2009年07月の記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

月別アーカイブ:2009年07月

2009年07月の記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2009-07-31 カップ麺
今回のカップ麺は、日清食品の「日清 担々麺」。今回リニューアルに伴いこのブログ2回目の登場です。昨年9月の前回は★7つ付けているのですが、実はあとあとまでこの評価を後悔していて、どう考えても★8つだったなと思っていました。今回はその時のリベンジということで、前回と同じレベルの味ならば躊躇なく★8つを付けたいと思っています。当ブログ的には「キングオブ担々麺」の名をほしいままにする味を意気込んで再検証してみま...

記事を読む

2009-07-30 カップ麺
今回のカップ麺は、サークルKサンクスとユニーのプライベートブランド「+KACHIAL」の新商品、サンヨー食品の「えぞ菊 旨辛みそ」です。以前このブログで食べた「えぞ菊 味噌ラーメン たてビッグ」がなかなかおいしかったので、今回も期待大です。えぞ菊のメニューで「旨辛味噌ラーメン」というのがあり、今回の商品はそのメニューの再現商品です。 スープは、それほどこってりではないものの、みその香りが強いです。その...

記事を読む

2009-07-29 カップ麺
札幌はここ最近、気温こそたいしたことないですが、湿度が高くて、なんだかバテ気味です。東京にいる時はこれくらい日常茶飯事だったんですけどね。どこに行ってもエアコンが効いている東京に比べると、北海道はエアコンないところが多くて、案外きつい場面が多かったりもします。しばらくこういう気候が続くんでしょうが、ビールでも飲んで憂さを晴らしますかね。 今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル サマーシーフ...

記事を読む

2009-07-28 カップ麺
今回のカップ麺は、エースコックの「濃厚新味 豚流塩そば」。「豚流」って初めて見る言葉ですが、豚の師匠みたいなものを思い浮かべてしまいました。背脂しおラーメンとのことですが、エースコックの背脂はおいしいので楽しみにしていた商品です。エースコックはこのおいしい背脂をいつも活かし切れてないように感じていましたが、今回は果たしてどうでしょうか。 スープは、「鶏・豚ガラをベースにアサリや昆布などの旨...

記事を読む

2009-07-27 カップ麺
今回のカップ麺は、明星食品の「明星 中華そば(大) ノンフライ大盛 鶏だし醤油味」。以前食べた「明星 中華そば(大) ノンフライ大盛」のリニューアル商品となっています。その時の評価は★5つでした。麺のうまさが光る商品でしたが、今回はどうでしょうか。 スープは、「チキン・ポークの旨味をベースに、魚介(ホタテ・カツオ)を加えたすっきりとした醤油味のスープで」、隠し味に魚醤を加え、アクセントにメンマの風味...

記事を読む

日清食品 「日清 担々麺」 (2回目)



今回のカップ麺は、日清食品の「日清 担々麺」。今回リニューアルに伴いこのブログ2回目の登場です。昨年9月の前回は★7つ付けているのですが、実はあとあとまでこの評価を後悔していて、どう考えても★8つだったなと思っていました。今回はその時のリベンジということで、前回と同じレベルの味ならば躊躇なく★8つを付けたいと思っています。当ブログ的には「キングオブ担々麺」の名をほしいままにする味を意気込んで再検証してみます。





スープは、「担々麺の基本である、ごまの香り、うまみをしっかり感じさせながら、香り豊かなスパイスが効いた奥深い味わいのスープ」で、「辛味を若干加えることで、切れのいい後味の、濃厚ながらも食べやすい味に仕上げ」たとのこと。前回は、濃厚なゴマ風味と程よい辛さが特徴的したが、今回もその味を踏襲しています。前回より辛味が増し、ピーナツバターの甘みがちょいダウンした印象です。日清と並んで坦々麺に関してはレベルの高いエースコックは、ゴマとピーナツバターの味がとにかく強いので、それと比較して辛さの麺で研ぎ澄まされ、差別化された感じがします。

は、極細に近いストレートなノンフライ細麺。細麺とはいっても博多ラーメンのような硬さのある麺ではなく、細くてやわらかい、担々麺らしい麺でした。前回はもっと太い平打ち麺だったので、麺は大きく変化しました。私としては前回の麺の方がスープとマッチしていると思いました。主張の強いスープに対し、麺が細くてちょっと弱いと思いました。前回より加水が少なくちょっと粉っぽい麺になったので、ゴマで粉っぽくなっているスープとあわせるとちょっとくどさもありました。今回の麺も十分うまいんですけどね。

は、チンゲン菜、肉ミンチ、赤唐辛子。チンゲン菜はなかなかの存在感でしたが、肉ミンチはちょっと存在感なさすぎでした。ただ、スープがどろどろでそれだけで存在感あるので、具の少なさはそれほど気になりませんでした。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★★★☆☆(8)
総合力でリニューアル前の前回の味より落ちていると感じましたが、それでも秀逸なスープは何度でも味わいたく、前回★7より1個アップしてこの評価としました。味落ちたと思うのに★の数は増えるってなんか苦渋の決断です(笑)。長くやっているといろんな矛盾点が出てきますね。ゴマの風味と辛さを両立したスープは素晴らしく、他の商品では得がたい本格的な担々麺を味わえます。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンヨー食品 「えぞ菊 旨辛みそ」



今回のカップ麺は、サークルKサンクスユニーのプライベートブランド「+KACHIAL」の新商品、サンヨー食品の「えぞ菊 旨辛みそ」です。以前このブログで食べた「えぞ菊 味噌ラーメン たてビッグ」がなかなかおいしかったので、今回も期待大です。えぞ菊のメニューで「旨辛味噌ラーメン」というのがあり、今回の商品はそのメニューの再現商品です。





スープは、それほどこってりではないものの、みその香りが強いです。そのみそに、ほんのりと辛い豆板醤、メンマの風味が加わり、食べやすいのに味わい深いスープでした。辛味が加わることによって、キリっと味が引き締まっている印象で、前作よりもおいしかったです。実店の再現性は高くないように思いますが、私が今まで食べたカップ麺のみそラーメンのスープで一番おいしかったです。表現が難しいですが、みそのやわらかさや芳香を感じられ、かなりクセになりそうな味です。

は、コシの強い油揚げ麺。カップスターの麺と同じ主張の強い麺です。みその香りが結構強いスープなので、この主張の強い麺とのバランスがとても良かったです。タテ型油揚げ麺の時点でわかっていたことではありますが、麺も店の再現性は高くなかったです。

は、肉そぼろ、わかめ、ネギ、メンマ、タマネギ。具はかなりボリュームあります。特に肉そぼろ、わかめ、メンマが良かったですね。わかめとメンマの味に寄与する度合いが大きく、単純なみそ味ではない深い味わいを醸し出していました。とてもよくできた具だと思います。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★★☆☆☆(7)
前作から豆板醤の辛味が加わりましたが、辛さが増す以上に味を引き締める効果が大きく、相当おいしくなった印象です。香り高いみそ、メンマ、わかめ、辛さがマッチし、私が今まで食べたカップ麺のみそラーメンのスープで最高と言って良いデキでした。文句なく高評価です。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「カップヌードル サマーシーフードヌードル」



札幌はここ最近、気温こそたいしたことないですが、湿度が高くて、なんだかバテ気味です。東京にいる時はこれくらい日常茶飯事だったんですけどね。どこに行ってもエアコンが効いている東京に比べると、北海道はエアコンないところが多くて、案外きつい場面が多かったりもします。しばらくこういう気候が続くんでしょうが、ビールでも飲んで憂さを晴らしますかね。

今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル サマーシーフードヌードル」。「カップヌードル」シリーズの新作です。オレンジ色の鮮烈なパッケージで、コンビニでも探しやすいですね。パッケージには「スパイシー&サワースープ」と書かれています。



スープは、「シーフードヌードルのスープをベースに「辛味」と「酸味」を加え、暑い夏に食欲をそそる、クセになる味に仕上げ」たとのこと。全年齢を対象にしたカップヌードルにしてはなかなかの辛さで、その辛さにサワー系の酸味が加わることにより、普通のシーフードヌードルのスープとは印象がだいぶ違いました。シーフードの風味を残しつつも、辛さといい酸味といい、かなり後を引く味に仕上がっていました。これはうまいです。

は、いつものカップヌードルの油揚げ麺。以前よりちょっと細くなった感じのする麺は、どうやらもうカップヌードルシリーズのデフォルトになったようです。スープの酸味をうまく拾っていて、スープとの相性は良いと思います。

は、イカ、キャベツ、スクランブルエッグ、カニ風味カマボコ、レッドベル、インゲン。普通のシーフードヌードルに新しく加わった貝柱は入っていませんでしたが、量も彩りも申し分ない具でした。スープの辛さと酸味の中で、スクランブルエッグの甘さがとても映えていました。イカもこういうスープに入っているといつもと違う印象を受けます。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★☆☆☆☆(6)
辛さと酸味がいつものシーフードスープに絶妙に効いていて、後を引くとてもおいしいスープでした。おそらく期間限定商品なので、店頭からなくなる前に買い置きしておきたいですね。具のスクランブルエッグもスープの中でとても映えていました。文句なくうまい一杯でした。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エースコック 「濃厚新味 豚流塩そば」



今回のカップ麺は、エースコックの「濃厚新味 豚流塩そば」。「豚流」って初めて見る言葉ですが、豚の師匠みたいなものを思い浮かべてしまいました。背脂しおラーメンとのことですが、エースコックの背脂はおいしいので楽しみにしていた商品です。エースコックはこのおいしい背脂をいつも活かし切れてないように感じていましたが、今回は果たしてどうでしょうか。





スープは、「鶏・豚ガラをベースにアサリや昆布などの旨みを加えた塩スープに、大粒背脂が入った液体スープを加えることで濃厚感を醸し出し」たとのこと。スープ自体には特に主張もなくとてもあっさりした味で、おいしい背脂の邪魔をしないようにしている様子が伺えました。スープに存在感を出さないことで、最後まで濃厚な背脂の味を楽しむことができたのは良かったです。背脂だけを楽しむためのスープという印象です。

は、加水が少なくて黄色い、いつものエースコックのノンフライ麺。背脂との相性は悪くないんですが、麺の食感の主張が強いので、もうちょっと細い方が背脂の味が活きると思いました。それにしてもエースコックのノンフライ麺はいつもワンパターンです

は、チャーシュー、キャベツ、キクラゲ、メンマ、ネギ。チャーシューがとても小さかったです。他にも特に印象に残る具はなく、コストが背脂にほとんどとられてしまったんでしょうね。背脂が大量だったのでしょうがないですかね。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
今までのエースコックの商品は、せっかくのおいしい背脂を活かし切れてないと思っていたので、今回のような背脂を引き立たせるためだけに作った感のあるあっさりスープは良かったです。背脂の味を最後まできちんと堪能できました。反面、麺や具には一考の余地がありそうです。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明星食品 「明星 中華そば(大) ノンフライ大盛 鶏だし醤油味」



今回のカップ麺は、明星食品の「明星 中華そば(大) ノンフライ大盛 鶏だし醤油味」。以前食べた「明星 中華そば(大) ノンフライ大盛」のリニューアル商品となっています。その時の評価は★5つでした。麺のうまさが光る商品でしたが、今回はどうでしょうか。





スープは、「チキン・ポークの旨味をベースに、魚介(ホタテ・カツオ)を加えたすっきりとした醤油味のスープで」、隠し味に魚醤を加え、アクセントにメンマの風味を付け」たとのこと。魚醤の味はよくわかりませんでしたが、鶏を中心とするあっさり味に、しっかりとメンマの香りが効いていておいしいスープでした。メンマの風味がすごく良いので、こってり好きの人でもおいしいと感じられると思います。

は、スーパーノンフライ製法によるノンフライの細麺。今回のリニューアルポイントはこの麺とのことですが、前回も今回も同じようにおいしい麺でした。スープの繊細なダシやメンマの風味が、細麺とよく絡んでいました。やっぱりあっさりスープは細麺があいます。細いながらモチモチ感があり、一般的なあっさり味を求めると、ちょっとくどいと感じる麺かもしれません。かなり強い小麦の香りを感じることもできます。

は、チャーシュー、メンマ、ネギ、タマネギ、スーパーノンフライ製法の肉ワンタン。タマネギは前回入っておらず今回から加わりましたが、それほど存在感は感じられませんでした。肉ワンタンは前回同様の3個。大盛麺の上にワンタンなので、非常に食べ応えがあります。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
非常に完成度の高い一杯だと思いますが、前回とそれほどの差を感じませんでした。完成度高いので、このままレギュラー商品してしまっても良いんじゃないですかね。あっさりだけど、スープのメンマ風味や麺のモチモチ感から、こってりすきもある程度満足できる商品だと思います。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加