ハンサム支部長の登場ですっかり影が薄く肩身が狭くなっているオサーンです。ハンサム氏はカップ麺を矢継ぎ早に購入し、オレが更新して良いか?と前がかりになって自陣に攻め込んでくるので、こちらは組織的な守備で防いでカウンターに打って出るしかありません。はぁ、脳みそがサッカーで埋め尽くされてます。

サッカー日本代表は、開催前の国内外の下馬評を見事に覆してグループリーグを突破しました。巷では本田選手や松井選手といった攻撃の選手、相手主力をマンマークする永友選手が目立っていますが、試合を見ていて感心するのがセンターバックの中沢選手と闘莉王選手の競り合いの強さですね。2人ともポジションの裏を突かれて抜けられてしまうことはありますが、相手が打ってきたクロスはほとんど競り勝って打ち返しています。空中戦で負ける姿をほとんど見ませんでした。いやー、これからも楽しみです。なるべく長い間見たいもんですね。体力的には厳しいですが。

今回のカップ麺は、エースコックの「新濃厚系 にごりタンメン」。「新しく濃厚なタイプのタンメン」とのことで、イメージはまったく掴めませんが、ひとまず食べてみることにしました。





スープは、「鶏や豚骨をじっくり炊き出すことで濃厚感とにごりを持たせたスープに、ガーリックや胡椒を効かせた新しいタイプのタンメンスープ」とのこと。主にガーリックの濃厚感はありましたが、ベースのスープからはそれほど感じられず、ガーリックの効いたスープという印象しか持ちませんでした。商品名と照らし合わせるとちょっと拍子抜けですが、ガーリックの効いたたんめんスープというのもこれはこれでおいしかったです。「にごり」というのはあくまで色的な意味しかないんでしょうかね。今まで食べたことのあるたんめんでもにごったスープがほとんどだったように思いますが、どうなんでしょうか。

は、「適度なコシと弾力を兼ね備えた食べ応えのある太めん」とのこと。エースコックのタテ型でよく見かける主張の強いタイプの太い油揚げ麺で、油揚げ麺が苦手な私にとって実はそれほど得意な麺ではないのですが、ガーリックの効いたスープとの相性は良かったです。このタイプの麺はある程度スープが強いとバランスが取れると思います。

は、キャベツ、もやし、豚肉、かまぼこ、コーン。具は野菜を中心にそれなりにボリュームがあり、カップ麺でよくありがちな野菜の奄美が強すぎてスープの味を崩すというようなこともありませんでした。自然な味わいでおいしかったです。肉系がもっとあっても良かったですが、肉があまり目立ちすぎるとたんめんじゃなくなっちゃいますね。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
「にごりタンメン」という新しいコンセプトの商品ということを考えると味は物足りなく感じますが、いたって予想範囲内ではありましたが、ガーリックの効いたスープは普通においしかったです。具のボリュームも良く、大きなパンチはないけど良品だと感じました。

品名:新濃厚系 にごりタンメン
メーカー:エースコック
発売日:2010年6月21日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(液体スープ)
定価:税別190円
取得価格:税込195円(ファミリーマート)
製品URL:http://www.acecook.co.jp/lineup/brand/index127.html

標準栄養成分表
1食97g(めん70g)あたり
エネルギー:417kcal
たん白質:10.6g
脂質:15.3g
炭水化物:59.3g
ナトリウム:2.0g(めん・かやく0.7g スープ1.3g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.27mg
カルシウム:204mg

エースコックHP:http://www.acecook.co.jp/

昨日の歩数計:688歩

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加