2015年07月の記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

月別アーカイブ:2015年07月

2015年07月の記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2015-07-31 カップ麺
どうもオサーンです。ジャイアンツの新外国人カステヤーノス選手がいきなりスタメンですか。私は外国人打者の未知の魅力とか日本人選手にはない反則的なパワーとか大好きなので、これは試合きちんと見なきゃいけませんな。三振は多いけど足は速い選手なので、何とか日本の野球に順応してくれると期待しています。アメリカでのバッティングをちょっと見た感じ、結構打ちそうな気がするんですけどねぇ。果たしてどうでしょうか。 ...

記事を読む

2015-07-30 カップ麺
どうもオサーンです。ハンサム氏が海に遊びに行くそうです。昔風ハンサム顔でどれだけ海が楽しめるのかは知りませんが、少なくとも私よりはリア充ですな。海なんか、海水浴ということならばもう小学生の時以来行ってない気が。そのうちハンサム氏が海の報告でもすると思うので、気長に待っていてください。 今回のカップ麺は、日清食品の「日清のとんがらし麺ビッグ 激辛だしカレー」。最近元気な「とんがらし麺」シリーズの新...

記事を読む

2015-07-29 カップ麺
どうもー、ハンサムです。最近、手洗いの蛇口ってセンサーがついて自動で水が出るものがほとんどですよね。センサーの感度がやたらといい場合、石鹸で手をゴシゴシしてる最中でも反応して水が出てきて。「あ、フライング?ごめんごめん」みたいに出ては止まりを繰り返されると、「わかった、こっちこそ遅くてゴメン」と思って早々にゴシゴシを切り上げて洗い流したりします。逆に反応が鈍い場合、「出し惜しみすんなやー」とツッコ...

記事を読む

2015-07-28 カップ麺
どうもー、ハンサムです。いやいや猛暑ですなー。年々暑くなってちょっと恐怖を感じますね。週末、近くで祭りがあったので昼間から行ってきたんですが、常に汗が出て、自分はまだしも周りのご高齢の方や子供達が心配になりました。自分自身も守りつつ、周囲にも気を配れる余裕を持っていたいなと思いました。理想に近づこうとする現実、ってやつですけど…。 さて、今回のカップ麺は、寿がきや食品 寿がきや食品の「全国麺めぐり ...

記事を読む

No Image

2015-07-27 カップ麺発売予定・定例報告
◎今週発売のカップ麺新商品 ・7月27日(月)発売 日清食品 「日清のとんがらし麺ビッグ 激辛だしカレー」 205円(税別) 全国 新発売 日清食品 「日清焼そばU.F.O. 辛口シーフードビッグ」 205円(税別) 全国 新発売 日清食品 「まねきのえきそば 天ぷら」 180円(税別) 近畿地区 新発売 日清食品 「まねきのえきそば カレー」 180円(税別) 近畿地区 新発売 東洋水産 「マルちゃん 縦型ビッグ 濃厚ごま担々うどん...

記事を読む

2015-07-26 カップ麺
どうもオサーンです。毎週日曜日は不定期更新で、新商品ではない取りこぼしているものを食べる予定ですが、今回は新商品で食べたいものがまだあったので、それを更新します。 今回のカップ麺は、エースコックの「ぱくぱくパクチー トムヤムクン風ヌードル」。これはまたパクチー押しという、ちょっと日本人の味覚からしたら常識外?の商品が出てきましたね。これは驚きました。エースコックさんナイスです!パクチーとカレーが...

記事を読む

2015-07-25 カップ麺
どうもオサーンです。シュタインズ・ゲートの正統続編が11月に出るんですね。内容的には外伝なのかな。個人的には満足な結末だったので、他の結末は知りたいような知りたくないような。耳塞いであーあー言ってやり過ごしたいけど、やっちゃうんだろうなぁきっと。 今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 香るしじみだし醤油」。「日清麺職人」シリーズの新作です。今週は昨日食べた「満貝」も貝ダシの商品、示し合わせてい...

記事を読む

2015-07-24 カップ麺
どうもオサーンです。 対面からまだ10代だろうカップルがおしゃべりしながら歩いてきました。 二人とも少し恥ずかしそうに俯き、たまにチラチラお互いの顔を見ながら、 そしてカップルにしては微妙な距離をとって。 なんか初々しくて良いですなぁ。甘酸っぱいですなぁ。 でもここは人であふれる週末の地下街。 カップルのくせに二人の間を通れるくらい左右に展開されても、 対面を歩く私には進路が塞がれていい迷惑なの...

記事を読む

2015-07-23 カップ麺
どうもオサーンです。500系新幹線とエヴァンゲリオンがタッグを組んで、今秋から500系新幹線がエヴァ初号機のデザインで走るそうですね。私はエヴァ全部見てこそいるもののそれほどハマったわけでもないですが、500系新幹線はホント大好きなので楽しみ。ハンサム氏なんて500系もエヴァも両方好きなので相当興奮しているのではないでしょうかw 今回のカップ麺は、エースコックの「EDGE 鬼辛アブラそば」。「『驚き』と『やりす...

記事を読む

2015-07-22 カップ麺
どうもー、ハンサムです。今回のカップ麺は、東洋水産 東洋水産の「マルちゃん 沖縄ちゅら塩ラーメン」です。琉球麺侍(沖縄にご当地ラーメンを根付かせたいとの思いにより、2010年に発足した沖縄の有名店によるコラボチームです。現在では10店舗以上が加盟しており、全国のイベントに多数出店し人気を博しています)監修のカップ麺との事。ちゅら塩ラーメンで検索すると、なんとも美味しそうな写真が…楽しみです。 スープは...

記事を読む

エースコック 「ご当地最前線 東京中華そば」



どうもオサーンです。ジャイアンツの新外国人カステヤーノス選手がいきなりスタメンですか。私は外国人打者の未知の魅力とか日本人選手にはない反則的なパワーとか大好きなので、これは試合きちんと見なきゃいけませんな。三振は多いけど足は速い選手なので、何とか日本の野球に順応してくれると期待しています。アメリカでのバッティングをちょっと見た感じ、結構打ちそうな気がするんですけどねぇ。果たしてどうでしょうか。

今回のカップ麺は、エースコックの「ご当地最前線 東京中華そば」。セブンやファミマの中華そばカップ麺おいしいので、これも期待大です。ただこの「ご当地最前線」シリーズは、基本的に定番の味ではなく新しい味を追い求めているので、新しい東京中華そばの味への期待と、定番の味ではない不安もちょっとあります。





スープは、「丸鶏と香味野菜の旨みをしっかり利かせた、醤油ラーメンスープで」、「コクと旨みのある醤油スープに、鶏油の濃厚な風味が加わり、最後まで飽きのこない味に仕上げ」たとのこと。鶏油の浮いたしょうゆ味のスープで、味はあっさりめ。しょうゆのコクも売りであるはずの鶏油もちょっと物足りない印象です。東京の進化系ラーメンとのことですが、もうちょっとなんかあったんじゃないですかねっていうのが率直なところです。多分に私オサーンの舌がバカだってのもあるんだと思いますが、それほど特徴的な味は感じられませんでした。

は、「適度な弾力と滑らかさのある角刃のめんで」、「めんにも味付けし、スープとの相性も良く仕上げ」たとのこと。縮れの強い白っぽい中細の油揚げ麺。東京中華そばときけば思い浮かべる黄色い小麦感の強い麺ではなく、歯切れのよい麺です。油揚げ麺臭は控えめに抑えられていてスープの味の邪魔はしていませんが、ちょっとボソボソしていて麺らしい食感の乏しいものでした。こういう麺を狙ったのかもしれませんが、正直そんなおいしいいとは思いませんでした。

は、「程良く香辛料を利かせた鶏肉そぼろと、独自の調味配合を行った焼豚、彩りの良いねぎに食感の良いメンマを加えて仕上げ」たとのこと。スープや麺はイマイチでしたが、具はなかなか良かったです。鶏肉そぼろはスパイスが効いていてインパクトのないスープの中で映えていました。またメンマはしょうゆスープとよくあっていたし、ネギは量があって賑やかでした。

オススメ度(標準は3です)
★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2)
東京中華そばということで楽しみに食べましたが、進化系東京中華そばとして売るにはスープも麺もインパクトが弱く、ちょっと残念な商品でした。具は良かったんですけどね。お店のラーメンならば素材の良さを売りにすることが可能ですが、カップ麺ではそういうわけにはいかないので、やはり一点突破というか、今回なら鶏油をもっと前に出す感じにするほうが良かったのではないかと感じました。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清のとんがらし麺ビッグ 激辛だしカレー」



どうもオサーンです。ハンサム氏が海に遊びに行くそうです。昔風ハンサム顔でどれだけ海が楽しめるのかは知りませんが、少なくとも私よりはリア充ですな。海なんか、海水浴ということならばもう小学生の時以来行ってない気が。そのうちハンサム氏が海の報告でもすると思うので、気長に待っていてください。

今回のカップ麺は、日清食品の「日清のとんがらし麺ビッグ 激辛だしカレー」。最近元気な「とんがらし麺」シリーズの新作です。今回はカレー!とんがらし麺のカレーって久しぶり?じゃないですかね。私は食べた記憶がないです。楽しみですねぇ。





スープは、「激辛の中にもだしのうまみをしっかりと利かせた、濃厚でとろみのあるカレースープ」で、「唐辛子の辛さが特徴の『超絶激辛オイル』」が別添とのこと。カレーのカップ麺としてはかなり辛いです。カレー系では今まで食べた中で一番辛いかな。いい辛さです。そして、味が甘いわけではないのですが甘い香りがあって、たぶん唐辛子由来の香りなんだと思います。これはちょっと独特ですね。とろみが結構強く、しっかりカレーなんですが、「だしカレー」としてのダシの風味はちょっと弱いかな。弱いというか辛さとスパイスが強いんですけどね。

は、「辛さとうまさを併せ持つ唐辛子練り込み麺」で、「赤い色と唐辛子の風味が食欲をそそ」るとのこと。カップヌードルの麺に比べるとひと周り厚みがある油揚げ麺。そして赤い麺こそとんがらし麺ですね。味の方は相変わらずこのスープの中に入っちゃうとよくわからないですが、適度な縮れがスープをよく拾い、辛さを増幅させている効果があります。スープとのバランスも良かったです。

は、「肉ミンチ、たまご、ニラ、レッドベル」とのこと。見た目的にはニラがかなり目立っていました。ニラの味自体はそんなに強くはないですが、カレーにニラって面白いですね。肉ミンチやたまごはそれほど目立ってなかったですかね。肉ミンチは数はそれなりに入っていたと思いますが、塊がちょっと小さめでした。全体として具の不足感はなかったです。価格相応じゃないでしょうか。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
カレー系としては出色の辛さはもちろんですが、唐辛子の甘い香りがとても特徴的な商品だと感じました。味は甘くないし、辛さは辛いものが苦手な人は絶対食べてはいけないレベルですが、この商品を思い出す時に私はおそらくこの唐辛子の甘い香りが頭に浮かぶと思います。それにしても一時はほとんど新商品が出なくなったとんがらし麺シリーズですが、最近は元気でいいですね。激辛ファンを楽しませる商品をこれからも出してもらいたいものです。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋水産 「マルちゃん 縦型ビッグ 濃厚ごま担々うどん」

20150729_1.jpg

どうもー、ハンサムです。最近、手洗いの蛇口ってセンサーがついて自動で水が出るものがほとんどですよね。センサーの感度がやたらといい場合、石鹸で手をゴシゴシしてる最中でも反応して水が出てきて。「あ、フライング?ごめんごめん」みたいに出ては止まりを繰り返されると、「わかった、こっちこそ遅くてゴメン」と思って早々にゴシゴシを切り上げて洗い流したりします。逆に反応が鈍い場合、「出し惜しみすんなやー」とツッコミ入れたりする。あー、あるあるー!って人いるかなー?

さて、今回のカップ麺は、東洋水産 東洋水産マルちゃん 縦型ビッグ 濃厚ごま担々うどん」です。担々スープとうどんも合いますからねー、楽しみです。

20150729_2.jpg

20150729_3.jpg



スープは、「ポークとチキンをベースに、すりごまの旨味と花椒などの香味料を利かせた担々スープ。粗挽唐辛子入り。 」だそうです。ちょっと写真だとわからないですが、切りごまがたくさん入っていて、ごまの香りがいいです。そして最初はさほど感じなかったんですが食べ進めていくにつれ花椒の香りと痺れがじわじわと。自分は痺れ系があまり得意ではないんですが、今回のは全く苦にならず、ピリ辛との相乗効果で痺れが爽やかな感じで美味しかったです。油揚げ麺の風味や油が出ちゃってますが、ジャンクな感じが意外にもスープに合っていて、なかなか美味しかったです。

は、「 なめらかでコシのある太めのうどん」だそうです。よくある太くて平たい油揚げ麺ですね。食べるとふかっとして柔らかい食感で、噛むとほんのり甘みを感じます。油揚げ麺の風味はかなり強く、スープにも影響が出るほどです。麺が甘く感じるのがちょっと気になりましたが、好みの問題なのかも。

は、「味付挽肉、いりごま、にら」だそうです。ごまがかなりたくさん入っていて好印象。練りごまではないのでそういう濃厚さはないんですが、ごまの風味がしっかりありました。あと、挽肉も細かいながらも拾って食べたら美味しかった。にらは飾りかなw

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
油揚げ麺の風味がだいぶ強く出ちゃってますが、ごまの風味と花椒の風味、ピリ辛と痺れのアクセントでなかなか美味しい一杯でした。ジャンクな雰囲気がありつつ、基本がブレてない感じで良かったです。ご飯との相性は最高でした。麺よりご飯の方が合う。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寿がきや食品 「全国麺めぐり 徳島ラーメン」

20150728_1.jpg

どうもー、ハンサムです。いやいや猛暑ですなー。年々暑くなってちょっと恐怖を感じますね。週末、近くで祭りがあったので昼間から行ってきたんですが、常に汗が出て、自分はまだしも周りのご高齢の方や子供達が心配になりました。自分自身も守りつつ、周囲にも気を配れる余裕を持っていたいなと思いました。理想に近づこうとする現実、ってやつですけど…。

さて、今回のカップ麺は、寿がきや食品 寿がきや食品の「全国麺めぐり 徳島ラーメン」です。コレは先週発売のカップ麺なんですが、今週発売の数が少なかったのでオサーン氏の指示のもと記事にする事になりました。

20150728_2.jpg

20150728_3.jpg

スープは、「醤油の旨みと豚の甘さがくせになる味わいの濃厚豚骨醤油味スープ」だそうです。液体スープを混ぜたら醤油の風味がふわっと香ってテンション上がりましたが、食べてみると豚骨も醤油もなんだか控えめで、全体的に甘め…スープの表面に脂の層が多めにできて、それがスープの味をさらにぼやけさせているような印象でした。脂を避けてスープを味わえば、甘みがありつつも醤油と豚骨の優しいスープかなと思えますが、それではこのカップ麺のスープとしての評価にはならないし…。好みの問題なのかもしれませんが、バランスがちょっとどうなのと思ってしまいました。

は、「しっかりとしたコシと粘りのある、口当たりなめらかなノンフライ中太めん」だそうです。太めで平たくて縮れてるノンフライ麺です。もちもちした食感で食べ応えがあります。縮れているのでスープ拾いはいいんですが、スープのところでも書いたように表面の脂の層を麺がくぐる事で脂っぽさ全開の麺に…。ちょっと太めのもちもち麺なので、甘め(味的にも濃度的にも)のスープには荷が重いなーと思いました。

は、「豚肉、モヤシ、ネギ」だそうです。豚肉はちょっとふかふかしてますが肉っぽくて良かったかな。大きいし。もやしは少量だったと思われます…よくわかんなかった。具は肉以外はちょっと貧弱でした。

オススメ度(標準は3です)
★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2)
スープは、豚骨も醤油もそんなに強くなく甘みのあるスープですが、表面の脂の層がなかなか破壊力があり、もともと脂が多めのスープが苦手な自分にはちょっとイマイチでした。唇が脂でぬるぬるするほどだと、ぼやけると思うんですよね…。麺は縮れててもちもちした食感ですが、スープ拾いは良くても脂もがっつり纏ってしまうので、なんだか微妙な感じでした。脂がもっと控えめなら麺とスープの相性もそこまで悪くなさそうなのに、ちょっと残念に思えました。いや、これ好みがあるんだろうと思いますけどね。自分にはちょっとイマイチで…税込み245円ではちょっと。★2かな…。ご飯との相性も脂が気になってイマイチでした。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月第4週発売のカップ麺新商品

◎今週発売のカップ麺新商品

・7月27日(月)発売
日清食品 「日清のとんがらし麺ビッグ 激辛だしカレー」 205円(税別) 全国 新発売
日清食品 「日清焼そばU.F.O. 辛口シーフードビッグ」 205円(税別) 全国 新発売
日清食品 「まねきのえきそば 天ぷら」 180円(税別) 近畿地区 新発売
日清食品 「まねきのえきそば カレー」 180円(税別) 近畿地区 新発売
東洋水産 「マルちゃん 縦型ビッグ 濃厚ごま担々うどん」 205円(税別) 全国 新発売
エースコック 「ご当地最前線 東京中華そば」 205円(税別) 全国 新発売
ファミリーマート 「味わい堂 汁なしちゃんぽん大盛」 205円(税別) 全国 新発売

最近は新商品多くてウハウハだったんですが、今週はしょんぼりな展開。とんがらし麺激辛だしカレーは楽しみですねぇ。新商品じゃないものも視野に入れながら更新していきたいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エースコック 「ぱくぱくパクチー トムヤムクン風ヌードル」



どうもオサーンです。毎週日曜日は不定期更新で、新商品ではない取りこぼしているものを食べる予定ですが、今回は新商品で食べたいものがまだあったので、それを更新します。

今回のカップ麺は、エースコックの「ぱくぱくパクチー トムヤムクン風ヌードル」。これはまたパクチー押しという、ちょっと日本人の味覚からしたら常識外?の商品が出てきましたね。これは驚きました。エースコックさんナイスです!パクチーとカレーが出ているようですが、トムヤム好きの私オサーンとしては、トムヤムの方を食べてみたいと思います。いやカレーも大好きなんですけどねw





スープは、「魚醤の旨みにレモングラスの風味と香辛料が利いた、酸味と辛さがクセになるトムヤムクン風スープ」で、「別添のパクチーを入れると、エスニック料理の本格感がグッと高ま」るとのこと。これは・・・とにかくすごいパクチー!強烈な、これでもかっ!とばかりのパクチーです。私はトムヤムラーメンが好きなので、国内やタイのインスタントトムヤムラーメンをたくさん食べてきましたが、パクチーの強さだけなら今回の商品が一番強いと思います。辛みはピリ辛以上ですがトムヤムクンと考えるとそれほど強くはなく、酸味はやや強めです。本格的なトムヤムラーメンに比べると濃厚さにおいてやや劣るように思いますが、パクチーを前に出す効果があり、これは全体としてかなりの本格派と言って良いと思います。素晴らしい!普通のトムヤムラーメンだとパクチーは辛さや酸味の後ろに隠れるので苦手でも何とかなりますが、この商品はパクチーが間違いなく一番前に出ているため、苦手ならば食べない方が良いと思います。商品名からして苦手な人は手を出さないでしょうけどね。

は、「適度な味付けをした滑らかで歯切れの良いめん」とのこと。硬い食感で中細の油揚げ麺です。そんなに特徴のある麺ではないようですが、トムヤムスープの中でうまく調和しているように感じられました。タイのトムヤムラーメンはタピオカが入っていて独特の食感があるものが多いですが、この麺も悪くないです。

は、「ぷりっとした食感のえび、ねぎ、唐辛子」とのこと。エビは4~5個くらい。よくカップ麺に入っている普通のエビですが、エビの風味はさすがトムヤムクンだけあってスープと相性良かったです。全体としては、パクチーの入ったふりかけも具と捉えるならばそれなりの量になります。ネギや少なめ、唐辛子はスープの辛さを補うのに効果的でした。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★★☆☆☆(7)
パクチーが苦手な人が多いと聞きますが、そんな中で大量のパクチーを入れるという商品を出してきたメーカーの勇気を先ずは讃えたいですね。これでもかとするパクチーの風味は、タイの製品でも私はここまでは食べたことがありません。本当にすごいことだと思いました。トムヤムラーメンも酸味押しだったり辛味押しだったりと色々ありますが、パクチー押しもまた本格感を出すために大いにありだとわかる商品でした。とてもおいしかったです。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清麺職人 香るしじみだし醤油」



どうもオサーンです。シュタインズ・ゲートの正統続編が11月に出るんですね。内容的には外伝なのかな。個人的には満足な結末だったので、他の結末は知りたいような知りたくないような。耳塞いであーあー言ってやり過ごしたいけど、やっちゃうんだろうなぁきっと。

今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 香るしじみだし醤油」。「日清麺職人」シリーズの新作です。今週は昨日食べた「満貝」も貝ダシの商品、示し合わせているのかどっちかが乗っかっているのかよくわかりませんが、同じような味の商品が同じ週に出ることが結構ありますよね。多少味の比較をしながら食べてみたいと思います。





スープは、「しじみだしを利かせた醤油味のスープ」で、「あっさりとした中にもしじみだしのうまみをしっかりと感じられ」、「しじみ70個分のオルニチン配合」とのこと。鶏ダシの甘さがあるしょうゆ味のスープで、後味でしじみの味が感じられます。あっさり系ですが、しょうゆ味に広がりがあります。しじみは後味として風味とほろ苦さが感じられ、強くはないものの確かです。しじみの味自体は昨日食べた「満貝」に比べるとだいぶ弱いですが、鶏ダシやしょうゆ味と調和がとれており、バランスはこちらのほうが良いと思います。麺職人らしい、あっさりだけどしっかりしているスープでした。

は、「"まるで、生めん。" のような食感の3層ノンフライ麺」で、「淡麗系醤油スープにマッチするしなやかな中細ストレート麺」とのこと。小麦を感じられるノンフライ麺で、食感や味はまさに生麺感覚ですね。いつも思いますが麺職人の麺は180円という定価からは信じられないクオリティだと思います。ただ今回、スープが繊細であっさりしているため、そのスープの中に入ると今回の麺はちょっと主張が強いかなと感じられました。やや麺が勝ってしまっている印象です。

は、「メンマ、ナルト、ネギ、ワカメ」とのこと。具はちょっと貧弱です。肉系の具はなく、メンマはキクラゲ、ネギはちょっと量が少ないです。コストがだいぶスープに取られちゃったんですかね?麺職人はだいたい具は貧弱なので、今回もそれを踏襲しちゃっています。特にこれという具もなかったように思います。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
スープの鶏ダシ、しょうゆ、しじみのバランスがとても良く、口に入れてすぐはしょうゆ、順に鶏の甘さが広がり、後味としてしじみのほろ苦さを感じられるスープでした。貝の味自体は昨日食べた「満貝」の方が強かったですが、スープとしての完成度はこちらが上のように思いました。反面、これは麺職人シリーズ全般に言えることですが、麺を売りにする商品のためか、やや麺がスープに勝ってしまっています。この麺はとてもおいしいのでそれでもあまり問題はないのですが、スープの味をもっと楽しむなら多少控えめの麺の方が良いのかなと感じました。全体としては、コスパの高い良い商品だと思います。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンヨー食品 「サッポロ一番 満貝 新感覚 醤油ラーメン」



どうもオサーンです。

対面からまだ10代だろうカップルがおしゃべりしながら歩いてきました。
二人とも少し恥ずかしそうに俯き、たまにチラチラお互いの顔を見ながら、
そしてカップルにしては微妙な距離をとって。
なんか初々しくて良いですなぁ。甘酸っぱいですなぁ。

でもここは人であふれる週末の地下街。
カップルのくせに二人の間を通れるくらい左右に展開されても、
対面を歩く私には進路が塞がれていい迷惑なのであります。
ほれ。恥ずかしがってないでくっついて歩けよ!
どうせそのうち周りを顧みずベタベタするようになっちゃうんだろっ!
今がそのチャンスだってば。
互いしか視界に入っていない二人のために道は避けてあげるから、
せめてくっついて横を通りやすくしといてくれたまへよ。

まったく。最近の若いもんはこれだから。
なんすかこれは僻みっすか。そうっすか。
あぁ。オレのソウルジェムが濁っていく・・・。

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 満貝 新感覚 醤油ラーメン」。またまたサンヨー食品さん、面白そうな商品を出してきましたね。今回は貝を前面に出してきた商品、ホント、一点突破の姿勢に頭が下がります。とても楽しみです。





スープは、「あさり、ほたて、しじみの貝だしのうまみが満ちた、濃厚で奥深い味わいの醤油味スープ」とのこと。しょうゆについては薄味です。口に入れてすぐほたての味がして、後味としてあさりやしじみの風味や苦味が広がります。この後味が結構強くて、なかなか思い切った貝の味になっています。この思い切りはカップ麺らしくてとても好感が持てます。反面、ちょっとしょうゆの味が弱いので、バランスの悪さを感じるスープでもありました。貝を引き立たせる意図があるんだと思いますが、もうちょっとしょうゆが強くても良かったかな。

は、「滑らかでのど越しがよい細麺で、しなやかさがありつつも、しっかりとした食感で食べ応えがあ」るとのこと。細めの油揚げ麺で、サンヨー食品のあっさり系スープの時によく使われているものと同じです。油揚げ麺としては匂いは弱めで、繊細な貝のスープの邪魔はしておらず、スープとの相性良かったです。

は、「ぷりぷり食感のえび風味ボール、コリコリとした食感のキクラゲに、ねぎ」とのこと。えび風味ボールは他のカップ麺でも使われることありますが、きちんと風味があっておいしいです。キクラゲとネギについてはそんな入っていないです。あくまでメインはえび風味ボールですね。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
思い切って貝味に振ったのはとても良かったです。後味のあさりやしじみの苦味なんかはなかなか経験できないレベルの味だと思います。一方で、しょうゆが弱すぎてちょっとバランスの悪さを感じる一杯でもありました。しょうゆを強くして貝味のレベルをキープしようとするとおそらく材料の貝をもっとたくさん入れなければならないため難しいのかもしれませんね。総じて満足いく一杯だと思います。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エースコック 「EDGE 鬼辛アブラそば」



どうもオサーンです。500系新幹線とエヴァンゲリオンがタッグを組んで、今秋から500系新幹線がエヴァ初号機のデザインで走るそうですね。私はエヴァ全部見てこそいるもののそれほどハマったわけでもないですが、500系新幹線はホント大好きなので楽しみ。ハンサム氏なんて500系もエヴァも両方好きなので相当興奮しているのではないでしょうかw

今回のカップ麺は、エースコックの「EDGE 鬼辛アブラそば」。「『驚き』と『やりすぎ』でEDGEを効かせたブランド」との「EDGE」シリーズの新作です。前作「タテロング EDGE 鬼辛とんこつラーメン」がおいしかったので今回も楽しみです。





スープは、「しょうゆに、ポークエキス、ガーリックなどを加えることで、チャーシューだれのようにほんのりと甘みのあるしょうゆだれに仕上げ」、「別添の激辛スパイスを加えることでガツンと辛みが利いた美味しさが楽しめ」るとのこと。しょうゆベースのたれに唐辛子と魚粉の入った激辛スパイスがのるという構成ですが、「鬼辛」というほど辛くはないというのが一番の印象でした。前作の鬼辛はかなり辛かったんですが、今回ももちろん辛いのが苦手な人が食べても大丈夫というような辛さではないものの、特別に辛いという感じはしなかったです。そして油そばとしてのしょうゆだれですが、激辛スパイスと良さを消しあってしまっている感じがして、単にしょうゆだれに唐辛子がのっているだけで、たれの豚脂やガーリック、スパイス中の魚粉が前に出てきていないように思いました。普通に辛いものを食べたいと思うなら悪い商品ではないと思いますが、これはEDGEであり鬼辛であり油そばだということを考えると、もうちょっと作りこみが必要なのんじゃないかと感じられました。

は、「しっかりとしたコシと弾力を併せもつ太めん」とのこと。太い油揚げ麺で硬め、弾力があります。油揚げ麺臭は盛大ですが、濃いたれと激辛スパイスの存在感が大きいため、太麺との相性はバッチリでした。これくらい太くないと麺の存在は消えてしまうんじゃないかと思います。

は、「程良く味付けしたメンマ、彩りの良いなると、唐辛子」とのこと。具は非常に少ないです。オマケ程度です。メンマの風味はたれとよくあっていますが、もっと量が欲しかったですね。ただこの商品の場合、唐辛子と魚粉のスパイスが具のようなものなので、そう考えると量としてはしょうがないのかなと思います。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
今回のEDGEも唐辛子と魚粉のスパイスが入っていましたが、しょうゆだれとこのスパイスを潰し合いをしている印象を受け、ちょっと残念な商品でした。前作のとんこつスープはそれができていたのでおいしかったしコンセプトをきちんと活かしていましたが、今回は油そば要素も激辛要素も魚粉要素も中途半端でした。ただ、おいしくないわけではないので、ネタとして食べてみるのは悪くない選択だと思います。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋水産 「マルちゃん 沖縄ちゅら塩ラーメン」

20150722_1.jpg

どうもー、ハンサムです。今回のカップ麺は、東洋水産 東洋水産の「マルちゃん 沖縄ちゅら塩ラーメン」です。琉球麺侍(沖縄にご当地ラーメンを根付かせたいとの思いにより、2010年に発足した沖縄の有名店によるコラボチームです。現在では10店舗以上が加盟しており、全国のイベントに多数出店し人気を博しています)監修のカップ麺との事。ちゅら塩ラーメンで検索すると、なんとも美味しそうな写真が…楽しみです。

20150722_2.jpg

20150722_3.jpg

スープは、「鰹・ポーク・チキンの旨味をベースに、鶏脂を合わせた塩味のスープ」だそうです。液体スープを入れた瞬間から、鰹のいい香りがします。飲んでみると、鰹の風味が一番に感じられ、そのあと鶏の風味が追ってくるような、最後に鶏油の甘みが残って、なんとも深みのあるスープです。全然ゴテゴテしてないし、塩味ですっきりしているんですが、風味がすごくしっかりして旨みもあってとても美味しかったです。鰹・ポーク・チキンとありますが、ポークは控えめに感じました。

は、「なめらかな口当たりとコシを合わせ持つ、太めのノンフライ麺」だそうです。平たくてちょっと縮れがある太めのノンフライ麺です。つるっとした表面でもちもちとして、しっかり食べ応えがありつつ、縮れているので美味しいスープもよく拾ってくれて、麺とスープの相性もいいし美味しい麺でした。透き通ったスープにちょっと透明がかった麺がキレイです。

は、「[先入れ]チャーシュー、たまご。 [後入れ]味付鶏挽肉、ねぎ」だそうです。沖縄ちゅら塩ラーメンでは、ウコンに漬けた黄色いゆで卵(うっちんたまご)がトッピングされるようで、かやくのたまごはその雰囲気が出てる感じがしました。チャーシューはちょっと大きめで美味しかった。鶏挽肉はわりときちんと鶏っぽい食感と風味があって良かったです。少ないけど。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★★☆☆☆(7)
久々に納得の★7です。一口の中で、前半は鰹の風味、後半が鶏の風味で、一口一口がとても美味しくて感動。しかも、鰹にしても鶏にしてもほんとにしっかり風味で、ちょっと変な表現かもしれないですが、太いんです。うん。そしてつるつるもちもちのノンフライ麺、これまたスープとの相性抜群。スープの風味に負けないし、ノンフライ麺なのでスープの邪魔をしないし、美味しかったです。もう一回食べたい。そして是非本物を食べてみたいと思いました。ご飯との相性も最高でした。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © カップ麺をひたすら食いまくるブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます