2006年09月の記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

月別アーカイブ:2006年09月

2006年09月の記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2006-09-28 お菓子
ロッテの「ポッキーキラー」こと、トッポのミルクプリンです。ポッキーやフランがプレッツェルにチョコがかかっているのに対し、このトッポシリーズは筒状のプレッツェルの中にチョコが入っています。好みは人それぞれでしょうが、私はこのトッポの方式が好きになれません。一口目を口に入れた時に最初にする味がスナック味になってしまうというのが好きになれない理由です。さらに、そのプレッツェルが硬くて口の中で結構存在を主...

記事を読む

2006-09-27 そば・うどん
江別市野幌にあるひそかに?おいしいと評判の蕎麦屋さん「コロポックル山荘」です。地元江別市の小麦と同じく江別市野幌のそば粉を使い、店のご主人が打っているそうです。 この店の蕎麦はおそらく二八程度で練られていて、そば殻は含まれていません。香りの強い藪蕎麦好きの方には物足りないかもしれませんが、とても素直な良い味です。程よいコシもあります。そばつゆはやや甘めでしょうか。 この店の特徴は、なん...

記事を読む

2006-09-20 お菓子
カルビーの新商品、「ジャガビー(Jagabee)」です。「ジャガビー(Jagabee)」は、2006年4月に西日本で発売されて以来、好評で売切れ店が続出し、7月に北海道と東北で発売になりましたが品薄の状況で生産が追いつかないため、関東では10月2日まで購入することはできません。また、すでに発売している地域でもコンビニ以外で買うことはできません。 今までに発売されてきたカルビーの製品をすべて買って食べてみたことがあるわ...

記事を読む

2006-09-20 カップ麺
映画「UDON」とのタイアップ商品、「UDON 讃岐風うどん」です。私は映画を見たわけでも今後見たいと思ってるわけでもないので、単純にこの製品について食べた感想を書きたいと思います。 パッケージのベースは完全に「赤いきつね」です。気をつけて見ないと、「赤いきつね」と間違えて買ってしまいます。外見はよく似てるのですが、中身は「赤いきつね」(東日本出荷品)とは大きく異なるので注意が必要です。 私は「赤...

記事を読む

2006-09-20 カップ麺
エースコックから出ている、「スーパーカップ 大盛いか焼そば」です。この商品は、「大盛」であることと「いか」が入っていることを強調しているのですが、いかが入っているというほど入ってない感じがするのですがどうでしょうか。上の写真、いかが見えます?ボケてますが手前に一個あるのが確認できますが、強調するような分量ではないんですよね。うすうすだし。いか焼そばというコンセプトは悪くないと思うので、もうちょっと...

記事を読む

ロッテ 「ミルクプリントッポ(TOPPO) 」

  •  投稿日:2006-09-28
  •  カテゴリ:お菓子


ロッテの「ポッキーキラー」こと、トッポのミルクプリンです。ポッキーやフランがプレッツェルにチョコがかかっているのに対し、このトッポシリーズは筒状のプレッツェルの中にチョコが入っています。好みは人それぞれでしょうが、私はこのトッポの方式が好きになれません。一口目を口に入れた時に最初にする味がスナック味になってしまうというのが好きになれない理由です。さらに、そのプレッツェルが硬くて口の中で結構存在を主張してきます。これはフランにも同じようなことが言えます。

で、そんな好きではないはずのトッポをなぜ買ったか、それは、ミルクプリン味というのに惹かれてしまったからです。ミルクプリンってホントおいしいですよね。よく買うんです。なので、トッポが好きじゃないにもかかわらず買ってみました。

結果は・・・やはりトッポはトッポでした。まず、相変わらずプレッツェルが大きく存在を主張・・・そして、なぜかミルクプリンの味がまったくしない・・・。ロッテは、ガムとかチョコレートとかとてもおいしいのですが、どうもそれ以外のお菓子にはイマイチ感が漂います。どう味わってもミルクプリンの味には感じないというのはやはりちょっと問題なのではないでしょうかね。素直に普通のミルクプリンを買っておけばよかったと後悔しました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

蕎麦処 コロポックル山荘 「ざるそば」



江別市野幌にあるひそかに?おいしいと評判の蕎麦屋さん「コロポックル山荘」です。地元江別市の小麦と同じく江別市野幌のそば粉を使い、店のご主人が打っているそうです。

この店の蕎麦はおそらく二八程度で練られていて、そば殻は含まれていません。香りの強い藪蕎麦好きの方には物足りないかもしれませんが、とても素直な良い味です。程よいコシもあります。そばつゆはやや甘めでしょうか。





この店の特徴は、なんといっても場所です。野幌森林公園という、森林の中の細い道を進んで行ったところにあります。本当に森の中です。運転があまり得意ではない私にとって、森の細い道はビクビクものでした。

ただ、苦労してでも行く価値のある店だと思います。なにしろ、店の雰囲気がとても良いのです。蕎麦屋にありがちな日本家屋的な雰囲気ではなく、内装に木がたくさん使われており、とても温かい感じです。おそらく、蕎麦の味がわからなくても、店の雰囲気だけでおいしいと思ってしまうのではないでしょうか。いや、本当においしいんですけどね。お勧めは野菜天ぷらのついたお蕎麦だそうなので、今度はぜひ食べてみたいです。
 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カルビー 「ジャガビー(Jagabee) うす塩味」

  •  投稿日:2006-09-20
  •  カテゴリ:お菓子


カルビーの新商品、「ジャガビー(Jagabee)」です。「ジャガビー(Jagabee)」は、2006年4月に西日本で発売されて以来、好評で売切れ店が続出し、7月に北海道と東北で発売になりましたが品薄の状況で生産が追いつかないため、関東では10月2日まで購入することはできません。また、すでに発売している地域でもコンビニ以外で買うことはできません。

今までに発売されてきたカルビーの製品をすべて買って食べてみたことがあるわけではないですが、この「ジャガビー(Jagabee)」は、ひょっとすると「カルビー史上最強」なのではないかと思います。まだ食べられない関東の方には申し訳ないですが、これ、とにかくおいしいです。



皮付きポテトのスティックをスナック菓子にしたこの商品は、北海道のお土産屋さんや空港などで限定発売されている「じゃがポックル」と酷似しています。「じゃがポックル」は、選び抜かれたジャガイモと塩を使用した、店頭に並ぶ間もなく売り切れてしまう人気商品なのですが、今回紹介している「ジャガビー(Jagabee)」は、その「じゃがポックル」のジャガイモと塩以外の部分の製法がまったく同じものだといわれています。要は、一般小売向けの「じゃがポックル」、もしくは、廉価版「じゃがポックル」と言えるわけです。

私は「じゃがポックル」も食べたことあるのですが、ちょっと食感が違う(じゃがポックルのほうがやわらかい)感じがしたのと、塩味の度合いが違う(ジャガビーの方がしょっぱい)感じがしたのを除けば、ほとんど同じだと感じました。塩分が強い分、ジャガビーの方がおいしいかなと私は思ったくらいです(辛党なので・・・)。ジャガイモ系のお菓子で、これに勝るものは当分出ないのだろうなと思わざるをえません。すごい商品だと思います。150円くらいとちょっと高い上に入ってる量が少ないので物足りないのですが、箱で買うことも辞さないくらいおいしいです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋水産 「UDON 讃岐風うどん」



映画「UDON」とのタイアップ商品、「UDON 讃岐風うどん」です。私は映画を見たわけでも今後見たいと思ってるわけでもないので、単純にこの製品について食べた感想を書きたいと思います。

パッケージのベースは完全に「赤いきつね」です。気をつけて見ないと、「赤いきつね」と間違えて買ってしまいます。外見はよく似てるのですが、中身は「赤いきつね」(東日本出荷品)とは大きく異なるので注意が必要です。



私は「赤いきつね」の西日本出荷品を食べたことがないのでわかりませんが、東日本出荷品と比べて、この「UDON 讃岐風うどん」はダシが前面に出た味付けになっています。まさに、「讃岐風」もしくは「関西風」です。私はうどんのつゆに醤油の香りを求めてしまうのですが、この製品のつゆは醤油の香りがあまりしません。上の写真を見ていただければ、つゆの色が「赤いきつね」(東日本出荷品)とは明らかに違うのがわかると思います。食べ慣れてなければ、物足りないと感じてしまうかもしれないです。私は少なくとも、今後はこの製品より「赤いきつね」を買うと思います。ただ、味はよくできているものだと思います。カップ麺としてはなかなか深い味わいを醸し出しています。そして、「讃岐風」と銘打ってるだけあって、麺のシコシコ感はとても素晴らしいと思います。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エースコック 「スーパーカップ 大盛りいか焼そば」



エースコックから出ている、「スーパーカップ 大盛いか焼そば」です。この商品は、「大盛」であることと「いか」が入っていることを強調しているのですが、いかが入っているというほど入ってない感じがするのですがどうでしょうか。上の写真、いかが見えます?ボケてますが手前に一個あるのが確認できますが、強調するような分量ではないんですよね。うすうすだし。いか焼そばというコンセプトは悪くないと思うので、もうちょっと真面目にいかを入れて欲しいなと思います。



味に関してもそれほど強調できるものはないと思います。他社の製品と同様、何かしらの技術的なブレークスルーがないと、カップ焼そば焼そばらしいおいしさを手に入れることは難しいという感じがします。明星の「夜店の焼そば」はおいしいんですけどねー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加