どうもオサーンです。先日、一緒にブログを書いてくれているハンサム氏から、「自分と同じiphone4で撮った写真でやってみろやゴルァァァ!」との指令を受け、今や立場的にハンサム氏の下になってしまった私としては従わざるをえず、iPhone4で撮影してみました。日本一のカップ麺写真家を志す?私オサーンなので道具を選んでいる場合ではないのですが、普段と違う画角に途惑ってしまいました。写真3枚目ですが、中央部分が青被りしています。iPhone4のカメラの欠点として室内光での撮影においてこういう現象が起こるのは知っていたんですが、実際自分の写真で見てみると、とてもじゃないですが食べ物撮るのに向かないですね。まずそう・・・。下の方の【続きを読む】を押してもらうと、いつものカメラで撮った写真も載せています。

今回のカップ麺は、エースコックの「鳥取でみつけた 牛骨しおラーメン」。とんこつや鶏ガラはラーメンの素材として広く使われていますが、牛骨を使ったラーメンと言うのは全国的に見て珍しいみたいです。私も鳥取にこんなラーメンがあるのも知らなかったし、もちろん食べたこともありません。こういう味を手軽に楽しめるのがカップ麺の良いところですね。メーカーさんには今後もご当地ラーメンをたくさん作ってもらいたいです。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
追記:



下のコメント欄で教えていただいたiPhoneアプリ「Blue Tint Cleaner」(購入額:85円)を使ったら、見事に青被りが消えました。これはパワフルなアプリですね。iPhone4で食べ物撮るなら必需品かもしれません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
スープは、「牛骨と香辛野菜をじっくり煮込んだ、香ばしい風味と深いコクが味わえるしおラーメンスープで」、「仕上げの黒胡椒で味を引き締め」たとのこと。湯気に盛大な牛の香りがあり、香りはかなり特徴的ですが、味はごく普通のあっさりしょうゆ味で、後味にかすかに牛の存在が感じられる程度です。鳥取の牛骨ラーメンについて調べてみましたが、どうやら牛が強く前面に出てくるような味ではないみたいなので、今回の味もそれを踏襲しているようですね。私としてはもっとカップ麺らしく極端な牛押しできてもらいたかったですが、これはしょうがないですかね。

は、「しなやかで喉越しの良い適度な弾力の中細ノンフライめん」とのこと。主張のあまり強くないスープに対して麺はもうちょっと細いほうがスープの邪魔をしないと思いましたが、マッチングは悪くなかったと思います。

は、「程よく味付けした焼豚、メンマ、もやしにかまぼこを加えることで、鳥取ラーメンらしさを演出し」、「ねぎを後入れで入れることにより、風味良く仕上げ」たとのこと。メンマの香ばしさとネギの多さが特徴的な半面、もやしが気持ち程度しか見当たらりませんでした。鳥取ラーメンの特徴ならばもうちょっと欲しかったですね。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
普段巡り会えない鳥取ラーメンに触れることができて、メーカーに感謝です。カップ麺としてのデキは、200円オーバーの値段を考えると及第点と言ったところでしょうか。ただ、私が鳥取ラーメンと触れ合ったことがないということもあり、実際食べたことのある人が評価をするともうちょっと違うのかもしれません。







品名:鳥取でみつけた 牛骨しおラーメン
メーカー:エースコック
発売日:2011年8月15日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(液体スープ・かやく・後入れかやく・スパイス)
定価:税別220円
取得価格:税込228円(ローソン)
製品URL:http://www.acecook.co.jp/products/detail.php?jc=4901071234621&bId=1108

標準栄養成分表
1食99g(めん65g)あたり
エネルギー:326kcal
たん白質:9.4g
脂質:8.7g
炭水化物:52.5g
ナトリウム:2.5g(めん・かやく0.6g スープ1.9g)
ビタミンB1:0.28mg
ビタミンB2:0.25mg
カルシウム:208mg

エースコックHP:http://www.acecook.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加