kap 406

どうもー、魔王ハンサムです。(何) 先日、オサーン氏とカップ麺の話をしていたところ、たまにはカップ麺じゃなくラーメン屋も行けば?なんて言われまして。あ~~とかテキトウな相槌してたら、オサーン氏が。「ほら、近くに有名な店あるじゃん。メンズバーだっけ?」と言い出しました。その時点で、あー、厚木市にある「ZUND-BAR」の事言ってんだなと気づきました。「メンズバーって・・・w」 って返事したら、オサーン氏が。「あっ、名前間違えた!w ドンズバーだ!w」と自信満々にww いや、合ってねぇからソレ!w

さて、オサーン氏のハズカシイ話も暴露したしw 今回のカップ麺は、ヤマダイの「凄麺 PREMIUM鶏塩らぁめん」です。以前、PREMIUMじゃない鶏塩ありましたね。自分は食べてないんですが、パッケージが凄麺シリーズらしからぬかっこいいパッケージだったのでよく覚えています。とか言って、自分はちょっと首傾げちゃういつものパッケージの方が好きなんですがw

kap 407

kap 408

スープは、「たまねぎと丸鶏を煮込んだチキンブイヨンが口の中で広がるコクと風味が特徴」、「野菜(かぼちゃ)と果実(マンゴー)を使用したさっぱりとした自然な甘み」、「鶏ガラをローストした炙りガラエキスを加え」、「別添の炙りガラ風味オイルを併用し、ラーメン店でだされるような本物の臨場感」だそうです。要約が下手で長くなってすみません(苦笑) まず、鶏の風味は想像していたより強くなく、ふんわりと香る程度に感じました。オイルに意識がいってしまいそうですが、鶏のダシがしっかりしてるからこその塩味だなという印象でした。上品なスープでした。

は、いつもの凄麺の麺ですね。ちょっと細いかな。凄麺の麺は、食感はごりごりしてますが、あんまり主張の強くない麺だと思っているんですが、今回は麺も細いしスープの邪魔をしない、いい相性だったと思います。でも、札幌ラーメンのような玉子麺とかも合いそうだなぁと思いました。

は、鶏つくね団子、ねぎ、糸唐辛子。小さい鶏団子がぷかぷか浮いてる様は、なんだか存在感がいじらしいやら、妙に小憎たらしい感じでしたw 味はしっかり鶏つくね団子。糸唐辛子が塩スープに映えてましたね。あと、意外にねぎの食感がシャキシャキしてて、ちょっと得した気分でした。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
今回はPREMIUMとの事で、食べ比べできないのでなんともアレですが、パッケージを見て味の想像して買っても裏切られる事はないんじゃないかと思います。すっきりした塩とふんわり鶏風味がいい感じでした。あと、これは自分の勝手な想像ですが、わさびをちょっと足すと更に美味しくなるんじゃないかと思いました。残念ながら試せなかったですが; ご飯との相性ですが、ご飯にスープをかけて食べてみましたが、何故かお茶漬けの味に感じましたw

品名:凄麺 PREMIUM鶏塩らぁめん
メーカー:ヤマダイ
発売日:2011年8月15日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(かやく・液体スープ2袋)
定価:税別230円
取得価格:税込237円(セブンイレブン)
製品URL:http://sugomen.jp/product/d00171.html

標準栄養成分表
1食121g(めん60g)あたり
エネルギー:367kcal
たん白質:9.7g
脂質:12.9g
炭水化物:53.1g
ナトリウム:3.5g(めん・かやく0.2g スープ3.3g)

ヤマダイHP:http://www.newtouch.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加