どうも。昨日に引き続きオサーンです。私のTwitterにフォローしてくださった皆様、ありがとうございました。まだまだ手探りで何をしたらよいのかわからない状態ですが、だいぶやる気が出ました。まだTwitterでどんなことができるのかよくわかってませんので、いろいろ教えてください。どうぞこれからもよろしくお願いします。

ossern(オサーン)のTwitter
http://twitter.com/ossern フォローやリプライよろしくお願いします!

今回のカップ麺は、日清食品の「日清 オホーツク北見塩やきそば」。昨日の記事ではハンサム氏が更新すると書きましたが、昨日書いた「北の焼そば」バージョンと比較するならば同じ人が食べた方が良いだろうということで、ハンサム氏と相談した結果私が書くことになりました。表面上、「北の焼そば」バージョンとの違いは、大きさと内容量、そして値段(こちらの方が20円高い)以外は特に見当たりません。北海道では2つとも併売されているので、ちょっと混乱してしまいます。





ソースは、「北見市のお店でも使用しているソースにホタテとタマネギのうまみと風味を効かせた、あっさりした塩味」とのこと。ホタテが強く、タマネギは「北の焼そば」に比べるとちょっと弱いかなという気がしました。ホタテが香ばしく、塩気の少なさがうまくホタテの味を引き出している気がしました。「北の焼そば」同様、再現性の高いソースだと感じました。

は、「しっかりした歯ごたえの中細めん」とのこと。「北の焼そば」に比べるとコシがなく、油揚げ麺特有の匂いもちょっと強かったです。ソースの主張が小さいので、食べていて後半はちょっと匂いが鼻についてくる感じがしました。ちょっと残念だったです。

は、タマネギ (北見地区産)、貝柱、キャベツ、レッドベル。「北の焼そば」と品種も分量も似たような感じがしましたが、個体差か、タマネギが少なかったです。数少ないタマネギは甘さがあっておいしかったので、もっと欲しかったです。全体的に、具に期待しちゃいけない商品でした。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
「北の焼そば」と比べてソースはホタテが強くタマネギが弱い印象で、味は甲乙つけがたかったです。ただ麺には差が感じられ、ちょっと油揚げ麺特有の匂いが強いのが気になりました。その点を踏まえ、「北の焼そば」の方がおいしかったです。ボリュームはこちらの方がありましたけどね。

品名:日清 オホーツク北見塩やきそば
メーカー:日清食品
発売日:2010年9月13日(月)
麺種類:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体ソース・かやく)
定価:税別190円
取得価格:税込195円(サンクス)
製品URL:http://www.nissinfoods.co.jp/product/p_3166.html

標準栄養成分表
1食136g(めん115g)あたり
エネルギー:630kcal
たん白質:10.6g
脂質:28.5g
炭水化物:82.8g
ナトリウム:1.8g
ビタミンB1:0.49mg
ビタミンB2:0.60mg
カルシウム:196mg

日清食品HP:http://www.nissinfoods.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加