2009年04月の記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

月別アーカイブ:2009年04月

2009年04月の記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2009-04-30 カップ麺発売予定・定例報告
今月は先月のように焼そばばかり食べることもなく、いろいろ食べられた1ヶ月でした。お気に入りの明星食品のカップ麺を1個しか食べられなかったのが残念だったかな。それでは今月も★の数で食べたものを振り返ってみましょう。 ★10個 ・該当なし ★9個 ・該当なし ★8個 ・該当なし ★7個 ・明星食品 「明星 一平ちゃん限定濃厚とんこつ味」 ・十勝新津製麺 「富士宮やきそば うるおいてい」 ★6個 ・日清食品 「日清の温...

記事を読む

2009-04-30 カップ麺
今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 復刻版 焼そばバゴォーン 30周年記念品大盛」。現在は東北でのみ発売されている「マルちゃん 焼そばバゴォーン」が30周年を迎えたことを記念して発売された復刻版の商品です。この商品は東北限定ではなく全国発売となっています。 ソースは、「ウスターソースをベースにスパイスをアクセントに使用した昔懐かしいさっぱりしたソース」とのことですが、確かに一般的なカップ焼...

記事を読む

2009-04-29 カップ麺
この前書いた、ジャワティーストレート グリーンを飲みました。濃いわけではないんだけど、舌の奥に感じる苦味がおいしかったです。こりゃレッドもグリーンもかなりいけますね。他社の緑茶とはひと味違います。あんまりお店に売られていない商品だけど、強いこだわりを感じるなかなか骨太な商品だと思います。 今回のカップ麺は、ファミリーマート限定発売の、サンヨー食品「東京新宿 かまど 焼きらーめん」です。こういうおい...

記事を読む

2009-04-28 カップ麺
今回のカップ麺は、サークルKサンクスオリジナル商品で、十勝新津製麺の「富士宮やきそば うるおいてい」。以前にも発売されていた商品ですが、今回再販となりました。どうやら毎年出ているようですが、それだけ好評だということでしょうね。以前、同じ十勝新津製麺から出ているローソン限定の「富士宮やきそば すぎ本」を食べ、とんでもなくおいしかったことが鮮明に記憶にあるので、今回も期待しすぎるほど期待しています。実は...

記事を読む

2009-04-27 カップ麺
ジャワティーにグリーンが出たんですね。まだ買ってはいないんですが、普通のジャワティーをよく飲むので、ちょっと楽しみにしています。まだ売っているの見かけたことないんですが、飲んだら報告します。 今回のカップ麺は、エースコックの「凄技 スパイシーブラック味噌ラーメン」。最近、この手のラーメンが増えているように思いますが、流行なんでしょうか。 スープは、クリーミーな豚骨エキスをベースに、赤味噌...

記事を読む

No Image

2009-04-26 カップ麺発売予定・定例報告
私はあんまりテレビを見ませんが、お笑い番組は見ます。今でこそ毎週見ているのはめちゃイケだけですが、今まで見た中で一番面白いと思っていたのは、「本能のハイキック」という極楽とんぼの番組。とにかくメチャクチャやるだけのくだらない番組でしたが、本当に毎週楽しみでした。でも半年くらいで終わっちゃったんですよね。最近好きだったのは、「くりぃむナントカ」。深夜番組として面白かったのにゴールデンに行ってしまい視...

記事を読む

2009-04-25 カップ麺
小学校の頃よく食べていた「スーパーレモンキャンディ」。最近、周囲の人からよく貰います。復活したり終了したりを繰り返しているようですね。おそらく、同じくらい酸っぱい飴が普通に新商品として出ているんでしょうけど、さすがは元祖、いつになってもスーパーレモンキャンディが一番酸っぱいと思ってしまいます。そのあたり、いつになってもカップヌードルが一番売れている状況と似ているのかな。 今回のカップ麺は、ヤマダ...

記事を読む

2009-04-24 カップ麺
今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル」。今回は、今まで使われていたダイスミンチに代わって、「コロ・チャー」が入りリニューアルされました。カップヌードルのダイスミンチにはファンが多いので、果たして「コロ・チャー」投入が吉と出るか凶と出るか、大勢の判断はできませんが、当ブログ的に判断してみたいと思います。 「カップヌードル」の「コロ・チャー」が入ったパッケージ。今回は定番商品のリニューア...

記事を読む

2009-04-23 カップ麺
今回のカップ麺は、昨日に引き続き、日清食品と「ズームイン!!SUPER」の共同開発による「汐留らーめんたて型 汐留進麺」。日本テレビの「ズームイン!!SUPER」の中から生まれたラーメン店「汐留らーめん」の限定新メニューの味を再現したものになります。昨日の「汐留らーめんたて型 汐留味」が思いの外イマイチだったので、ノンフライ麺の今回こそ期待です。 スープは、「鶏と豚をベース特製オイルで仕上げる香味白湯」と...

記事を読む

2009-04-22 カップ麺
今回のカップ麺は、日清食品と「ズームイン!!SUPER」の共同開発による「汐留らーめんたて型 汐留味」。日本テレビの「ズームイン!!SUPER」の中から生まれたラーメン店「汐留らーめん」の味の再現ものになります。「ズームイン!!SUPER」30周年を記念した企画のようです。私は「汐留らーめん」の名前こそ知っているものの行ったことがなく、また以前出ていたカップ麺も食べたことがないので、今回初めて味わうことになります。汐留味...

記事を読む

月例報告 ★の数で振り返る2009年4月に食べたカップ麺

今月は先月のように焼そばばかり食べることもなく、いろいろ食べられた1ヶ月でした。お気に入りの明星食品のカップ麺を1個しか食べられなかったのが残念だったかな。それでは今月も★の数で食べたものを振り返ってみましょう。

★10個
・該当なし
★9個
・該当なし
★8個
・該当なし
★7個
明星食品 「明星 一平ちゃん限定濃厚とんこつ味」
十勝新津製麺 「富士宮やきそば うるおいてい」
★6個
日清食品 「日清の温そうめん 蒸し鶏と卵 柚子こしょう風味」
サンヨー食品 「東京新宿 かまど 焼きらーめん」
★5個
エースコック 「スープが旨い! 豚骨ラーメン」
エースコック 「超大盛りスーパーカップ2.0倍 メガキャベツ盛塩豚骨ラーメン」
東洋水産 「マルちゃん 昔ながらのソース焼そば」
サンヨー食品 「サッポロ一番 屯ちん 東京とんこつラーメン」
日清食品 「カップヌードル」(コロ・チャー入り)
★4個
エースコック 「ゴマが決め手の 担担麺」
エースコック 「弥七 醤油らーめん」
寿がきや食品 「濃厚節系中華そば」
東洋水産 「マルちゃん 赤の激めんワンタンメン 赤担担醤油」
★3個(標準)
日清食品 「日清のとんがらし麺 韓国風海鮮キムチチゲ」
日清食品 「沖縄そば」
日清食品 「日清 ソース焼そば」
ヤマダイ 「凄麺きゃべ塩」
エースコック 「凄技 スパイシーブラック味噌ラーメン」
★2個
日清食品 「日清のとんがらし麺 韓国風味噌チゲ」
東洋水産 「あじさい 函館塩拉麺」
日清食品 「汐留らーめんたて型 汐留進麺」
東洋水産 「マルちゃん 復刻版 焼そばバゴォーン 30周年記念品大盛」
★1個
東洋水産 「マルちゃん とろとん」
日清食品 「汐留らーめんたて型 汐留味」
★0個
・該当なし

今月食べたのは先月と同じ24杯。話題性で言えば、新開発の「コロ・チャー」投入で新しくなった「カップヌードル」。コロ・チャーは素直においしいと思えるデキで印象に強く残りました。他のカップヌードルシリーズにも入っていくんですかね。焦点はカレーヌードルにコロチャーがマッチするかどうかでしょう。

汁物として久々に食べた「日清の温そうめん 蒸し鶏と卵 柚子こしょう風味」は、あっさりながらダシと柚子こしょうを重ねた重厚な味でおいしかったです。量は少ないものの、これならばまた買いたいと思える一杯でした。また、ファミマ限定の「東京新宿 かまど 焼きらーめん」は、焼きらーめんという新しいジャンルで楽しませてくれました。

「今月の一杯」の選定ですが、★7つで並んだ「明星 一平ちゃん限定濃厚とんこつ味」と「富士宮やきそば うるおいてい」のどちらかから選びたいと思います。前者は、久々に食べた本格的なとんこつ、後者は他を圧倒する麺のコシを持った焼そば、どちらもかなりおいしかったです。また、どちらもコンビニ限定商品でした。悩みましたが、私の中でインパクトの大きかった、十勝新津製麺の「富士宮やきそば うるおいてい」を今月の一杯に選定したいと思います。



それでは来月もよろしくお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋水産 「マルちゃん 復刻版 焼そばバゴォーン 30周年記念品大盛」



今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 復刻版 焼そばバゴォーン 30周年記念品大盛」。現在は東北でのみ発売されている「マルちゃん 焼そばバゴォーン」が30周年を迎えたことを記念して発売された復刻版の商品です。この商品は東北限定ではなく全国発売となっています。





ソースは、「ウスターソースをベースにスパイスをアクセントに使用した昔懐かしいさっぱりしたソース」とのことですが、確かに一般的なカップ焼そばのソースに加えると酸味が弱く、サラッとあっさりしていました。ソースの味があまり得意じゃない私には悪くない味だけど、インパクトにはちょっと欠けましたかね。やきそば弁当の味とはだいぶ違いました。

は、カップ焼そばの麺としては細めの油揚げ麺。東洋水産のカップ焼そばはたいがいそうなんですが、今回もやはりコシが弱くフニャフニャしていました。これもカップ焼そばの味のひとつだといわれるとその通りなのかもしれませんが、フニャフニャにプラスして油揚げ麺特有の匂いも強く、ソースの味がよくわからなくなっていたように思いました。大盛ということもあり、ちょっと私には厳しかったです。

は、キャベツ、チキンダイス、青海苔と紅ショウガの入ったふりかけ。カップ焼そばらしいジャンキーさが出ているチキンダイスは良かったですが、ちょっと麺の多さに比して量が少なかったです。キャベツは良い量でした。

オススメ度(標準は3です)
★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2)
ソースにキツさはなかったですがインパクトに欠け、麺のフニャフニャと油揚げ麺特有の匂いによって大盛麺を少々持て余してしまいました。復刻版ということで、懐かしむための商品という点を考慮してこの評価にしました。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンヨー食品 「東京新宿 かまど 焼きらーめん」



この前書いた、ジャワティーストレート グリーンを飲みました。濃いわけではないんだけど、舌の奥に感じる苦味がおいしかったです。こりゃレッドもグリーンもかなりいけますね。他社の緑茶とはひと味違います。あんまりお店に売られていない商品だけど、強いこだわりを感じるなかなか骨太な商品だと思います。

今回のカップ麺は、ファミリーマート限定発売の、サンヨー食品東京新宿 かまど 焼きらーめん」です。こういうおいしそうな商品を店頭で思いがけず見つけるというのはなかなかオツですね。今回のカップ麺のお店「竈」(かまど)は東京新宿にあるお店で、燻製玉子の入った「くんたまラーメン」というのが売りのお店のようです。今回のカップ麺はそのメニューではなく、創作メニューである「焼きラーメン」を再現したものです。ブログを始めて400杯以上カップ麺を食べてきましたが、焼きラーメンというメニューは今回が初めてです。どんなものなのかとても楽しみです。





スープは、豚骨ベースにチャーシューの旨みを盛り込んだ塩だれ仕立てとのことですが、焼いた風味が香ばしいとんこつダレで、なかなか食べ応えありました。塩気がちょっと強くてご飯と一緒に食べないと厳しいですが、ご飯と食べるならば良いおかずになると思います。この焼き風味は今まであまり食べたことない味だったの新鮮でした。ご飯と一緒に食べればとてもうまいです。

は、縮れた黄色いノンフライ麺。加水が多く、コシと弾力の強い麺で、香りもとても強いです。この麺の風味がスープとよくマッチしていました。冷し中華のような麺で、スープの主張が強いにもかかわらず麺の方が目立っていました。しばらく忘れられない印象的な麺の味でした。

具は、チャーシュー、メンマ、ネギ、ゴマ、唐辛子、かつお節。チャーシューはそんな多いわけじゃないけど、少し甘い味付けでおいしいです。メンマも麺の味にうまくマッチしていました。あとはゴマの味も目立っていましたね。具の量としてはそんなに多くはないけどおいしかったです。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★☆☆☆☆(6)
スープのしょっぱさは少し気になったが、とんこつベースのスープと主張の強いコシのある麺との相性が良かったです。焼きらーめんという目新しさも含めて楽しめたのでこの評価にします。おいしかったです。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

十勝新津製麺 「富士宮やきそば うるおいてい」



今回のカップ麺は、サークルKサンクスオリジナル商品で、十勝新津製麺の「富士宮やきそば うるおいてい」。以前にも発売されていた商品ですが、今回再販となりました。どうやら毎年出ているようですが、それだけ好評だということでしょうね。以前、同じ十勝新津製麺から出ているローソン限定の「富士宮やきそば すぎ本」を食べ、とんでもなくおいしかったことが鮮明に記憶にあるので、今回も期待しすぎるほど期待しています。実は「すぎ本」については、当時★7つをつけたものの、あとあとまで★8つにするべきだったと後悔していました。今回はキッチリ★をつけられるようにじっくり食べたいと思います。





ソースは、少し酸味と甘みのある液状のソース。ややソース特有のキツさはありますが、それでも焼そばとして自然な味でとてもうまいです。これが本当にカップ麺なのか?と思うほどの自然なおいしさです。豚の脂の香りがしっかりとソースにしみ込んでおり、重厚な味わいでした。カップ焼そばの味として最高なんじゃないでしょうか。

は、焼そばとしてはやや太めのノンフライ麺。十勝新津製麺としてみると他のカップ麺と同様にいつもの氷結乾燥ノンフライ麺というゴリゴリしたワンパターンな麺なんですが、焼そばとして食べると素晴らしい麺です。富士宮焼そばの特徴として強いコシがあげられるそうですが、私は食べたことないものの、きっと本物はこんなコシなんだろうなぁと思わせてくれます。ラーメンには納得いくことの少ない十勝新津製麺の製品ですが、焼そばはホントにうまい!

は、豚肉(プラス富士宮焼そばの特徴のひとつである肉かす)、キャベツ、青海苔、紅ショウガ。結構ゴロゴロと肉が入っていて具にもボリュームがありました。個人的には「すぎ本」の肉かすのほうが好みだけど、豪勢さはこちらの方が上かな。素晴らしいと思います。キャベツも良い量でした。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★★☆☆☆(7)
酸味と甘みがありながら豚脂の旨みがよく出たソース、コシのある麺、ボリュームある豚肉などの具と、どれも文句なしのレベルでした。オサーン的には肉かすの感じが「すぎ本」の方が好きでしたが、それでも甲乙つけがたいレベルにある一杯でした。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エースコック 「凄技 スパイシーブラック味噌ラーメン」



ジャワティーにグリーンが出たんですね。まだ買ってはいないんですが、普通のジャワティーをよく飲むので、ちょっと楽しみにしています。まだ売っているの見かけたことないんですが、飲んだら報告します。

今回のカップ麺は、エースコックの「凄技 スパイシーブラック味噌ラーメン」。最近、この手のラーメンが増えているように思いますが、流行なんでしょうか。





スープは、クリーミーな豚骨エキスをベースに、赤味噌を加え、黒練り胡麻でまろやかさを出したとのことですが、みそやゴマの味はあまり感じず、ゆるやかなとんこつベースに別添のスパイス感が強かったです。みそラーメンと言われなければみそ味とは気づかない感じでしたね。もうちょっとみそ味らしい味が欲しかったですかね。スパイスの味ばかりでスープの味が消され、パッケージほどにインパクトは感じませんでした。

は、エースコックのいつものノンフライ麺同様の、黄色の強い平打ちのノンフライ麺。スパイス以外のスープにインパクトがなかったので、少しでもよくスープを拾う平打ちの麺は良かったと思います。特に違和感なく食べられる麺だと思います。

は、鶏・豚肉そぼろ、もやし、ネギ、糸切唐辛子。肉そぼろの存在感はなかったですが、もやしやネギはなかなかたくさん入っていて賑やかでした。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
スパイス一辺倒の味に感じられました。スープのみそ味に深みがあればもうちょっと印象が違ったと思います。でもスパイスとみそをどちらも活かすと主張の強すぎるスープになっちゃうんですかね。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月第4週のまとめ・4月第5週・5月第1週の展望

私はあんまりテレビを見ませんが、お笑い番組は見ます。今でこそ毎週見ているのはめちゃイケだけですが、今まで見た中で一番面白いと思っていたのは、「本能のハイキック」という極楽とんぼの番組。とにかくメチャクチャやるだけのくだらない番組でしたが、本当に毎週楽しみでした。でも半年くらいで終わっちゃったんですよね。最近好きだったのは、「くりぃむナントカ」。深夜番組として面白かったのにゴールデンに行ってしまい視聴率低下で終了。同じくりぃむしちゅーがやっていて毎週聞いていたラジオ、「くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン」も昨年をもって終わっちゃった。なかなか面白いと思う番組は長続きしてくれません。

◎今週食べたカップ麺

04月20日(月) 日清食品 「日清 ソース焼そば」 ★★★(3)
04月21日(火) 東洋水産 「マルちゃん 赤の激めんワンタンメン 赤担担醤油」 ★★★★(4)
04月22日(水) 日清食品 「汐留らーめんたて型 汐留味」 ★(1)
04月23日(木) 日清食品 「汐留らーめんたて型 汐留進麺」 ★★(2)
04月24日(金) 日清食品 「カップヌードル」(コロ・チャー入り) ★★★★★(5)
04月25日(土) ヤマダイ 「凄麺きゃべ塩」 ★★★(3)

今週は話題性の多い商品が多かったですが、新登場の「コロ・チャー」が投入された新しい「カップヌードル」は、カップヌードルシリーズの新時代の到来を予感させました。カップヌードルがというよりも「コロ・チャー」が今週は一番おいしかったです。一方で、「汐留らーめん」の2点は、私にはどうも期待はずれに感じました。

◎来週発売のカップ麺(すべて4月27日(月)発売)

●購入済 ◎購入確実 ○購入予定 △購入微妙 ×購入予定なし
◎ 明星食品 「明星 ラーメンの底力 バリカタ細麺と濃厚とんこつ」 208円(税別) 全国
△ 日清食品 「日清でかっ! チキンラーメンカップ」 190円(税別) 全国
× 日清食品 「日清PASTA EXPRESS クリームマッシュルーム」 215円(税別) 関東甲信越先行発売
× 日清食品 「日清PASTA EXPRESS アラビアータ」 215円(税別) 関東甲信越先行発売
◎ 東洋水産 「マルちゃん 復刻版 焼そばバゴォーン 30周年記念品大盛」 190円(税別) 全国
○ エースコック 「新潟でみつけた 煮干背脂系醤油ラーメン」 220円(税別) 全国
× エースコック 「NOODLE GOO!しょうゆラーメン」 オープン価格 全国
× エースコック 「NOODLE GOO!みそラーメン」 オープン価格 全国
× エースコック 「NOODLE GOO!とんこつラーメン」 オープン価格 全国
× エースコック 「NOODLE GOO!しおラーメン」 オープン価格 全国

来週発売では、とんこつ好きとしては何と言っても「明星 ラーメンの底力 バリカタ細麺と濃厚とんこつ」に期待。明星ご自慢のスーパーノンフライ製法によるバリカタのノンフライ麺の威力をとても楽しみにしています。「焼そばバゴォーン」も絶対に食べたいと思っています。ただ今週はちょっと食べたいもの少ない。コンビニものに期待です。

昨日の歩数計:10142歩
1万歩達成するために日付変更間際につるほど一生懸命歩いた。ホントにギリギリだ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマダイ 「凄麺きゃべ塩」



小学校の頃よく食べていた「スーパーレモンキャンディ」。最近、周囲の人からよく貰います。復活したり終了したりを繰り返しているようですね。おそらく、同じくらい酸っぱい飴が普通に新商品として出ているんでしょうけど、さすがは元祖、いつになってもスーパーレモンキャンディが一番酸っぱいと思ってしまいます。そのあたり、いつになってもカップヌードルが一番売れている状況と似ているのかな。

今回のカップ麺は、ヤマダイの「凄麺きゃべ塩」。以前食べた「凄麺ザク切りキャベツ旨塩ラーメン」とよく似ているので後継商品かとも思いましたが、どうやら併売のようです。凄麺はキャラか被っている商品の併売が多いんですよね。辛味噌とか横浜豚骨醤油とか・・・。





スープは、チキンの旨みが出たベースのスープに野菜の甘みや香辛料を加えたとこのことですが、塩気と粗挽き黒胡椒の味が強くて、チキンの旨みはよくわかりませんでした。濃い塩気でオサーン好みなんですが、鶏の味を活かすには黒胡椒は邪魔のように感じました。あっさりしたしおラーメンを期待するとダメですが、私のようにしおラーメンの味がよくわからないような人には食べやすい味だと思います。

は、中太のノンフライ麺。凄麺シリーズのいつものゴリゴリとした食感の加水の多い麺で、塩気の強い麺に主張に負けない存在感があって良かったです。一方で凄麺シリーズはいつも同じ麺なので、またこの麺なのか~なんて気持ちにもなりました。

は、大量のキャベツ、ニンジン、ネギ。まるで漬物のような具ですが、本来なら感じられそうなキャベツの甘さも、スープの塩気と黒胡椒によってかき消されていました。量は良いんですが、今回は黒胡椒が完全に裏目に出ているように思えてなりません。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
こってり系のしおラーメンで、やわらかい味ではなくしお味と粗挽き黒胡椒が強い。鶏の旨みやキャベツの甘みは塩気や黒胡椒によってよくわからなくなってしまっていました。濃い味が好きな人にはオススメできそう。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「カップヌードル」(コロ・チャー入り)



今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル」。今回は、今まで使われていたダイスミンチに代わって、「コロ・チャー」が入りリニューアルされました。カップヌードルのダイスミンチにはファンが多いので、果たして「コロ・チャー」投入が吉と出るか凶と出るか、大勢の判断はできませんが、当ブログ的に判断してみたいと思います。





「カップヌードル」の「コロ・チャー」が入ったパッケージ。今回は定番商品のリニューアルということでまだまだお店の在庫が掃けていない様で、まだ多くの店ではリニューアル前の商品が並んでいます。目印は上の写真のようなコロ・チャー仕様のパッケージになっているので、お間違えのないように。



お湯を入れる前の「コロ・チャー」。今までのダイスミンチに比べるとひとまわり以上大きな塊が5個ほど入っています。しかし冷静に見ると、コロ・チャーよりもエビやタマゴが目立っているように見えるというところがカップヌードルの底力か。



スープは、今までと同じに感じるいつものカップヌードルのスープで、「コロ・チャー」投入による変化は特に感じませんでした。もう誰にでもわかりきった味ですが、でもこれは何味なんだ?と問われると、何の味だかよくわからない不思議なスープです。一応はしょうゆ味なのかな?食べ慣れているということで、非常に安心感のある味ですね。なんてありきたりなコメントだ(笑)。

麺は、いつものカップヌードルの麺だと言いたいところですが、なんか麺が細くなっている気がするんですけど気のせいですかね。いつものごとくの中細で平打ちの油揚げ麺なんですが、平打ちの厚みが薄くなっているように感じました。定番カップヌードルも日々進化しているということでしょうか。前の方がおいしかった気もしますが。

は、角切りチャーシューの新登場「コロ・チャー」、エビ、たまご、ネギ。まずコロ・チャーですが、これがまたスンゲーうまかったです。やや甘めな味付けの角切りチャーシューなんですが、お湯で半戻しにした状態のサクサク感も、お湯で完全に戻した後のジューシー感も、とてもおいしかったです。以前のダイスミンチも良いですが、今回の「コロ・チャー」は進化といって問題ないと思います。存在感もエビやたまごに負けてなかったです。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
新登場の「コロ・チャー」は、食感のとても良い角切りチャーシューでした。甘めの味付けもよく、ダイスミンチに代わる正当進化だと思います。もうカップヌードルでもダイスミンチは食べられないのかと思うと寂しさもありますが、今回の「コロ・チャー」は長く愛される具だと思います。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「汐留らーめんたて型 汐留進麺」



今回のカップ麺は、昨日に引き続き、日清食品と「ズームイン!!SUPER」の共同開発による「汐留らーめんたて型 汐留進麺」。日本テレビの「ズームイン!!SUPER」の中から生まれたラーメン店「汐留らーめん」の限定新メニューの味を再現したものになります。昨日の「汐留らーめんたて型 汐留味」が思いの外イマイチだったので、ノンフライ麺の今回こそ期待です。





スープは、「鶏と豚をベース特製オイルで仕上げる香味白湯」とのことですが、香味はあまり感じず、鶏由来のやわらかさを感じるしお味のスープでした。それほど特徴があるとは思えない味ですが、昨日のスープに比べるとうまいかな。人気の汐留らーめんの店の味はこんなんじゃないんだろうなと思いつつ飲みました。どうも昨日も今日もパッとしない感じです。

は、平打ちで中細のノンフライ麺。つるみと弾力のある加水の多い麺で、油揚げ麺に比べて主張は小さく、同じく主張の小さいスープの邪魔をせず、調和が取れていました。やっぱりあっさり味のスープには油揚げ麺よりもノンフライ麺があいますね。ただ麺がだいぶ少なくて物足りなかったです。

は、牛肉、ニンジン、ネギ、チンゲン菜、細切りポテト。どの具も存在感ない少ない量でしたが、牛肉がうまかったです。スープがあっさり味で、牛肉の味が結構目だっていました。もっと牛肉に特化して「牛肉ラーメン」ってな感じにした方が特徴が出てうまかったんじゃないですかねぇ。スープと牛肉の相性はとても良かったです。

オススメ度(標準は3です)
★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2)
昨日の「汐留らーめんたて型 汐留味」同様、あんまり期待通りの味とはいえなかったけど、油揚げ麺よりは今回のノンフライ麺のほうが良かったし、具の牛肉がスープとなかなかのマッチングを見せていたプラスとあまりに少ない量を考慮してこの評価。本物の汐留らーめんってどんな味なんだろうと気になる味でした。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「汐留らーめんたて型 汐留味」



今回のカップ麺は、日清食品と「ズームイン!!SUPER」の共同開発による「汐留らーめんたて型 汐留味」。日本テレビの「ズームイン!!SUPER」の中から生まれたラーメン店「汐留らーめん」の味の再現ものになります。「ズームイン!!SUPER」30周年を記念した企画のようです。私は「汐留らーめん」の名前こそ知っているものの行ったことがなく、また以前出ていたカップ麺も食べたことがないので、今回初めて味わうことになります。汐留味ってなんでしょうね?


あんかけかと思って溶かさずに撮りましたが、ただのスープの塊でした(笑)

スープは、「豚と鶏をベースにスルメを効かせた個性的な和風醤油」味とのことですが、私には主張の小さい平凡なしょうゆ味にしか感じられませんでした。確かに湯気からはほんのりとスルメの香りが漂う気がしますが、味にはほとんど影響を及ぼすことはなく、今回のこのスープのウリが何なのかよくわかりませんでしたね。残念ながらイマイチでした。

は、平打ちで細めの油揚げ麺。カップヌードルの麺をちょっと細くした感じでしょうか。この麺特有の主張の強さがあり、弱いスープとのマッチングはあまり良いとは思いませんでした。丸麺にした方が良かったように感じました。

は、チャーシュー、メンマ、ネギ、チンゲン菜。こまごまと色々入っていた印象はありますが、どれもインパクトはイマイチでしたかね。日清の縦型カップ麺はもっと具だくさんな印象があるんですが、今回は残念ながら物足りなかったです。

オススメ度(標準は3です)
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆(1)
商品名のインパクトが強いので期待が大きかったこともあると思うんですが、味的には残念な一杯でした。スープに入っているというスルメをもっと強く前に押し出した方が良かったんじゃないかなと思います。現状、割高だけど特徴のないラーメンといった感じでしたね。★1と★2の間くらいだけど、期待が大きかった分ちょっと厳しめに。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © カップ麺をひたすら食いまくるブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます