どうもオサーンです。今回のカップ麺は、日清食品の「日清 有名店が推す一杯 九段斑鳩 (くだんいかるが) 豚骨魚介しょうゆ」。「斑鳩」といえば、東京の九段にある名店中の名店として知られた店で、原価の高い食材を用いた無化調のお店として有名ですね。かくいう私も食べに行ったことがあるんですが、やわらかな味なのに確かな魚介の風味とコクを感じられるとてもおいしい一杯でした。今回の商品は無化調の味を化調の塊であるカップ麺がどう再現するのか注目です。まぁ、私個人の好みで言えば、別に化学調味料は嫌いじゃないんですけどね。嫌いだったらこんなブログやってられないですよね。

私が今まで行ったことのあるラーメン店の中でどこの店が好きかと考えた時に、真っ先に挙がるのが足立区にあった「もりや」(現在は千葉県松戸に移転)、同じく足立区の「田中商店」(この2店は源流を同じくする兄弟店みたいな感じですね)、そして札幌の「麺eiji」なんですが、この「麺eiji」の店主さんは、店を開く前に今回の「斑鳩」で修行されていたそうです(店主さんから直接聞いたので確かです)。確かにスープのベースみたいな部分はよく似たところがあると思います。良い意味でのとんこつの荒々しさが加わる「麺eiji」の方が私は好みですが、そういういきさつから今回の「斑鳩」は私にとって感慨深い店です。





スープは、「豚骨スープの上品なコクと、かつお節をメインとする魚介醤油スープでお店の味を再現」し、「別添の香味油でカツオの味と豚骨の香りをプラス」したとのこと。スープだけ飲むと、カップ麺としては珍しいやわらかながらしっかりとしたとんこつ味と魚介味が楽しめ、実際のお店の再現性も悪くないレベルにあると思います。ハンサム氏じゃないですが、ご飯を投入すると本当にうまいスープです。麺との相性は・・・以下の麺の項目で。

は、「食べ応えのある太めのストレートめん」とのこと。数年前までのカップ麺では考えられなかったストレートな太い油揚げ麺で、麺だけ食べると食べ応えがあっておいしいです。しかし、スープとの相性においてはあまり良くなく、とにかく太くて主張の強い麺の味が、やわらかで繊細なスープの味をよくわからなくしてしまっていました。スープも麺も優秀なのに組み合わせが良くないと思います。実際のお店の麺はここまで太くないイメージがあるので、もうちょっと細い麺にしてもらったらだいぶ印象は変わるんですけどね。

は、チャーシュー、メンマ。具はかなり貧弱です。同型カップの他社の製品(エースコックの渾身の飲み干す一杯とか東洋水産の本気盛とか)は具も頑張っているので、余計に少なく感じたのかもしれません。味も特に印象に残りませんでした。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
スープも麺もとても好みなんですが、組み合わせが良くないように感じました。麺がもうちょっと細くなるだけでスープの味がよくわかって格段においしくなると思います。そうなると★6つくらい付けたかもしれません。ただ、馴染みの店がカップ麺になるって嬉しいものですね。

品名:日清 有名店が推す一杯 九段斑鳩 (くだんいかるが) 豚骨魚介しょうゆ
メーカー:日清食品
発売日:2011年1月31日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(香味油)
定価:税別190円
取得価格:税込195円(サンクス)
製品URL:http://www.nissinfoods.co.jp/product/p_3293.html

標準栄養成分表
1食109g(めん80g)あたり
エネルギー:505kcal
たん白質:10.3g
脂質:21.9g
炭水化物:66.8g
ナトリウム:2.5g(めん・かやく1.1g スープ1.4g)
ビタミンB1:1.58mg
ビタミンB2:0.28mg
カルシウム:228mg

日清食品HP:http://www.nissinfoods.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加