近いうち、iPhone4を買うことにしました。自分の用途でそれほど必要とも思いづらいですが、世の流れというか、たまには新しいものに乗っていかないと、年齢的にも現代の中で取り残されてしまうと思ったからです。問題なのは、現状予約しないと手に入らないこと、そして3Gや3GSの時と違って不具合が出てることですかね。

今回のカップ麺は、明星食品の「明星 究麺 つけめん 魚介豚骨醤油だれ」。「明星究麺」シリーズの新作です。ついに究麺からもつけ麺が出ましたね。今まで生タイプ麺を除いたカップ麺のつけ麺はヤマダイの凄麺くらいしか見たことがなかったんですが、明星のノンフライ麺は明らかにつけ麺向きだと思っていたので楽しみにしていました。まぁ本当は究麺のまぜそばを待望しているんですけどね。





スープは、「豚骨と鶏肉を炊き込んだ濃厚なスープベースに、香味野菜と醤油だれを合わせた濃厚なつけだれ」、「魚粉ふりかけを加えて仕上げる魚介豚骨醤油味で、酸味、甘み、辛味をバランスよく効かせたコク深い味わい」とのこと。魚介で強くありながら、酸味が心地良かったです。ただ、ベースのとんこつや鶏がもうちょっと強いともっと本格的な気分を味わえたと思います。

は、「小麦の風味ともちもちした食感が特長のつけめん専用の太麺を新開発。濃厚なつけだれに良く絡む、ボリュームと厚みのある麺」で、「温かい麺を温かいたれにつけて食べる『あつもり』タイプ」とのこと。実が詰まっている感じのする麺で、弾力はあまりないです。ちょっとイメージしていたゴムのような弾力のある太麺ではなかったですが、十分にカップ麺のレベルを超えたつめ麺らしい麺だと思います。また、ひやもりには対応しておらず、あつもりで食べると固定しているところも良いと思いました。つけ麺はその発祥的に本来はひやもりで食べるものらしいですが、カップ麺でそれをやってしまうとつけだれの量が少ないためすぐ冷めちゃうんですよね。この割り切りは良いと思いました。

は、刻みチャーシュー、メンマ、白ネギ、青ネギ。具は残念ながら貧弱でした。特に刻みチャーシューが入ってるんだかどうだかわからない量で、肉系が不足していました。よくお店のつけ麺を食べると入っているゴロゴロとしたチャーシューを再現しろとは言わないですが、多少高くなってももうちょっと頑張ってもらいたかったです。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
スープの酸味はとても良かったですが、究麺ならではのインパクトという点ではちょっと足りないように思いました。ただ、既存の凄麺のつけ麺と比べると麺に食べ応えがありおいしいと思います。カップ麺のつけ麺は珍しいので、話題の種としても食べてみて良いかもしれません。

品名:明星 究麺 つけめん 魚介豚骨醤油だれ
メーカー:明星食品
発売日:2010年6月28日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(つけだれ・かやく・魚粉ふりかけ)
定価:税別237円
取得価格:税込248円(ファミリーマート)
製品URL:http://www.myojofoods.co.jp/products/product_detail.html?id=4902881422116

標準栄養成分表
1食133g(めん100g)あたり
エネルギー:470kcal
たん白質:12.2g
脂質:8.7g
炭水化物:85.8g
ナトリウム:2.8g(めん・かやく2.1g スープ0.7g)
ビタミンB1:0.24mg
ビタミンB2:0.30mg
カルシウム:479mg

明星食品HP:http://www.myojofoods.co.jp/

昨日の歩数計:1428歩

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加