2015年10月の記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

月別アーカイブ:2015年10月

2015年10月の記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2015-10-30 カップ麺
どうもオサーンです。ホークス強かったですね。3戦目に山田選手が3連発したことでスワローズに流れが変わるのかなと思いましたが、4戦目5戦目でその山田選手をホークス先発投手が抑えることで流れを引き戻した印象でした。テレビで見てると、何でそんなド真ん中打たないんだよ!とか思ってしまいましたが、裏をかく投球なんでしょうね。 今回のカップ麺は、エースコックの「タテロング どっさりわかめ わかめラーメン ごま・し...

記事を読む

2015-10-29 カップ麺
どうもオサーンです。このブログではハンサム氏がごはん(ライス)好きとして認識されていると思いますが、実は私オサーンはハンサム氏に勝る超ごはん好きでして、ラーメンのスープとか、いやラーメン自体がごはんのために存在していると思っています。なのでラーメン店に行くとラーメンは並盛りで必ずごはんを注文し、麺を食べた後にスープでごはんをかっこむのが本番であり至福の時であります。そうなると当然、過剰な炭水化物の...

記事を読む

2015-10-28 カップ麺
どうもオサーンです。最近、ネットとかでよく目にする今治タオルというのが気になっていて、この前店頭に触りに行ってきました。触った感じだと普通のタオル?と思ってしまったんですが、使うときっといろいろ安物タオルとは違うんでしょうね。汗ふきタオルとバスタオルあたり買ってみようかな。 今回のカップ麺は、明星食品の「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 怪味マヨ」。快味マヨなんて明星さん面白いネーミングセンスだなーと...

記事を読む

2015-10-27 カップ麺
どうもオサーンです。モンハンクロスの発売があと1ヶ月に近づきましたが、今回のモンハン、ナンバリングシリーズではないですが、今判明しているだけでモンスター登場数が過去最高だそうです。その上、4Gで不評だった極限化(狂竜化も)もないそうなので、これは楽しみですね。ドス古龍やパッケージモンスターもほぼ総登場とのことで、これは武者震いが止まりません。さらには忌々しきギルドクエストもないんだとか!単純にモンス...

記事を読む

No Image

2015-10-26 カップ麺発売予定・定例報告
◎今週発売のカップ麺新商品 ・10月26日(月)発売 日清食品 「日清 THE NOODLE TOKYO Due Italian 特製らぁ麺フロマージュ」 205円(税別) 全国 新発売 東洋水産 「マルちゃん 本気盛(マジモリ) 塩担々麺」 205円(税別) 全国 新発売 東洋水産 「マルちゃん 世界のグル麺 ボルシチ味ヌードル」 180円(税別) 全国 新発売 東洋水産 「マルちゃん 世界のグル麺 クラムチャウダー味ヌードル」 180円(税別) 全国 新...

記事を読む

エースコック 「タテロング どっさりわかめ わかめラーメン ごま・しょうゆ」



どうもオサーンです。ホークス強かったですね。3戦目に山田選手が3連発したことでスワローズに流れが変わるのかなと思いましたが、4戦目5戦目でその山田選手をホークス先発投手が抑えることで流れを引き戻した印象でした。テレビで見てると、何でそんなド真ん中打たないんだよ!とか思ってしまいましたが、裏をかく投球なんでしょうね。

今回のカップ麺は、エースコックの「タテロング どっさりわかめ わかめラーメン ごま・しょうゆ」。今回は「どっさりわかめ」ということで、いろいろ出てきた変わり種わかめラーメンの中でもシンプルにきましたね。私オサーン、エースコックではわかめラーメンが一番好きなので今回もとても楽しみです。





スープは、「醤油の一部に有機丸大豆醤油を使用し、オイスターやアサリなどの魚介の旨みをバランスよく配合することで、風味豊かな味わいに仕上げ」、「アクセントにジンジャーや白コショウを利かせ、最後まで飽きのこない味を表現してい」るとのこと。胡椒のアクセントの効いた濃いめのしょうゆ味。ノーマルのわかめラーメンのスープに比べるとちょっと濃いと思います。シンプルでおいしいスープです。何の変哲もない味のようにも思うんですが、不思議とおいしいんですよね。濃く感じる分、相対的にノーマルでは目立つアサリの風味があまり感じられないのはちょっと残念でした。

は、「適度な歯切れの良さがある、滑らかな丸刃のめん」とのこと。ちょっと食感の硬めな油揚げ麺で、丸麺なのが一つの特徴です。ノーマルわかめラーメンの麺に比べるとちょっと硬いように感じましたが、勘違いかもしれません。油揚げ麺臭がないわけではないですが、スープは結構濃いので相性はいいと思います。スープにしろ麺にしろ、普通なんですよね。

は、「磯の香りが豊かなわかめ、香ばしいごま、程よく味付けしたメンマ、色調の良いコーン」とのこと。やはりわかめラーメンの特徴は具で、わかめは確かにノーマルより多いです。2倍まではない気がしますが1.5倍くらいはあるかな。そしてゴマ。わかめとゴマの風味がスープと合わさると、足し算以上の力になるのが不思議なんですよね。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★☆☆☆☆(6)
私が今★つけるとするとノーマルわかめラーメンは★7なんですが、それに比べると今回はアサリが弱く感じてしまう分ちょっと★落としました。でもわかめが多いのはゴージャスで嬉しいです。ただ前から書いてるんですが、この商品は同じエースコックのEDGEシリーズでわかめ入れすぎた件として出す方がインパクトあると思うんですよね。わかめラーメンはわかってる人には魅力的な銘柄ですが、若い人が多いコンビニで売るにはインパクト不足に思えるんですがどうなんですかね。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋水産 「マルちゃん 本気盛(マジモリ) 塩担々麺」



どうもオサーンです。このブログではハンサム氏がごはん(ライス)好きとして認識されていると思いますが、実は私オサーンはハンサム氏に勝る超ごはん好きでして、ラーメンのスープとか、いやラーメン自体がごはんのために存在していると思っています。なのでラーメン店に行くとラーメンは並盛りで必ずごはんを注文し、麺を食べた後にスープでごはんをかっこむのが本番であり至福の時であります。そうなると当然、過剰な炭水化物の摂取にとどまらず、スープもほぼ飲み干す形になってしまう、健康的にはもう継続的にラーメン食べるのは自殺行為以外の何物でもないわけです。というわけで、以前はよくラーメン食べに行ってたんですが、ここしばらくはせいぜい2ヶ月に1回行くくらいのペースになっています。ただでさえこんなブログやってますからね、人一倍健康には気をつけないといけない思っています。あ、ジョギングも始めました。エライオレ。

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 本気盛(マジモリ) 塩担々麺」。ハンサム氏が休養中につき、本気盛シリーズも私オサーンが食べます。いつも本気盛を食べていたハンサム氏的には今回のこの商品はおいしい予感がするそうなので、楽しみに食べたいと思います。







スープは、「チキンと野菜をベースに、香辛料でアクセントを付けた、辛味と旨味のある塩担々スープ」で、「ラー油とごま油が香る、特製油付き」とのこと。辛さはピリ辛程度、担々麺では一般的な練りゴマは効いておらず、味強めのしお味のスープがベースです。それにラー油とゴマ油の入った油が入ることで、特にゴマ油が前に出た味の構成になっています。この油が表面に残っているうちは香ばしくておいしいです。油を入れる前にきちんとかき混ぜておき、油投入後は混ぜないのが推奨です。本気盛らしい押しの強さを感じるスープでした。

は、「丸刃で切った、なめらかで太めの麺」とのこと。これはいつもの本気盛の太い油揚げ麺です。この麺はかなり盛大な油揚げ麺臭がして、スープが強くなければ厳しい麺なのですが、今回のスープとはしっかりマッチしていました。やっぱりこの麺はこってり味のスープに限りますな。

は、「豚挽肉ブロック、ねぎ」とのこと。スープもなかなかおいしかったのですが、このカップ麺の一番の特徴は具の豚挽肉ブロックだと感じました。フリーズドライの豚挽肉なんですが、これがまた圧倒的な肉感で、量も多くおいしかったです。具だけで売ってもらいたいとすら思いました。他にそう思うのは日清の大判乾燥チャーシューくらいなので、これはメガトン級を通り越してニミッツ級のおししさでした。塩担々麺というより肉担々麺の様相を呈していました。他の製品にもバンバンこの挽肉使ってもらいたいですね。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★☆☆☆☆(6)
フリーズドライの豚挽肉がホントおいしくて、これだけで買って良かったと思える一杯でした。スープのゴマ油の風味もよく、とてもおいしい一杯でした。いやホントこの肉別売りで売って欲しいです。なかなか本気盛シリーズは私オサーン的には相性の悪いシリーズかと思ってたんですが、こんなおいしいと思った本気盛は初めてかもしれません。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明星食品 「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 怪味マヨ」



どうもオサーンです。最近、ネットとかでよく目にする今治タオルというのが気になっていて、この前店頭に触りに行ってきました。触った感じだと普通のタオル?と思ってしまったんですが、使うときっといろいろ安物タオルとは違うんでしょうね。汗ふきタオルとバスタオルあたり買ってみようかな。

今回のカップ麺は、明星食品の「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 怪味マヨ」。快味マヨなんて明星さん面白いネーミングセンスだなーと思っていましたが、快味ソースというのが唐揚店で流行って、それを使ったマヨってことなんですね。知りませんでした。一体どんな味なんでしょうか。





ソースは、「ポークベースの塩だれに、怪味ソース(花椒のしびれや辣油の辛味、酢の酸味、練りゴマのコクなどの複雑な味覚が特長)をブレンドしたこってりとした辛旨ソース」で、「怪味ソースをブレンドした、シビカラの刺激がたまらなくクセになる、『一平ちゃん夜店の焼そば』のコクをアップさせる特製『怪味マヨ』」と「すりゴマと粗挽きの黒胡椒(ブラックペッパー)、スイートチリを組み合わせたふりかけ」が別添とのこと。いやーさすが快味、ホントいろんな味がします。辛味と酸味とシビれがきちんとあります。ソースだけではなくマヨネーズにも同様の味がしているのが結構芸が細かいなと思いました。ただ正直、もともと一平ちゃん夜店の焼そばは普段からふりかけでいろんな味がしているので、快味だからどうということはなかったですかね。いろいろ感じられるけどどれも中途半端な印象でした。シビレのある焼そばというのは面白かったですが、やるならもっと徹底的にシビレとかが良かったです。

は、「こってりとしたソースと絡みの良い、しなやかで食べやすい油揚げ麺」とのこと。細めの油揚げ麺で、しょうゆダレとかしおダレの時に使われる麺ですね。細いですが油揚げ麺臭はそれなりにあります。太くしなかったことで麺が控えめになり、快味のいろんな味が楽しめたのは良かったと思います。

は、「色鮮やかなキャベツの具材」とのこと。量はそれなりにありますが、キャベツだけなので何とも。一平ちゃんの場合、ふりかけとマヨがあるのでどうしても具が貧弱になるのはしょうがないところですが、それでもこの商品に限らず他社含め焼そば商品でキャベツだけってのはちょっと寂しいですよね。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
快味ソースってこんな味なんだ~と知るにはうってつけの商品かもしれません。この味が唐揚げで使われると確かにおいしいかもしれないですね。シビレ系のスパイスが使われていて、これが焼そばでも結構いけるなーとわかったのが大きな収穫でした。こういう変わり種面白いのでこれからもどんどんやってもらいたいです。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清 THE NOODLE TOKYO Due Italian 特製らぁ麺フロマージュ」



どうもオサーンです。モンハンクロスの発売があと1ヶ月に近づきましたが、今回のモンハン、ナンバリングシリーズではないですが、今判明しているだけでモンスター登場数が過去最高だそうです。その上、4Gで不評だった極限化(狂竜化も)もないそうなので、これは楽しみですね。ドス古龍やパッケージモンスターもほぼ総登場とのことで、これは武者震いが止まりません。さらには忌々しきギルドクエストもないんだとか!単純にモンスターを狩って作る武器防具が最強ということになりそうですね。これは間違いなく良化!おそらく、4Gでは強すぎた私オサーンのメイン武器の操虫棍は弱体化が免れないところだと思いますが、それでも理不尽なシステムを廃したモンハンは楽しみでなりません。あー発売日と翌日に有給取るの忘れたー(オサーンは基本的に土日は勤務)。

今回のカップ麺は、日清食品の「日清 THE NOODLE TOKYO Due Italian 特製らぁ麺フロマージュ」。東京市ヶ谷と汐留にお店のある「Due Italian」のラーメンの再現モノです。イタリアンのシェフから転身してラーメン店を始めたそうで、なかなか面白そうな一杯です。





スープは、「コクのある鶏ガラベースの塩スープに、深い味わいのチェダーチーズと滑らかな口当たりのゴルゴンゾーラチーズを加えた、クリーミーで濃厚な味わいのスープ」とのこと。鶏ベースに香りはゴルゴンゾーラ、味はチェダーという感じです。結構鶏の味が濃いめで、もっとチーズが前にくるのかと思いましたが、うまく鶏と調和できていて上品な味に仕上がっています。一般的なチーズの入ったカップ麺とはだいぶ趣向が違っていて面白かったです。私はゴルゴンゾーラが好きなので、ゴルゴンゾーラの風味が嫌味なくしっかり感じられたことが良かったです。

は、「歯応えのあるストレート麺」とのこと。ストレートで中細の油揚げ麺です。同じ日清の「有名店シリーズ」で使われている麺と同じタイプだと思います。味も食感も油揚げ麺であることを感じさせない麺で、やわらかいスープの味を邪魔することなく、それでいて麺の存在もしっかり感じられます。油揚げ麺の究極の形なんじゃないかなと思っています。

は、「チェダーチーズ、蒸し鶏、ニンジン、ネギ」とのこと。スープのところでチェダーチーズについて書きましたが、味の主体となっているのは具のチェダーチーズかもしれませんね。存在を主張し過ぎない味でいいと思います。蒸し鶏はひとつひとつが大きく食べ応えがありました。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
カップ麺でチーズが使われるのは、カレー系やみそ、トマト系といった、比較的味の強いスープが多く、強いスープの中でチーズも自由に自己主張できたのですが、今回は鶏主体のしお味のスープの中で使われながらもしっかりとスープを立てていて好感が持てました。チーズが脇役ではなく主役の、珍しいタイプの一杯で面白かったです。お店のラーメンを実際食べたことがないので再現性はわからないですが、きっとうまくカップ麺に落とし込んだんじゃないかと思います。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月第4週発売のカップ麺新商品

◎今週発売のカップ麺新商品

・10月26日(月)発売
日清食品 「日清 THE NOODLE TOKYO Due Italian 特製らぁ麺フロマージュ」 205円(税別) 全国 新発売
東洋水産 「マルちゃん 本気盛(マジモリ) 塩担々麺」 205円(税別) 全国 新発売
東洋水産 「マルちゃん 世界のグル麺 ボルシチ味ヌードル」 180円(税別) 全国 新発売
東洋水産 「マルちゃん 世界のグル麺 クラムチャウダー味ヌードル」 180円(税別) 全国 新発売
明星食品 「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 怪味マヨ」 180円(税別) 全国 新発売
サンヨー食品 「サッポロ一番 たっぷり野菜の旨塩タンメン」 240円(税別) 全国 新発売
エースコック 「タテロング どっさりわかめ わかめラーメン ごま・しょうゆ」 205円(税別) 全国 新発売
エースコック 「うまさぎっしり新潟 うんめぇ 三条カレーラーメン」 180円(税別) 新潟中心 リニューアル発売
エースコック 「うまさぎっしり新潟 うんめぇ 妙高とん汁ラーメン」 180円(税別) 新潟中心 リニューアル発売
ヤマダイ 「凄麺 横浜とんこつ家(十代目)」 210円(税別) - リニューアル発売
・10月27日(火)発売
サークルKサンクス 「函館・あじさい 函館塩拉麺」 278円(税込) 全国 新発売

今週はちょっと新商品少なめ。Due Italian、本気盛、世界のグル麺2種、一平ちゃん、タンメン、わかめラーメンなどが食べる候補ですが、きちんと見つけられるのかかなり不安なラインナップです。日清や東洋水産は安定して売っているのを見かけますが、他のメーカーは結構あったりなかったりな商品があるので、きちんと見つけられるといいんですが。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加