どうもオサーンです。最近毎週月曜日が楽しみな日で、それはなぜかというと、BSTBSで夜9時から放送されている「吉田類の酒場放浪記」という番組を楽しみにしているからです。なんてことはない、オッサンが飲み屋に行ってちびちびとお酒飲んで料理食べて、最後に俳句読んで終わりって番組なんですけど、なんか雰囲気が好きなんです。私は基本、自分から好んでお酒は飲まないし、飲み屋に一人で入ることなんてのもまずありえませんが、この番組を見てるとそういうのも悪くないかなと思ってみたりします。あまり大笑いしたりドキドキハラハラがあったりする番組ではありませんが、もしよかったら見てみてください。

今回のカップ麺は、東洋水産の「本気盛(マジモリ) ねぎだく辛豚骨」。以前、「マルちゃん 本気盛(マジモリ) ねぎだく豚骨」という商品がありましたが、それの辛いバージョンって感じですね。この「本気盛」シリーズは、太くてコシの強い油揚げがひとつの特徴と言え、その主張の強すぎる麺に対しスープがどうバランスをとっていくかが一番の課題だと個人的に思っていて、たいていのこのシリーズの商品は、麺の主張の強さが前に出すぎてしまって、スープとのバランスの良い商品とはいえない印象があります。今回は果たしてどうでしょうか。



スープは、「ポークエキスを使用し、ガーリック・オニオンのエキスを加え、唐辛子で辛めに仕上げた豚骨スープ」で、「胡麻油とラー油を主としたオイルを別添」とのこと。強めなガーリック風味に唐辛子とラー油のピリ辛が加わり、こってり感が強いスープです。とんこつの味はそれほど強くないものの、ガーリックと辛味の奥から鼻に通ってくる感じのとんこつ風味は感じられ、なおいっそうこってり感を演出していました。私が今まで食べた本気盛のスープではいちばんおいしいと感じたかもしれません。

は、「醤油・チキン・オニオン・ガーリックで味付けをした、香味豊かな麺」で、「なめらかでコシのある太めの角麺」とのこと。太くてコシが強く、油揚げ面特有の匂いも強烈ないつもの本気盛の麺ですが、今回はスープの主張も強いため、この麺でもスープの味を損なうことなくバランスが良かったです。こういうスープ相手だとこの麺の良さが活きますね。

は、フリーズドライの大切りネギブロック、味付鶏挽肉、ネギ、いりゴマ。ガーリックに加えそれほど強くないものの辛味のあるスープに対し、フリーズドライのネギの甘みが良いアクセントになってマッチしていました。以前食べた「マルちゃん 本気盛(マジモリ) ねぎだく豚骨」ではネギの甘さがスープの味の邪魔をしているように感じられましたが、同じネギでもスープによってこんなに印象が変わるんだなと我ながら感心?しました。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
私が今まで食べた「本気盛」シリーズの中では1、2を争うおいしさでした。以前食べた「マルちゃん 本気盛(マジモリ) ねぎだく豚骨」と麺と具がが同じなのに、スープに辛味が加わるだけで(すいません他にもいろいろ手を加えているのかもしれませんが)ガラっと印象が変わっておいしかったです。やはり本気盛の麺はこってりスープとあわせてこそ活きますね。

品名:本気盛(マジモリ) ねぎだく辛豚骨
メーカー:東洋水産
発売日:2011年4月11日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(特製油)
定価:税別190円
取得価格:税込195円(ローソン)
製品URL:http://www.maruchan.co.jp/products/search/2076.html

標準栄養成分表
1食103g(めん80g)あたり
エネルギー:477kcal
たん白質:11.9g
脂質:22.1g
炭水化物:57.6g
ナトリウム:2.5g
ビタミンB1:0.35mg
ビタミンB2:0.40mg
カルシウム:193mg

東洋水産HP:http://www.maruchan.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加