2008年06月の記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

月別アーカイブ:2008年06月

2008年06月の記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2008-06-30 カップ麺発売予定・定例報告
6月は毎日更新することができました。毎日更新するというのはこのブログどころか人生で初めての経験で、おそらくはもう2度とないことだと思います(笑)。全部で38杯のカップ麺を食べました。ちょっと食べすぎなので、来月はもうちょっと抑えながら、他のものの記事も書きながらで毎日更新を目指したいと思います。今月から定例報告ではカップ麺のみを取り扱い、「今月のMVP」は「今月の一杯」と改め、近い発売のものから選出した...

記事を読む

2008-06-30 カップ麺
宝塚記念ですが、昨日書いた私の本命馬エイシンデピュティが勝ちました。しっかり馬券も取りましたよ、ちょい儲けくらいでしたけど。ダービーの時も書いて当たったので、このブログに予想を書くと当たるのかもしれないですね。内田博幸騎手は中央移籍後GⅠ初勝利でしたが、あの騎手が追うとホントよく伸びますね。直線入ってもうダメかと思いましたが、あそこからもう一伸びしたのはやっぱり騎手の力でしょう。自分が馬主ならば何が...

記事を読む

2008-06-29 カップ麺
明日はいよいよ宝塚記念。今年のメンバーは小粒ですが、それでもやっぱり「あなたのそして私の夢が走っています」。今年の私の夢は、エイシンデピュティ。南関の雄だった内田博幸騎手が日本のトップジョッキーになる日だと思います。相手は、カンパニーを中心に手広く。穴狙いでいきますよ。 さて今回は、6月30日発売予定の東洋水産(マルちゃん)の「沖縄風ソース焼そば」。運良く発売日前に手に入ったので早速食べてみました...

記事を読む

2008-06-28 カップ麺
今回はサンヨー食品の「サッポロ一番 あっさりハーブ×鶏塩らーめん」。今月9日の発売なのでもう店で並んでいるのをあんまり見なくなってしまいましたが、スーパーで見つけたので食べてみました。 スープは半透明な黄色で油が浮いています。しおラーメンとしてはコッテリしているイメージを持ちます。緑色のネギやバジル等が加わることにより、きれいな彩りになりました。味ですが、鶏ダシがしっかり効いていて、表面の油...

記事を読む

2008-06-27 カップ麺
コンビニに行くと必ずカップ麺コーナーを見るのですが、同時によく見るのがデザートコーナーとパンコーナーと乳飲料(紙パック飲料)コーナーです。サークルKサンクスのシェリエドルチェやファミリーマートのスイーツプラスはアツいですね。パンはセブンイレブンのがいいかな。紙パック飲料コーナーの野菜ジュース系は、栄養が偏りがちなカップ麺ハンターには必須のアイテムで、いろいろ飲んでいます。野菜成分が濃くなっていくと...

記事を読む

2008-06-26 カップ麺
カップラーメンならば「カップヌードル」、カップうどん・そばならば「赤いきつねと緑のたぬき」や「日清どん兵衛」、カップ焼そばならば「ぺヤング」、即席袋麺ならば「チキンラーメン」や「サッポロ一番」、どれもジャンルの中では聖域視もしくは別格視される特別な存在だと思います。ではカップ麺の「チキンラーメン」はどうなんでしょう?元祖即席麺として名高い「チキンラーメン」ですが、カップ麺になったのはそんなに昔の話...

記事を読む

2008-06-25 カップ麺
最近、右肩が痛くて、軽く投手生命の危機に立たされているオサーンです。野球してないのに。四十肩ならぬ三十肩なんですかねぇ。なんとなく、前半戦を2軍生活で終えた巨人の上原投手の気持ちがわかった気がしました(ホントか?)。 さて今回も「炎の辛口シリーズ」から、日清食品の「日清焼そばU.F.O. 辛口ソースカレー」です。こういう企画ものはブログのためについつい食べてしまうのですが、できればあまり油揚げ麺を食べた...

記事を読む

2008-06-24 カップ麺
帰りの電車の中での出来事。乗っていた電車が駅のホームに止まって、ドアが開くのかなと思っていたら、ガタンといって少し進んでまた止まる、それが2駅続きました。おそらく新人運転手さんかなんかで、定位置に止まれなかったのでしょう。普段はすんなり止まってまた動く電車を当たり前だと思っているし、一昔前に流行った「電車でGO!」で遊んでた時もホームに止まるのがこんな難しいわけねーだろと思ってたんですが、なかなか難...

記事を読む

2008-06-23 カップ麺
副都心線はいきなりしくじりましたね。池袋~新宿のど真ん中~渋谷を結ぶ一大動脈としての期待と注目を集めたので、ボロが出るとどうしても目立っちゃいますね。東急との相互乗り入れが始まれば今以上にごった返す線になるんでしょうし、問題が早いうちに表面化したのはかえって良かったんでしょう。 さて今回は、オリンピック応援企画商品の、日清食品の「カップヌードル 辛口レッドペッパー」です。運良く発売前に手に入れら...

記事を読む

No Image

2008-06-23 カップ麺発売予定・定例報告
●購入済 ◎期待大 ○購入予定 △購入微妙 ×購入予定なし 2008年6月23日(月)発売 ◎ 明星食品 「明星 美味しさ新発見 濃旨 ペッパー醤油味」 205円(税別) 全国 ● 日清食品 「カップヌードル 辛口レッドペッパー」 170円(税別) 全国 ● 日清食品 「日清のどん兵衛 辛口担担うどん」 170円(税別) 全国 ○ 日清食品 「日清焼そばU.F.O. 辛口ソースカレー」 170円(税別) 全国 ● 日清食品 「チキンラーメンどんぶり 辛口スパイ...

記事を読む

月例報告 ★の数で振り返る2008年6月

6月は毎日更新することができました。毎日更新するというのはこのブログどころか人生で初めての経験で、おそらくはもう2度とないことだと思います(笑)。全部で38杯のカップ麺を食べました。ちょっと食べすぎなので、来月はもうちょっと抑えながら、他のものの記事も書きながらで毎日更新を目指したいと思います。今月から定例報告ではカップ麺のみを取り扱い、「今月のMVP」は「今月の一杯」と改め、近い発売のものから選出したいと思います。

それでは、今月の★の数はこんな感じでした。

★10個
・該当なし
★9個
・該当なし
★8個
日清食品 「日清 行列のできる店のラーメンカップ 博多長浜 白濁トロとんこつ」
★7個
日清食品 「日清のとんがらし麺 熟辛イタリアン」
サンヨー食品 「サッポロ一番 あっさりハーブ×鶏塩らーめん」
★6個
明星食品 「復刻版 めん吉ラーメン どんぶりくん しょうゆ」
日清食品 「日清 行列のできる店のラーメンカップ 和歌山 特濃!トロ豚骨しょうゆ」
日清食品 「日清 行列のできる店のラーメンカップ 札幌 旨脂みそトロスープ」
★5個
エースコック 「スーパーカップ 大盛りいか塩焼そば」
明星食品 「豚とろ 焦がしとんこつ醤油ラーメン」
日清食品 「日清 行列のできる店のラーメン 仙台 辛みそ旨トロスープ」
日清食品 「日清 行列のできる店のラーメン 鹿児島旨トロ鶏とんこつ」
日清食品 「日清のまぜそば屋 汁なし麺」
日清食品 「日清焼そばU.F.O. 辛口ソースカレー」
東洋水産 「ちゃんぽん麺焼そば」
★4個
ヤマダイ 「凄麺スタミナとんこつ」
エースコック 「ラーメンコラボレーション企画 濃厚チーズ豚骨ラーメン」
十勝新津製麺 「SPA! 創刊20周年特別企画 旨塩らーめん」
日清食品 「日清 こくカレーうどん」
日清食品 「ガテン系まぜそば」
ヤマダイ 「激辛ジャンクねぎラーメン」
ヤマダイ 「凄麺つけ麺」
エースコック 「ラーメンコラボレーション企画 濃厚チーズまぜメン」
加ト吉 「鹿児島三平らーめん監修 黒味噌らーめん」
サンヨー食品 「フライドオニオン香る塩とんこつ」
明星食品 「明星 飲茶三昧Rich! ワンタン トマト酸辣湯」
明星食品 「美味しさ新発見 濃旨 ペッパー醤油味」
★3個(標準)
日清食品 「日清名店仕込み らーめん山頭火 旭川とんこつ塩味」
エースコック 「NARUTO -ナルト- 疾風伝 一楽ラーメン とんこつ味」
日清食品 「カップヌードル ブラジリアンチキンヌードル ビッグ」
日清食品 「日清 豚キムチ」
日清食品 「日清のどん兵衛 辛口担担うどん」
日清食品 「チキンラーメンどんぶり 辛口スパイシーチリ」
東洋水産 「沖縄風ソース焼そば」
★2個
ヤマダイ 「凄麺酸辣湯麺(スーラータンメン)」
東洋水産 「辛い赤カレーうどん」
明星食品 「明星 ぶぶか 油そば」
日清食品 「カップヌードル 辛口レッドペッパー」
★1個
ヤマダイ 「凄旨 キャベツ盛り豚そば 豚骨醤油味」
東洋水産 「旨コク 濃厚醤油とんこつ」
★0個
・該当なし

今月は、新発売じゃないものを含め「行列のできる店のラーメン」シリーズをたくさん食べました。特においしかったのは、日清食品 「日清 行列のできる店のラーメンカップ 博多長浜 白濁トロとんこつ」で、カップ麺としてはこれ以上ないくらいの本格的なとんこつラーメンでした。しかし、発売されてから日が経っているので、「今月の一杯」かは除外します。

今月は、焼そば、カレーうどん、チーズ系企画、辛口企画とバリエーションに富んでいましたが、辛味と酸味のバランスが絶妙だった日清食品 「日清のとんがらし麺 熟辛イタリアン」と、しっかりとした鶏ダシの塩味とバジルの味が印象的だったサンヨー食品 「サッポロ一番 あっさりハーブ×鶏塩らーめん」が最も心に残っています。だいぶ考えましたが値段とインパクトを重視し、日清食品 「日清のとんがらし麺 熟辛イタリアン」を「今月の一杯」に選出します。私の好きなラーメンはとんこつなのですが、とんこつとはかけ離れたラーメンの争いになったのは面白かったです。



今月発売なのに、楽しみにしている、エースコック 「九州麺喰い旅 薩摩流とんこつラーメン」など記事を書くのは来月に持ち越しになってしまう商品が多くて歯痒いですが、来月もまたアツいカップ麺がたくさん出てきそうです。皆さんがおいしい物にたくさん巡り会えますように。来月もまたよろしくお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋水産 「ちゃんぽん麺焼そば」



宝塚記念ですが、昨日書いた私の本命馬エイシンデピュティが勝ちました。しっかり馬券も取りましたよ、ちょい儲けくらいでしたけど。ダービーの時も書いて当たったので、このブログに予想を書くと当たるのかもしれないですね。内田博幸騎手は中央移籍後GⅠ初勝利でしたが、あの騎手が追うとホントよく伸びますね。直線入ってもうダメかと思いましたが、あそこからもう一伸びしたのはやっぱり騎手の力でしょう。自分が馬主ならば何が何でも内田騎手に乗ってもらいたいなぁと、絶対馬主になれるわけないのに思いました。

さて今月最後に取り上げるカップ麺は、東洋水産の「ちゃんぽん麺焼そば」です。前回の「沖縄風ソース焼そば」の兄弟商品で、6月30日発売の新商品を一足早く食べることができました。





ソースはおそらく鶏ベースが豚も入っていると思われますが、本当にちゃんぽんっぽい味がします。あっさりした塩味なんですが、塩焼そばとも異なる新しい焼そばの味でした。ほんのりとコショウの香りもしておいしかったです。カップ焼そばの味が苦手な私でもすんなりと食べられました。

麺は太くて丸い油揚げ麺。東洋水産(マルちゃん)の焼そばの麺はコシがなくてやわらかいものが多いのですが、この麺は歯応えがあって焼そばっぽくなく、商品名どおりちゃんぽんの麺でした。これもおいしかったです。ソースとの相性も良かったです。まぁ、ちゃんぽんの味にちゃんぽんの麺だから当たり前と言えば当たり前なんですが。

具は、キクラゲとキャベツと魚肉ソーセージとニンジン。コリコリしたキクラゲがたくさん入っていて良かったです。魚肉ソーセージもおいしかったです。彩りもきれいでした。焼そばなのに本当にちゃんぽんの具ですね。

企画の勝利というか、焼そばにちゃんぽんを融合するという試みがうまくいった感じですね。後は当たり前のようにちゃんぽんの味にしてちゃんぽんの麺にしてちゃんぽんの具にした感じ。ただ、この商品は九州限定で以前からあったようですね。それに、長崎では焼そばをちゃんぽんの麺で作るのは一般的なことのようです。私には斬新でしたが、意外と新しさはない商品なのかもしれません。でもとても気に入りました。おいしかったです。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
焼そばをちゃんぽんにしてしまうという企画の勝利。麺の歯応えが良くておいしかった。

品名:ちゃんぽん麺焼そば
メーカー:東洋水産
カロリー:491kcal
麺種類:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(かやく・ソース)
定価:税別170円
取得価格:税込138円(ホクノースーパー)

今回の記事で、6月は毎日更新することができました。どうもありがとうございました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋水産 「沖縄風ソース焼そば」



明日はいよいよ宝塚記念。今年のメンバーは小粒ですが、それでもやっぱり「あなたのそして私の夢が走っています」。今年の私の夢は、エイシンデピュティ。南関の雄だった内田博幸騎手が日本のトップジョッキーになる日だと思います。相手は、カンパニーを中心に手広く。穴狙いでいきますよ。

さて今回は、6月30日発売予定の東洋水産マルちゃん)の「沖縄風ソース焼そば」。運良く発売日前に手に入ったので早速食べてみました。マルちゃんの焼そばといえば北海道限定の「焼そば弁当」を思い浮かべるのですが、私は正直これの味が好きではありません。小さい頃から慣れ親しんだ味なのですが、麺がふにゃふにゃでしかもカップ麺特有の臭さがあって、昔からおいしいと思って食べたことがありません。そのマルちゃんの創作焼そばということで、もう文句いう気満々で食べてみた次第です(笑)。





ソースは少し甘みがあります。HPによればケチャップの味だそうですが、はてケチャップの味だったのかな?基本的に普通のソースの味なんですが、甘さと酸っぱさも感じられるなかなかおいしい味でした。ただ、ご飯とあう感じではないですね。ってか、ご飯と一緒に食べたくなるのって私だけですかね?

麺は幅広で平打ちの油揚げ麺。マルちゃんの他の焼そばと違って、少々歯応えがあって良かったです。ただ、特有の油揚げ麺の匂いは強く感じられるので、そこは減点ですね。具は、肉ミンチとキャベツとニンジン。肉ミンチは何かいつもと違う感じでおいしかったです。キャベツは可もなく不可もなく、ニンジンは存在感ゼロで彩を添える程度でした。

全体として、ソースに甘さのある新しい味でなかなか良かったですが、麺の臭さが気になって手放しでは喜べませんでした。ただ、この味が好きな人もたくさんいるんですよね。味覚ってホント人それぞれです。母に一口あげたら大絶賛でした。母の意見も参考にしてあげてください(笑)。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
甘いソースでなかなかおいしかったが、果たしてどこが沖縄なんだろうか?たまには食べたい味かな。

品名:沖縄風ソース焼そば
メーカー:東洋水産
カロリー:512kcal
麺種類:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(かやく・液体ソース)
定価:税別170円
取得価格:税込138円(ホクノースーパー)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンヨー食品 「サッポロ一番 あっさりハーブ×鶏塩らーめん」



今回はサンヨー食品の「サッポロ一番 あっさりハーブ×鶏塩らーめん」。今月9日の発売なのでもう店で並んでいるのをあんまり見なくなってしまいましたが、スーパーで見つけたので食べてみました。





スープは半透明な黄色で油が浮いています。しおラーメンとしてはコッテリしているイメージを持ちます。緑色のネギやバジル等が加わることにより、きれいな彩りになりました。味ですが、鶏ダシがしっかり効いていて、表面の油も相まって商品名に「あっさり」と付く割にはコッテリ感がありました。塩味もしっかりしています。その上で、ほんのりとバジルの味がして、新しい味わいとなっています。もうちょっとハーブ系の味を強く感じられると良かったですが、それでもかなり印象に残るとてもおいしい味でした。

麺はかなり黄色い中細のノンフライ麺。コシがしっかりあって食感がよく、その上でしっとり感のあるこれまたおいしい麺です。この細さでうまくしおスープを拾い上げてくれるので、スープとの相性もバツグンですね。素晴らしいです。

具は鶏肉とネギ、玉ねぎ、バジルなど各種ハーブ、唐辛子。鶏肉と玉ねぎはとても効果的にスープを演出してましたね。特に玉ねぎの甘さが単調になりがちなしおのスープに別の味を加えていて良かったです。

こうしてみると、特に欠点が見当たらず、その上新しい味にもなっているので、本当に素晴らしい商品だと思います。特にスープと麺のバランスが良く、何杯でも食べたいと思いました。常々、サンヨー食品(サッポロ一番)のカップ麺とは相性が悪いと思っていましたが、今回は違いましたね。新しい風を運んでくれるとてもおいしいラーメンでした。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★★☆☆☆(7)
しっかりした鶏ダシのスープが絶品。麺もおいしく、スープと麺のバランスにも優れている。もうちょっとハーブの味が欲しかったところだが、新しいしおラーメンとしてとても満足する味だった。

品名:サッポロ一番 あっさりハーブ×鶏塩らーめん
メーカー:サンヨー食品
カロリー:363kcal
麺種類:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(あとのせかやく・あといれ液体スープ・あといれ特製スープ・特製ふりかけ)
定価:税別200円
取得価格:税込198円(西友)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明星食品 「美味しさ新発見 濃旨 ペッパー醤油味」



コンビニに行くと必ずカップ麺コーナーを見るのですが、同時によく見るのがデザートコーナーとパンコーナーと乳飲料(紙パック飲料)コーナーです。サークルKサンクスのシェリエドルチェやファミリーマートのスイーツプラスはアツいですね。パンはセブンイレブンのがいいかな。紙パック飲料コーナーの野菜ジュース系は、栄養が偏りがちなカップ麺ハンターには必須のアイテムで、いろいろ飲んでいます。野菜成分が濃くなっていくと、結局どれもトマトケチャップの味に感じてしまうのは私だけでしょうかね?

さて今回は、やっと「炎の辛口シリーズ」から抜け出し、今週一番楽しみにしていた明星食品の「美味しさ新発見 濃旨 ペッパー醤油味」です。ラーメンデータバンクの大崎さんというオッサンの監修する製品で、大阪・高井田系のラーメンということだそうです。高井田とは東大阪市にある地域の旧名称で、その界隈に多くあるラーメン屋さんの味を「高井田系」というそうです。うどんのような麺に濃い口の醤油味を特徴としていて、一杯の値段が安いのも特徴のようです。





さて味ですが、スープは透明がかったきれいな濃い色の醤油色。まろやかなしょうゆ味を想像して一口いくと、こりゃ大変なコショウ味。辛さも酸っぱさも感じる猛烈なコショウ味で、しょうゆスープの深い味わいなんてあるんだかないんだかよくわかりません。かろうじてしょうゆ味だということがわかる程度ですね。私はコショウ味のスープが嫌いじゃないので、少々キツくてもおいしいと感じましたが、もうちょっとしょうゆスープの味がわかるようにして欲しかったです。

麺はかなり太いノンフライ麺。非常にモチモチしていて食感も他にない感じで、とてもおいしかったです。細いとコショウをたくさん拾ってしまうので、これくらいの太さがちょうど良いんでしょうね。味も歯応えもコショウに負けない存在感を示していました。

具は、チャーシューとネギとメンマ。大量のネギはコショウスープに一味添えていて良かったと思います。また、メンマも良い香りを発していました。ただチャーシューが、210円のカップ麺とは思えない貧相さでした。私はスープと麺がおいしければそれで満足なので別に良いのですが、物足りないと思う方も多いかと思われます。

全体的に、コショウに引っ張られすぎて、高井田系ラーメンの本質がよくわからず食べ切ってしまった感じです。これはこれでおいしいのですが、実際の高井田系ラーメンの本質はこのコショウではないと思うのです。もうちょっとしょうゆスープの味がわかると良かったです。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
コショウラーメンと考えるとおいしいが、もうちょっとスープの味を感じたかった。麺は太くてモチモチでとてもおいしい。高井田系ラーメンってホントこんな感じなのだろうか?

品名:明星 美味しさ新発見 濃旨 ペッパー醤油味
メーカー:明星食品
カロリー:326kcal
麺種類:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(かやく・あとのせかやく・液体スープ・粉末スープ)
定価:税別210円
取得価格:税込215円(ローソン)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「チキンラーメンどんぶり 辛口スパイシーチリ」



カップラーメンならば「カップヌードル」、カップうどん・そばならば「赤いきつねと緑のたぬき」や「日清どん兵衛」、カップ焼そばならば「ぺヤング」、即席袋麺ならば「チキンラーメン」や「サッポロ一番」、どれもジャンルの中では聖域視もしくは別格視される特別な存在だと思います。ではカップ麺の「チキンラーメン」はどうなんでしょう?元祖即席麺として名高い「チキンラーメン」ですが、カップ麺になったのはそんなに昔の話じゃないですよね。だいたい、私が思うチキンラーメンの一番おいしい食べ方は、袋の状態で上から叩いて砕いて、そのままお湯を入れずにバリボリやってしまう食べ方なんですよね。そんな奴がこれからチキンラーメンのレビューをしようと言うんだから笑っちゃいますよねー。

そんなわけで今回も「炎の辛口シリーズ」から、日清食品の「チキンラーメンどんぶり 辛口スパイシーチリ」です。イマイチ私にチキンラーメンの味が理解できるのか不安なんですが・・・。





スープは基本的にいつものチキンラーメンです。チキンラーメンはこの味ありきの商品なので、この味はもう変えようがないんでしょうね。強い味なので、他に何を入れようとも新しい風なんぞは吹きやしません。でも、輪切りの唐辛子やチリパウダーでピリッとする辛さがあり、これがチキンラーメンのスープとマッチすることでちょっとクセになる味を生み出しています。たいしておいしいと思って食べていたわけではないのですが、ついつい全部飲み干してしまいました。

麺はいつものチキンラーメンの油揚げ麺。お湯で戻してもスナック菓子みたいな味しますよね。これが好きな人は好きなんでしょうけど、私はお湯で戻さない方がおいしいと思うんですが、どうなんでしょうね?

具は、カキタマ、揚げナス、鶏肉ミンチ、ネギ、輪切りの唐辛子が入っていたんですが、存在感あったのはカキタマと揚げナスと唐辛子で、入ってて良かったと思うのは唐辛子だけでしたね。揚げナスはおいしかったんですがスープと合わない感じがし、カキタマはカップのチキンラーメンシリーズには必ず入っていますが、そもそもこれってチキンラーメンのスープにマッチしてるんですかね?袋麺のチキンラーメンもあわせて、メーカーがやたら押してくるたまごとの相性があまり良いとは思えないのは私だけなんでしょうかねぇ?こういう疑問が沸いてくること自体、名高きチキンラーメンを信奉していない証なんでしょうね。ただ、唐辛子とこのスープとの相性は悪くないなと感じました。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
チキンラーメンのスープに唐辛子が合うのは新しい発見だが、だからと言ってそんなおいしいとは思えませんでした。チキンラーメン以上でも以下でもない、チキンラーメンはやっぱりチキンラーメンでした。

品名:チキンラーメンどんぶり 辛口スパイシーチリ
メーカー:日清食品
カロリー:374kcal
麺種類:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(かやく)
定価:税別170円
取得価格:税込168円(セイコーマート)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清焼そばU.F.O. 辛口ソースカレー」



最近、右肩が痛くて、軽く投手生命の危機に立たされているオサーンです。野球してないのに。四十肩ならぬ三十肩なんですかねぇ。なんとなく、前半戦を2軍生活で終えた巨人の上原投手の気持ちがわかった気がしました(ホントか?)。

さて今回も「炎の辛口シリーズ」から、日清食品の「日清焼そばU.F.O. 辛口ソースカレー」です。こういう企画ものはブログのためについつい食べてしまうのですが、できればあまり油揚げ麺を食べたくないのでノンフライ麺でやってもらいたいなぁと思います。売れ線商品でやろうとするとしょうがないんでしょうけどね。





ソースは、カレー味と普通のソース味の両方同じくらい強い感じで、カレー焼そばならば想定範囲の味でしょうか。それにカレースパイスをふりかけるのですが、これがカレー粉特有の苦さが出ていて本格的な感じがしました。辛口と謳うには物足りない辛さではありますが、なかなか良く考えられた味だなぁと感心しました。おいしかったです。

麺は、他のUFOシリーズを注意して食べたことがないのでよくわからないのですが、少しボソボソの水分が足りないすべりの悪い感じの麺で、これが意図的なのか否かはわかりませんが、本物の焼そばっぽさをよく再現できている麺だと思います。ただ、本当においしい焼そばの麺は別にボソボソしてないので、家庭の火力の弱いホットプレートで作った焼そばを再現しているという感じでしょうかね。

具は、キャベツと豚肉と赤ピーマン(レッドベル)が入ってるのですが、豚肉とレッドベルはほとんど存在感なかったです。キャベツは、スパイスの効いたソースとあまり合わない感じの甘さを出していてあまり必要性を感じませんでした。焼そばだからキャベツなんでしょうが、思い切ってジャガイモとか入れてみたらもっとおいしかったのになぁと思いました。

これが170円の商品だということを考えると、とてもよくできた味だと思います。考えられたスパイスの風味と、焼そばらしい麺の構成は、今後この商品が定番化してもなんら不思議ではありませんね。今までノーマークでしたが、UFOシリーズは他の商品も食べてみたいと思いました。おいしかったです。来週発売の「日清焼そばU.F.O. 極太 海鮮ガーリック&粗塩入りふりかけ付」にも期待ができそうです。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
辛さはそれほどないものの、スパイスの味が本格的でおいしかった。麺も再現性が高くて良くできていた。

品名:日清焼そばU.F.O. 辛口ソースカレー
メーカー:日清食品
カロリー:570kcal
麺種類:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体ソース・カレースパイス)
定価:税別170円
取得価格:税込168円(セイコーマート)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清のどん兵衛 辛口担担うどん」



帰りの電車の中での出来事。乗っていた電車が駅のホームに止まって、ドアが開くのかなと思っていたら、ガタンといって少し進んでまた止まる、それが2駅続きました。おそらく新人運転手さんかなんかで、定位置に止まれなかったのでしょう。普段はすんなり止まってまた動く電車を当たり前だと思っているし、一昔前に流行った「電車でGO!」で遊んでた時もホームに止まるのがこんな難しいわけねーだろと思ってたんですが、なかなか難しい技術なんでしょうね。

さて今回は、前回の「カップヌードル 辛口レッドペッパー」に続いて同じオリンピック応援企画(正式名は「炎の辛口シリーズ」というらしいです)、日清食品の「日清のどん兵衛 辛口担担うどん」です。普段は油揚げ麺があまり好きではないくせに、うどんとそばに関しては油揚げ麺大好きで、その上担々麺も好きなので期待してしまいます。





スープは、担々麺らしくラー油の油が浮いていて、ベースは白いです。この商品に限らず、日清の担々麺のスープは白いですね。ゴマの香りと和風ダシの香りがしますが、食べてみるとなんだかどちらも中途半端な感じがします。和風に作ろうとするとゴマの香りが邪魔になるんだろうなと推測しつつ、思い切って徹底的に担々麺らしくした方が良かった気がします。ただ、辛味はほどほどにあって思ったよりは辛かったです。でも、どん兵衛という商品の対象は広いので、すごい辛さではないです。開発者の腐心が見てとれるスープですが、ゴマと和風ダシと辛さの落としどころを見つけるのが難しかったんだろうなと思いました。

麺はいつものうどんの油揚げ麺ですが、これはうまいです。私としては、堅いうちに食べ始めるのが好きなんですが、ノビてもおいしい麺ですね。具は肉ミンチやチンゲン菜など。担々麺としてはそんなに存在感のある具ではなかったです。

決してまずかったわけではないですが、うどんなので無理に和風を残そうとしたばかりに全方向に中途半端になってしまった感じがしました。そう考えると、カレーってのはうどんとも和風ダシともぴったりマッチする素晴らしい味なんだなぁと改めて思います。今回の「炎の辛口シリーズ」は北京オリンピックの応援企画とはいっても別段中国料理縛りではないので、激辛カレーうどんでも良かったんじゃないかなぁ。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
スープに担々とも和風ともつかない中途半端感はあったが、全体としてそれなりにまとまっている味。

品名:日清のどん兵衛 辛口担担うどん
メーカー:日清食品
カロリー:429kcal
麺種類:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・かやく)
定価:税別170円
取得価格:税込168円(セイコーマート)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「カップヌードル 辛口レッドペッパー」



副都心線はいきなりしくじりましたね。池袋~新宿のど真ん中~渋谷を結ぶ一大動脈としての期待と注目を集めたので、ボロが出るとどうしても目立っちゃいますね。東急との相互乗り入れが始まれば今以上にごった返す線になるんでしょうし、問題が早いうちに表面化したのはかえって良かったんでしょう。

さて今回は、オリンピック応援企画商品の、日清食品の「カップヌードル 辛口レッドペッパー」です。運良く発売前に手に入れられたので早速食べてみました。前回のオリンピック応援商品の「カップヌードル 四川風担々」が本当においしかったのでこちらも期待です。



スープは唐辛子とコショウの効いた味で、辛さを除けばノーマルカップヌードルに似ています。しかし、別にそれほど辛いわけではなく、その上、ノーマルカップヌードルほどスープに深みがあるわけでもなく、何とも中途半端な印象でした。カロリー見比べると、ノーマルカップヌードルの方がカロリー高いんです。この辺りに、スープの深みに差が出る所以があるのかもしれません。

麺はいつものカップヌードルの麺。私は油揚げ麺があまり好きではないのですが、カップヌードルの麺は不思議と受け入れられます。なんだか独特のおいしさなんですよね。そして具は、ノーマルカップヌードルと同じく、たくさんのエビ、たまご、肉ミンチ、そして椎茸など。このエビはホントおいしいですね。椎茸もスープに味が浸透していてなかなか良かったです。

具はおいしかったので、もうちょっとスープを頑張ってくれれば良かったですね。深みやコクがあれば良かったのですが、ずいぶんサラッとしていました。これならばノーマルカップヌードルの方がおいしいかな。まぁ、期間限定ですぐ食べられなる商品だと思うので、1回は食べてみても良いと思います。

オススメ度(標準は3です)
★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2)
スープは辛さも深みも物足りなかった。具がおいしかっただけに残念。

品名:カップヌードル 辛口レッドペッパー
メーカー:日清食品
カロリー:315kcal
麺種類:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税別170円
取得価格:税込168円(セイコーマート)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年6月後半発売の主なカップ麺

●購入済 ◎期待大 ○購入予定 △購入微妙 ×購入予定なし
2008年6月23日(月)発売
◎ 明星食品 「明星 美味しさ新発見 濃旨 ペッパー醤油味」 205円(税別) 全国
● 日清食品 「カップヌードル 辛口レッドペッパー」 170円(税別) 全国
● 日清食品 「日清のどん兵衛 辛口担担うどん」 170円(税別) 全国
○ 日清食品 「日清焼そばU.F.O. 辛口ソースカレー」 170円(税別) 全国
● 日清食品 「チキンラーメンどんぶり 辛口スパイシーチリ」 170円(税別) 全国
× 東洋水産 「本気盛(マジモリ)”濃いめ”醤油味」 190円(税別) 全国
△ エースコック 「スーパーカップEX 灼熱の麻婆麺」 190円(税別) 全国
× ヤマダイ 「野菜盛りねぎ醤油ラーメン」 140円(税別) -
× ヤマダイ 「野菜盛りもやし味噌ラーメン」 140円(税別) -
△ サンヨー食品 「サッポロ一番 トマたまラーメン」 170円(税別) 全国
2008年6月30日(月)発売
◎ 日清食品 「日清焼そばU.F.O. 極太 海鮮ガーリック&粗塩入りふりかけ付」 170円(税別) 全国
◎ 日清食品 「日清具多 GooTa とろ叉焼麺」 170円(税別) 全国
○ 東洋水産 「沖縄風ソース焼そば」 170 円(税別) -
○ 東洋水産 「ちゃんぽん麺焼そば」 170 円(税別) -
× 東洋水産 「とろみ仕立ての白担々麺」 190円(税別) -
◎ エースコック 「九州麺喰い旅 薩摩流とんこつラーメン」 240円(税別) 全国
△ 寿がきや食品 「牛だし新味醤油らーめん」 - -
※コンビニ限定商品とサンヨー食品(サッポロ一番)は発売予定が至近に迫らないとわからないため除外。

月初めに更新した今月発売分カップ麺に、日清食品などの新たに発売が発表された分を付け加えました。新たに加わった中では、日清食品「日清焼そばU.F.O. 極太 海鮮ガーリック&粗塩入りふりかけ付」に注目しています。ドン・フライが大好きだからではなく(一番好きな格等家ですが)、今月食べた「いか焼そば」の塩が殊の外おいしかったので、こっちはどうなんだろうと注目しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © カップ麺をひたすら食いまくるブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます