2016年06月の記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

月別アーカイブ:2016年06月

2016年06月の記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2016-06-30 カップ麺
どうもオサーンです。以前ちょっと書いた気がしますが、仕事の帰り道を使ってジョギングしています。シューズは毎日同じものを履くと耐久性やクッションの低下を招くということで、アシックスのゲルカヤノというクッションと安定性に優れたものと、ジョグ100というおそらくアシックスのジョギングシューズで一番安いものを交互に使っています。そのジョグ100というシューズで走ると、最近脚が痛くなることが多くなってきて、こちら...

記事を読む

2016-06-29 カップ麺
どうもー、ハンサムです。今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードルライトプラス トマトそうめん」です。去年もそうめん出てまして自分が食べて記事書きましたが(こちら)、すごく美味しかった印象があるので今回も楽しみです。コンビニでは旨だしそうめんの方はローソンで見つけたんですが、トマトの方は見つけられず、スーパーで発見しました。 アイス調理では、まず麺や具ギリギリまでお湯を入れて30秒待つ→混ぜる→2分30秒...

記事を読む

2016-06-28 カップ麺
どうもオサーンです。今回のカップ麺は、日清食品の「日清焼そばカップ」。袋麺焼そばのパイオニア「日清焼そば」のカップ麺バージョンです。以前も何度か日清焼そばのカップ麺バージョンは出ていましたが、今回は今までで1番ノーマルなタイプかもしれません。大盛でもなく、マヨネーズが入っているわけでもありません。そして新しく、日清焼そばのキャラクターができたみたいです。パッケージにも写っている「チリチリ」。ロボッ...

記事を読む

2016-06-27 カップ麺発売予定・定例報告
◎今週発売のカップ麺新商品 ・6月27日(月)発売 日清食品 「日清ラ王 Selection 炊き出し鶏とろ白湯」 258円(税別) 全国 新発売 日清食品 「カップヌードルライトプラス 旨だしそうめん」 180円(税別) 全国 新発売 日清食品 「カップヌードルライトプラス トマトそうめん」 180円(税別) 全国 新発売 日清食品 「日清辛口シーフードカレーメシ」 220円(税別) 全国 新発売 日清食品 「日清焼そばカップ」 180円(...

記事を読む

2016-06-26 カップ麺
どうもオサーンです。 今回のカップ麺は、明星食品の「明星 バリカタ 濃厚豚骨醤油」。このブログ2回目の登場です。前回は★3。麺がとても素晴らしいけどスープが物足りないという評価でした。今バージョンは果たしてどうでしょうか。 オススメ度(標準は3です) ★★★☆☆☆☆☆☆☆(3) 前回食べたのと変化があるようには感じませんでした。強いてあげるならチャーシューが一回り小さくなったかなぁ。単なる個体差かな。とん...

記事を読む

サンヨー食品 「サッポロ一番 肉油そば 薫るわさび和風醤油味」



どうもオサーンです。以前ちょっと書いた気がしますが、仕事の帰り道を使ってジョギングしています。シューズは毎日同じものを履くと耐久性やクッションの低下を招くということで、アシックスのゲルカヤノというクッションと安定性に優れたものと、ジョグ100というおそらくアシックスのジョギングシューズで一番安いものを交互に使っています。そのジョグ100というシューズで走ると、最近脚が痛くなることが多くなってきて、こちらをもっと脚に気遣ったものに置き換えたいと思って色々ネットで探していました。そこで気づいたんですが、いやーナイキのジョギングシューズはどれも超絶かっちょいいですな。アシックスだけ見ていた時は、もうジョギングシューズでファッション性は諦めようと思っていたんですが、ナイキのはどれもオシャレじゃないですか。なんで同じスポーツメーカーなのにこうも違うのだろうか。アシックスやミズノはヒドイ。私の感覚ではことカッコよさに関しては、ナイキ>アディダス>ニューバランス>ミズノ>アシックス、こんな感じ。特にアシックスのジョギングシューズは全部アキレスの瞬足なわけですよ。同じアシックスでも復刻のゲルライトⅢとかすごくかっこいいんですけどね。なんで最新のジョギングシューズではできないんだろう。検討の結果、今回ナイキは買わなかったですが、もうちょっと脚を鍛えてシューズを選ばなくていいようになったら絶対買ってやろうと思いました。

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 肉油そば 薫るわさび和風醤油味」。私オサーンが今週1番楽しみにしていた商品です。暑くなると体の栄養が足りなくなるのか、こってりしたものが食べたくなります。楽しみです。





たれは、「ポークのうまみに、にんにく、玉ねぎでコクを出し、胡椒で味を引き締めた、わさびがツンと香る油そばのたれ」とのこと。わさびが隠し味なのかと思ったら、結構前に出てきていました。辛さはそうでもないですが、香りが強いです。たれの方は肉の味とニンニクは感じますがどちらもそれほど強くなく、油そばでよくある酸味とか甘さとかがないので、ちょっと奥行きがない、わさびしかない味に感じました。もうちょっと甘みでもあれば違ってくるのかなぁと思うんですけどね。わさびを際立たせるために色々そぎ落とした結果、油そばらしいコッテリ感がなくなりちょっと物足りない味でした。

は、「張りがあり、しっかりとしたコシのある太麺」とのこと。平たくて太い油揚げ麺です。歯切れがよく、反面、弾力や粘りには欠けます。見かけの割にもちもちしていないです。わさびの爽やかさにはもちもちはあまりあわないと思うのでその点ではたれとの相性バッチリですが、そもそもたれがイマイチな印象だったので、そこ含めるとどうなんですかね。

は、「肉ダイス&肉そぼろの大盛りW肉具材」と「キャベツを組合せ」たとのこと。この商品の一番の売りである肉ですが、お~大量!ってほどは入っていなかったように思うものの、それなりには入っていて、カップ焼そばタイプの商品には具のショボいものが多い中で頑張っていたと思います。ただしょせんは乾燥したダイスミンチだったり肉そぼろだったりするため、たれとの一体感はまったくなく、パッケージ見て思い描くような肉だれな感じはなかったです。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
商品のインパクト、わさび風味が強いという面白さでこの評価にしました。税別220円という値段も考えるとちょっと★2にしようか悩んだのは秘密です。「肉油そば」と聞くとオイリーでゴテゴテしたがっつり系油そばを思い浮かべましたが、実際はそうでもなく、爽やかであり中途半端であり、な一杯でした。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「カップヌードルライトプラス トマトそうめん」

20160629_1.jpg

どうもー、ハンサムです。今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードルライトプラス トマトそうめん」です。去年もそうめん出てまして自分が食べて記事書きましたが(こちら)、すごく美味しかった印象があるので今回も楽しみです。コンビニでは旨だしそうめんの方はローソンで見つけたんですが、トマトの方は見つけられず、スーパーで発見しました。

20160629_2.jpg
アイス調理では、まず麺や具ギリギリまでお湯を入れて30秒待つ→混ぜる→2分30秒待つ→混ぜて、好みの量の氷を入れて完成。だそうです。お湯ギリギリってこんな感じっすかねー。

20160629_3_ice.jpg
よし、こんなもんでいいか、の温度に到達してからの写真。混ぜすぎたのか、ちょっとスープが濁ったように見える…。

20160629_4_hot.jpg
こちらホット調理の写真。お湯ラインぴったりに入れたけど、麺に吸われてちょっと減ったっぽい。

スープは、「かつおだしをベースにトマトの酸味と旨みを加えた、夏場にぴったりのさわやかなそうめんつゆ」だそうです。まず、氷を入れて冷たくした方から。お好みの濃さと温度になるように調整してください、とあったので様子を見ながらやってみました。せっかくなのできちんと冷たくなる量の氷を入れてみました。お湯のラインよりちょっと下ぐらいで、キンキンではないけど冷たいと感じる温度になりました。麺と線の間くらいだとぬるいです。常温って感じ。食べた感想は、うんうん、たしかにダシのいい風味があって、そこにトマトの爽やかな風味が入ってあっさりとしつつ満足感が感じられるスープです。スープとしてなかなか美味しい。んですが、ダシとトマトのバランスがちょうど良すぎて、麺を支えきれていない印象でした。スープだけで完結しているような、というのかなー。あと、様子を見ながら氷を足してって、その都度混ぜていたので、ちょっとスープがもったりしてしまった感じもありました。冷たいやつが食べたい方は、温度味加減の寄り道せずに、お湯ラインになりそうなくらいの氷を入れて混ぜるのをオススメします。温かいやつも作って食べてみましたが、熱々なのでもったり加減がどうとか比べられませんでした…役立たずでした(ショボン

は、「表面のつるみとしなやかな食感にこだわったそうめん。レタス約2個分相当の食物繊維を練り込み」「ホット調理では湯のびしにくく、アイス調理ではしっかりとしたコシのある食感」だそうです。麺は細くてしなやかでしっかりそうめんの麺って感じです。アイス調理ではコシのある食感、との事ですが、ちょっとフライング気味に作り始めたものの、氷の量を様子みながら増やしていった為時間がかかってしまい・・・あまりコシは感じられませんでした。でも食べ終わるまで伸びる事はなかったです。麺の風味が強いわけではないんですが、スープがふわっとした柔らかい味なので麺を食べた時にちょっと味気ないというか、物足りない感じがありました。温かい方でも同じような印象でした。

は、「トマト、黄パプリカ、白ネギ、タマネギ、キャベツ」だそうです。具の風味がそれぞれきちんとあり、スープとの相性がとても良かったと思います。自分的には白ネギがダシの風味とよく合ってていい感じだなーと思いました。具はアイス調理の方が存在感あったように感じました。温かいとハフハフしないといけないので、その差ですかねー。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
スープはダシとトマトの風味で旨みのある爽やかなスープって感じでとても美味しいです。油っぽいものが全く無いので、ほんと爽やかで軽くて美味しい。ですが、麺と合わせて考えると、スープが弱く感じてしまって、麺だけが浮いてしまうような印象でした。麺を美味しく食べるにはちょっと物足りないスープかなと思いました。アイス調理でぬるいぐらいで良ければ氷の量を減らしてスープ濃い目にしたらまた違うのかもしれませんね。スープまで飲んでも198kcalなので、そんな食べ応え求めちゃいけないのかもしれないけど、他のLight+がしっかり食べ応えもあるのでつい期待してしまって。いやでも、インスタントでこうして罪悪感が少なくさらっと食べられるっていうだけでも、すごい存在価値あると思います。ありがたいです。ありがとう作った人。そしてバッサリいきますが、ご飯との相性も麺同様の理由であまり良くなかったです。それから、ホット調理とアイス調理の違いについてですが、温度の違いだけで自分にはどちらがどう、とはっきり何か言えるような違いは感じられませんでした。油っぽい部分がないので、温かいのも冷たいのも同じように美味しかったです。強いて言えば、冷たい方がハフハフしなくていいんで食べやすかったかなw

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清焼そばカップ」



どうもオサーンです。今回のカップ麺は、日清食品の「日清焼そばカップ」。袋麺焼そばのパイオニア「日清焼そば」のカップ麺バージョンです。以前も何度か日清焼そばのカップ麺バージョンは出ていましたが、今回は今までで1番ノーマルなタイプかもしれません。大盛でもなく、マヨネーズが入っているわけでもありません。そして新しく、日清焼そばのキャラクターができたみたいです。パッケージにも写っている「チリチリ」。ロボットとコンロをモチーフにしたキャラクターだそうです。日清焼そばの作り方にのっている「チリチリと焦げるような音がしてきたら」が名前の由来だとか。なんか古臭くてかわいいキャラクターですね。





ソースは、「袋麺『日清焼そば』の旨さと香りを再現した特製ソース」とのこと。強烈なスパイスが特徴のソースです。これは袋麺の「日清焼そば」そのものです。このスパイスのインパクトこそ日清焼そばの特徴と思う人は多いのではないでしょうか。酸味や甘みはほとんどなく、かなり硬派な味に仕上がっています。これも袋麺を忠実に再現していますね。ってか、同じ粉末ソースなんでしょうね。このインパクトはカップ焼そばではありそうでないんですよね。UFOのスパイス感はこれに少し近いんですが、UFOは強い酸味と甘みがありますからね。この味は好きな人が多いんじゃないかと思います。私は好きですねぇ。

は、「『日清焼そば』ならではの粘りとコシのある麺」とのこと。細めの油揚げ麺です。麺が細いのでコシはそれほど感じません。袋麺の方もフニャフニャした感じに仕上がる(私が作るの下手なだけかもしれませんがw)ので、近いんじゃないかと思います。私の作る袋麺はもっとフニャフニャですけどね。しっとりしなやかな麺で、コシを求めるとちょっと物足りないですが、袋麺の雰囲気が出ていて良いと思います。

は、「キャベツ、えび、いか」、別添の「アオサと紅しょうがが入ったふりかけ」とのこと。アオサのふりかけ以外は量が少ない上に粒も小さく、それほど存在感はありません。ただ、エビとイカの香りがカップの中で強く漂い、海鮮風の焼そばに仕上がっています。袋麺ではこのエビとイカ、キャベツが作る時に入れる具として推奨されているそうで、今回カップ麺ではそれを再現する形となっています。私は焼そばの具は断然!豚バラ派ですが、今回の海鮮もこれはこれで良かったです。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
今までも何度か「日清焼そば」はカップ麺で再現されていましたが、スパイス感は相変わらず素晴らしかったです。スパイスは製品の塩分を減らしても味にインパクトを持たせてくれるのでいいですよね。変にいろんな味を加えずに、ほぼスパイスだけで勝負してきているのがとても好感持てました。ゴテゴテした味もおいしいですが、何だか原点に帰ったような味でおいしかったです。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月第4週発売のカップ麺新商品

◎今週発売のカップ麺新商品

・6月27日(月)発売
日清食品 「日清ラ王 Selection 炊き出し鶏とろ白湯」 258円(税別) 全国 新発売
日清食品 「カップヌードルライトプラス 旨だしそうめん」 180円(税別) 全国 新発売
日清食品 「カップヌードルライトプラス トマトそうめん」 180円(税別) 全国 新発売
日清食品 「日清辛口シーフードカレーメシ」 220円(税別) 全国 新発売
日清食品 「日清焼そばカップ」 180円(税別) 全国 新発売
東洋水産 「マルちゃん 縦型ビッグ 地球の中華そば 塩そば」 205円(税別) 全国 新発売
東洋水産 「マルちゃん 四季物語 夏限定 青唐辛子ちゃんぽん」 180円(税別) 全国 新発売
東洋水産 「マルちゃん 四季物語 夏限定 はもだし塩らーめん 梅風味」 180円(税別) 全国 新発売
東洋水産 「マルちゃん 焼そばバゴォーン 辛口」 180円(税別) 東北・信越地区 新発売
明星食品 「明星 麺屋こころ監修 台湾ラーメン 大盛」 205円(税別) 全国 新発売
サンヨー食品 「サッポロ一番 肉油そば 薫るわさび和風醤油味」 220円(税別) 全国 新発売
サンヨー食品 「サッポロ一番 ポケモンヌードル シーフード味」 130円(税別) 全国 リニューアル発売
サンヨー食品 「サッポロ一番 ポケモンヌードル しょうゆ味」 130円(税別) 全国 リニューアル発売
エースコック 「松屋監修 夏野菜入りトマトカレー味ラーメン」 220円(税別) 全国 新発売
・6月28日(火)発売
ローソン 「渡辺製麺 らーめん信玄 コク味噌味」 298円(税込) - 新発売
ファミリーマート 「東京渡なべ監修 魚介豚骨醤」 216円(税込) 全国 新発売
サークルKサンクス 「若鯱家 カレーうどん」 298円(税込) 全国 新発売

今週は新商品、結構多いですね。ラ王、カップヌードルライトプラス2種、カレーメシ、日清焼そば、地球の中華そば、麺屋こころ、肉油そば、松屋あたり注目したいです。特に楽しみなのは「サッポロ一番 肉油そば 薫るわさび和風醤油味」。わさびと油揚げ麺って相性悪そうですが、どう仕上げてくるんでしょうか。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明星食品 「明星 バリカタ 濃厚豚骨醤油」 (2回目)



どうもオサーンです。

今回のカップ麺は、明星食品の「明星 バリカタ 濃厚豚骨醤油」。このブログ2回目の登場です。前回は★3。麺がとても素晴らしいけどスープが物足りないという評価でした。今バージョンは果たしてどうでしょうか。





オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
前回食べたのと変化があるようには感じませんでした。強いてあげるならチャーシューが一回り小さくなったかなぁ。単なる個体差かな。とんこつしょうゆのスープは濃厚なんですが、いい意味でも悪い意味でもクセがなく、この商品ならではの売りはちょっと感じづらいですかね。麺は相変わらず素晴らしく、こう改めて食べるとやはり他社とは別物の極細麺。しっとりと硬さを両立している、ホントカップ麺とは思えないデキです。スープに余計な主張はさせず、あくまで主役は麺だという姿勢を貫いているように感じる一杯でした。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加