物:56.2g
ナトリウム:2.1g(めん・かやく0.6g スープ1.5g)

寿がきや食品HP:http://www.sugakiya.co.jp/index.html

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加