どうもオサーンです。長友選手がインテルに入団してからインテルの試合を見ることが多くなりましたが、チームの同僚で右サイドバックのマイコン選手とかハーフにいるサネッティ選手とか、改めてすごいなぁと思いました。サイドから攻めあがる時、信頼の厚いマイコン選手の側が起点になるし、そして長友選手もすごいけどやっぱりマイコンはもっとすごいなぁという強烈な上がりを見せつけてくれます。サネッティ選手も着実にボールを奪い前へ供給する安定感がハンパないです。こんな選手たちと一緒にプレーする長友選手もホントすごいですよね。争う相手があのキヴ選手だと難しいかもしれないけど何とかレギュラー獲って欲しいですね。

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 麺番長 爆麺 濃厚和風豚骨醤油ラーメン」。幅広麺をスパゲティや汁なし系ではなく普通のラーメンで使ってくるというのはかなり斬新で、さすが変わり種を作らせたらピカ一のサンヨー食品らしい発想の商品だと思います。洋風を思わせる幅広麺に敢えて「『和風』豚骨醤油」のスープをぶつけてくるあたり、サンヨー食品にはヒネクレ者の開発者が多いんだろうなと勝手に想像してニヤニヤしてしまいました。





スープは、「鶏の旨みに鰹節の風味とローストガーリックの香味油を効かせた濃厚な豚骨醤油スープ」とのこと。「濃厚な」との記載がありましたが、それほどの濃厚さは感じず、控えめに魚介風味のある控えめなとんこつしょうゆ味のスープでした。パッケージの印象からはもっと豪快な味を想像していたので意外でした。スープに特に斬新さはありませんでしたね。

は、「噛むほどにコシと小麦粉の旨みをお楽しみいただける超幅広のノンフライ麺」とのこと。この麺はまさに同じサンヨー食品の「デュラムおばさんのチーズクリーム フェットチーネ」よりさらに幅広にした麺で、食感はまさにパスタでした。味も小麦の甘さを強く感じられ、まさにパスタw 今回のような濃厚と謳いつつも控えめに感じられるスープの中に入ってしまうと、もう麺の存在感が際立ちすぎてました。発想は面白いんだけどバランスは良くなかったですね。

は、チャーシュー、メンマ、鰹削り節粉末、揚げネギ、小ネギ、メンマ。具は麺にコストをかけすぎたためか、値段の割には貧弱でした。スープの特徴でもある削り節以外は100円商品の具ですね。麺に力を入れている商品なので気になりませんが。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
発送が面白い商品なので今後のこのシリーズに大きな期待を持ちますが、今回の商品に関しては麺の存在感があまりに勝ちすぎていて、スープとの調和が取れてなかったように思います。そもそも超幅広麺にクローズアップした商品なのでスープも具もおまけみたいなものだとは思いますが、この麺はかなりのこってりスープでないと麺とのバランスが取れないのではないでしょうか。魚介を強くするだけでだいぶ印象の変わる商品だと思います。

品名:サッポロ一番 麺番長 爆麺 濃厚和風豚骨醤油ラーメン
メーカー:サンヨー食品
発売日:2011年2月21日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(あといれ液体スープ・あといれ粉末スープ・かやく・あとのせかやく)
定価:税別230円
取得価格:税込238円(セブンイレブン)
製品URL:http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0153.html

標準栄養成分表
1食119g(めん70g)あたり
エネルギー:490kcal
たん白質:11.7g
脂質:21.8g
炭水化物:61.7g
ナトリウム:3.0g(めん・かやく1.5g スープ1.5g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg

サンヨー食品HP:http://www.sanyofoods.co.jp/index.html

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加