ハーフタイムに近所のコンビニに買い物に行ったら、店内に客はなく、レジで店員2名と技術者っぽい人が2名で焦りながら電話したり作業したりしていました。おそらくレジのトラブルなのはわかりましたが、こちらとしても切れたタバコを補充しないと後半戦どころではなくなります。渦中のレジの後ろにあるタバコを欲しいとは言えない雰囲気だったので、レジ前にある販促品ライターの入ったタバコ(もちろんいつも吸っている銘柄ではない)をレジに持っていきました。そしたら案の定、店員さんは困った顔(迷惑顔)でこちらを見てきます。私としては済まないなぁと思いながらも、レジを通さない形(もちろんレシートもなし)で何とか購入できました。帰り際、私は「ご迷惑かけましたぁ」と言ってから出てきたんですが、よくよく考えるとお客さんである自分が何で謝ってるんだろうと、つくづく自分の小市民っぷりが嫌になりました。本来なら謝らなきゃならないのはお店側なんですけどねぇ。私は大学時代の6年間、鉄道ターミナル駅構内のコンビニでバイトしてましたが、自分がこの店のバイトだったらどうしてただろうかと考えながら家に帰りました。

今回のカップ麺は、エースコックの「旭川でみつけた 濃厚正油ラーメン」。ちょっと前に旭川の名店「蜂屋」でラーメンを食べているので、舌がまだその味を覚えているうちに今回の商品が発売されて良かったです。





スープは、「豚骨や鶏ガラなどの動物系のベースにほんのり荒節を効かせたWスープで」、「スープが冷めないように表面を覆うラードにたっぷりの鶏油をブレンドし、濃厚な味わいに仕上げ」たとのこと。ほんのりと香る魚介と口を覆うようなラードの脂分は、かなり旭川ラーメンとしての再現性が高いと思います。最近の流行である魚介粉を使ったスープに比べると味のインパクトは薄いですが、じわじわとおいしさを感じられるスープは旭川ラーメンそのものという感じがしました。なかなかよく出来ていると思います。

は、「程よい厚みと歯切れの良さを併せ持った本場旭川ラーメンらしい食感を再現したノンフライめん」とのこと。旭川ラーメンの麺は加水の少なさで有名ですが、低加水麺特有の粉っぽさとかやわらかさを再現できているとは言えないまでも、雰囲気は出ているやわらかめの麺でした。

は、チャーシュー、メンマ、ネギ。具はちょっと値段の割に貧弱でした。蜂屋と同じような具は揃えているんですが、チャーシューもメンマも貧相でした。まぁ、旭川ラーメンの具と言っても何か特徴的なものがあるわけじゃないので問題はないですが、エースコックのこの価格帯のチャーシューはいつもこんな感じなので、味もボリュームももうちょっと頑張ってもらいたいです。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
派手な味ではないので物足りない部分もあるんですが、しょうゆスープの中でほんのりと効いている魚介ダシがじわじわとおいしくなってきます。旭川ラーメンとしての再現性は高く、なかなか優れて商品だと思います。

品名:旭川でみつけた 濃厚正油ラーメン
メーカー:エースコック
発売日:2010年6月28日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・後入れ調味油・かやく)
定価:税別220円
取得価格:税込228円(セイコーマート)
製品URL:http://www.acecook.co.jp/lineup/brand/index128.html

標準栄養成分表
1食118g(めん65g)あたり
エネルギー:446kcal
たん白質:11.3g
脂質:19.6g
炭水化物:56.1g
ナトリウム:2.7g(めん・かやく0.6g スープ2.1g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.24mg
カルシウム:244mg

エースコックHP:http://www.acecook.co.jp/

昨日の歩数計:27歩(不携帯)

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加