どうもオサーンです。モンハン好きのハンサム氏は今日、池袋のナンジャタウンに遊びに行くそうです。池袋といえば、私が東京に住んでいた間は普段の行動圏に入っておらず、ただラーメン食べに行くための街でしたね。なので、池袋=光麺、屯ちん、みたいな印象の街です(なんじゃそりゃ)。あぁだからナンジャタウンなのか。

さて今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 日本うまいもん 富士吉田のうどん」。以前にもこのブログで東洋水産のタテ型の吉田うどんは食べてます(こちら)。





スープは、「かつおだしが利いた味噌感の強い醤油ベースのつゆで」、「だしには煮干・さば節も使用し」、「七味唐辛子で味を引き締め」たとのこと。みそとしょうゆのあわせたベースの味付けが強く、ダシはほんの香る程度ですね。とにかく濃い印象です。関西風のダシうどんとはだいぶ違う感じで、東北の鍋とか汁物で出てきそうな味に感じられました。普段なかなか食べない味なので新鮮です。

は、「吉田うどんをイメージした、コシが強く歯ごたえのあるうどん」とのこと。太麺ではありますが、平打ち麺なため、本物の吉田のうどんの角切り麺とは違うようです。まぁ、お湯で戻すカップ麺なので、平打ち以外でなかなか太い麺はむずかしいですよね。同じ東洋水産の「本気盛」の麺をそのままうどんにしたような力強い麺で、再現性は低いものの濃いスープとは相性が良いです。

は、キャベツ、ニンジン、ネギ、味付豚肉、オニオン揚玉。揚げ玉が濃いスープの中でなかなか目立っていました。濃いスープが揚げ玉にしみこむとおいしいですよね(この商品でおいしいというよりは私が揚げ玉大好きなだけなんですが)。また、肉もうどんの肉らしい豚ばら肉を使っていて雰囲気が出ていました。ただ、本場では馬肉を使用するそうで、カップ麺でいつか馬肉を使うところが出てくると面白そうです。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
カップ麺を含め普通によく食べるうどんの味とは一線を画す田舎風味?なみそとしょうゆの濃いスープは新鮮でした。太い麺との相性もよく、具も揚げ玉と豚肉がおいしくて、なかなか良い商品だと感じられました。より確実に再現するためには、麺を平打ちじゃなくすることや、肉を馬肉にする必要がありますが、これはこれでしっかりとツボを押さえた良い商品だと思います。

品名:マルちゃん 日本うまいもん 富士吉田のうどん
メーカー:東洋水産
発売日:2011年4月25日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(特製スープ)
定価:税別190円
取得価格:税込195円(サンクス)
製品URL:http://www.maruchan.co.jp/products/search/2077.html

標準栄養成分表
1食99g(めん70g)あたり
エネルギー:394kcal
たん白質:10.1g
脂質:15.0g
炭水化物:54.6g
ナトリウム:2.8g(めん・かやく1.1g スープ1.7g)
ビタミンB1:0.31mg
ビタミンB2:0.32mg
カルシウム:166mg

東洋水産HP:http://www.maruchan.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加