どうもオサーンです。
あー今から寝言言います。

ニコ動で使用された回数を集計したKOTOKOの曲のランキング動画を見るのが毎年楽しみです(うp主さん毎年乙です)。毎年ランキングで1位になった曲はわが国の国家に制定すべきですね(君が代に関する思想的観点からの発言じゃないです)。まぁうpされる曲全部が心の1位なんですけどね。私は「being」という曲が好きなんですが、自分がジャイアンツや新日に入団したら入場曲はたぶんこれにします。

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 名店の味 魁龍 どトンコツラーメン」。九州小倉にある人気店の再現ものになります。九州でも最高峰の濃厚とんこつラーメンを出す店だそうですね。ラー博にも出店していて、私はまだ食べたことないもののとても食べてみたいお店なので、そのうち、わが「ひたすら食いまくる会」の神奈川支部長であるところの友人ハンサム氏を食べに派遣しようと考えています。ひたすら食いまくる会とか神奈川支部長とか久々に書いた気がするw





スープは、「創業から守り続けている“呼び戻し製法”という、毎日減ったスープの分を継ぎ足しする製法を用いた、熟成されたクセのあるとんこつスープ」「を再現するため、豚骨ごと磨り潰したざらつきのあるポークエキスをベースに、豚脂、背脂、豚皮の旨味を合わせ」たとのこと。確かに豚骨ごと磨り潰したというだけあって、きちんととんこつ臭はしているし、豚脂の風味も感じられます。ただ、九州最高峰と謳われる濃厚スープを再現したものとしては迫力に欠け、他のカップ麺と比較しても日清や明星、ヤマダイなどからはもっととんこつの味が豊かな製品が出ています。定価240円という嗜好品的な色合いの強い商品と考えると、もうちょっと思い切りよくとんこつに振っても良かったのではないかと思います。これがもうちょっと安かったらそれなりに納得できる味ではあるんですけどね。

は、「ノンフライのストレート細麺」とのこと。久留米ラーメンなのに博多ラーメンっぽい細麺でしたが、実際のお店もこんな感じみたいですね。日清や明星の極細麺に比べるとやわらかめの麺で、これはこれで自然な感じがして良かったです。スープとの相性もバッチリでした。このあたりはさすが何でも当たり前にこなすサンヨー食品、非常に上手でした。

は、チャーシュー、ネギ、メンマ。チャーシューはやや甘めな味付。チャーシューとメンマに関しては値段の割にやや貧弱さを感じましたが、ネギの量はなかなか多かったです。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
とんこつ好きならばそれなりに満足できる味には仕上がっているものの、値段を考えるともうちょっと頑張って欲しかったところです。多少、一般受けする味にしすぎた印象を受けました。以前売られていたとかちの魁龍に比べると値段が安い上に格段においしいのですが、サンヨー食品ということで期待も大きかったのでやや不満が残りました。サンヨー食品にはあまり本格とんこつのイメージがないので、今後のとんこつスープ作りに期待します。

品名:サッポロ一番 名店の味 魁龍 どトンコツラーメン
メーカー:サンヨー食品
発売日:2011年7月25日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(あといれ液体スープ・あといれ特製スープ・かやく・あとのせかやく)
定価:税別240円
取得価格:税込248円(ローソン)
製品URL:http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0166.html

標準栄養成分表
1食130g(めん70g)あたり
エネルギー:509kcal
たん白質:13.4g
脂質:21.6g
炭水化物:65.2g
ナトリウム:2.8g(めん・かやく0.9g スープ1.9g)
ビタミンB1:0.33
ビタミンB2:0.58mg

サンヨー食品HP:http://www.sanyofoods.co.jp/index.html

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加