カップ麺対決食べ比べのカテゴリ記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

カテゴリ:カップ麺対決食べ比べ

カップ麺対決食べ比べのカテゴリ記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2017-02-21 カップ麺対決食べ比べ
今回のカップ麺は、徳島製粉の「金ちゃんヌードル」。たまに「これ食べて欲しい」とリクエストをいただくことがあるのですが、その中でも最も多いのが今回の「金ちゃんヌードル」なんです。「徳島製粉」並びに「金ちゃんヌードル」は西日本ではメジャーなブランドで、静岡、四国、沖縄で特に売り上げが多いそうです。一方で東日本で取り扱っている店舗は少ないのが現状です。この商品はこれまで100円ショップで数回見かけたことが...

記事を読む

2017-02-05 カップ麺対決食べ比べ
どうもオサーンです。今回は2017年1月10日にファミリーマート&サークルKサンクスで発売された、ライザップのカップ麺2種を食べ比べてみたいと思います!もう発売日から1ヶ月近くも経ってしまい、実際もう店頭にない場合も多かったりもするので遅きに逸した感はありますが、面白い商品なので食べてみたいと思います。どんぶり型の「RIZAP 辛味噌ラーメン」とタテ型の「RIZAP 生姜醤油ラーメン」。共に製造は明星食品となっています...

記事を読む

2017-01-01 カップ麺対決食べ比べ
「ペヤング ソースやきそば 超大盛」と「マルちゃん でっかいやきそば弁当」を同時に食べる 超大盛カップ焼そばの定番、まるか食品の「ペヤング ソースやきそば 超大盛」と、北海道のカップ焼そば界の雄、東洋水産の「マルちゃん やきそば弁当」の超大盛版、「マルちゃん でっかいやきそば弁当」を同時に食べます。 一応このブログはカップ麺のレビューをナリワイとしているのですが、今回はレビューとかあんまり考えて...

記事を読む

2016-12-31 カップ麺対決食べ比べ
左が旧商品と思われるどんぶり型、右が現行商品のタテ型 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「天ぷらそば」。ある日セブンに行ったらPBの天ぷらそばがどんぶり型とタテ型の2種類置いてあることに気づき、手にとってみるとどちらも製造が東洋水産。メーカーが違うならともかく、2種類あることにどういう意味があるんだ?と俄然食べ比べしたくなり、両方買ってきました。さっそくセブンのサイトで調べると、タテ型は紹介ペー...

記事を読む

2016-12-16 カップ麺対決食べ比べ
今回のカップ麺は、セブン限定で東洋水産の定番商品である「ワンタン しょうゆ味」のラーメン版、「ワンタンラーメン しょうゆ味」が売られていたので、2つを食べ比べてみたいと思います。ワンタンのラーメン版は以前にもどんぶり型商品として出ていましたね。今回は東洋水産以外の商品では見かけない、「ハリガネ」シリーズで使われている丈の低いタテ型カップでの登場です。なお、「ワンタンラーメン 担担味」も同時発売されてい...

記事を読む

2016-09-21 カップ麺対決食べ比べ
今回のカップ麺は、日清食品の「日清ラ王 背脂コク醤油」。昨日の味噌に引き続き、今回もリニューアル前の旧商品と比較しながら新しくなったラ王醤油を食べてみます。パッケージ見る限り、味噌ではなくなっていた大判の乾燥チャーシュは健在のようで、味噌では何となくグレードダウンした感がありましたが醤油は期待できそうです。 左が新商品、右が旧商品 液体スープと粉末スープが統合されちょっと量が多くなっているの...

記事を読む

2016-09-20 カップ麺対決食べ比べ
今回のカップ麺は、日清食品の「日清ラ王 香熟コク味噌」。ラ王シリーズがリニューアルされたので新旧商品を食べ比べてみることにしました。今回、定価が198円から220円に値上げされましたが、その価値が果たしてあるのか検証したいと思います。 左が新商品、右が旧商品 袋の構成は一袋のみの変更で他3袋は変化なし 左が新商品、右が旧商品 チャーシューが肉ミンチとキャベツになった以外は見た目に変化なし ...

記事を読む

2016-09-18 カップ麺対決食べ比べ
PB商品とは メーカーではなく小売業者が自分のブランドで販売するのがプライベートブランド(以下PB)。大きな小売チェーンになると、大きな購買力を背景にメーカーに対し優位な価格交渉力を持つため、安価で製造を依頼できることができます。さらに、一般的なメーカー品(日清とかマルちゃんとか、NB)と違って広告を出さないため、その費用分も安くできる、結果としてNB商品の比べてPBは低価格で店頭に並ぶことになります。最近...

記事を読む

2016-09-17 カップ麺対決食べ比べ
日清食品と東洋水産は熾烈なライバル関係にある 今回はいつもと少し趣向を変え、【カップ麺対決食べ比べ】ということで「日清デカブト」と「マルちゃんごつ盛り」のともに味噌味を食べ比べてみたいと思います。東日本ではおそらく店頭で「ごつ盛り」を見かけることが多く、逆に西日本では「デカブト」を見かけることが多いのではないでしょうか。 全国的に見るとだいぶ「ごつ盛り」の方が販売数が多いようです。王者日清食品が...

記事を読む

徳島製粉 「金ちゃんヌードル」をカップヌードルと食べ比べてみた



今回のカップ麺は、徳島製粉の「金ちゃんヌードル」。たまに「これ食べて欲しい」とリクエストをいただくことがあるのですが、その中でも最も多いのが今回の「金ちゃんヌードル」なんです。「徳島製粉」並びに「金ちゃんヌードル」は西日本ではメジャーなブランドで、静岡、四国、沖縄で特に売り上げが多いそうです。一方で東日本で取り扱っている店舗は少ないのが現状です。この商品はこれまで100円ショップで数回見かけたことがあるくらいでした。私は今回、通販で購入しましたが、東日本で手に入れるためには通販がもっとも確実かと思われます。さて金ちゃんヌードル、タテ型の油揚げ麺でしょうゆ味ということで、カップ麺の定番中の定番「カップヌードル」と同じタイプなので、両者を食べ比べてみることにしました。


金ちゃんヌードル スープとかやくが個装


金ちゃんヌードルの内容物


カップヌードルの内容物

金ちゃんヌードルには蓋がついており、容器も金ちゃんヌードルはプラスチックの二重構造。さらにスープやかやくが個包装されています。カップヌードルの方が手軽なのは間違いないですが、金ちゃんヌードルのようなカッチリしている方が好きな人もいそうですね。私はエコなカップヌードルのほうが現代に則しているのかなぁと思います。中を見た感じだと、具の構成はよく似ています。カップヌードルがダイスミンチとコロ・チャーの2種の肉が入っているのに対して、金ちゃんヌードルは四角で平たい豚肉が入っています。

商品概要

品名:金ちゃんヌードル
メーカー:徳島製粉
発売日:不明
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(スープ・かやく)
定価:税込180円
取得価格:税込125円(爽快ドラッグ)

品名:カップヌードル
メーカー:日清食品
発売日:不明
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税込180円
取得価格:税込128円(マックスバリュ)

» 続きを読む

ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【RIZAP】ライザップのカップ麺を食べ比べてみました!【ファミリーマート】



どうもオサーンです。今回は2017年1月10日にファミリーマート&サークルKサンクスで発売された、ライザップのカップ麺2種を食べ比べてみたいと思います!もう発売日から1ヶ月近くも経ってしまい、実際もう店頭にない場合も多かったりもするので遅きに逸した感はありますが、面白い商品なので食べてみたいと思います。どんぶり型の「RIZAP 辛味噌ラーメン」とタテ型の「RIZAP 生姜醤油ラーメン」。共に製造は明星食品となっています。

栄養成分表

RIZAP 辛味噌ラーメン
1食86g(めん57g)あたり
エネルギー:279kcal(めん・かやく205kcal スープ74kcal)
たん白質:13.0g
脂質:12.3g
糖質:22.4g
食物繊維:18.7g
ナトリウム:2.6g(めん・かやく0.7g スープ1.9g)

RIZAP 生姜醤油ラーメン
1食53g(めん40g)あたり
エネルギー:180kcal(めん・かやく164kcal スープ16kcal)
たん白質:8.4g
脂質:7.6g
糖質:13.0g
食物繊維:16.3g
ナトリウム:1.4g(めん・かやく0.5g スープ0.9g)

栄養成分を見るとどちらの商品も一般的なカップ麺に比べてかなり少ないカロリーと糖質となっています。ともに麺量も一般的な商品と比べて少なめで、より糖質ダイエットに向いているのはタテ型の生姜醤油ラーメンといえるでしょう。生姜醤油ラーメンは糖質だけではなく塩分や脂質の少なさも際立ちます。

» 続きを読む

ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【超大盛カップ焼そば】 「ペヤング ソースやきそば 超大盛」と「マルちゃん でっかいやきそば弁当」を同時に食べる攻略法

「ペヤング ソースやきそば 超大盛」と「マルちゃん でっかいやきそば弁当」を同時に食べる



超大盛カップ焼そばの定番、まるか食品の「ペヤング ソースやきそば 超大盛」と、北海道のカップ焼そば界の雄、東洋水産の「マルちゃん やきそば弁当」の超大盛版、「マルちゃん でっかいやきそば弁当」を同時に食べます。

一応このブログはカップ麺のレビューをナリワイとしているのですが、今回はレビューとかあんまり考えていません。特に比較しようとか優劣を付けようとかせず食べてみようと思います。そもそも、関東を中心に北海道と沖縄以外で売られているペヤングと、北海道以外では売られていないやきそば弁当を同時に食べるニーズがあるのか激しく疑問ではあるのですが、全国各地にある北海道のアンテナショップでやきそば弁当が手に入ったり、北海道でもドンキとか一部チェーン店でペヤングを取り扱ったりするので同時に食べたいという人もいないわけではないだろうという、かなりニッチな層に向けてこの記事を捧げたいと思います。このふたつの商品を同時に食べようとする人に向けて注意点を示したり、指針となればいいかなーと。

いや、大晦日から酒飲んで気持ちよくなって勢いで書こうと思ったとか、いいトシした人が元旦からカップ焼そば4食分も食べることによって、無茶しやがって・・・と言ってもらいたいとか、そんな意図はないからね?ホントだよ?

長年カップ麺のブログをやってきて、超大盛2つ食いは実はいつかやってみたかったことでした。いつもそうなんですが、今回はとりわけ自己満要素が強いです。本当すいません。でも付き合ってやってください。

» 続きを読む

ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新旧商品食べ比べ】 セブンプレミアム 「天ぷらそば」


左が旧商品と思われるどんぶり型、右が現行商品のタテ型

今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「天ぷらそば」。ある日セブンに行ったらPBの天ぷらそばがどんぶり型とタテ型の2種類置いてあることに気づき、手にとってみるとどちらも製造が東洋水産。メーカーが違うならともかく、2種類あることにどういう意味があるんだ?と俄然食べ比べしたくなり、両方買ってきました。さっそくセブンのサイトで調べると、タテ型は紹介ページがありますが、どんぶり型はありません。あぁそうか。タテ型が現行商品でどんぶり型が旧商品ということだったんですね。2種類あることに深い意味はなさそうなのでちょっとがっかりしましたが、せっかく買ったので両方食べてみたいと思います。



商品概要(タテ型)

品名:天ぷらそば
メーカー:セブンプレミアム(東洋水産)
発売日:2016年8月29日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税込121円
取得価格:税込121円(セブンイレブン)

» 続きを読む

ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブン限定の「ワンタンラーメン しょうゆ味」を「ワンタン しょうゆ味」と比較してみた



今回のカップ麺は、セブン限定で東洋水産の定番商品である「ワンタン しょうゆ味」のラーメン版、「ワンタンラーメン しょうゆ味」が売られていたので、2つを食べ比べてみたいと思います。ワンタンのラーメン版は以前にもどんぶり型商品として出ていましたね。今回は東洋水産以外の商品では見かけない、「ハリガネ」シリーズで使われている丈の低いタテ型カップでの登場です。なお、「ワンタンラーメン 担担味」も同時発売されていました。



左が定番商品のワンタン、右がそのラーメン版。ワンタンといえばこの商品ですよね。以前はペヤングのワンタンも定番品として君臨していましたがまだ復活してないので、ワンタンのカテゴリでは売上的に東洋水産は敵なしなんじゃないかと想像しています。





ノーマルワンタンは1袋、ラーメンの方は2袋の別添袋がついています。当然ながらワンタンの数は全然違い、ノーマルワンタンは9個なのに対してワンタンラーメンは3個。私の感覚としては、ワンタンラーメンとは言ってもメインはワンタンなので、麺量半分でもいいからワンタンもっと欲しいと思いますがどうでしょうか。

商品概要

品名:マルちゃん ワンタンラーメン しょうゆ味
メーカー:東洋水産
発売日:不明
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(かやく・特製油)
定価:不明
取得価格:税込178円(セブンイレブン)

» 続きを読む

ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新旧ラ王食べ比べ】 日清食品 「日清ラ王 背脂コク醤油」



今回のカップ麺は、日清食品の「日清ラ王 背脂コク醤油」。昨日の味噌に引き続き、今回もリニューアル前の旧商品と比較しながら新しくなったラ王醤油を食べてみます。パッケージ見る限り、味噌ではなくなっていた大判の乾燥チャーシュは健在のようで、味噌では何となくグレードダウンした感がありましたが醤油は期待できそうです。


左が新商品、右が旧商品 液体スープと粉末スープが統合されちょっと量が多くなっているのと、焼のりが追加されています


左が新商品、右が旧商品 お湯を入れる前の状態は新旧あまり変化がない

商品概要

品名:日清ラ王 背脂コク醤油
メーカー:日清食品
発売日:2016年9月19日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(液体スープ・かやく・焼豚・焼きのり)
定価:税別220円
取得価格:税込178円(イオン)

» 続きを読む

ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新旧ラ王食べ比べ】 日清食品 「日清ラ王 香熟コク味噌」



今回のカップ麺は、日清食品の「日清ラ王 香熟コク味噌」。ラ王シリーズがリニューアルされたので新旧商品を食べ比べてみることにしました。今回、定価が198円から220円に値上げされましたが、その価値が果たしてあるのか検証したいと思います。


左が新商品、右が旧商品 袋の構成は一袋のみの変更で他3袋は変化なし


左が新商品、右が旧商品 チャーシューが肉ミンチとキャベツになった以外は見た目に変化なし

商品概要

品名:日清ラ王 香熟コク味噌
メーカー:日清食品
発売日:2016年9月19日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(液体スープ・粉末スープ・かやく2袋)
定価:税別220円
取得価格:税込178円(イオン)

» 続きを読む

ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【カップ麺対決食べ比べ】 トップバリュ VS みなさまのお墨付き 大盛味噌味編



PB商品とは

メーカーではなく小売業者が自分のブランドで販売するのがプライベートブランド(以下PB)。大きな小売チェーンになると、大きな購買力を背景にメーカーに対し優位な価格交渉力を持つため、安価で製造を依頼できることができます。さらに、一般的なメーカー品(日清とかマルちゃんとか、NB)と違って広告を出さないため、その費用分も安くできる、結果としてNB商品の比べてPBは低価格で店頭に並ぶことになります。最近は大手スーパーやコンビニでは棚に占めるPBの割合がすごく大きいですよね。セブンの「セブンプレミアム」や「セブンゴールド」のように、価格よりも品質で評価を得ているPBもあります。

「トップバリュ 大盛り 味噌ラーメン」 VS 「みなさまのお墨付き 大盛りみそラーメン」

今回【カップ麺対決食べ比べ】で取り上げるのは、PBのひとつである「トップバリュ」と「みなさまのお墨付き」。前者がイオングループ、後者が西友のPBです。どちらも説明が要らない有名PBですよね。昨日はNB大盛味噌ラーメンの食べ比べをしたので、今回も大盛味噌ラーメンを比較してみようと思います。

具体的には、「トップバリュ 大盛り 味噌ラーメン」と「みなさまのお墨付き 大盛りみそラーメン」。どちらもイオンや西友に行けば必ず陳列されている商品です。ハシゴしないと両方は手に入らないですけどね。トップバリュは税込105円、みなさまのお墨付きは95円、10円の差があります。製造メーカーは前者が日清食品、後者がフクシマフーズ。フクシマフーズという名はあまり聞かないかもしれませんが、現在は東洋水産の完全子会社となり、マルちゃんの製品を製造しています。要するに、昨日の「デカブト」と「ごつ盛り」と同じ、日清食品 VS 東洋水産の構図ということになります。なので、「デカブト」や「ごつ盛り」との比較もしつつ食べてみたいと思います。



商品概要

品名:トップバリュ 大盛り 味噌ラーメン
メーカー:トップバリュ(日清食品)
発売日:不明
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(液体スープ)
定価:税込114円
取得価格:税込105円(マックスバリュ)

品名:みなさまのお墨付き 大盛りみそラーメン
メーカー:みなさまのお墨付き(フクシマフーズ)
発売日:不明
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・粉末スープ)
定価:税込95円
取得価格:税込95円(西友)

» 続きを読む

ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【カップ麺対決食べ比べ】 日清デカブト VS マルちゃんごつ盛り 味噌味編



日清食品と東洋水産は熾烈なライバル関係にある

今回はいつもと少し趣向を変え、【カップ麺対決食べ比べ】ということで「日清デカブト」と「マルちゃんごつ盛り」のともに味噌味を食べ比べてみたいと思います。東日本ではおそらく店頭で「ごつ盛り」を見かけることが多く、逆に西日本では「デカブト」を見かけることが多いのではないでしょうか。

全国的に見るとだいぶ「ごつ盛り」の方が販売数が多いようです。王者日清食品が東洋水産に販売数で負けているカテゴリのひとつということになります。他には「赤いきつねと緑のたぬき」が「どん兵衛」を上回っていたり、「正麺カップ」が「ラ王」を上回っており、そして「麺づくり」と「麺職人」は結構な接戦を展開しているようです。この2社を比べた場合、カップヌードルシリーズという看板商品と新商品の開発力で日清が上回るものの、定番商品では東洋水産も結構拮抗した勝負をしているものと思われます。

ただ実際には、消費者が両者を比較しておいしいものを選んでいるというよりは、単に行った店で売っているもの、もしくは安売りしている方を買っているというのが実情なんじゃないかと思います。そこで今回、あまり食べ比べなんてしていないだろうと思われる商品を実際食べ比べてみようと思い立ったわけです。

「日清デカブト 熟成コク旨味噌」 VS 「マルちゃん ごつ盛り コーン味噌ラーメン」

以上を踏まえて今回食べ比べてみるのは、「日清デカブト 熟成コク旨味噌」と「マルちゃん ごつ盛り コーン味噌ラーメン」。ともにオープン価格でスーパー等で100円前後で販売されることを想定した商品、大盛商品であるところも共通しており、まさしくライバル関係にあると言っていいと思います。これらの商品はスーパーのPB商品(「トップバリュ」とか「みなさまのお墨付き」など)とも競合するため、この両方を一緒に販売しているスーパーはかなり少ないものと考えられます。実際私オサーンは、数件探した上でようやくこの2つを見つけることができました。案外、大きなドラッグストアとかの方が両方扱っている場合が多いのかもしれません(確証はないです)。

先程も書いたとおり、販売数では「ごつ盛り」が「デカブト」を上回っています。会社全体ではリーダー日清食品に対し東洋水産はチャレンジャーの立場ですが、こと大盛廉価商品というカテゴリにおいては「ごつ盛り」の東洋水産がリーダーであり、「デカブト」の日清食品はフォロワーでしかありません。このブログをいつも見ていただいている方々なら感づいているかとは思いますが、私オサーンは基本的に日清食品の商品を高評価し、逆に東洋水産の商品を低評価する場合が多いです。日清食品に対し愛着があるとか特別に肩入れしているとかいうことではなく、私的に単に日清の商品をおいしいと感じる場合が多いからです。なので今回も、販売数こそ「ごつ盛り」が勝っているものの、実は「デカブト」の方がおいしいんじゃないのか?とちょっと思っていたりします。

あれこれ書いてきましたが、そろそろ食べてレポしたいと思います。どっかで締めないといつまでもつべこべ書いてしまいそうなので。



商品概要

品名:日清デカブト 熟成コク旨味噌
メーカー:日清食品
発売日(リニューアル日):2016年9月12日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(液体スープ)
定価:オープン価格
取得価格:税込95円(西友)

品名:マルちゃん ごつ盛り コーン味噌ラーメン
メーカー:東洋水産
発売日(リニューアル日):2016年2月15日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・粉末スープ)
定価:オープン価格
取得価格:税込119円(セイコーマート)

» 続きを読む

ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © カップ麺をひたすら食いまくるブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます