2013年03月の記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

月別アーカイブ:2013年03月

2013年03月の記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2013-03-30 カップ麺
どうもー、ハンサムです。HDDレコーダーに録ったものが全然見れなくて、空き容量がなくて録りたいものが録れない。ディスクに移すにもそこに割ける時間がない→うわぁぁぁ仕方ないのでちょい早送り機能でざっと見る→見た気がしない…→けど、見終わった事にして削除→気を取り直して録画→溜まる→見れない→早送り→見た気がsh…。えっ、カップ麺の写真? オレiPhoneで適当できるだけ綺麗にと思うぐらいでテクも加工技術もなくてスミマセ...

記事を読む

2013-03-29 カップ麺
どうもオサーンです。このブログの売りは、私オサーンとしては「写真」と「新商品」だと思っているのですが、先日、某ツイッターでこのブログについてこんなやり取りがされているのを発見しました。 A:なんちゃら社 「なんちゃらラーメン」(リツイート) B:結構美味しいんですけどそのブログの写真すげーマズそうに見えますね A:現実はこんなもんじゃない? B:かなり現実味溢れてていいですよね。 あれ・・・...

記事を読む

2013-03-28 カップ麺
どうもオサーンです。 今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードルごはん」。今ブログ2回目の登場です。今回のリニューアルで大幅に定価が下がりました。値段がネックな商品だったので、このリニューアルは大歓迎です。 外装の気密性を高め、内装の個包装をなくすことによってコストを下げ、定価を約50円減らしたこの商品ですが、単に安くなったに留まらず、実際に調理するのが格段に楽になりました。ホント、水を...

記事を読む

2013-03-27 カップ麺
どうもー、ハンサムです。今回のカップ麺は、明星食品の「明星 大崎裕史の美味しさ新発見! 大分佐伯醤油豚骨ラーメン」です。以前、大崎さんプロデュースのまぜそばを食べたんですが、それはそれはバカみたいに酷い味付けで、バカみたいに美味しくて、思わず笑っちゃう感じだったんですが、今回のもついつい期待してしまいますw スープは、「豚骨ベースに鶏の旨みを加え、黒胡椒・白胡椒で特長を付け、とろみのある大分佐伯...

記事を読む

2013-03-26 カップ麺
どうもオサーンです。私の住む札幌にも「てんや」が出店するそうで。東京に住んでいる時はどこにでもあったお店ですが、離れてみるとてんやの穴子をたまに食べたくなる。油物苦手なんで滅多に食べたくはならないんですが。でも今は穴子はメニューにないみたいです。残念。サブウェイ札幌出店の時に行列ができたのを見て驚きましたが、きっと今回もてんやの前に行列ができるんだろうなぁ。最近のロイヤルグループはカウボーイ家族と...

記事を読む

寿がきや食品 「コク辛党 麻辣麺」

005_20130330082859.jpg

どうもー、ハンサムです。HDDレコーダーに録ったものが全然見れなくて、空き容量がなくて録りたいものが録れない。ディスクに移すにもそこに割ける時間がない→うわぁぁぁ仕方ないのでちょい早送り機能でざっと見る→見た気がしない…→けど、見終わった事にして削除→気を取り直して録画→溜まる→見れない→早送り→見た気がsh…。えっ、カップ麺の写真? オレiPhoneで適当できるだけ綺麗にと思うぐらいでテクも加工技術もなくてスミマセン。てかマズそうに見えたのオレの写真なんじゃw だったら素直に頷けるんですが(苦笑)(ブログに対しての姿勢がなってないってお叱りを受けるだろうかw)

さて、今回のカップ麺は、寿がきや食品コク辛党 麻辣麺です。今週発売の予定していたカップ麺が見つけられなくて、ローソンで推されていたのでこちらにしました。発売日は2週間前です。

007_20130330082858.jpg

015_20130330082858.jpg

スープは、「ラー油の浮いた醤油味スープ。花椒と唐辛子を使用した別添スパイス」だそうです。こちら辛い&シビレ系のスープですが、けっこう遠慮なくシビれますw シビれるのでスープの味もちょっと変わった味に感じて面白いです。食べてる時にコクを感じるわけではないですが、飲み込んだあとに旨味を感じて、それが妙に癖になって後引く感じです。しばらく放置するとスパイスが沈むので、上澄みだけ飲むとスープの味が比較的わかりやすいかも。ちょっと甘めのスープでした。

は、「口当たりなめらかなノンフライ細めん」だそうです。縮れた細麺でもちっとした歯ごたえがあります。、スープもスパイスもよく絡むので麺を味わいながらでもシビレますw 縮れもいいですがストレート麺だったらまた違った雰囲気なんじゃないかなー。カップ麺らしさが薄れて本格っぽくなりそう。

は、「豆腐、ネギ、ゴマ」だそうです。豆腐は口当たりなめらかで美味しいです。でもちょっと小さいし量が少ないかな。後入れネギは赤いスープに緑が映えて見た目的に良かったと思います。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
自分はシビレ系があまり得意ではないんですが、なかなか美味しくいただく事ができました。といってもかなり痺れるのでスープの味はよくわからなくてうまく文章にできない感じですが…(苦笑) ビリビリしながらの醤油スープってこんななんだーみたいに楽しむ事ができました。後味に残る旨味が印象的でした。シビレ好きはきっと満足できる一杯だと思います。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマダイ 「凄麺 PREMIUM鶏塩らぁめん」 (2回目)



どうもオサーンです。このブログの売りは、私オサーンとしては「写真」と「新商品」だと思っているのですが、先日、某ツイッターでこのブログについてこんなやり取りがされているのを発見しました。

A:なんちゃら社 「なんちゃらラーメン」(リツイート)

B:結構美味しいんですけどそのブログの写真すげーマズそうに見えますね

A:現実はこんなもんじゃない?

B:かなり現実味溢れてていいですよね。

あれ・・・オレの写真の評価が・・・w。最近は、ブログにいただくコメントでも写真がマズそうというのもいただいていますし、これはもうちょっと頑張らなければなりませんね。

今回のカップ麺は、ヤマダイの「凄麺 PREMIUM鶏塩らぁめん」。このブログでヤマダイの商品を食べるのは、昨年の8月以来でなんと約半年ぶり!ホントはこの間にも食べたい商品がいっぱいあったんですが、何せ立ち寄るお店でほとんど見かけることがなく、こんな久しぶりになってしまいました。ヤマダイの中の人&ヤマダイファンの方々ごめんなさい!





スープは、「たまねぎと丸鶏を煮込んだチキンブイヨンが口の中で広がるコクと風味が特徴の塩ラーメンスープで」、「野菜(かぼちゃ)と果実(マンゴー)を使用したさっぱりとした自然な甘味で味に厚みを持たせ」、「実際に鶏ガラをローストした炙りガラエキスと炙リガラ風味オイルを併用することで、スープに調理感を与え、ラーメン店さながらの臨場感を演出するような味に仕上げ」たとのこと。「調理感」ってところがかなり強く出ているスープで、ローストされた風味のオイルが印象的なスープでした。基本あっさりめな味付けですが、オイルが重厚なのでそれなりにこってり好きも楽しめるものになっています。

は、「ツルツル、シコシコとした生麺に近い食感を再現した当社独自製法のノンフライ麺で」、「時間が経っても伸びにくいことが特徴」、「麺量に関して従来品比20%の増量(60g→72g)をしてい」るとのこと。ちょっとゴリゴリ気味な麺なので生麺に近い食感かは疑問ですが、小麦の風味がよく出ていて、この風味とスープの鶏やローストの風味との相性がバッチリでした。この取り合わせホント良かったです。

は、「鶏肉団子、輪切り白ネギ、青白髪ネギ、梅干」とのこと。以前ハンサム氏が食べた時に比べて鶏団子の個数は減っているように見えましたが、1コ1コが大ぶりで、鶏の味がよくわかる団子でおいしかったです。地味だけど優秀な具ですね。代わりに入った梅干については・・・正直それほど必要性を感じなかったですかね。これ入れるならその分おいしい鶏団子を多く入れて欲しかったかな。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
上品なしおラーメンを堪能できる一杯でした。派手さは全くないけれど、じわじわくる味だと思います。リニューアルポイントだった具の変化ですが、梅干よりも肉団子が多いほうが良かったです。麺が増えたのはだいぶ食べ応えが増していて良かったと思います。これからもずっと続いていく商品だと思うので、今後も楽しみな一杯です。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「カップヌードルごはん」 (2回目)



どうもオサーンです。

今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードルごはん」。今ブログ2回目の登場です。今回のリニューアルで大幅に定価が下がりました。値段がネックな商品だったので、このリニューアルは大歓迎です。





外装の気密性を高め、内装の個包装をなくすことによってコストを下げ、定価を約50円減らしたこの商品ですが、単に安くなったに留まらず、実際に調理するのが格段に楽になりました。ホント、水を入れてレンジにぶち込むだけなので、カップ麺を作るよりもかなり楽です。これは大きな利点ですね。リニューアル前に引き続き注意が必要なのは、調理後にごはんが水っぽいと思ったら迷わずもう1回レンジにぶち込むこと。これをすることで、ベチャベチャごはんから引き締まったアルデンテごはんに変わります。

味ですが、引き続きスパイシー感があってかなりおいしいです。ごはんなんか、正直、家で炊くごはんよりおいしいです。ホント素晴らしいと思います。リニューアル前に比べると多少スパイシー感が増した印象があるのと、具がちょっと減ったかなという印象、どちらも感覚的なものなので確信はないです。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★☆☆☆☆(6)
50円安くなり買いやすくなったこと、そして調理が格段に簡単になったことを踏まえ、★1コプラスしました。盤石な体制になったこの商品ですが、敢えて課題をあげるとすると、調理時間ですかね。例えばお昼の会社の給湯室で昼食の準備でごった返す中、レンジを約6分占拠するのはなかなか厳しいものがあります。半分とは言わないまでも、1分でも2分でもレンジの時間が減ればもっといいなぁと思います。まぁかなりワガママな要求ですけどねw

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明星食品 「明星 大崎裕史の美味しさ新発見! 大分佐伯醤油豚骨ラーメン」

027.jpg

どうもー、ハンサムです。今回のカップ麺は、明星食品の「明星 大崎裕史の美味しさ新発見! 大分佐伯醤油豚骨ラーメン」です。以前、大崎さんプロデュースのまぜそばを食べたんですが、それはそれはバカみたいに酷い味付けで、バカみたいに美味しくて、思わず笑っちゃう感じだったんですが、今回のもついつい期待してしまいますw

029_20130328003357.jpg

031_20130328003357.jpg

スープは、「豚骨ベースに鶏の旨みを加え、黒胡椒・白胡椒で特長を付け、とろみのある大分佐伯の醤油豚骨スープを再現」「醤油だれに脂 (ラード・鶏油)とにんにく風味を効かせた特製の液体スープ付き」だそうです。まずかなり強いにんにくの香りがして期待が高まりますw 醤油豚骨の香りもしっかりしていて、これはかなり濃いぃのでは!?と食べてみると、意外や意外、わりと軽くてあっさりだなーという印象です。鶏の影響なのかな? 食べる直前の香りとのギャップにちょっと驚きがありますが、それでも豚骨の風味もしっかりあるし、にんにくの風味も強いし、美味しいです。胡椒はちょっと控えめに感じました。本場がどの程度なのかわかりませんが、もうちょっと強く効いてても良かったかなーと思いました。

は、「表面がなめらかで、もっちりとした食感が特長の、九州では珍しいタイプのやや中太のノンフライ麺」だそうです。この麺、美味しいですw ほんともっちりしたいい歯ごたえがあって、麺の風味も良い感じだし、スープとよく合っていたと思います。この麺はいろんなスープに合いそうだなー。

は、「チャーシューチップ、ごま、ネギ、もやしを取り合わせ、大分佐伯ラーメンの定番具材を表現」だそうです。ネギの緑が鮮やかで存在感ありました。その他はあんまり印象に残ってない…ちょっと具は貧弱かなーという気もしますが、スープも麺も美味しいので及第点といったところでしょうか。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
どんなオキテ破りなカップ麺か!とか思ってましたが、よくよく考えたらご当地ラーメンなのでそんな奇抜なのはないですよねw 濃厚そうだけどそこまでじゃなく(?)きちんと旨味があり、麺も美味しい、本格志向のタテ型カップ麺という印象でした。カロリーがそんなに高くないところがまた良かったですねー。まぁご飯入れちゃうんですけどw ご飯との相性も最高でした。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エースコック 「ほうきぼし 毛利友紀乃監修 担々麺」



どうもオサーンです。私の住む札幌にも「てんや」が出店するそうで。東京に住んでいる時はどこにでもあったお店ですが、離れてみるとてんやの穴子をたまに食べたくなる。油物苦手なんで滅多に食べたくはならないんですが。でも今は穴子はメニューにないみたいです。残念。サブウェイ札幌出店の時に行列ができたのを見て驚きましたが、きっと今回もてんやの前に行列ができるんだろうなぁ。最近のロイヤルグループはカウボーイ家族とかローソンでよく見かけるロイヤルブランドのアイスとか、なんか勢いを感じますね。実際勢いがあるのかはわかりませんが。あーなんか眠い文章だw

今回のカップ麺は、エースコックの「ほうきぼし 毛利友紀乃監修 担々麺」。テレビや雑誌でお馴染みの「美人すぎる」店長が、高校卒業と同時に実家のある赤羽にお店を開き、みるみる人気店になったそうです。こういうのを聞くと、裏でどーせオッサンがお金儲けしてるんでしょとか、広告代理店の匂いがプンプンするとか、穿った目で見てしまう固定観念でガチガチな私オサーンですがw、いやはや正真正銘の人気店のようですね。最近、神田に新店もできて行きやすくなったようです。お店は汁なし担々麺が看板メニューのようですが、今回のカップ麺はスープありの担々麺です。





スープは、「鶏ガラや野菜ベースに甜麺醤を加え、更に様々な香辛料を加えた奥深い味わいの『ほうきぼし』を再現したスープ」とのこと。ピリ辛よりは強い辛みと、それほど強くはないけどしっかり感じるシビレの向こうに、まるでオアシスのように甜麺醤や野菜の甘味が感じられる、ちょっとクセになりそうな味です。今までにシビレ系担々麺は何個か食べてきましたが、今回のが一番おいしいと感じました。辛さやシビレの苦難を越して迎える甘さの魅力は、札幌のスープカレーの野菜の甘さに共通するもののように感じました。香辛料の香りも何となくカレーっぽかったです。

は、「適度な弾力と、滑らかさを併せ持つ角刃のノンフライめん」とのこと。存在感のある麺で、強いスープに対し負けておらずバランスは良かったのですが、いつものエースコック製品でよく見るノンフライ麺で、せめてお店と同じ丸刃の麺にしてもらいたかったです。

は、「肉そぼろ、もやし、チンゲン菜、にんにくに店主オリジナル要素のキャベツを加え、スープに甘みとコクを出し」たとのこと。特に強い存在感のある具はなかったですが、チンゲン菜おいしかったです。また、キャベツの甘さもスープの魅力を増させていました。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
いやー、店長の顔と姿を前面に押し出したパッケージを見た瞬間からイチャモンつける気満々で食べたんですが、残念なから?wなかなかおいしい一杯でした。シビレ系の担々麺が苦手な人でもギリ食べられるかな?というシビレの程度も、その向こうにある甘さも良かったです。お店の看板メニューの汁なし担々麺も食べてみたくなりました。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加