2013年12月の記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

月別アーカイブ:2013年12月

2013年12月の記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2013-12-31 カップ麺
どうもオサーンです。30日に無事今年の仕事を締め、あとは静かにモンハンをやりながら新年を待つだけになりましたが、どうにもこうにも部屋がすっちゃかめっちゃかで、とても新年を迎える体制ではありません。でも残念ながら、私は年が明けるまでモンハンをやり続ける予定なので、この部屋の状態は来年まで続くことになります。 今回のカップ麺は、日清食品の「日清のどん兵衛 年明けうどん」。このブログ2回目の登場です。そし...

記事を読む

No Image

2013-12-30 カップ麺発売予定・定例報告
◎今週発売のカップ麺 ・12月30日(月)発売 東洋水産 「マルちゃん また食べたくなるラーメン 醤油味」 200円(税別) 全国 新発売 ・1月1日(水)発売 東洋水産 「マルちゃん がんばれ!受験生 俺の塩で俺は勝つ 丸鶏だし塩焼そば」 170円(税別) 全国 新発売 東洋水産 「マルちゃん がんばれ!受験生 麺づくりで点づくり 丸鶏だし塩白湯スープ」 170円(税別) 全国 新発売 東洋水産 「マルちゃん がんばれ!受験生 桜色...

記事を読む

2013-12-28 カップ麺
どうもオサーンです。自分が小さい頃は、年の瀬といえばもう29日くらいから街がソワソワしだす感じがしましたが、最近は31日のギリギリになっても平常通りみたいな空気になってませんかね?私の環境のせいなのかわかりませんが、365日24時間営業の店が多くなってきている状況なので、きっと世間全体がそんな感じなんだと思います。私は基本的にお正月ムードの気だるい感じが好きではないので、以前はみんなが休んでる中一人で出社...

記事を読む

2013-12-27 カップ麺
どうもオサーンです。サッカー日本代表の誇る本田、香川、長友の各選手、名門ACミランの背番号10番で移籍、イマイチ新監督の信頼をつかめていない、ミラノダービーで初のキャプテンに抜擢など話題は事欠かないですが、そんな中私はドイツのマインツでプレーする岡崎選手の活躍が最近では一番印象的です。今の日本代表にフィットするかは別として、岡崎選手のマインツでのワントップは見てて楽しいですね。常に前線で裏からの抜け出...

記事を読む

2013-12-26 カップ麺
どうもオサーンです。ジャイアンツ大竹投手の人的補償でカープへ行くのは一岡投手になったようですね。正直言って、これだけ期待できる若手投手もなかなかいないというレベルの選手を放出とはちょっと意味わかりません。なぜプロテクトしなかったのか。2軍では群を抜く存在だったし、今年は1軍でも相当やれそうだと思っていたのでガックリきてしまいました。私なら仮に10人しかプロテクトできなくても守る必要のある選手なんですけ...

記事を読む

日清食品 「日清のどん兵衛 年明けうどん」 (2回目)



どうもオサーンです。30日に無事今年の仕事を締め、あとは静かにモンハンをやりながら新年を待つだけになりましたが、どうにもこうにも部屋がすっちゃかめっちゃかで、とても新年を迎える体制ではありません。でも残念ながら、私は年が明けるまでモンハンをやり続ける予定なので、この部屋の状態は来年まで続くことになります。

今回のカップ麺は、日清食品の「日清のどん兵衛 年明けうどん」。このブログ2回目の登場です。そして今年ラストの更新となります。





スープは、「昆布だし」とのこと。一昨年にもどん兵衛年明けうどんを食べていますが、その時と比べてより昆布が前に出ているかなと感じました。甘ささえ感じられます。さては鯛ダシか?と思うほどのダシの効き方でした。そして当時に比べて味がまろやかになり、よりダシだけで勝負してきているように感じられます。以前のバージョンのほうがしっかりしお味があって食べやすいのですが、今回のゆつも魅力的です。

は、「もっちり感とつるみのあるうどん」とのこと。いつものどん兵衛の油揚げ麺ですね。ほのかに香る油揚げ麺臭がまたスープに彩りを添えているように感じられおいしかったです。カップヌードルの麺をして私は常々万能な麺だと書いていますが、このどん兵衛のうどん麺も万能さでは負けてませんね。あっさりだろうとこってりだろうと何でもあわせてくる素晴らしい麺だと思います。

は、「紅白を演出する大粒の梅干、よろこんぶ (よろこぶ) のとろろ昆布、長寿を願う寿カマボコをトッピング」とのこと。このとろろ昆布はおいしいです。崩れ過ぎないのできちんと存在を感じながら食べることができます。年に1回の使用ではもったいない具だと思います。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★☆☆☆☆(6)
日清の年明けうどんに連日の高評価です。ごんぶとがかつお主体のつゆだったのに対しどん兵衛は昆布主体で、連続で食べてもしっかり楽しめます。なんか日清の宣伝してるみたいw



今年の更新はこれで終わりです。来年また早々に更新したいと思ってますので、特にお正月休みはありません。ただ最近は更新が遅れ気味で、その点ではご迷惑をお掛けすることが多いですが、来年はもうちょっとまじめに取り組めたらいいなと思っています。今年1年どうもありがとうございました。来年も引き続きご贔屓にしていただけたら幸いです。

最後に今年最後の挨拶を忘れて駆け込んできたハンサム氏から。

どうもー、ハンサムです。今年も読んでいただきありがとうございました。味覚は人それぞれでなかなか難しいところはあると思いますが楽しんでいただけてたら嬉しいです。来年もまったり携わっていけたらいいなーと思ってます。よろしくお願いしますです。みんなが平和な一年になりますように。よいお年をー(ぺこり)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月第5週のカップ麺発売予定

◎今週発売のカップ麺

・12月30日(月)発売
東洋水産 「マルちゃん また食べたくなるラーメン 醤油味」 200円(税別) 全国 新発売
・1月1日(水)発売
東洋水産 「マルちゃん がんばれ!受験生 俺の塩で俺は勝つ 丸鶏だし塩焼そば」 170円(税別) 全国 新発売
東洋水産 「マルちゃん がんばれ!受験生 麺づくりで点づくり 丸鶏だし塩白湯スープ」 170円(税別) 全国 新発売
東洋水産 「マルちゃん がんばれ!受験生 桜色の鶏だしうどん 丸鶏だし使用」 170円(税別) 全国 新発売

今週は東洋水産の独壇場です。1月1日発売は毎年恒例の東洋水産のプライドを感じ取れます。現実的には年内に店頭に並ぶんですけどね。この記事を含めて最近更新が遅れ気味ですが、明日も一応更新予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清のごんぶと 年明けうどん」



どうもオサーンです。自分が小さい頃は、年の瀬といえばもう29日くらいから街がソワソワしだす感じがしましたが、最近は31日のギリギリになっても平常通りみたいな空気になってませんかね?私の環境のせいなのかわかりませんが、365日24時間営業の店が多くなってきている状況なので、きっと世間全体がそんな感じなんだと思います。私は基本的にお正月ムードの気だるい感じが好きではないので、以前はみんなが休んでる中一人で出社して仕事したりしてましたが、今年は休みにモンハンができると鼻息が荒いです。

今回のカップ麺は、日清食品の「日清のごんぶと 年明けうどん」。「年明けうどん」とは、「さぬきうどん振興協議会」が商標登録している商業的イベントだそうで、香川県のうどん店などでは結構定着していている文化だそうです。「年越しそば」と違って登録商標であるところに風習文化としての限界を感じなくもないですが、年に1回くらいうどんが日の目を浴びる行事があってもいいですよね。





スープは、「カツオと昆布のうまみをしっかりと利かせた関西風のうどんつゆ」とのこと。オーソドックスなあっさりつゆだと思います。関西風の場合、濃い味に慣れた私からしたらかなり物足りなく感じるんですが、今回はかつお風味が1本しっかりと通ってるつゆなので食べやすくおいしかったです。お正月のおせち疲れした胃にほんわかする良い味だと思います。

は、「コシとつるみを兼ね備えた、のどごしの良い "生タイプ" のうどん」で、「湯切り調理でお召し上がりいただけるのはもちろん、麺をレンジ調理することで芯まで熱々になり、さらにもっちりとした食感が楽しめ」るとのこと。まず生タイプ麺といえば私の場合、強烈な防腐剤の匂いで嫌になってしまうんですが、この麺はそれが感じられませんでした。実際はいろいろ入ってるんでしょうけど、味としては感じないのは良かったです。食感が外側も内側も画一的なので茹でたてのうどんを食べている感じはしませんが、それでもチルドのうどんよりははるかにレベルが高いと思います。私は油揚げ麺のうどんが大好きで反面生タイプ麺の意義をそんな感じていないのですが、今回食べて生タイプもありだなと感じました。生タイプ麺が進化しているのか私の舌が年とって変化しているのか。

は、「鯛入りつみれ、寿かまぼこ、きざみあげ、花かまぼこ、たまご、ワケギ、ワカメ」とのこと。具はかなり賑やかで良い感じです。つみれはしっかりと鯛を感じられました。揚げもたくさん入っていました。生タイプ麺で且つ値段を考えるとお得感を感じられる具だと思います。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
190円の商品でこれだけのレベルの商品はそうそうないと思います。私は元来うどんがそれほど好きではないのでこの評価ですが、うどんが好きな方ならもっと評価は上がるのではないかと感じています。つゆ、麺、具すべてレベルが高いです。こんなおいしいうどんが食べられて、おせち疲れが癒せて、その上、食事の準備で楽ができるなんてことを考えると、「年明けうどん」の文化がもっと根付いてもいいなーと感じました。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブンプレミアム 「コクが決め手のカレー南蛮そば」



どうもオサーンです。サッカー日本代表の誇る本田、香川、長友の各選手、名門ACミランの背番号10番で移籍、イマイチ新監督の信頼をつかめていない、ミラノダービーで初のキャプテンに抜擢など話題は事欠かないですが、そんな中私はドイツのマインツでプレーする岡崎選手の活躍が最近では一番印象的です。今の日本代表にフィットするかは別として、岡崎選手のマインツでのワントップは見てて楽しいですね。常に前線で裏からの抜け出しを狙っていて、実際かなり抜け出してくる。完全にチーム内での信頼も掴んだ感じがします。こんな得点の匂いのする選手だったのかど驚かされます。いや、現役代表で最も得点している選手なんですけどね。

今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「コクが決め手のカレー南蛮そば」。製造が日清食品ということで、セブンプレミアムの商品が高レベルということも相まって期待大です。店頭で「新発売」と掲げられているのを確認して購入しましたが、セブンのサイトには紹介がなく、またその後に行ったセブンでも店頭から消えているという不可解な状況です(普通に売ってました)。たまたま行った店になかっただけで他のセブンにはあるのかもしれませんが、ひとまずサイトに紹介文がないので、スープ・麺・具の項目分けは割愛します。いや、よく手抜きはしますが、今回は別に手抜きしようってんじゃないですよ。



オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
コスパ的には十分元をとれるレベルにはありますが、「コクが決め手の」という割にはあまり深みは感じられず、カレーの香りがするそばって印象でした。かえしもカレーも弱くて、他製品のカレー南蛮の方がおいしいものがたくさんあると思います。その点では税込138円の価格妥当ってとこですかね。カレーの中にあってきちんとそばの香りがするところはさすがですが、セブンプレミアムの商品は秀逸なものが多いので、その中に入るとちょっと見劣りする感じがしました。麺は日清のストレート麺ですが、今回はつゆがあまり強くない印象を受けたので、縮れていた方がつゆを拾って良かったかも。具はささみの塊が1コと多めのネギ。ささみが結構おいしくて食感も良かったので、これもっと入ってて欲しかったです。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明星食品 「明星 ラーメン紀行 徳島中華そば」



どうもオサーンです。ジャイアンツ大竹投手の人的補償でカープへ行くのは一岡投手になったようですね。正直言って、これだけ期待できる若手投手もなかなかいないというレベルの選手を放出とはちょっと意味わかりません。なぜプロテクトしなかったのか。2軍では群を抜く存在だったし、今年は1軍でも相当やれそうだと思っていたのでガックリきてしまいました。私なら仮に10人しかプロテクトできなくても守る必要のある選手なんですけどね。決まったものは覆らないのだから、一岡投手の新天地での活躍に大いに期待しましょう!

今回のカップ麺は、明星食品の「明星 ラーメン紀行 徳島中華そば」。新シリーズの「ラーメン紀行」第1弾商品ですが、明星のHPを見ると、この商品に関して明星食品社長と徳島県知事による共同の記者会見が見ることができます。社長自らの登場に加えて県知事まで引っ張りだすなんて、この商品はかなり気合入ったものだということがわかります。





スープは、「甘辛く煮た豚肉の旨みをベースに豚骨を合わせ、醤油と香味野菜で味を調え、徳島中華そばの特徴を再現した、甘辛く濃厚な豚骨醤油スープ」で、「豚の旨みがたっぷり詰まった別添の調味油を合わせると、豚バラ肉を煮込んだような味わいと風味が加わり、コクのある後引く味わいがクセになる美味しさのスープに仕上げ」たとのこと。濃いしょうゆと豚の旨味が前面に出てくる強烈なスープです。特に豚脂の風味が強く、食べてすぐこれが徳島ラーメンの特徴なんだなーとわかる味になっています。こってり好き、豚好きならば大満足な味だと思います。

は、「厚なスープによく絡む、しなやかでつるみのある、徳島中華そばらしい、やや黄色みを帯びたノンフライ中細麺」とのこと。粉っぽさを感じる、まさに中華そばって感じの麺です。スープ乗りはそんな良くないですが、スープが強烈なので問題なく調和がとれています。190円のタテ型商品での麺の質では明星は他社をリードしている感じがありますね。

は、「チャーシューチップに、シャキシャキのもやし、彩りを添えるネギを取り合わせた、徳島中華そばをイメージさせるシンプルな具材」とのこと。徳島ラーメンの特徴的な具であるもやしはしっかりおさえていますが、全体的にそんなインパクトある具はなかったです。量も多くないですね。せめて細切れチャーシューがもうちょっとおいしかったら良かったのですが、スカスカした食感のチャーシューでした。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★☆☆☆☆(6)
鳴り物入りで登場した新シリーズ「ラーメン紀行」ですが、しっかり好スタートを切ったと見て良いと思います。徳島ラーメンらしさをしっかり出せているし、今後のご当地ラーメンにも期待が持てそうです。とても良い商品でした。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加