どうもオサーンです。私、30代も半ばに差し掛かりましたが、トレーディングカードゲームというのをやってみたいです。自分のコレクション欲を満たしつつ、ゲームをして楽しめる。何と幸せなことじゃないですか。WCCFとかのアーケードじゃなくて、オタクっぽいやつがいいです。Lyceeならゲームに入っていたやつを何枚か持っているので、それがいいなぁ。でも、あれって10代~20代前半くらいまでの人がやってるイメージがあり、オサーンな年齢のオサーンが乗り込んでいって果たして相手してもらえるんですかね?あと、ゲームに必要な枚数って60枚なんですね。いやはやいっぱい出費しなきゃならないシステムになってるんですなぁ。

今回のカップ麺は、日清食品の「日清SPA王 カルボナーラフェットチーネ」。昨日に引き続き、新生「日清SPA王」シリーズの新作です。昨日食べたスパゲティでは、デュラムおばさんの方が一枚上手だなぁと感じましたが、今回のフェットチーネは果たしてどうでしょうか。





ソースは、「チーズと卵黄のコク、そして芳醇なベーコンの香りが特徴の濃厚なカルボナーラソース」とのこと。一般的なカルボナーラのクリーミー感はあまりなく、まず口に入れてチーズの味を強く感じます。非常に独特な味わいだと思いました。ただ、麺の存在感に比して味が全体的にやや弱いかなと感じました。単純にソースの量がもうちょっと増えると解決できるのではないかと思います。

は、「『"勝手にアルデンテ" 製法』により、熱湯5分でお店で食べるような、麺の厚みを実現した本格的なノンフライフェットチーネ (デュラム・セモリナ粉100%使用)」とのこと。昨日食べたスパゲティ同様に、パスタとはイメージの異なる画一的な硬さを感じ、アルデンテという印象はあまり感じませんでした。そしてやっぱり、パスタらしい風味がやや弱いように感じられます。麺自体のコシは非常に強く、それがかえってソースの味を邪魔しているように感じられ残念でした。

は、「薫製の風味豊かなベーコン、ブラックペッパー」とのこと。麺の存在がやや強いため粉っぽさとか野暮ったさを感じるのですが、ベーコンとブラックペッパーはそれぞれが効果的にアクセントの役割を果たしており、そこは好感が持てました。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
ソースのチーズの味が印象的で、そこは素直に好印象。ただ、麺はまだまだパスタっぽさが弱く、またソースに比して麺の存在感が大きすぎるのが災いし、ちょっと粉っぽさを感じたのは残念でした。現状では、デュラムおばさんシリーズのカルボナーラの方が数段上という印象です。しかし、まだまだできたばかりの製品なので、今後の改良に大いに期待したいところですね。

品名:日清SPA王 カルボナーラフェットチーネ
メーカー:日清食品
発売日:2011年8月22日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体ソース・かやく・スパイス)
定価:税別215円
取得価格:税込198円(マックスバリュ)
製品URL:http://www.nissinfoods.co.jp/product/p_3666.html

標準栄養成分表
1食109g(めん80g)あたり
エネルギー:401kcal
たん白質:12.2g
脂質:9.5g
炭水化物:66.8g
ナトリウム:1.2g
カルシウム:198mg

日清食品HP:http://www.nissinfoods.co.jp/  

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加