2012年02月の記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

月別アーカイブ:2012年02月

2012年02月の記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2012-02-29 カップ麺
どうもー、ハンサムです。今日の神奈川は雪でしたよ。天気予報をまったく見てなかったので、朝窓の外に雪がちらついているのを見てびっくり。そして外を見てかなり積もってるのを見て更にびっくりw いつもは車で出勤ですが、冬タイヤもチェーンも持ってないので遠回りですが電車で行きました。靴が濡れるのが嫌なので靴持参で長靴履いていったんですが、あれですね、最近の人は長靴履かないんですかね?w 自分以外に長靴の人を...

記事を読む

2012-02-28 カップ麺
どうもオサーンです。プロ野球の外国人選手(特にパワーヒッター)が好きなんですが、今年の我がジャイアンツの新外国人、ボウカー選手はなかなかの当たりっぽいですね。インコースを苦手とする外国人選手が多い中で、ボウカー選手はむしろインコースしか打てないってくらいインコースが得意っぽいですね。アウトコースをうまく見極められたりカットできたりできれば、相当な数字を残しそう。いやー楽しみです。 今回のカップ麺...

記事を読む

No Image

2012-02-27 カップ麺発売予定・定例報告
◎今週発売のカップ麺 ・2月27日(月)発売 日清食品 「日清 極旨重ね せたが屋×無鉄砲 豚骨ホタテ煮干し味」 237円(税別) 全国 新発売 日清食品 「200億食達成記念 カップヌードル」 170円(税別) 全国 新発売 日清食品 「200億食達成記念 カップヌードル カレー」 170円(税別) 全国 新発売 日清食品 「200億食記念 カップヌードル シーフード」 170円(税別) 全国 新発売 日清食品 「日清のどん兵衛 豚ねぎそば」170 ...

記事を読む

2012-02-24 カップ麺
どうもオサーンです。久々に自分でグリーンカレーを作ってみました。水を使わずにすべてココナッツミルクだけで作るのでまろやかでおいしいのですが、コストがかなり馬鹿にならないという欠点がwお店のメニューとして出すとしたらいくらになるんだろうと考えると、到底私には料理屋さんになるのは向いてないなと思わせられます。あと、グリーンカレーペーストじゃなく、自分でカレー粉の段階から作ってみたいとか持ったり。なんだ...

記事を読む

2012-02-23 カップ麺
どうもオサーンです。キリンチャレンジカップ見ました。槙野選手はとりあえず日本戻ってきて良かったなーとか、憲剛選手は中盤にあまりプレッシャーをかけてこないチーム相手だとホント輝くなーとか、いろいろ感想はあるんですが、いちばん驚いたのはアイスランド選手のスローイングでしたねwあれすげー。日本代表選手も一人くらいあれやってほしいです。距離は稼げるけど狙い通りの場所に投げられるんですかね? 今回のカップ...

記事を読む

東洋水産 「マルちゃん ハリガネ ネギとんこつ味」

IMG_2350.jpg

どうもー、ハンサムです。今日の神奈川は雪でしたよ。天気予報をまったく見てなかったので、朝窓の外に雪がちらついているのを見てびっくり。そして外を見てかなり積もってるのを見て更にびっくりw いつもは車で出勤ですが、冬タイヤもチェーンも持ってないので遠回りですが電車で行きました。靴が濡れるのが嫌なので靴持参で長靴履いていったんですが、あれですね、最近の人は長靴履かないんですかね?w 自分以外に長靴の人を見かけなくて、ちょっとカルチャーショックでしたw

IMG_2352.jpg

IMG_2361_20120301013508.jpg

スープは、「豚骨エキスをベースとした、甘めで濃厚な豚骨スープ。ラードベースの特製油を合わせ、コクのあるスープ」だそうです。いやいや、思ったよりとんこつ風味がしっかりしてて、特製油も手伝ってなのかなかなか食べ応えのあるスープでした。ほんの少しだけとろみがついているんですが、それがまた違和感なくいい感じでしたね。濃厚とまではいかなくても、若干クリーミーさも感じるスープはなかなか美味しかったです。

は、「「ハリガネ」をイメージさせる、硬 く歯ごたえのある極細の丸麺。1分戻し。」だそうです。麺がねぇ…ちょっと残念でしたかねぇ。自分の先入観かもしれませんが、とんこつスープにはちょっと粉っぽ感じのぶっきらぼうな麺?wがよく合うと思っているんですが、全然そういう感じじゃなかったです。本格的な感じではなくて、若干カップヌードル的な。これでいいのだ!と言われればまぁ別にいいんですが、もうちょっと麺が変わると更に良くなるんじゃないかなぁと思いました。

は、味付鶏挽肉、ごま、ねぎ。ごまを噛んだ時の風味がスープによく合っていていい感じでした。ねぎは見た目も色鮮やかで、必須の具って感じです。鶏挽肉もちょいちょい箸休めになりました。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
ほんのちょっとクリーミーさも感じるスープはなかなか濃厚でとんこつの風味もわりとしっかりしてて美味しかったです。これで麺がもうちょっと変わればもっとおいしくなるんじゃないかと思いました。あと、自分の好みで書きますが、キクラゲがちょっと入ってたらもっといいですねw なかなか美味しい一杯でした。ごはんとの相性もかなり良かったです。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清 極旨重ね せたが屋×無鉄砲 豚骨ホタテ煮干し味」



どうもオサーンです。プロ野球の外国人選手(特にパワーヒッター)が好きなんですが、今年の我がジャイアンツの新外国人、ボウカー選手はなかなかの当たりっぽいですね。インコースを苦手とする外国人選手が多い中で、ボウカー選手はむしろインコースしか打てないってくらいインコースが得意っぽいですね。アウトコースをうまく見極められたりカットできたりできれば、相当な数字を残しそう。いやー楽しみです。

今回のカップ麺は、日清食品の「日清 極旨重ね せたが屋×無鉄砲 豚骨ホタテ煮干し味」。東京世田谷の名店「せたが屋」と京都の名店「無鉄砲」のコラボ商品です。それぞれにおいしいラーメンがあるのに味を重る必要があるのかはわかりませんが、カップ麺ならではの商品として楽しみです。





スープは、「『無鉄砲』の特徴である濃厚な豚骨スープに、『せたが屋』店主・前島氏が一押しの、ホタテを中心とする魚介だしのうまみを加えて仕上げた、絶妙なバランスがクセになるスープ」とのこと。食べ始めは、強いとんこつとホタテのがっぷり四つといった感じでなかなか面白いのですが、途中からホタテの味が消えてよくわからなくなり、とんこつの味のみに感じてしまいます。豚脂の強いとんこつ味はこれはこれでおいしいのですが、味を合わせることを目的に作られているため、これだけだとちょっと中途半端に感じられてしまいます。とんこつだけで食べてみたかったかな。

は、「スープとの相性が良いノンフライストレート麺」とのこと。ややほぐれにくい麺ですね。小麦の風味が強く、スープに負けていない存在感がありました。麺がストレートってだけでずいぶん高級に感じるだなぁと感心する麺です。

は、「チャーシュー、ネギ」とのこと。これはかなり貧弱です。麺職人の具と大差ないどころか負けてるかも。スープと麺が250円オーバーのクオリティですが、定価が237円なのには具にコストをかけていないというカラクリがあったんですね。私は具を重視しないのでこういうやり方は悪くないですが、中には損したと思う人もいるかもしれません。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
名店の味を重ねるという新しいシリーズですが、今回は無鉄砲側のとんこつが強く、せたが屋側のホタテは途中から味がよくわからなくなってしまいました。最初はホタテの香りとても良かったんですけどね。日清が作るせたが屋のカップ麺の味、無鉄砲のカップ麺の味も食べてみたいですが(タテ型の油揚げ麺ではどちらもありましたね)、今回のような商品も面白くて良かったです。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月第4週の展望

◎今週発売のカップ麺

・2月27日(月)発売
日清食品 「日清 極旨重ね せたが屋×無鉄砲 豚骨ホタテ煮干し味」 237円(税別) 全国 新発売
日清食品 「200億食達成記念 カップヌードル」 170円(税別) 全国 新発売
日清食品 「200億食達成記念 カップヌードル カレー」 170円(税別) 全国 新発売
日清食品 「200億食記念 カップヌードル シーフード」 170円(税別) 全国 新発売
日清食品 「日清のどん兵衛 豚ねぎそば」170 円(税別) 全国 新発売
日清食品 「日清のどん兵衛 鴨だしそば」 170円(税別) 全国 新発売
東洋水産 「マルちゃん ハリガネ ネギとんこつ味」 175円(税別) 全国 新発売
東洋水産 「マルちゃん スゴブト 濃厚味噌味」 175円(税別) 全国 新発売
東洋水産 「マルちゃん 大人のこだわり 華やかうどん」 175円(税別) 全国 リニューアル発売
東洋水産 「マルちゃん 大人のこだわり だし香るそば」 175円(税別) 全国 リニューアル発売
明星食品 「明星 浅草開化楼カラス 我流乱刃麺 黒胡椒醤油味」 237円(税別) 全国 新発売
エースコック 「ヌードルはるさめ シーフード」 170円(税別) 全国 リニューアル発売
エースコック 「ヌードルはるさめ うま辛チゲ」 170円(税別) 全国 リニューアル発売
エースコック 「ヌードルはるさめ とろみもやし中華」 170円(税別) 全国 新発売
エースコック 「タテロング 勝浦タンタンメン」 190円(税別) 全国 新発売
ヤマダイ 「凄麺 横浜とんこつ家」 210円(税別) 全国 リニューアル発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エースコック 「驚愕の麺1.5玉 こってりタンメン」



どうもオサーンです。久々に自分でグリーンカレーを作ってみました。水を使わずにすべてココナッツミルクだけで作るのでまろやかでおいしいのですが、コストがかなり馬鹿にならないという欠点がwお店のメニューとして出すとしたらいくらになるんだろうと考えると、到底私には料理屋さんになるのは向いてないなと思わせられます。あと、グリーンカレーペーストじゃなく、自分でカレー粉の段階から作ってみたいとか持ったり。なんだか凝り性なのも良し悪しですよね。

今回のカップ麺は、エースコックの「驚愕の麺1.5玉 こってりタンメン」。1.5倍のカップ麺なんて普通によくあると思われる方もいるでしょうが、ノンフライ麺で1.5倍の商品となるとそうはなく、面白いところを突いてきている商品と感じます。こってりでありながらタンメンというところにも量との兼ね合いで健康志向にもガッツリ志向にも対応している印象です。まぁ、カップ麺の野菜で健康がどうにかなるとかも考えづらいですが。





スープは、「豚骨ベースの濃厚で厚みのあるスープに、ガーリックや胡椒でパンチを効かせた濃厚なタンメンスープで」、「胡麻油の香ばしい香りと、野菜を炒めたような風味が食欲をそそ」るとのこと。ガーリックとごま油が適度に効いていて、かなり濃くてこってりしている感じがしました。タンメンだからといって決してあっさりはしていません。これはかなりガッツリ系のスープですね。タンメンの魅力である野菜の炒めた旨味が出たスープとかいうものじゃないですが、濃さにインパクトのあるスープでした。

は、「しっかりとしたコシのあるノンフライめんをたっぷり1.5 玉分使用し」たとのこと。麺自体はエースコックのノンフライ麺でよくみる平打ち気味で黄色い麺ですが、やっぱり量はすごいです。思った以上にノンフライ麺の1.5倍のインパクトは大きいです。また、麺の量が多いため、スープの吸いも半端無く、麺の量に対しスープの量が少なく感じてしまいます。

は、「シャキシャキとした食感のキャベツをメインに、コーン、キクラゲ、ねぎ、人参、唐辛子を加えた食べ応えのある具材」とのこと。キャベツの量がかなりあります。そして、キャベツの甘味が濃いスープの中にあって上手くバランスをとっていたように感じられました。タンメンの名に恥じない野菜の量だと思います。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
量のインパクトがかなりある商品ですが、スープや具にも見るべきものがあり、なかなか良い商品でした。目の付け所が良いですね。大盛りなのにタンメンというのはなんとなく中途半端な印象がなくもないですが、食べてみると完全にこってりガッツリ系向けの商品であり、食べ応えがありました。このノンフライ麺1.5倍のシリーズは今後に大きく期待できそうです。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋水産 「マルちゃん 匠 鶏コクブラック」



どうもオサーンです。キリンチャレンジカップ見ました。槙野選手はとりあえず日本戻ってきて良かったなーとか、憲剛選手は中盤にあまりプレッシャーをかけてこないチーム相手だとホント輝くなーとか、いろいろ感想はあるんですが、いちばん驚いたのはアイスランド選手のスローイングでしたねwあれすげー。日本代表選手も一人くらいあれやってほしいです。距離は稼げるけど狙い通りの場所に投げられるんですかね?

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 匠 鶏コクブラック」。「『第3回最強の次世代ラーメン決定戦!』にて審査員特別賞に輝いた味を、匠ブランドとして商品化したもの」とのことで、この前出た本気盛2品の兄弟商品ですね。





スープは、「チキンエキスをベースに、胡椒をアクセントに利かせた、とろみのある濃厚鶏白湯スープ」とのこと。確かに鶏の味はするし、胡椒のアクセントもあるんですが、どうも没個性というか、味が柔らかすぎてうまく特徴が出ていないように感じられました。この優しい味こそ東洋水産の真骨頂でもあるんですが、お店ものの再現にはあまり向いてないように思いました。

は、「なめらかな口当たりとコシを合わせ持つノンフライ麺」で「ナチュラルウェーブ製法」とのこと。いつもの匠シリーズの上品な麺ですね。この麺自体、とても良い麺ではあると思いますが、やっぱりお店の個性は出せてないと思います。安価な商品ならともかく、高価格帯の商品ならばもうちょっと何とかして欲しかったですね。まぁいつもと同じ麺だってだけで、実はこのお店のものにそっくりなのかもしれませんがw

は、「レトルトチャーシュー、メンマ、(後のせかやく)白髪ねぎ、ワケギ」とのこと。ネギを2種類入れてくるところに高級感を感じます。ただ、このレトルトチャーシューはやっぱりいつもの匠を始めとする東洋水産の高価格帯製品と同じもので、没個性ですね。

オススメ度(標準は3です)
★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2)
全体としてのデキはそれほど悪いとは思いませんが、高価格帯のお店再現モノと考えるとあまりに個性がなく、低い評価にせざるをえませんでした。これが200円以内で買えるような商品ならば多少の没個性はコストの都合上しょうがないと思えるんですけどね。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加