2016年04月の記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

月別アーカイブ:2016年04月

2016年04月の記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2016-04-30 カップ麺
どうもオサーンです。 今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 俺の塩 たらこ味 大盛り」。 オススメ度(標準は3です) ★★★★★☆☆☆☆☆(5) 私が以前俺の塩たらこ味を食べたのはもう何年も前なんですが、その時に比べてたらこの味がだいぶ強くなっていますね。加えてしお味のソースが油分を含んでいて、まるでバターのような味に感じられます。麺は極細で油揚げ麺臭はあるものの、うまくソースと調和できているように...

記事を読む

2016-04-29 カップ麺
どうもオサーンです。またぼちぼちモンハンクロスをやっているのですが、ハンサム氏とともに二つ名リオレウスを無事に終えました。9のレウス連続狩猟が時間なくて大変だった!ハンサム氏が上手なので助かりました。次は2つ名ディノバルドに挑戦! 今回のカップ麺は、ヤマダイの「凄麺 駿河海老だし塩ラーメン」。駿河湾産の桜エビを使用したご当地ラーメンとのことですが、実際にあるご当地ラーメンの再現というよりはヤマダイ...

記事を読む

2016-04-28 カップ麺
どうもオサーンです。今回のカップ麺は、日清食品の「有名店シリーズ 鳴龍 担担麺」。まさかの2週連続の有名店シリーズです。 スープは、「丸鶏などから取った旨み溢れるスープとしょうゆダレに、胡麻の甘味とコクを利かせた上品な担担スープ」で、「唐辛子の辛みが食欲をそそる『特製油』」が別添とのこと。丸鶏が効いているのか、丸みのあるスープに、一本練りゴマの香ばしい風味が通っています。辛みはピリ辛以下です...

記事を読む

2016-04-27 カップ麺
どうもオサーンです。ガンダムX見終わり、∀ガンダム見始めました。うん、∀激しくかっこわるいw 何でこんなデザインになったんだろうか。見続けていくうちにかっこ良く見えてくるんだろうか。軽く挫けそうになりましたが、話としては今のところ(まだ数話しか見てないですが)面白くて、そして∀以外のモビルスーツがかなり新鮮な(いや∀もかなり斬新ですが)かっこよさがありますね。ウォドムもスモーもかなりかっこいい。ウォドム...

記事を読む

2016-04-26 カップ麺
どうもー、ハンサムです。先日、ちょっと用事があり図書館に行ったんですが、館内の一角におすすめ本コーナーみたいなのがありまして、普段本を読む習慣のない自分みたいな者にとっては有り難いなぁと思って見ていたんですが、面白そうな本がありましてね。「チューブ生姜適量ではなくて1cmがいい人の理系の料理」っていう本なんですが、ちょっと冒頭あたり適当に読んでみたら面白そうだったので借りてきました。今半分くらい読ん...

記事を読む

東洋水産 「マルちゃん 俺の塩 たらこ味 大盛り」



どうもオサーンです。

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 俺の塩 たらこ味 大盛り」。





オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
私が以前俺の塩たらこ味を食べたのはもう何年も前なんですが、その時に比べてたらこの味がだいぶ強くなっていますね。加えてしお味のソースが油分を含んでいて、まるでバターのような味に感じられます。麺は極細で油揚げ麺臭はあるものの、うまくソースと調和できているように感じられました。なかなかおいしい焼そばだと思いますが、ソースととても相性の良い刻みのりがもうちょっと多ければ良かったなと感じました。でもさすが長く続いているシリーズですね、安定したおいしさです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマダイ 「凄麺 駿河海老だし塩ラーメン」



どうもオサーンです。またぼちぼちモンハンクロスをやっているのですが、ハンサム氏とともに二つ名リオレウスを無事に終えました。9のレウス連続狩猟が時間なくて大変だった!ハンサム氏が上手なので助かりました。次は2つ名ディノバルドに挑戦!

今回のカップ麺は、ヤマダイの「凄麺 駿河海老だし塩ラーメン」。駿河湾産の桜エビを使用したご当地ラーメンとのことですが、実際にあるご当地ラーメンの再現というよりはヤマダイの創作のようです。そういえば静岡県って人口が多い割にあまり有名なご当地ラーメンって思い浮かばないですね。この一杯が静岡県のラーメンの歴史に新たな1ページを刻むかもしれません?





スープは、「駿河湾産の桜えびを独自に抽出したダシと、鰹節を使った魚介系の風味、そして豚ガラ・鶏ガラ・背脂などの畜肉系の風味をバランスよく配合した、スッキリとしながらもコクのあるスープ」とのこと。透明感があり、エビダシの効いたあっさりなしおスープ。端的に言えばこうですが、実際のところエビ一辺倒ではなく、鰹の風味も結構していて、表面の油の風味も味に深みをもたせています。強めのしお味ですが、後味はしおラーメンらしくすっきりしています。エビ一辺倒ではないのでインパクトには多少欠ける部分がありましたが、なかなかおいしいスープでした。

は、「当社独自製法のノンフライ麺を使用し」、「表面はつるつる、中はもちもちとした食感でスープとの相性も絶妙で」、「時間が経っても伸びにくいのが特徴」とのこと。中細のノンフライ麺。麺は細いですが、凄麺らしくゴリゴリ感のある主張の強い麺で味も強いので、しおけの強いスープとの相性は結構良かったです

は、「チャーシュー、桜海老、焼バラのり、ねぎ」とのこと。具は結構バラエティに富んでいますね。特に桜エビとバラのりが特徴的で、共に磯の香りをうまくスープに伝えています。いやこの具はいいですねぇ。これだけでも十分かと思えるのに、その上にそこそこのクオリティのチャーシューが加わります。充実した具でした。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
スープにもっとエビのインパクトが欲しかったところではありますが、すっきりしたスープに具の桜エビとバラのりが磯の香りを加えていておいしい一杯でした。桜エビとバラのりがチャーシューの代わりにもっとたくさん入っていても面白かったんじゃないかと思います。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「有名店シリーズ 鳴龍 担担麺」



どうもオサーンです。今回のカップ麺は、日清食品の「有名店シリーズ 鳴龍 担担麺」。まさかの2週連続の有名店シリーズです。





スープは、「丸鶏などから取った旨み溢れるスープとしょうゆダレに、胡麻の甘味とコクを利かせた上品な担担スープ」で、「唐辛子の辛みが食欲をそそる『特製油』」が別添とのこと。丸鶏が効いているのか、丸みのあるスープに、一本練りゴマの香ばしい風味が通っています。辛みはピリ辛以下です。担々麺というよりゴマ風味の鶏スープといった感じがしました。やわらかいスープの中のゴマがとても心地よかったですね。がっつり担々麺とは違うあっさりながらの本格感がありました。

は、「のどごしのよい細ストレート麺」とのこと。これは有名店シリーズのいつもの油揚げ麺ですが、相変わらず油揚げ麺とは思えないレベルの麺です。油揚げ麺臭よりも麺自体の素の風味が上回るのは、私が食べたことのある油揚げ麺の中ではこれだけです。ただ今回は麺自体の強さのため、ややスープに勝ってしまっていて、食べ進むにつれて多少のバランスの悪さを感じました。麺おいしいのでそれほど気にならないんですけどね。

は、「肉ミンチ、ネギ」とのこと。肉ミンチは結構たくさん入っていました。一点突破でほぼ肉ミンチだけの具ですが、こういうのはカップ麺らしくていいんじゃないかと思います。担々麺らしい部分でした。ただ、今までの有名店シリーズ同様、スープや麺のクオリティに比して具はちょっと貧弱ですね。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
今回の有名店シリーズもやっぱり秀逸なスープでおいしい一杯でした。麺も優秀です。同じタテ型でも飲み干す一杯担々麺のようながっつりくるタイプではないですが、こういうのもいいんじゃないかと思います。がっつり系を想定して食べるとちょっと物足りない部分はありますけどね。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エースコック 「タマゴが決め手 とろうま濃厚中華そば」



どうもオサーンです。ガンダムX見終わり、∀ガンダム見始めました。うん、∀激しくかっこわるいw 何でこんなデザインになったんだろうか。見続けていくうちにかっこ良く見えてくるんだろうか。軽く挫けそうになりましたが、話としては今のところ(まだ数話しか見てないですが)面白くて、そして∀以外のモビルスーツがかなり新鮮な(いや∀もかなり斬新ですが)かっこよさがありますね。ウォドムもスモーもかなりかっこいい。ウォドムの脚の作りなんてもう現代アートの世界ですね。かくいう私、アートなんてサッパリわかりませんがw

今回のカップ麺は、エースコックの「タマゴが決め手 とろうま濃厚中華そば」。以前同じエースコックから出ていた「たまごかけ風焼そば まろ旨ソース味」で使われていた「きみまろペースト」を、今度はしょうゆラーメンで使ってやろうという試みですね。きちんと卵黄している強力なパーツなので、今回も楽しみです。





スープは、「ポークとチキンにキレのある醤油を加えた濃厚でクセになる味わいのスープで」、「『きみまろペースト』を加えることでまろやかな旨みが広がる一杯に仕上げ」たとのこと。かなり強めのしょうゆ味のスープです。これだけだとかなり濃いのですが、これにきみまろペーストの卵黄風のものを加えることでかなりまろやかになります。かき卵では表現できない、スープに卵黄を入れたまろやかさをきちんと表現できています。面白いのが、下の写真のように、湯の高温で卵黄が白っぽくなることもきちんとできていることです。



は、「適度な弾力と滑らかさのある丸刃のめん」とのこと。硬めの中細油揚げ麺です。濃いしょうゆ味のスープによくあう麺で、きみまろペーストもよく拾っていました。油揚げ麺臭も控えめなので、きみまろペースのまろやかさを損なうことなく感じられたのが良かったですね。きみまろペーストをうまく使うための麺って感じでした。

は、「色調の良い卵とネギに食感の良いメンマ、なるとを加えて仕上げ」たとのこと。具は全部小粒です。きみまろペーストが具としてカウントされているのか、それでコストを使ってしまったんでしょうかね。しょうゆのスープとよくあうメンマにしても、もうちょっと大きければ威力を発揮したと思うんですけど、ホントちっちゃい。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
きみまろペーストの使い方がとても秀逸だと感じられる一杯でした。固形の玉子の具では表現できないまろやかさをしっかり表現できていて、ほんとスープに卵黄入れた感覚でした。このまろやか効果を逆算して、スープをしっかり強めにしていたことも良かったのではないかと思います。このきみまろペーストは今後も使い道がたくさんありそうですね。それこそ王道の天玉そばなんかもカップ麺で作れるんじゃないでしょうか。今後が楽しみです。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋水産 「マルちゃん 本気盛 辛赤ねぎ豚骨」

20160426_1.jpg

どうもー、ハンサムです。先日、ちょっと用事があり図書館に行ったんですが、館内の一角におすすめ本コーナーみたいなのがありまして、普段本を読む習慣のない自分みたいな者にとっては有り難いなぁと思って見ていたんですが、面白そうな本がありましてね。「チューブ生姜適量ではなくて1cmがいい人の理系の料理」っていう本なんですが、ちょっと冒頭あたり適当に読んでみたら面白そうだったので借りてきました。今半分くらい読んだところですが、料理が全くできなかった理系の筆者が、奥さんのつわりを機に料理に挑戦していろいろと試行錯誤し理解し料理に対するイメージが変わっていく…感じの内容なんです。自分は理系ではないので、そういう感覚の人もいるんだなぁと思うのと同時に、全く知らなかった世界が少しずつ理解できるようになって、楽しめるようになっていく様子が手に取るようにわかって、なんていうか。清々しい気分になりました。新しい事に出会い挑戦していくって…いいっすね…。と、しみじみw

  さて、今回の初めて出会うカップ麺はw、東洋水産の「マルちゃん 本気盛 辛赤ねぎ豚骨」です。今回は湯戻し時間2分、硬め極細麺だそうですよ。

20160426_2.jpg

20160426_3.jpg

スープは、「香辛料で味のバランスを調えた豚骨スープに、豆板醤ベースの辛ダレを合わせた、見た目にも赤いピリ辛味の豚骨スープ。益都唐辛子入り」だそうです。スープだけ味わうと、きちんと豚骨の旨みがあって、ちょっと甘めの美味しいスープです。辛ダレも豆板醤の風味がよくピリ辛でいいアクセントになっています。が…麺と合わさるといまいちパッとしないスープに感じてしまいます。スープの風味がぼやけてしまうというか。細麺の油揚げ麺に食われてるように思いました。

は、「硬く歯ごたえのある極細の丸麺」だそうです。1分半で蓋を開けて仕上げて写真撮って食べ始めましたが、たぶん2分ちょっと過ぎだと思いますが、すでに麺が食べごろでした。いや、それで当たり前なのかもしれないけど、他のスピード湯戻し麺だと最初は硬くてだんだん柔らかく…っていうのが多いので、最初から柔らかい事にちょっとびっくりw 硬めが好きな方は1分過ぎたら蓋開けて仕上げちゃってもいいかも。麺は細麺ですがフカフカ麺で、表面はちょっとざらっとして口当たりはあまり良くないです。油揚げ麺の風味がしっかりあります。スープのところでも書きましたが、麺の風味でスープが負けてしまって、相性はいまいちかなぁと感じました。

は、「FD豚挽肉ブロック、ねぎ」だそうです。ねぎ豚骨って書いてあるのだから、もっとねぎだくでもいいのになーと思いました。挽肉はカップの底に沈んでしまいますが、拾って食べると肉っぽくて美味しいです。でもなんで挽肉って食べた気しないんでしょうねぇ。穴あきのレンゲで掬わないと。(穴あきのレンゲを思い出したら、コーンが入ったみそラーメンが食べたくなりました…w)

オススメ度(標準は3です)
★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2)
★3と迷いましたが、心を鬼にして★2。細麺の油揚げ麺の風味が強くて、スープとの相性が良くないと感じました。麺先にありきなら、それにスープを合わせてほしいと思います。もっと豚脂を効かせるとか、ネギの風味を強くするとか豚骨を濃厚にするとか。油揚げ麺の風味でスープがぼやけてしまうのは、麺もスープも無念だと思う。そして、ねぎ豚骨というわりにネギが大して多くないのも残念でした。風味もないし。ご飯とスープとの相性は悪くなかったです。麺とご飯の相性はいまいち。この細麺大人しくないですw

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加