オサーンです。最近のダウンはテカテカでスリムなやつが流行ですね。モンクレールとかデュベティカとか。スリムなのは良いんですが、テカテカなのがどうも好みじゃなくて、そもそもダウン自体あまり好きじゃなくて、Pコートとかダッフルコートとか好きなんですが、最近の札幌はバカみたいに寒くて、ダウンは暖かいんだろうなぁと思って歩いている人を見ています。ただニセモノ品がかなり横行しているようなので注意が必要ですね。

今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 鶏コクすっきり醤油」。日清麺職人シリーズの新作です。思えば、私がこんなにカップ麺を食べるようになったきっかけがこのシリーズで、安いカップ麺なのになんてうまいんだろうと思ってハマってしまいました。ここ1年くらいの日清は更に麺が改良されていてホントすごいです。日清が推す太麺もすごいですが、細い麺もうまいんですよね。今回の商品の麺は中細麺です。





スープは、「すっきりしながらも、鶏のうまみとコクがあるスープ」とのこと。以前このブログで★8を付けた「百福長寿麺 鶏だし塩ラーメン」のスープを再現したものだそうで、鶏ダシが強いのにサラッと飲めてしまう本当においしいスープです。鶏脂がくどくない程度にあって、あっさり味ながらこってり好きも満足できる味だと思います。以前の商品はしおラーメン表記で今回はしょうゆラーメン表記ですが、前回も今回も同じ味で、しおラーメンのスープだと思います。

は、「のどごしのよい、生めん感覚のノンフライ中細ストレートめん」とのこと。このシリーズの商品のキャッチコピーが「もう、インスタントとはいわせない。」なんですが、この麺はまさにその通りの麺だと思います。ストレートなことが、ラーメン特有の麺のモチモチ感を自然に演出し、小麦っぽさも完璧です。この日清のストレート麺の技術は細い麺で真価を発揮すると感じます。

は、蒸し鶏、タマゴ、ナルト、ネギ、赤唐辛子。蒸し鶏をはじめとする具の量は値段170円の値段相応な印象ですが、ふわふわなタマゴがスープとよくあいます。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★★★☆☆(8)
スープと麺はとても170円の商品とは思えないレベルで、これが200円台後半で出てきてもなんら違和感を感じません。それどころかこのレベルの商品は高価格帯でもほとんど存在しないと思います。コストパフォーマンスバツグンで、定番化の願いも込めて★9を付けようかちょっと悩みました(百福長寿麺の時も悩みました)。私自身の舌がちょっとブランクがあって甘めの採点をしてしまう傾向があるので、日清さんには申し訳ないですが慎重に★8としました。欠点が見当たらない完璧な商品です。

品名:日清麺職人 鶏コクすっきり醤油
メーカー:日清食品
発売日:2011年1月11日(火)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・かやく)
定価:税別170円
取得価格:税込97円(マックスバリュ)
製品URL:http://www.nissinfoods.co.jp/product/p_3286.html

標準栄養成分表
1食92g(めん65g)あたり
エネルギー:298kcal
たん白質:10.1g
脂質:5.6g
炭水化物:51.8g
ナトリウム:2.2g(めん・かやく0.7g スープ1.5g)
ビタミンB1:0.26mg
ビタミンB2:0.36mg
カルシウム:147mg

日清食品HP:http://www.nissinfoods.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加