kap 453

どうもー、ハンサムです。今回のカップ麺は、ヤマダイの「凄麺 名古屋発 台湾ラーメン」です。台湾ラーメンというのは、Wikipediaによると、「豚挽き肉・ニラ・長ネギ・もやしなどをトウガラシで辛く味付けして炒め、醤油ベースのスープを加えてゆでた麺にかけたものである。ニンニクをたくさん入れるのも特徴のひとつ。」とあります。自分は台湾ラーメンなるものを食べた事が無いので、今回のカップ麺が初体験という事になりますねぇ。楽しみです。

kap 454

kap 462

スープは、「ポークエキスとチキンのうま味の効いた醤油ベースのスープに、味噌、豆板醤、麻辣調味料、にんにく等で深い旨味を出し、唐辛子でパンチの効いた辛味」、「ニラや挽肉との相性の良い中華花椒の香りを微量に効かせ、アクセント」だそうです。醤油スープにちょっと味噌と中華系をプラスされてる感じ。感想としてはですねぇ、正直、なんか凄麺シリーズでこんなスープあったような?っていう感じの、馴染みのある感じでした。台湾ラーメン自体がそんなに奇抜じゃなさそうなので、なんとなく納得してしまいました。あと、辛さ調整の後入れ調味料ですが、全部入れましたが激辛とは感じませんでしたね(自分は辛いの好きであります)。辛いのがあまり得意じゃない人はちとヒーってなるかな?

、いつもの凄麺の麺ですね。凄麺の麺って、けっこう主張の強い麺だという印象があるんですが、今回はなんだかスープと馴染んでない感じがしました。スープと麺がそれぞれに主張してるという印象でした。凄麺シリーズだから仕方ないのかもしれないですが。

は、ニラ、もやし、フライドガーリック、唐辛子チップ。スタミナ系の具ですが、そんなに強くない印象でした。定価210円にしてはちょっと具が貧弱かなぁ・・・。

オススメ度(標準は3です)
★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2)
いやー、自分、凄麺シリーズ好きなんですが、ひとつ難をつけるなら、ちょっと似たり寄ったりな印象を受けることが多いという事でしょうか。今回もなんだか食べた事があるようなスープで、ちょっと残念に思えてしまいました。まぁ、台湾ラーメンがそういう感じなんだから仕方ないと言われれば返す言葉もないですがw ぜひ名古屋で台湾ラーメンを食べてみたいですねぇ。ご飯との相性はなかなか良かったです。


品名:凄麺 名古屋発 台湾ラーメン
メーカー:ヤマダイ
発売日:2011年9月12日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(かやく・液体スープ2種)
定価:税別210円
取得価格:税込217円(ファミリーマート)
製品URL:http://www.sugomen.jp/product/d00174.html

標準栄養成分表
1食123g(めん60g)あたり
エネルギー:361kcal
たん白質:14.5g
脂質:7.1g
炭水化物:59.7g
ナトリウム:4.2g(めん・かやく0.4g スープ3.8g)

ヤマダイHP:http://www.newtouch.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加