どうもオサーンです。最近、100均によく行くんですが、大手3社?がしっかりと色分けできていて面白いように思います。私にとって、ダイソーはプラスチック物、キャンドゥはお菓子など食べ物、セリアは食器類が充実というイメージです。食い意地張っている私はキャンドゥをよく利用するんですが、バナナチップが200gで100円とかもう天国のようです。

今回のカップ麺は、とかち麺工房の「阿吽 つゆ無し担担麺」。サークルKサンクスのオリジナル商品で、今年の6月8日に発売されました。もう3ヶ月も前の商品なので、すでに置いている店も少なくなってしまってますが、コメント欄でBratscheさんにオススメいただき、見つけることができたので食べてみることにしました。なんかとても久々のとかち麺工房製品です(11ヶ月ぶり)。





スープは、「『甜麺醤に香辛料と酒で味付けしたレトルトひき肉』と『酸味をやや強めに利かせた醤油ベースのスープ』が絶妙に調和し」ているとのこと。メインの味は練りゴマで、それに酸味とラー油と山椒の味が加わり、総和として何かマヨネーズのような味を思わせる、非常に濃厚な担々麺の味を醸し出しています。担々麺はおろか、他の味を入れてもここまで濃厚な味のカップ麺は食べたことないです。中華店等の汁なし担々麺も酸味のきいてるものがありますが、今回のこの濃厚さはどちらかというとまぜそば的な味だと思います。酸味と山椒の味が強く、辛さは弱めです。食べ始めは非常に新鮮でおいしく食べられ、後半はやや飽きがくるものの、それでもまた食べたいと思える味です。

は、中太平打ちのノンフライ麺。弾力のある主張の強い麺で、とかち麺工房らしい麺だと思います。主張が強いため濃い味のスープとの相性がよく、稀に見るベストマッチだと思います。この麺は、カップ麺として作るならばラーメンよりも今回のような商品や焼そばのほうが向いていると思います。

は、ひき肉、ほうれん草、ネギ。この手の商品は具がおろそかになりがちな印象がありますが、今回に限ってはしっかり存在感がありました。特にスープのところで触れてますが、ひき肉のピリ辛で甘めの味付けがスープとマッチしていました。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★★☆☆☆(7)
味だけなら★8です。私が今まで食べてきたとかち麺工房製品なのかでもトップクラスなのは間違いありません。(体には悪そうですが)これでもかと濃厚に振ってきた味付けはホント徹底的で、この手の商品が好きな方々には文句ない味付けになっていると思います。私も3個新たに買ってしまいましたw 反面、とかち麺工房らしく?単に褒めさせてはくれません。まず、カップ内のスープ・かやく類の小袋が6袋もあること。さすがにこれは多すぎで、お湯で戻す時間と同じくらい調理に時間がかかってしまいます。手軽さが売りのカップ麺でこれはどうなんだろうと思ってしまいますね。確かに味が第一なんですが、製造開発にあたりそれしか見ていないようではちょっと問題ありです。そして、蓋にのせて温めなければならない小袋がたくさんあり、蓋にのり切らないことも問題です。小袋のひとつに、練りゴマの入った袋があるのですが、これがよく温めた上で十分に揉んでから入れても塊が袋内に残ってしまう入れ難さで、蓋でしっかり温めてないと悲惨なことになります(私はこれで1個目食べた時かなりイライラしてしまいました)。こういうところがやはりカップ麺に向いたメーカーじゃないんじゃないかと思えてしまいます。味が抜群だっただけにとても残念な点でした(とかちの製品ではいつも似たようなこといってるような気がしますね。グタグタ文句言ってしまうのでなるべく食べないようにしてるんですが)。

品名:阿吽 つゆ無し担担麺
メーカー:とかち麺工房(サークルKサンクスオリジナル商品)
発売日:2011年6月8日(水)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:6袋(特製スープ・自家製油辣油芝麻醤・調味油・レトルトの具・乾燥具材・スパイス)
定価:税別298円
取得価格:税込278円(サンクス)
製品URL:http://www.circleksunkus.jp/wakuwaku/cupmen/

標準栄養成分表
1食150g(めん60g)あたり
エネルギー:672kcal
たん白質:17.1g
脂質:43.2g
炭水化物:53.6g
ナトリウム:1.2g(めん・かやく0.3g スープ0.9g)

とかち麺工房HP:http://www.tokachi-menkoubou.co.jp/
サークルKサンクス 麺王への道HP:http://www.circleksunkus.jp/wakuwaku/cupmen/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加