カップ麺のカテゴリ記事一覧

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

カテゴリ:カップ麺

カップ麺のカテゴリ記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

2018-11-18 カップ麺
このページでは、東洋水産の「マルちゃん でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン」を食べてレビューしていきます。 「マルちゃん でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、東洋水産...

記事を読む

2018-11-17 カップ麺
このページでは、セブンイレブンで販売されている農心ジャパンの「うまからっ プデチゲラーメン」を食べてレビューしていきます。 「うまからっ プデチゲラーメン」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、農心ジャパンの「うまからっ プデチゲラーメン」。おそらくセブンイレブンもしくはセブン&アイグループ限定で発売されている商品かと思われます。韓国の鍋料理「プデチゲ」の味をアレンジしたカップ麺となっています。 ...

記事を読む

2018-11-16 カップ麺
このページでは、東洋水産の「マルちゃん 豆乳ごまみそうどん」を食べてレビューしていきます。 「マルちゃん 豆乳ごまみそうどん」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 豆乳ごまみそうどん」。2018年11月12日発売の、「赤いきつねと緑のたぬき」シリーズの新商品です。今回の商品に合わせ、「マルちゃん おそば屋さんの鴨だしそば」もリニューアル発売されています。 昨年の同じ時期2018年11月に...

記事を読む

2018-11-15 カップ麺
今年11年目を迎えた「冬のコク塩ラーメン」の2018年バージョン 今回のカップ麺は、寿がきや食品の「冬のコク塩ラーメン」。製造は加ト吉水産。2018年11月12日発売の新商品で、毎年冬の恒例商品で今年で11年目を迎えた「冬のコク塩ラーメン」の2018年バージョンです。 「冬のコク塩ラーメン」は、「背脂のコク」を前面に出した、冬らしいこってり味のしおラーメンです。今年もついにこの商品の発売される季節がやってきました。...

記事を読む

2018-11-15 カップ麺
大勝軒の「中華そば」を再現し、ワンタンを加えたカップ麺 今回のカップ麺は、エースコックの「タテロング 池袋大勝軒 ワンタン中華そば 大盛り」。2018年11月12日発売の、「大勝軒」シリーズの新商品です。つけ麺の生みの親として知られる故・山岸一雄氏の写真がパッケージ描かれた、「大勝軒」監修によるカップ麺です。 「大勝軒」は、山岸氏の開業した東京池袋の「東池袋大勝軒」を始め、暖簾分けされて全国に「大勝軒」の...

記事を読む

「でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン」はじゃがとコーンを楽しむカップ麺!



このページでは、東洋水産の「マルちゃん でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン」を食べてレビューしていきます。


「マルちゃん でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、東洋水産マルちゃん でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン」。2018年11月12日発売の、東洋水産の大盛カップ麺シリーズの定番商品、「マルちゃん でかまる」の新商品です。

  • でかまる+「コーン塩バター味」は冬の定番商品
各社数あるカップ麺のなかで季節の恒例商品というのはよくありますが、今回のバター風ブロックを使った「でかまる」も、冬の定番商品のひとつです。今回は「じゃがバター風味コーン塩ラーメン」ですが、一昨年までは「コーンバター塩ラーメン」で、昨年2017年から今回と同じ商品名で発売されています。じゃがいも、バター(風)、コーンと、何やら北海道らしさ満載の一杯ですよね。冬といえば北海道!ということでしょうか。


もういっちょちなみに、東洋水産からはみそ+バター(風)の定番商品も出ています。こちらは例年だと12月に発売されています。


今年の「じゃがバター風味コーン塩ラーメン」は、残念ながら昨年2017年バージョンと栄養成分がまったく同じのため、おそらく中身に変化はないものと思われます。ちなみに昨年は★3をつけましたが、記事書いた後に、ちょっと評価が低すぎたかなと反省したのを覚えています。今年は違う評価になるかもしれません。

それでは冬の定番「でかまる」を、今年もしっかり食べてみたいと思います。



内容物、価格、購入額など




別添袋は3つ。粉末スープとかやく、バター風キューブです。



粉末スープとかやくを入れた状態。もともとカップに入っていたじゃがいもと、別添かやくのコーンが、まるで竜虎の争いのように激突しています。この状態で見ても、バケツ型大盛カップ麺としては具がかなり充実していることが窺えます。

品名マルちゃん でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン
メーカー東洋水産
発売日2018年11月12日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ3袋(粉末スープ・かやく・バター風キューブ)
定価税別205円
取得価格税込216円(セブンイレブン)

» 続きを読む

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブン購入の「うまからっ プデチゲラーメン」(農心)を食べてみました!



このページでは、セブンイレブンで販売されている農心ジャパンの「うまからっ プデチゲラーメン」を食べてレビューしていきます。


「うまからっ プデチゲラーメン」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、農心ジャパンの「うまからっ プデチゲラーメン」。おそらくセブンイレブンもしくはセブン&アイグループ限定で発売されている商品かと思われます。韓国の鍋料理「プデチゲ」の味をアレンジしたカップ麺となっています。

  • 「プデチゲ」とは?


「プデチゲ」とは、一般的なチゲの具材とともに、ソーセージやスパム、インスタント麺などを加えて辛味で煮込んで大衆的鍋料理とのこと。

なるほどなるほど。「プデチゲ」とはチゲ鍋にソーセージの味が加わった鍋料理ということですね。私は韓国料理に疎いので「プデチゲ」という名前は初めて聞いたのですが、とても面白そう。いかにもジャンキーな味わいっぽくて、カップ麺向きの味かもしれませんね。辛味以外にも大きな売りがありそうなので期待できそうです。

以前には、農心ジャパン&セブンでの販売の商品として、2018年1月に「旨辛海鮮ちゃんぽん」が発売されていました。最も印象的だったのが、真ん中に縦に2本の溝が入った油揚げ麺で、スープと馴染みやすくなる機能性とともに、独特の食感が面白かったです。また、主張の強い太麺でありながら、しっかりスープとマッチしていたのが大きな特徴となっていました。今回もその時と同じ麺が使用されているようで、この麺の存在だけでもちょっと楽しみです。


いかにもカップ麺にマッチしそうな「プデチゲ」味の一杯、果たしてどんな味に仕上がっているのでしょうか。しっかり食べてみたいと思います。



内容物、価格、購入額など




別添袋は粉末スープ1袋のみ。

画像右の褐色の四角い具がソーセージ風のかまぼこです。本物のソーセージではないようです。画像では3個しか写っていませんが、掘り返すと4個ありました。左の白くて丸い具はもちです。こちらも3個しか写っていませんが実際は5個入っていました。ちょっとシーフードヌードルに入っているイカのような佇まいです。キムチはあまりたくさん入っていないようです。

品名うまからっ プデチゲラーメン
メーカー農心ジャパン
発売日不明
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(粉末スープ)
定価不明
取得価格税込216円(セブンイレブン)

» 続きを読む

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【濃い練りごま】 東洋水産 「マルちゃん 豆乳ごまみそうどん」



このページでは、東洋水産の「マルちゃん 豆乳ごまみそうどん」を食べてレビューしていきます。


「マルちゃん 豆乳ごまみそうどん」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 豆乳ごまみそうどん」。2018年11月12日発売の、「赤いきつねと緑のたぬき」シリーズの新商品です。今回の商品に合わせ、「マルちゃん おそば屋さんの鴨だしそば」もリニューアル発売されています。

昨年の同じ時期2018年11月に、今回と「豆乳」「ごま」の入った「うどん」という共通点があり、パッケージの色も橙系で同じ、「マルちゃん 豆乳ごま担々うどん」が発売されていましたが、好評だったためか、2018年9月にはタテ型商品としても「マルちゃん 豆乳ごま担々うどん」が発売されていました。今回はその流れを汲んでいる商品で、「担々」が「みそ」に置き換わっています。

昨年発売されていた「マルちゃん 豆乳ごま担々うどん」は、練りごまの強さと辛味が絶妙に組み合わさり、豆乳のまろやかさでまとめあげたとてもおいしい一杯でした。正直、「豆乳ごま担々」を超えるのは至難の業かと思いますが、今回の商品にもそれくらいのレベルのデキを期待したいところ。みそ味と練りごまは担々麺でよく見る組み合わせであり、粒ごまが入ったみそラーメンもたくさんあります。素材の組み合わせ的には期待できそうなので、どんな一杯なのか楽しみです。



1. 内容物、価格、購入額




別添袋は3つ。



昨年の「豆乳ごま担々」にも粒ごまがたくさん入っていましたが、今年も同じくらいたくさん入っています。写真はだいぶ寄って撮影しているので強調しすぎかもしれませんが、ここまでごまがたくさん入っているカップ麺は珍しいと思います。

品名マルちゃん 豆乳ごまみそうどん
メーカー東洋水産
発売日2018年11月12日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ3袋(液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく)
定価税別180円
取得価格税込127円(コープ)

» 続きを読む

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「冬のコク塩ラーメン」が11年目を迎えて今年も登場!!寿がきや食品 「冬のコク塩ラーメン」



今年11年目を迎えた「冬のコク塩ラーメン」の2018年バージョン

今回のカップ麺は、寿がきや食品の「冬のコク塩ラーメン」。製造は加ト吉水産。2018年11月12日発売の新商品で、毎年冬の恒例商品で今年で11年目を迎えた「冬のコク塩ラーメン」の2018年バージョンです。

冬のコク塩ラーメン」は、「背脂のコク」を前面に出した、冬らしいこってり味のしおラーメンです。今年もついにこの商品の発売される季節がやってきました。例年12月の発売でしたが、昨年から11月に前倒しになっています。寿がきや食品カップ麺の冬の代名詞的な存在で、毎年この商品の発売を楽しみにされている方も多いのではないかと思います。私も楽しみではありますが、これから寒い冬が訪れるのかと思うとちょっとブルーな気持ちにもなります。パッケージもちょっとブルーですし。マリッジブルーならぬ極寒ブルー。年々寒さが身に堪えるようになってきています。

さて今年の「冬のコク塩ラーメン」は、栄養成分表を見る限り昨年バージョンとまったく違いはありません。すべての数値が同じです。ただ、メーカーサイトには「今年は“塩”にこだわり、コク深い天日塩とスパイシーな岩塩を使用」と書かれており、栄養成分に反映されないところでの違いはありそうです。今年はどんな味に仕上げきているのか楽しみです。



商品概要



品名:冬のコク塩ラーメン
メーカー:寿がきや食品(加ト吉水産製造)
発売日:2018年11月12日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・後入れかやく入スープ・かやく)
定価:税別227円
取得価格:税込246円(イオン)

» 続きを読む

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エースコック 「タテロング 池袋大勝軒 ワンタン中華そば 大盛り」



大勝軒の「中華そば」を再現し、ワンタンを加えたカップ麺

今回のカップ麺は、エースコックの「タテロング 池袋大勝軒 ワンタン中華そば 大盛り」。2018年11月12日発売の、「大勝軒」シリーズの新商品です。つけ麺の生みの親として知られる故・山岸一雄氏の写真がパッケージ描かれた、「大勝軒」監修によるカップ麺です。

大勝軒」は、山岸氏の開業した東京池袋の「東池袋大勝軒」を始め、暖簾分けされて全国に「大勝軒」の名のつくお店があります。つけ麺の名店として有名で、ラーメンファンなら知らない人はいないですよね。山岸氏のお弟子さん孫弟子さんたちの活躍も目立ちます。お店のメニューでは「特製もりそば」(つけ麺)が有名ですが、今回はお店で供されている「中華そば」を再現し、ワンタンを加えた一杯となっています。麺量80gの大盛商品なのは、「量も美味しさのうち」という大勝軒の信念に基づいているとのこと。

「量も美味しさのうち」・・・なんて素敵な言葉なんでしょうか。今日から私の座右の銘にしようと思います。ちなみに嫌いな言葉は「腹も身の内」とか「腹八分目」。お腹いっぱいになるのもおいしさのうちというものでしょう。でも歳を重ねてきた最近は、お腹いっぱいにしちゃうと集中力はなくなるし眠くもなるし、もちろん太るし、あんまり良いことないなぁとも思うようになってきました。老いたな。フードファイターアンジェラオサーンとしては大盛と満腹の狭間で苦悩する日々です。アンジェラ佐藤さんを街中でお見かけしたことありますが、とんでもなく美人でしたよ!!

約2年ぶりの「大勝軒」&エースコックのタイアップ商品。「大勝軒」の礎である「中華そば」を再現した今回は果たしてどんな一杯になっているのでしょうか。



商品概要



品名:タテロング 池袋大勝軒 ワンタン中華そば 大盛り
メーカー:エースコック
発売日:2018年11月12日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(調味油)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ファミリーマート)

» 続きを読む

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加