2016年02月の記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

月別アーカイブ:2016年02月

2016年02月の記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。
No Image

2016-02-29 カップ麺発売予定・定例報告
◎今週発売のカップ麺新商品 ・2月29日(月)発売 日清食品 「麺ニッポン 尾道ラーメン」 220円(税別) 全国 新発売 日清食品 「日清麺ニッポン 青森濃厚煮干ラーメン」 220円(税別) 全国 販売地域拡大 日清食品 「日清麺ニッポン 函館塩ラーメン」 220円(税別) 全国 販売地域拡大 日清食品 「日清の咖喱 (カリー) うどん」 オープン価格 全国 新発売 日清食品 「スパイスキッチン ベトナムフォー」 160円(税別) 全...

記事を読む

2016-02-27 カップ麺
どうもオサーンです。生活している中でこのブログの冒頭文章に書くことをいろいろ考えているのですが、いざPCに向かって書こうとすると何も頭に浮かんでこない。よく冒頭文章なしで本文始めちゃうことがありますが、決して楽しようとしているわけではなく、常に悩む時間の末に思い浮かばなかっただということをご理解いただけると嬉しいです。ってか、関係ない文章なんて要らないという意見は以前から頂いてるんですけどねw 今...

記事を読む

2016-02-26 カップ麺
どうもオサーンです。芳林堂書店が破産ですか。学生時代によくお世話になった書店なのでちょっとショックです。そういえば通勤に使う電車の中でも本を読んでいる人はほとんど見かけません。本屋の実店舗が潰れるのはアマゾンとか大型書店のせいではなく、活字離れとスマホの進化なんでしょうねきっと。 今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん ジャンクストーリー 濃厚貝だし味噌」。「第7回 最強の次世代ラーメン決定戦!」...

記事を読む

2016-02-25 カップ麺
どうもオサーンです。昔の記憶なんてアテにならないもので、最近ファーストガンダムを改めて見終わったのですが、記憶ではカイ・シデンは死んだと思っていたのに、しっかりゼータにも出てくるじゃないですか。前に見たのも結構大人になってからだったのに、話の内容も全く覚えていなかったし、これはエヴァンゲリオンとかも見直さなきゃいけなそうです。 今回のカップ麺は、日清食品の「日清のとんがらし麺ビッグ 激辛麻婆豆腐...

記事を読む

2016-02-24 カップ麺
どうもー、ハンサムです。先日、友人から最近流行りの熱風で揚げ物ができるっていう調理家電?を頂きました。ちなみにフィリップスじゃないやつです。早速、生姜焼き用の肉を重ねて、衣をつけてやってみたところ…バッチリとんかつになりました!こりゃー素晴らしい!近々、鶏の唐揚げもやってみたいと思います。しかし、狭い台所では置き場所に困る。引き出し式なので、開けられるスペースも必要だし。台所の片付けもせねばなぁ。 ...

記事を読む

2月第5週発売のカップ麺新商品

◎今週発売のカップ麺新商品

・2月29日(月)発売
日清食品 「麺ニッポン 尾道ラーメン」 220円(税別) 全国 新発売
日清食品 「日清麺ニッポン 青森濃厚煮干ラーメン」 220円(税別) 全国 販売地域拡大
日清食品 「日清麺ニッポン 函館塩ラーメン」 220円(税別) 全国 販売地域拡大
日清食品 「日清の咖喱 (カリー) うどん」 オープン価格 全国 新発売
日清食品 「スパイスキッチン ベトナムフォー」 160円(税別) 全国 新発売
東洋水産 「マルちゃん 縦型ビッグ 田中商店×長尾中華そば バリ豚激煮干」 205円(税別) 全国 新発売
明星食品 「明星 らーめんの千草 しょうゆらーめん」 218円(税別) 全国 新発売
サンヨー食品 「サッポロ一番 たいめいけん三代目シェフ 茂出木浩司監修 たいめいけんの裏メニュー THEオム黒ラーメン」 215円(税別) 全国 新発売
エースコック 「エスニックFUN トムヤム風焼そば」 220円(税別) 全国 新発売
エースコック 「美味列島 北海道 海鮮だしとろみ塩ラーメン」 180円(税別) 全国 新発売
エースコック 「美味列島 九州 濃コクとんこつラーメン」 180円(税別) 全国 新発売
まるか食品 「ペヤング 激辛カレーやきそば」 175円(税別) - 再発売
・3月1日(火)発売
サークルKサンクス 「いち井 焼きあご仕立ての塩ラーメン」 278円(税込) 全国 新発売

先週発売の取りこぼしも結構あるというのに、今週も注目したい新商品が多いです。麺ニッポン尾道、カレーうどん、田中商店長尾、たいめいけん、トムヤム焼そば、ペヤング。これは先週分食べられないかもしれないなぁ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「出前一丁どんぶり 旨辛台湾ラーメン風」



どうもオサーンです。生活している中でこのブログの冒頭文章に書くことをいろいろ考えているのですが、いざPCに向かって書こうとすると何も頭に浮かんでこない。よく冒頭文章なしで本文始めちゃうことがありますが、決して楽しようとしているわけではなく、常に悩む時間の末に思い浮かばなかっただということをご理解いただけると嬉しいです。ってか、関係ない文章なんて要らないという意見は以前から頂いてるんですけどねw

今回のカップ麺は、日清食品の「出前一丁どんぶり 旨辛台湾ラーメン風」。チキンラーメンの変わり種はよく発売されていましたが、最近は出前一丁も定番商品らしくアレンジ商品が多く出てきましたね。今回はチキンラーメンと同時発売ということでしたが、私が行った中では店頭で多く見かけた出前一丁の方を食べてみたいと思います。





スープは、「『台湾ラーメン』の特徴であるしょうゆベースのスープに赤唐辛子でアクセントをつけた辛さの中にもしっかり旨みを感じるスープ」で、「ヒハツエキス、ショウガ入り」、別添で「辛さをアップした特製ごまラー油」とのこと。出前一丁といえばごまラー油の風味が特徴ですが、今回はそれの辛さが強くなっています。出前一丁のイメージの割には結構辛くて、ピリ辛以上はあるんじゃないかと思います。ただ、辛くなった出前一丁以上のものではなく、スープからはあんまり台湾ラーメンらしさは伝わってこなかったですかね。辛さが苦手じゃなければ出前一丁の延長線上にあると捉えて問題ないんじゃないでしょうか。

は、「出前一丁のスープによく絡む、中細ウェーブ麺」とのこと。カップ出前一丁のいつもの中細で縮れた油揚げ麺です。袋麺のイメージを崩すことのない、やわらかくて無難な麺ですね。スープとの相性も当然問題なく、出前一丁らしさがしっかり感じられました。

は、「肉ミンチ、ニラ、赤唐辛子、炒りごま」とのこと。なるほど台湾ラーメンらしさは具にありましたか。ダイスミンチにニラで、ここはしっかり台湾ラーメンしていました。味的にはニラはそれほど強いわけではなく、炒りゴマあたりは出前一丁っぽさの方が強いですね。価格相応の安っぽさですが、それでこそ出前一丁なのかな。悪い感じはしませんでした。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
具に台湾ラーメンのイメージがありましたが、基本的にはちょっと辛い出前一丁という認識でいいと思います。無理矢理台湾ラーメンっぽくした感は否めませんが、無難に食べられる味なのはさすが出前一丁といったところでしょうか。あんまり期待せずに、スーパーで安く売られてるならば買ってもいいかなといった印象でした。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋水産 「マルちゃん ジャンクストーリー 濃厚貝だし味噌」



どうもオサーンです。芳林堂書店が破産ですか。学生時代によくお世話になった書店なのでちょっとショックです。そういえば通勤に使う電車の中でも本を読んでいる人はほとんど見かけません。本屋の実店舗が潰れるのはアマゾンとか大型書店のせいではなく、活字離れとスマホの進化なんでしょうねきっと。

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん ジャンクストーリー 濃厚貝だし味噌」。「第7回 最強の次世代ラーメン決定戦!」で「次世代部門」の審査員特別賞に選ばれた商品とのこと。金賞銀賞は本気盛みたいなタテ型で商品化されるのに対し、毎年3位格の商品はどんぶり型ノンフライ麺で商品化されてますね。売上的にはタテ型のほうが強いのでしょうが、味の再現性ではこちらが上回るので、今回も楽しみです。





スープは、「ポークとチキンをベースに、アサリ・ホタテの風味を強く利かせた、貝の旨味が濃厚な味噌味のスープ」とのこと。甘みを感じるやわらかいみそ味のスープに、苦みを感じる貝ダシが効いています。貝を前面に出した構成で、だからと言ってみそが死んでいるわけでもなく貝を引き立てていておいしいです。これいいスープですなぁ。私正直、この前牡蠣を食べて軽くあたってしまって、今回の貝はいやだなぁとちょっと思っていたのですが、おいしくてスープ全部飲んじゃいましたw

は、「なめらかな口当たりとコシをあわせ持つノンフライ麺」とのこと。東洋水産の高価格帯ノンフライ麺らしい、縮れのあるやわらかい麺です。この麺は甘みもあって、同じく甘いみそ味のスープと相性がいいように感じました。みそとある程度同化することで、貝ダシがさらに前に出ている印象を受けます。スープといいマッチングなんじゃないでしょうか。

は、「チャーシュー、メンマ、ねぎ」とのこと。具についてはスープや麺ほどレベルの高さは感じません。チャーシューは低価格帯のものより一回り大きいですが室は同じな感じです。メンマやネギはあまり量が入っていませんでした。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
甘くてやわらかいみそ味のスープの中で、苦みを感じる貝ダシが強く効いていておいしいスープでした。スープは高価格に見合う素晴らしいものでした。麺も相性がとても良かったですが、具が貧弱なのが定価230円の限界ってところなんでしょうかね。お店ではしおラーメンが人気のようですが、それらしい繊細さを感じさせるスープでした。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清のとんがらし麺ビッグ 激辛麻婆豆腐味」



どうもオサーンです。昔の記憶なんてアテにならないもので、最近ファーストガンダムを改めて見終わったのですが、記憶ではカイ・シデンは死んだと思っていたのに、しっかりゼータにも出てくるじゃないですか。前に見たのも結構大人になってからだったのに、話の内容も全く覚えていなかったし、これはエヴァンゲリオンとかも見直さなきゃいけなそうです。

今回のカップ麺は、日清食品の「日清のとんがらし麺ビッグ 激辛麻婆豆腐味」。TOKYO FMのラジオ番組「Skyrocket Company」とコラボレーション企画とのことですが、私はこのラジオ番組のことよくわからないのでさっさと先に進みたいと思います。すいません。





スープは、「麻婆豆腐をイメージした、激辛ながらも肉の旨みがあるスープ」で、「ラー油や唐辛子のピリッとした辛さに加え、花椒を利かせたしびれる辛さが特徴」、「超絶激辛オイル」が別添とのこと。結構な辛さの唐辛子スープです。ただ、辛さ以外の特徴があまり見えてこず、説明書きにある「肉の旨み」だとか「花椒を利かせたしびれる辛さ」みたいなものはあまり感じられず、麻婆豆腐らしさってあったかなという印象でした。そして辛さにしても、カップ麺最強クラスではあるものの、この前発売された同じとんがらし麺の「日清のとんがらし麺ビッグ 激辛ジャークチキン味」と比べるとだいぶ弱く感じられ、そうなるとそれなりに辛い以外の特徴を見出しにくいスープでした。まずいってわけじゃないんですけどね。

は、「辛さと旨さを併せ持つ唐辛子練り込み麺」で、「赤い色と唐辛子の風味が食欲をそそ」るとのこと。いつもの赤いとんがらし麺の特徴的な麺です。強いスープの中にあってはこの麺自体の唐辛子分がどれほど味に寄与しているのじゃは疑問ですが、見た目的にこれこそとんがらし麺だし、赤いことで視覚的に辛さを増長させているように感じられます。

は、「豆腐、豚肉、赤唐辛子、ネギ」とのこと。結構いい感じに豆腐がたくさん入っています。スープに麻婆豆腐らしさは感じないと書きましたが、この豆腐の存在で麻婆豆腐らしさを保っていますね。カップ麺としては大振りなのもいいです。辛いスープなので、豆腐が辛さを一休みさせる効果がありました。一方で、肉はダイスミンチで、こちらはそれほど麻婆豆腐らしさはなかったです。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
ただ辛いだけではなく麻婆豆腐らしさを期待したのですが、らしかったのは具の豆腐くらいでした。かなり辛いスープですが、ちょっと前に発売されたとんがらし麺のほうが辛く、このあたりもちょっと商品のコンセプトをぼやけさせてしまっているように思います。まずくはなかったのですが、もうちょっとこの商品らしさというものが欲しかったところです。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンヨー食品 「サッポロ一番 濃厚鶏白湯ラーメン ガーリックバター風味ブロック付き」

20160224_1.jpg

どうもー、ハンサムです。先日、友人から最近流行りの熱風で揚げ物ができるっていう調理家電?を頂きました。ちなみにフィリップスじゃないやつです。早速、生姜焼き用の肉を重ねて、衣をつけてやってみたところ…バッチリとんかつになりました!こりゃー素晴らしい!近々、鶏の唐揚げもやってみたいと思います。しかし、狭い台所では置き場所に困る。引き出し式なので、開けられるスペースも必要だし。台所の片付けもせねばなぁ。

さて、今回のカップ麺は、サンヨー食品 サンヨー食品の「サッポロ一番 濃厚鶏白湯ラーメン ガーリックバター風味ブロック付き」です。この商品、オサーン氏からサンクスに売ってたよと教えてもらったのですぐ見つけられました。どうもねー。

20160224_2.jpg

20160224_3.jpg

スープは、「チキンエキスのうまみにポークエキスのコクが合わさった濃厚な鶏白湯スープに、ガーリックバター風味ブロックを溶かし入れることで、ガーリックとバターの風味がスープの味をより濃厚に」だそうです。最初、ガーリックバターキューブを溶かす前に一口食べたらきちんと濃厚な鷄白湯スープで、これはなかなか美味いんじゃないかと思いつつ、キューブを溶かして食べたところ、ガーリックバターの風味がだいぶ強くて鷄白湯の風味が弱く感じられました。ガーリックバター強いですなw 鷄白湯スープを味わいたい場合は、キューブを半分入れて様子を見るといいかもです。いや、でも全体的にはかなり濃厚になってそれはそれで美味しいんですけどね。ガーリックとバターと鷄白湯を合わせるとこんな感じになるのかーと、妙に納得してしまった。

は、「コシがありながら歯切れがよく、のどごしが滑らかな細麺」だそうです。麺、美味しかった!細麺で口当たりも良く、歯ごたえもしっかりあって美味しいです。濃厚なスープに良く合ってました。この麺、是非他のスープでも食べてみたいです。

は、「肉そぼろ、赤ピーマン、ねぎ」だそうです。肉そぼろは軽く味付けしてあって、いい箸休めになりました。ちょっと小さいけどw 赤ピーマンの風味も良かったです。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
思ったよりずっと濃厚な一杯でした。鷄白湯のスープもとても美味しかったのですが、だいぶガーリックバター風味にもっていかれてしまったなーという感じがちょっと勿体無いように思いました。でも、ガーリックバターの風味は、それはそれで濃厚だしコクもアップして美味しいんですけど。オススメはキューブを半分入れて様子をみて残りを追加、が楽しめるんじゃないかなーと思いました。細麺がとても美味しかったです。また楽しみにしてますw ご飯との相性はかなり良かったです。リゾットのような濃厚な感じでした。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加