2015年05月の記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

月別アーカイブ:2015年05月

2015年05月の記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2015-05-31 カップ麺
どうもオサーンです。ひたすら食いまくる会神奈川支部長のハンサム氏は、ああ見えて(どう見えて?w)実は趣味が料理だったりします。それほど料理が得意だとは思えないですが、たまにすごいものを作ります。例えばチーズケーキ。ものすごくおいしいです。ものすごくおいしいのですが、食べてはいけないと警鐘を鳴らしてくる、それはもう濃くてカロリーがとんでもなく高そうな味です。あれ食べるとどんなチーズケーキを食べても物...

記事を読む

2015-05-30 カップ麺
どうもオサーンです。いよいよ今週末は競馬界の最大イベント、日本ダービーですが、最近の競馬界の用語はあまり年配の人に優しくないです。うちの父は競馬が好きなんですが、年末の「阪神ジュベナイルフィリーズ」とか「朝日杯フューチュリティステークス」なんて当然言えないし、今週の1番人気馬「ドゥラメンテ」も当然言えず、いつも「デラモンテ」と言っています、ケチャップじゃないんだから。まぁ、きちんと言えることにこだ...

記事を読む

2015-05-29 カップ麺
どうもオサーンです。最近写真を撮りによく行くんですが、自分の撮影スタイルでは、天気が良くて雲が少ないことが絶対条件なので、結構毎日の天気でヤキモキしています。休みの日に天気悪いとがっかりするし、仕事の日に天気が良いとそれもまたガッカリ。仕事の日だって天気が良いに越したことはないはずなんですけどねw 今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 いなば食品監修 トムヤムチキン味ヌードル」。またまた...

記事を読む

2015-05-28 カップ麺
どうもオサーンです。私オサーンは結構昔からオヤジギャグを連発することで世界的に有名ですが、最近ハンサム氏のギャグもヒドイ。モンハンやってて「ボグのボウグが欲しい」とか言われても、もうこんな(-_-)顔するしかないです。人に同じことやられて初めて気づくこのうんざりさ。気をつけなければなりませんね。 今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 縦型ビッグ 進化 塩らーめん」。「TRY認定 ラーメン大賞2014-15」...

記事を読む

2015-05-27 カップ麺
どうもー、ハンサムです。会社の人に聞いたんですが、今年の梅雨は空梅雨かもしれない、とか。梅雨は過ごしづらくて得意じゃないですが、雨の時期にしっかり雨が降ってくれないと、農作物や貯水に影響が出て大変になってしまうので、それなりにがっつり降ってほしいですねー…。 さて、今回のカップ麺は、明星食品 明星食品の「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 大辛」です。一平ちゃんも20周年かー。一平ちゃんと言えば松村...

記事を読む

ポッカサッポロフード&ビバレッジ 「素材屋すうぷ 食べるごまどっさりスープ」



どうもオサーンです。ひたすら食いまくる会神奈川支部長のハンサム氏は、ああ見えて(どう見えて?w)実は趣味が料理だったりします。それほど料理が得意だとは思えないですが、たまにすごいものを作ります。例えばチーズケーキ。ものすごくおいしいです。ものすごくおいしいのですが、食べてはいけないと警鐘を鳴らしてくる、それはもう濃くてカロリーがとんでもなく高そうな味です。あれ食べるとどんなチーズケーキを食べても物足りなくなってしまうところが罪です。そしてローストビーフ。肉の中の温度を測ってしっかり作ります。この前送ってもらっていただきましたが、涙が出てくるくらいおいしかった!あんなの私にはとても作れない・・・ハンサム氏の数少ないw尊敬できるところです。

今回は不定期日曜版ということで、カップ麺ではなくスープを食べてみたいと思います。食べるのは、ポッカサッポロフード&ビバレッジの「素材屋すうぷ 食べるごまどっさりスープ」。ローソンで一面ゴマのパッケージを見て衝動買いしてしまいました。ポッカサッポロは、2013年にポッカコーポレーションとサッポロ飲料が合併してできた会社で、スープのラインナップについては旧ポッカのラインナップを引き継いでいます。「じっくりコトコト」シリーズが知名度ありますね。スープ業界では相当の実力者です。カップ麺にも参入してくれるとうれしい会社ですよね。







オススメ度(標準は3です)
★★★★★★★☆☆☆(7)
この商品すごいです。まずは、「すごいゴマの量なんでしょ?わかってるよ」って思いながら食べたのですが、思ってたよりもさらにゴマが多かったです。あまり適切な表現ではないですが、食べてて気持ち悪くなるくらいのwゴマの量です。えぇ褒め言葉ですよ。カップ麺とかの良いところって、何か一つのことを徹底的に突き詰めることができることだと常々思っているんですが、今回のゴマはまさにそれで、上の4枚目のハシですくっているゴマの写真は、ホントスープにハシをくぐらせただけでこれだけ拾ってきてしまいました。気持ちよく徹底的です。カップ麺各社はこういう徹底的な姿勢は見習うべきところだと思います。
そしてもうひとつこの商品のすごいところ。これはもうスープが純粋にとてもおいしいところです。スッキリした鯛ダシのしょうゆ味で、鯛だけではなくカツオもしっかりと感じられます。そして、梅肉の味がほんのりと、ホント小憎らしいくらいほんのりと効いていて、これがうまい。麺入れて食べたいと心から思いました。このスープに麺を入れて売られたら、私は伝家の宝刀(大袈裟)の★9を付けかねないですw ってくらい満足な商品でした。オススメです!

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンヨー食品 「サッポロ一番 いなば食品監修 タイカレー マッサマン味ヌードル」



どうもオサーンです。いよいよ今週末は競馬界の最大イベント、日本ダービーですが、最近の競馬界の用語はあまり年配の人に優しくないです。うちの父は競馬が好きなんですが、年末の「阪神ジュベナイルフィリーズ」とか「朝日杯フューチュリティステークス」なんて当然言えないし、今週の1番人気馬「ドゥラメンテ」も当然言えず、いつも「デラモンテ」と言っています、ケチャップじゃないんだから。まぁ、きちんと言えることにこだわりもなさそうなんですけどね。

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 いなば食品監修 タイカレー マッサマン味ヌードル」。前回のトムヤムチキンに引き続き、いなば食品監修シリーズの商品です。今回はマッサマンの缶詰の再現品ですが、今回のマッサマンについては私は缶詰を食べたことがないので、きちんと再現できているかは判別できません。売ってるの見たことがないんですよね。





スープは、「ココナッツミルクの甘みとチキンのうまみを合わせ、スターアニスやシナモンの他に、カフィルライムやレモングラスをきかせた、甘さの中にスパイスの独特な風味が広がるマッサマン風カレースープ」とのこと。マッサマンの商品としては甘さは控えめで、鶏の味とスパイス感はそれなりにあります。辛さはかなり控えめ。私はいなばの缶詰としてはこのマッサマンを食べたことがないですが、マッサマン商品は全体的に甘すぎだと感じていたので、これくらいの甘さは歓迎でした。ただ前回食べたトムヤムチキンと同様、ちょっとインパクト不足ですかね。タイカレーが好きな人にとっては物足りないような気がします。

は、「しなやかで喉越しの良いめんは、表面に味を付けてスープとの一体感をだし」たとのこと。太さ的には同社のカップスターシリーズと同じような油揚げ麺だと思います。カップヌードルの麺より一回り太いです。結構万能な麺なので、このスープともきちんとマッチしていました。

は、「ポテト、鶏肉そぼろ、ネギ」とのこと。ポテトがかなりたくさん入っていて、しかもおいしいです。カップヌードルシリーズのポテトはホントおいしいですが、サンヨー食品のポテトも負けていないですね。てか、よく似ている。ポテトのインパクトが強いので、具はトムヤムチキンよりだいぶ充実している印象を受けました。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
インパクト不足で物足りなさはありますが、無難なカレースープに仕上げてきた商品だと思います。マッサマンにしては甘すぎないところは好印象。具のポテトが大量でしかもおいしいところが一番のセールスポイントでしょうかね。もうちょっと本格感があると良かったです。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンヨー食品 「サッポロ一番 いなば食品監修 トムヤムチキン味ヌードル」



どうもオサーンです。最近写真を撮りによく行くんですが、自分の撮影スタイルでは、天気が良くて雲が少ないことが絶対条件なので、結構毎日の天気でヤキモキしています。休みの日に天気悪いとがっかりするし、仕事の日に天気が良いとそれもまたガッカリ。仕事の日だって天気が良いに越したことはないはずなんですけどねw

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 いなば食品監修 トムヤムチキン味ヌードル」。またまたやってきましたね、いなば食品監修シリーズ。前にもイエローカレーとグリーンカレーのカップ麺が出ていて、このブログではイエローカレーを紹介しました。結構いなばの缶詰の味が出ていて再現性が高くおいしかったので、今回も期待大です。





スープは、「チキンエキスをベースに、ココナッツミルクのコクを合わせ、レモングラスやカフィルライム、コリアンダーをきかせたスパイシーで酸味のあるトムヤム風スープ」とのこと。いなばのトムヤムチキンは結構本格的で良い味なんですが・・・今回のスープは弱いです。酸味も辛さも弱く、香草の香りだけが良い感じでした。スーパーで売られることをを想定すると、子供から食べられる味にする必要があるのかもしれませんが、缶詰の味を想像して食べるとインパクトのなさにビックリしてしまいます。これは期待が大きかっただけにかなりガッカリな味でした。

は、「スープとの一体感を出すため味付けしためんは、しなやかで喉越しよく仕上げ」たとのこと。カップスターの麺に近い麺だと思います。カップヌードルに比べると歯ごたえがある油揚げ麺で、それでいて強く主張しすぎることもなく、絶妙な麺だと思います。スープは弱かったですが、スープと麺の相性は悪くないと感じました。

は、「鶏肉、赤ピーマン、ネギの組合せ」とのこと。鶏肉は硬い食感でジューシーさはないですが、鶏肉の食感があって量もそれなりに入っていて、安っぽさもまた良しと思える肉でした。これはイエローの時と同じ鶏肉ですね。赤ピーマンとネギはそれほど存在感なかったですが、トムヤム「チキン」であることに間違いなかったです。

オススメ度(標準は3です)
★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2)
最近はカップ麺でも本格的なトムヤムクン味の商品が出ているからか、今回の商品はかなり物足りなく感じました。むしろ今まで食べてきたトムヤムクン味のカップ麺がどれもそれなりに満足できてたので、あまりの押しの弱さに驚いてしまいました。もうちょっと酸味か辛味か何とかならなかったんでしょうかねぇ?

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋水産 「マルちゃん 縦型ビッグ 進化 塩らーめん」



どうもオサーンです。私オサーンは結構昔からオヤジギャグを連発することで世界的に有名ですが、最近ハンサム氏のギャグもヒドイ。モンハンやってて「ボグのボウグが欲しい」とか言われても、もうこんな(-_-)顔するしかないです。人に同じことやられて初めて気づくこのうんざりさ。気をつけなければなりませんね。

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 縦型ビッグ 進化 塩らーめん」。「TRY認定 ラーメン大賞2014-15」の「名店部門 しお」で1位になったお店の再現ものです。町田にあるラーメン店で、ぐるなびではかなり高評価のお店のようなので楽しみです。





スープは、「チキンと魚介の旨味を利かせた塩味スープ」とのこと。オーソドックスなしお味スープです。鶏の味と微かに魚介の味も感じられますが、それが特徴と感じられるわけではなく、ホント普通においしいって感じです。おそらくお店では、素材の違いとか、全体的なバランスで特徴を出しているんだと思われますが、カップ麺となるとなにか違いを見出すのは難しいですね。無難な味に終始している印象です。

は、「なめらかで、硬さのある細めの丸麺」とのこと。東洋水産のタテ型というと本気盛ですが、今回の麺は本気盛の押し出しの強い太油揚げ麺ではなく、中細の油揚げ麺です。これだと麺がスープの邪魔をすることなくて良いですね。しお味のスープとも相性バッチリでした。ぜひ本気盛でもこの麺を多用してもらいたいです。

は、「味付豚肉、メンマ、ねぎ」とのこと。肉は細切れチャーシュー的なものではなく、豚バラっぽい肉です。これはきちんと肉の味がしておいしかったです。メンマもそれなりに入っていて、スープとの相性も良かったです。全体的にそれほど豊富な具という感じではなかったですが、ツボをしっかり押さえた具だと思います。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
お店ものの割には大きな特徴を見出せない商品でしたが、無難においしいしおラーメンでした。東洋水産のタテ型らしからぬ細めの麺で、スープとのバランスを崩していないのも好印象でした。お店再現ものらしくない商品でしたが、普通のしおラーメンと考えると悪くない商品でした。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明星食品 「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 大辛」

20150527_1.jpg

どうもー、ハンサムです。会社の人に聞いたんですが、今年の梅雨は空梅雨かもしれない、とか。梅雨は過ごしづらくて得意じゃないですが、雨の時期にしっかり雨が降ってくれないと、農作物や貯水に影響が出て大変になってしまうので、それなりにがっつり降ってほしいですねー…。

さて、今回のカップ麺は、明星食品 明星食品の「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 大辛」です。一平ちゃんも20周年かー。一平ちゃんと言えば松村邦洋さんのCMっていうイメージです。それって何年ぐらい前の話なんだろう…。20年前…かなり前のはずなのにほんの少し前みたいに思える。不思議ですねー。って、それはいいとしてw 今回の焼そばは大辛!しかも大盛り!楽しみです。

20150527_2.jpg

20150527_3.jpg

ソースは、「醤油ベースのたれにウスターソースを加え、シナモンで独特の香りを付けたソースに、唐辛子と唐辛子エキスで強烈な辛さに仕上げた大辛のソース」だそうです。普通の焼そばソースだと思って食べたので一口目から面食らいました。甘いです。甘ダレって書いてないんですけど、ソースにしては甘いんです。一平ちゃん久しく食べてないんだけど、こんなに甘かった?って首を傾げつつ。シナモンの香り、実は自分ちょっと苦手なんですが、全然気になりませんでした。ほっとしたw 辛さに関しては、ソースでだいぶ辛くなります。ふりかけかけなくても辛いです。むしろ、ふりかけかけても、あまり変わらない感じ。ハンサム的辛さレベルでは、ペヤング激辛より辛くない。「大辛」でちょうどいいのかなと思える辛さでした。

は、「ソースがよく絡む、しなやかで食べやすい油揚げ麺」だそうです。久々に焼そばの大盛り食べましたが、なかなか量入ってました。満足。油揚げ麺らしい食感で、ソースとの相性良かったと思います。

は、「色鮮やかなキャベツの具材」だそうです。ふりかけは「辛さの刺激をさらにアップする、チリパウダー、チリミンス、ネギ」だそうです。赤い粉がいかにも辛そう!と思ったけど、チリパウダーだったんですね。警戒した程辛くなくて一安心w 雰囲気はとても良かったです。キャベツはお馴染みの具ですね。ちょっと存在感薄かったけど美味しかったです。からしマヨはあまりこれといって感じなかったですかね…完全に麺に馴染んでしまった印象でした。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
自分は甘めソースの焼そばも好きですが、今回のはちょっとおや?と思うぐらい甘かったです。辛さが甘さを引き出してる…?いや、そんなやんわりな感じじゃなくしっかり甘ダレみたいな感じでした。これはこれで美味しいですが、もうちょっと甘さ控えめでもいいんじゃないかなーと思いました。パッケージに大辛と書いてありますが、しっかり辛くて良かったです。ご飯との相性は可もなく不可もなく普通な感じでした。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加