ラーメン(北海道)のカテゴリ記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

カテゴリ:ラーメン(北海道)

ラーメン(北海道)のカテゴリ記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2011-09-17 ラーメン(北海道)
どうもオサーンです。今回は久々にカップ麺じゃなくてラーメン店の記事をば。 1年近くご無沙汰してたのかな、札幌平岸のmen-eiji HIRAGISHI BASEさんにお伺いしました。私の最もお気に入りだったラーメン店だったのですが、3回連続で臨時休業で門前払いをされてしまい、それからというものお店から遠ざかってしまいました。もともと私の生活圏にないため私にとって行き辛い店だったことに加え、予告なく臨時休業されてしまうと...

記事を読む

2009-11-10 ラーメン(北海道)
「なんつッ亭 札幌店」 らーめん:700円 住所:北海道札幌市中央区北5条西2丁目1番地 ESTA(札幌エスタ)10階 電話:011-209-5031(札幌ら~めん共和国総合) 営業時間:11:00~22:00 定休日:無休 ホームページ:http://www.nantsu.com/ 先月頭に神奈川秦野の名店「なんつッ亭」が札幌の「札幌ら~めん共和国」にオープンしたので行ってきました。平日の14時頃という、ランチ時から落ち着いた時間だったのですが、共和国...

記事を読む

2009-08-17 ラーメン(北海道)
「ラーメンの蜂屋」 ラーメン:700円 住所:北海道旭川市三条通15丁目左8 電話:0166-23-3729 営業時間:10:30~17:30 定休日:水曜日 ホームページ:なし 旭川ラーメン随一の名店と誉れ高き「蜂屋」の本店に行ってきました。私は以前、新横浜のラーメン博物館で食べたことがあるのですが、魚介臭さ(たぶん煮干だったような)と油の多さで好みの分かれそうな味ながら、私にはとてもおいしく感じられたことを覚えていま...

記事を読む

2009-07-22 ラーメン(北海道)
「札幌らーめん 縁や」 海老そば 合せ味噌:880円 住所:北海道札幌市厚別区厚別中央2条5-6-2 新札幌アークシティ・デュオ1 5F 電話:011-890-2598 営業時間:11:00~21:30 定休日:なし ホームページ:http://www.enishiya.com/ 今回は、我が地元「新札幌」のラーメン店、「札幌らーめん 縁や」に行ってきました。もともとは札幌西区の琴似にあった人気店で、約1年前に新札幌駅に隣接する専門店街「duo1」に移転してきま...

記事を読む

2009-06-09 ラーメン(北海道)
「おうぎ屋」 特製つけ麺:900円 住所:北海道札幌市厚別区厚別西二条2-2-6 モンファーレット 1F 電話:011-893-7107 営業時間:平日 11:00~15:00 17:00~20:00 土日祝 11:00~16:00 定休日:木曜日・第1水曜日 ホームページ:http://www.ougiya.eei.jp/ 我が家からソコソコ近いところにあるラーメン店、「おうぎ屋」です。もともと元町の今「侘助」が入居しているとこにあったお店ですが、昨年厚別区に移転。ずっと行き...

記事を読む

2009-06-01 ラーメン(北海道)
「らーめん 侘助」 味玉らーめん:780円 住所:北海道札幌市東区北21条東16丁目2-29 電話:011-807-7149 営業時間:平日 11:00~15:00 17:00~20:00 土日祝 11:00~15:00 定休日:木曜日 ホームページ:なし 札幌市東区の東豊線元町駅のそばにある「らーめん侘助」に行ってきました。元町生協の裏側にあります。前々から評判を聞いていて行ってみたかったんですが、家からちょっと遠くてなかなか機会がありませんでした。...

記事を読む

2009-05-20 ラーメン(北海道)
あっさりながらも骨太のとんこつ味はしっかりしていておいしかった。でも東京とんこつのこってりで慣れていると、どうも物足りない。もっともっととんこつ臭が欲しかったですね。...

記事を読む

2009-05-11 ラーメン(北海道)
「麺屋高橋」 おさかな正油らーめん:700円 住所:北海道札幌市豊平区月寒東1条19-2-72 伸光ビル 1F 電話:011-303-7688 営業時間:平日 11:00~15:00 17:00~21:30 日祝 11:30~20:00 定休日:水曜日(祝日の場合は営業) ホームページ:なし 札幌月寒にある「麺屋高橋」へ。国道36号線を北広島方面に走り、日糧製パンの工場を過ぎて2本目の小道を左に曲がるとすぐに左手にある店なのですが、これが何ともわかりづらく、...

記事を読む

2009-05-09 ラーメン(北海道)
「みそラーメンのよし乃」 醤油ラーメン:750円 住所:北海道札幌市中央区北5条西4丁目 アピアジョイフルウォーク 電話:011-209-3536 営業時間:11:00~14.00 定休日:無休 ホームページ:なし 札幌駅のアピアにある「みそラーメンのよし乃」に行ってきました。旭川ラーメンのお店です。旭川ラーメンと言えば醤油ラーメンで有名ですが、この店の売りは店名にあるとおり、みそラーメンだそうです。夜な夜ないろんな...

記事を読む

2009-05-08 ラーメン(北海道)
「ラーメンの龍鳳」 ピリカラーメン:950円 住所:北海道札幌市中央区北1条西3丁目 電話:011-222-3486 営業時間:月~土 11:00~23:00 日祝 11:00~15:30 定休日:無休 ホームページ:なし 今回は、さっぽろ時計台のそばにあるラーメン店「龍鳳」です。今や札幌ラーメンといえばみそラーメンが代名詞ですが、札幌ラーメンの発祥はしょうゆ味だったそうで、札幌ラーメン発祥の店のひとつといわれているのが今回の「龍...

記事を読む

men-eiji HIRAGISHI BASE 「濃厚煮干らーめん」



どうもオサーンです。今回は久々にカップ麺じゃなくてラーメン店の記事をば。

1年近くご無沙汰してたのかな、札幌平岸のmen-eiji HIRAGISHI BASEさんにお伺いしました。私の最もお気に入りだったラーメン店だったのですが、3回連続で臨時休業で門前払いをされてしまい、それからというものお店から遠ざかってしまいました。もともと私の生活圏にないため私にとって行き辛い店だったことに加え、予告なく臨時休業されてしまうと結構厳しいものがあり、なかなか伺えなくなってました。その間はラーメン店自体にも遠ざかってしまってましたが。ただ最近は、twitterで臨時休業など告知していることがわかり、それを頼みの綱にして伺ってみることにしました。

お店は、今年の8月頭に同じ平岸ですが移転しており、だいぶ店内も広くなってました。メニューにも変化がありましたが、場所やメニュー等については他の方がたくさん書かれているので、私はラーメンについて書くことに専念したいと思います。



今回食べたのは、「濃厚煮干らーめん」。私がよく通っていた頃にはなかったメニューです。なかなかよい面構えしてますよね?器を含めたこのセンスも店主の素晴らしいところだと思います。おいしいのに美しいって素敵じゃないですか。そして、一般的に煮干ラーメンと聞いてイメージするのはあっさりな味だと思うのですが、このスープは見るからに濃厚。食べる前からドロドロしているのがわかりますよね。



麺は以前のさがみ屋製麺のものから、自家製麺に替わっているようです。以前の濃厚魚介のものに比べて、見た目は低加水になっているのかなと感じます。食べてみると、まぁとにかく!!濃い!!強烈な煮干と下支えするとんこつの風味が絶妙で、こりゃ陶酔しますね。さすがmen-eiji、相変わらずやってくれてます。見た目も濃い印象だったんですが食べるとそれ以上に濃厚なことがわかります。日本中のラーメンを食べ尽くしたわけではないですが、これは相当なオリジナリティだと思います。背脂など油系で出す濃厚さではなく、煮干で濃厚さを出すなんて、本当にすごいことですよね。やっぱりmen-eijiは最強だと思います。

私の評価は大絶賛、そう、大絶賛なんです。本当においしかったです。ただちょっと、あまりよくなかったなぁと思う部分も書かせていただこうかなと。私がmen-eijiを好きになったのは、それほそれは素晴らしいとんこつスープに惚れたからだったんですが、今回の味だと、とんこつは下支えとしては優秀であるものの、その良さを活かしきれてはいないように感じました。煮干が、そして塩気が濃すぎるからです。これはこれで素晴らしい味には間違いないんですが、men-eijiのとんこつファンとしては、煮干もとんこつも主役でいられる構成にしてもらいたかったですね。せっかくの最強とんこつなんですから。

そして上記に関連していますが、スープが濃いために麺に対して勝ちすぎてしまい、多少スープと麺のバランスの悪さを感じます。せっかくの自家製麺がその存在感を発揮しきれていないように感じられました。麺をもっと太くしたりすると解決するのかもしれませんが、私の希望としては、煮干と塩気をもっと弱めて欲しいですかね。濃い味が好きな人にはまったくもって問題ない味だと思いますが、塩気が苦手な人、特に年配の方だとちょっと厳しいかもしれません。

私がお店に通っていた頃は、他の店によくありがちな日によっての味のばらつきというのがほとんど見られない店でした。今もそうなんだと思うので、この濃い味はお店のデフォなんだろうと思われます。他の方の感想とかをネットで見ていると、味について批判している人はほとんどいなかったので、今回の私の書いたことはたぶん多くの人にとって的外れなことなんだろうと思います。あくまで味に不確かな私個人の感想だとご理解ください。



批判ちっくなことを書いてしまいましたが、先ほども書いたとおり本当においしかったです。大好きなmen-eijiであるがゆえに書いたことであり、これが他の店で出てきたらもう大絶賛しかありません。本当にすさまじいスープでした。困ったことにeijiへの要求は果てしなく大きくなってしまいます。そして濃すぎるとか言っておいて、しっかりとスープ飲み干しましたw(さらにラーメンのオカワリまでしてしまったんですが、それはまた次回に書きます)

これだけ濃厚なスープを作るためには、どれだけの材料費がかかるんですかね?具もチャーシューがかなり大振りだし、麺だって素性がよいのは食べてすぐわかる・・・。相当に原価率が高そうです。店員さんの制服が黒に統一されたことを含め、師匠筋の九段斑鳩とどんどん似てきている(味は違いますが)感じがしました。
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なんつッ亭 札幌店 「らーめん」



なんつッ亭 札幌店
らーめん:700円
住所:北海道札幌市中央区北5条西2丁目1番地 ESTA(札幌エスタ)10階
電話:011-209-5031(札幌ら~めん共和国総合)
営業時間:11:00~22:00
定休日:無休
ホームページ:http://www.nantsu.com/

先月頭に神奈川秦野の名店「なんつッ亭」が札幌の「札幌ら~めん共和国」にオープンしたので行ってきました。平日の14時頃という、ランチ時から落ち着いた時間だったのですが、共和国内で唯一8人ほどの行列ができていました。開店1ヶ月が過ぎてこの人気はちょっと驚きです。私は以前、品川のなんつッ亭で食べたことがありますが、あの時も確か夕方16時あたりに行って並んだ記憶があります。並ばずには食べられない味ってことですね。



本店にある「俺の空」トリビュートの「ぼくの空」や、関東各店にある「和風とんこつつけ麺」や「猛烈タンメン鼻血ブー」などはなく、「らーめん」を中心としたメニューになっています。今度「ぼくの空」を食べに秦野に行こうと思っていたので、札幌で出してくれるとありがたいなぁと思うのですが、どうですかね。



有名な「なんつッ亭」の大将が開店時に札幌に来ていたようで、ローカルテレビにいっぱい出ていました。「まず麺から食べるんだよ~」などと食べ方指導までしていて面白かったです。



注文したのはノーマルの「らーめん」。相変わらず気合入った佇まいです。ガツンと効くマー油の風味で、札幌でもいくつか熊本ラーメンを出す店はありますが、ここまでマー油が効いているお店にはめぐり合ったことはありません。以前品川で食べた時は多少麺のゆるさを感じたのですが、今回の一杯はまったく文句なかったです。本店の味を食したことはないですが、おそらくはかなり忠実に本店の味を再現しているのではないかと思われます。これは週に1回は食べたいですねぇ。



健康のためスープは残そうと心に決めていたのですが、ずるずると飲んでしまって・・・一応形上は残しましたが・・・。



以前品川店で食べた「らーめん」+「味玉子」。撮ったカメラが違うので比較はできませんが、見た目は同じような印象でした。

いやー大満足でした。しばらく毎週通おうと思います。札幌の既存店は戦々恐々としているでしょうね。でもこういう刺激をきっかけに、街中のラーメン店がどんどんおいしくなっていけば良いですね。個人的にはもっともっととんこつラーメンを食べられるお店が増えて欲しいです。

昨日の歩数計:486歩
携帯持ち歩くの忘れた・・・
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラーメンの蜂屋 本店 「ラーメン」



ラーメンの蜂屋
ラーメン:700円
住所:北海道旭川市三条通15丁目左8
電話:0166-23-3729
営業時間:10:30~17:30
定休日:水曜日
ホームページ:なし

旭川ラーメン随一の名店と誉れ高き「蜂屋」の本店に行ってきました。私は以前、新横浜のラーメン博物館で食べたことがあるのですが、魚介臭さ(たぶん煮干だったような)と油の多さで好みの分かれそうな味ながら、私にはとてもおいしく感じられたことを覚えています。今はラー博から撤退し、旭川以外に支店がないとのことなので、味わうなら旭川に乗り込むしかなく、今回たまたま通りかかったので行ってきました。

今回訪れたのは日曜日の14時あたり。昼時は過ぎていたとはいえ、広い店内は人がびっしりで、席につくまでに20分ほど並びました。店内はレトロな雰囲気(というよりはただのレトロ)の食堂といった感じで、ラーメン店とは思えない印象でした。

今回注文したのはオーソドックスな「ラーメン」。メニューを見た限りは味の選択肢はないようです(支店には塩ラーメンもあるようです)。



焦がしたラードが浮くスープはいかにもこってりしてそう。具は薄いチャーシュー2枚と細いメンマ、ネギ。とてもオーソドックスな具です。



麺は旭川ラーメン特有の中太ながら加水の少ないストレート麺。のびやすいので麺硬めで注文した方が良さそうです。麺だけではなく、油の量も注文時に調節が可能なようです。

ラー博で食べたのがもうずいぶん前の話なので、味の記憶はすでに忘却の彼方なのですが、少ない記憶を呼び起こすと魚の匂いが強いこってりスープだと思っていたのですが、実際食べてみると拍子抜けするほどクセのないスープで、やわらかい味は年配の人に好まれそうです。逆にクセの強さやこってりを期待した私には物足りなかったです。ほっとする味でこれはこれで良いのかなと思いつつ帰りましたが、家でいろいろ調べてみると、支店の「五条創業店」という店のラーメンのほうがかなりクセのある味で、今回の本店はマイルド指向のようです。蜂屋特有のクセを求めるなら「五条創業店」の方が良さそうです。

それにしても思ったのは、この店は客に愛されているということです。観光客はもちろん多いのですが、地元の人らしき人もたくさんいて、本当に賑わっていました。しかも老若男女の境なくです。札幌でいうと「すみれ」の存在に近いかなと思いますが、それ以上に愛されているのがヒシヒシ伝わってくるお店でした。

昨日の歩数計:7943歩
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

札幌らーめん 縁や 「海老そば 合せ味噌」



札幌らーめん 縁や
海老そば 合せ味噌:880円
住所:北海道札幌市厚別区厚別中央2条5-6-2 新札幌アークシティ・デュオ1 5F
電話:011-890-2598
営業時間:11:00~21:30
定休日:なし
ホームページ:http://www.enishiya.com/

今回は、我が地元「新札幌」のラーメン店、「札幌らーめん 縁や」に行ってきました。もともとは札幌西区の琴似にあった人気店で、約1年前に新札幌駅に隣接する専門店街「duo1」に移転してきました。新札幌周辺は街の規模の割にラーメンの有名店がなかったので、移転してきた時はとても嬉しかったのを覚えています。このブログでは紹介していませんでしたが、すでに何度もこの店には訪れており、気に入っているお店です。



タレントの画像を(おそらくは無断で)店頭に飾って、来店したことをことさらにアピールするという、いかがわしい印象のあるお店ですが、まぁ出てくるラーメンはおいしいのでご愛嬌ということで。メニューは大きく分けて「海老そば」と「元味」の2種類で、その中で「味噌」「塩」「正油」などに分かれています。「海老そば」は、ラーメンのコンテスト用に考案さられたメニューで、そのまま人気メニューになったそうです。その他にも冷し中華やつけ麺などの期間限定メニューもあります。



今回注文したのは、「海老そば 合せ味噌」というメニュー。一通り食べてみましたが、これが一番おいしいです。他の味の「海老そば」は、食べているうちにスープの海老の味が口の中でよくわからなくなってしまうのですが、この「合せ味噌」だけは最後まで海老の味を楽しめます。他の海老そばよりも100円以上高いですが、それを払ってでも食べる価値はあります。



大きめの器に半分よりちょっと多いくらいの量で出てくるスープは、海老の効果か赤い色をしています。具は薄いけど大きなチャーシューと、タマネギ、ネギ、メンマ、海苔。それほど具だくさんではありません。



麺は2種類から選べます。今回選んだのは中細のストレート麺。他には縮れた中太麺があります。麺の量は1人前としては多めだと思います。

味は、みそとタマネギ由来の甘いスープで、その上で海老ダシが強く効いています。一般的な札幌みそラーメンの味とはまったく違う、この店でしか味わえない味です。支店やチェーン店の評判はあまりよくないようですが、本店のこの店の味はいつ食べても安定していておいしいです。甘いみそラーメンといえば「味の時計台」を思い浮かべますが、それよりもはるかに甘いです。「合せ味噌」を注文することで、海老ダシの味も最後まで衰えないので、食べ切るまでしっかりおいしいです。

また、チャーシューがかなりうまいんです。少しチーズのような風味のある肉で、やわらかいです。肉のことはよくわかりませんが、きっと原価の高い肉なんだろうなぁ思います。



近所にあるお店なのでよく通っていますが、近くになくてもおそらくは定期的に食べたくなるラーメンだと思います。札幌の端にはありますが交通の便は良いところなので、札幌近郊にお住まいで未食の方はぜひ一度どうでしょうか。

昨日の歩数計:7700歩
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おうぎ屋 「特製つけ麺」



おうぎ屋
特製つけ麺:900円
住所:北海道札幌市厚別区厚別西二条2-2-6 モンファーレット 1F
電話:011-893-7107
営業時間:平日 11:00~15:00 17:00~20:00 土日祝 11:00~16:00
定休日:木曜日・第1水曜日
ホームページ:http://www.ougiya.eei.jp/

我が家からソコソコ近いところにあるラーメン店、「おうぎ屋」です。もともと元町の今「侘助」が入居しているとこにあったお店ですが、昨年厚別区に移転。ずっと行きたかったのですが、あんまり用事のない場所にあるのでなかなか都合がつかず。札幌の評判の高いラーメン店って、豊平区など一部に集中する傾向にありますが、今回、敢えて都心から離れて立地してきた「おうぎ屋」には、厚別の星として非常に期待してしまいます。結構評判の良いお店なので、意気込んで食べてきました。



メニューは、「つけ麺」「味噌つけ麺」「しょうゆラーメン」の3種類。移転前は「つけ麺」が看板メニューでしたが、現在は移転後にできたメニュー「味噌つけ麺」に力を入れている模様。それぞれの種類に「特製~」というメニューがあり、具が豪勢になっています。今回初見ということで奢って、「特製つけ麺」を食べてみることにしました。

平日夜6時半頃訪れましたが、10名ほど座れる店内に先客は3人。評判の良いお店なので並ぶかなと思ってましたがスンナリ入れました。おそらく土地柄、昼時の方が混んでいるものと思われます。店内に待合スペースもありましたし。店内は非常に静かで喋ることすら憚られるほどでした。とは言ってもピリピリした雰囲気とかではないですよ。ただ静かなだけです。



一見、大人しめで上品な佇まいですが、実は具だくさん、麺も普通の量なのに結構多いです。うまそ~~。



つけ麺では一般的な、魚介とんこつしょうゆと思しきスープ。魚粉はスープに溶かしてあります。表面だけ見るとわかりませんが、中にはかなりの量のチャーシューが入っています。小職の人ならこれだけでお腹一杯になりそうなほどです(さすがに言い過ぎか)。「特製つけ麺」は普通のつけ麺に比べてチャーシューとメンマが増量、味付けたまごがのるということのようです。



普通盛なのに結構大盛な麺。自家製麺とのことです。つけ麺としては細い部類に入るのかな。非常につやつやしていて、見るからに小麦が香りそうでしょ?なんだかとても上品です。



麺投入の図。いやぁ~~このために生きてますなぁ~。

味は、魚介がしっかり香り、濃厚ながら油分はあまり感じません。東京でよく食べるタイプの味で別段オリジナリティは感じませんが、でもどうしてとてもうまいです。魚介が強いのに、しっかりと麺の味も感じることができます。非常にバランスが良いです。いつもおいしいラーメンを食べに遠くまで行ってましたが、灯台下暗しとはよく言ったもので、近所にこんなおいしい店があったとは!普通に都心にあったら年中行列ができるだろうなぁと思いました。近所にあってありがたいけどちょっともったいないような。

一緒に行った家族に「味噌つけ麺」と「しょうゆラーメン」のスープを貰いましたが、どちらもかなりのレベルだと思います。「味噌つけ麺」は、オプションの「ごまダレ」を入れることで、相当オリジナリティが生まれ、とんでもなくうまかったです。次注文するのはコレだなと思いました。「しょうゆラーメン」は非常に優しい味ながら味の主張は強く、これまたかなりうまかったです。近所にこんなお店があるなんて、これは近隣みんなで大事にしてかなきゃならないですね。厚別区の中では琴似から移転した「縁や」と並ぶ双璧だと思います。大満足です。



たまごはやや固め。濃い味ですが塩分はそれほどでもなさそう。好みの味でした。

昨日の歩数計:1491歩
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

らーめん侘助 「味玉らーめん」



らーめん 侘助
味玉らーめん:780円
住所:北海道札幌市東区北21条東16丁目2-29
電話:011-807-7149
営業時間:平日 11:00~15:00 17:00~20:00 土日祝 11:00~15:00
定休日:木曜日
ホームページ:なし

札幌市東区の東豊線元町駅のそばにある「らーめん侘助」に行ってきました。元町生協の裏側にあります。前々から評判を聞いていて行ってみたかったんですが、家からちょっと遠くてなかなか機会がありませんでした。開店から1年経ちましたがなんとか初訪問です。



基本的にメニューは「らーめん」と「つけ麺」の2種類。本当は期間限定メニューで「カレーつけ麺」なるものもありましたが、今回は初訪問ということもあり無難に「味玉らーめん」を注文することにしました。



何かとても武骨な佇まいで緊張してしまいます。濃い褐色のスープは魚介節でいっぱいです。スープを飲んでみると、見た目よりも塩気が少なく、それでいて煮干を中心とする魚介味と鶏ダシのうまさがガッチリ噛みあっていてうまいです。ほぉ~って唸ってしまいました。研ぎ澄まされている印象を受けました。口の中に心地良い酸味を感じたんですが、これはいったいなに由来なんでしょうか。



このお店では自家製麺を使っているとのことですが、食感が「ぱつんぱつん」としているとてもおいしい麺でした。しっかりと小麦の存在を感じられます。スープとの相性を考えて作られた麺というよりは、スープと麺が運命的な出会いをしたといった感じでしょうか。スープ、麺共に個性満点なのによく合うんですなぁ。



味玉はやや緩めですが、味はグー。強い塩気の玉子を出す店が多いですが(オサーンはそれも好きですが)、程よい塩加減で好感持てました。



まぁこれだけうまいとスープも全部飲んでしまいますわな。普段カップ麺でスープ飲むの気をつけているんですが、この誘惑には勝てませんでした。家からは遠いけど、遠くても行きたいお店リストにしっかり加わりました。大満足です。

お店の雰囲気をぶち壊すこともあるのであまり褒められた話ではないですが、ゴツい一眼レフカメラを振り回してラーメンを撮っていたら、お店のご主人が興味を持ってくれたみたいで、「こんなの持ってきた人初めてだよ~」と声をかけてくれました。職人気質の強面(失礼)なご主人でしたが、とても気さくな方でした。また行きます~。
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東急百貨店さっぽろ店催事で・・・ 屋台長浜 一心亭







あっさりながらも骨太のとんこつ味はしっかりしていておいしかった。でも東京とんこつのこってりで慣れていると、どうも物足りない。もっともっととんこつ臭が欲しかったですね。

ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

麺屋高橋 「おさかな正油らーめん」



麺屋高橋
おさかな正油らーめん:700円
住所:北海道札幌市豊平区月寒東1条19-2-72 伸光ビル 1F
電話:011-303-7688
営業時間:平日 11:00~15:00 17:00~21:30 日祝 11:30~20:00
定休日:水曜日(祝日の場合は営業)
ホームページ:なし

札幌月寒にある「麺屋高橋」へ。国道36号線を北広島方面に走り、日糧製パンの工場を過ぎて2本目の小道を左に曲がるとすぐに左手にある店なのですが、これが何ともわかりづらく、私は通り過ぎてしまいました。一応、曲がる道のある国道沿いにオレンジののぼりが立っているのでそれを目印にすると良いと思います。わかりづらいので近所まで来たらゆっくり走ってください。

このお店は、同じく月寒東にあって今は閉店してしまった「むぎや」というお店でラーメンを作っていた方がやっているお店で、私は「むぎや」に行きそびれたので行ってみました。車でしか行けなそうな場所にあるのですが、駐車スペースはそれほど広くないので注意が必要です。

このお店は「つけ麺」(750円)が売りのお店ですが、私が注文したのは「おさかな正油らーめん」。つけ麺のスープをアレンジしたラーメンです。つけ麺にも惹かれましたが、まずは普通のラーメンを食べたいなぁと思いました。





出てきたラーメンは、見るからにコッテリそうなスープ。ドロドロしています。とんこつから出たコラーゲンだと思うと、とんこつ好きとしては濃厚豚骨味に期待してしまいます。でも実際食べてみると、確かに濃厚なんですが、塩分は控えめ、とんこつ臭さもなく、煮干で出したと思われる魚介の味もやわらかいです。口のまわりにまとわりつくコラーゲンのまったり感は盛大ですが、見た目の割にずいぶん優しい味だなぁと思いました。なかなかうまいです。

よく平岸の「麺eiji」に似ている味だと言われますが、系統は同じでも、eijiより「らーめん佳」に似ているように感じました。佳に比べると、コラーゲン由来のこってり感は同等だけどとんこつ味も魚介味も主張が弱いというか大人しい感じです。

麺は加水の少ないタイプの麺でしたが、中身の詰まった感じが少しコラーゲンのクドさを助長しているように感じました。もう少し加水率を上げるか麺を太くするとバランスが良いかもしれません。まぁ好みの問題だし、素人があまり主張すべきことでもありませんね(笑)。具のメンマが大きくておいしかったな。



とても満足の味で、これからも長く続いて欲しいお店だと思います。ただ現状は、お店のそばに住んでいるとかでもない限りは、同系統の「麺eiji」や「らーめん佳」に行かずに敢えてこの店を選ぶことはないんじゃないかなと思います。とんこつをうまく引き出すことに長けている「麺eiji」の洗練された味や、魚介味とコラーゲンのこってり感をしっかり両立させると共に自家製麺の食感が素晴らしい「らーめん佳」に比べると、輝きが少し小さいかなーと。でも看板メニューのつけ麺を食べるまでは結論は出さないでおきます。こういうお店が札幌にたくさんできるとドンドン楽しいラーメンライフになりそうです。

昨日の歩数計:8460歩
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みそラーメンのよし乃 「醤油ラーメン」

みそラーメンのよし乃
醤油ラーメン:750円
住所:北海道札幌市中央区北5条西4丁目 アピアジョイフルウォーク
電話:011-209-3536
営業時間:11:00~14.00
定休日:無休
ホームページ:なし



札幌駅のアピアにある「みそラーメンのよし乃」に行ってきました。旭川ラーメンのお店です。旭川ラーメンと言えば醤油ラーメンで有名ですが、この店の売りは店名にあるとおり、みそラーメンだそうです。夜な夜ないろんなサイトをフラフラ眺めていたら、醤油の濃い色のスープが気になるラーメンの写真を発見し、そのラーメンを出している店がこの店でした。敢えて「みそラーメンの」と冠を頂いている店に、初めて行って「醤油ラーメン」を注文するのは多少の挑発行為にも思えますが(笑)、醤油ラーメンのスープの色が気になって出向いたのでしょうがないです。



出てきたラーメンのスープの色は、写真で見るのと同様に濃い濃い濃い。すみれの正油ラーメンと良い勝負です。でも味は見た目ほど濃くなく、ごく普通の味でした。特に旨みを感じたり特徴的な何かがあるわけではなかったです。でも、旭川ラーメンは麺がうまいんですよね~。中身がギッシリ詰まっている加水の少ない麺なので、もうそれだけで旭川ラーメンはハズレなしです。また、かなり硬いチャーシューが武骨な感じでうまかったです。期待していたスープは別段何も感じなかったものの、麺とチャーシューだけで満足してしまいました。うまかったですよ。

昨日の歩数計:314歩
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

龍鳳 「ピリカラーメン」

ラーメンの龍鳳
ピリカラーメン:950円
住所:北海道札幌市中央区北1条西3丁目
電話:011-222-3486
営業時間:月~土 11:00~23:00 日祝 11:00~15:30
定休日:無休
ホームページ:なし



今回は、さっぽろ時計台のそばにあるラーメン店「龍鳳」です。今や札幌ラーメンといえばみそラーメンが代名詞ですが、札幌ラーメンの発祥はしょうゆ味だったそうで、札幌ラーメン発祥の店のひとつといわれているのが今回の「龍鳳」です。老舗の名店ということで襟を正して挑みますが、今回食べると決めていたのは、ラーメンとしては邪道な?「ピリカラーメン」というメニュー。見た目が真っ白なスープをこわいもの見たさで挑みたいと思い行ってみました。



見た目コーンポタージュのようなラーメンという印象。見事に真っ白できれいです。味のほうも見た目どおりコーンポタージュ。とても新鮮な味でしたが、もう30年近くも前からあるメニューだそうです。ちょっと値段が高いので何度も食べるのには躊躇しますが、スープや具のホワイトアスパラ、コーンなど、北海道を満喫できると思います。これが700円くらいで出てくるならばかなりイケてると思うんですけどねー。

大衆食堂を思わせる店内の佇まいや、ラーメンを作ってる方のいかにも味のありそうな雰囲気だけでも体感する価値のあるお店だと思います。

昨日の歩数計:2203歩
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © カップ麺をひたすら食いまくるブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます